• ベストアンサー
  • 困ってます

自己破産での管財人

会社倒産により、父が自己破産の手続きを行っています。 1. 引越代を管財人が負担するということはあるのか?      弁護士を介して、管財人が引越し代を負担するからすぐにでも   居住中の家を手放し、引越しするよう通達されたそうです。   → 当初、弁護士は居住中の家を手放さなくても済むよう対応すると言っていたそうですが、ネットで調べてみてもそのようなケースはまずないと知りました。又、管財人がわざわざ負担するとは思えないので、何か裏があるのか?と勘繰っています。 2. 不動産の資産査定金額は、管財人によって異なるのか?内容が適正であるとどのように判断することが出来るのか? 依頼当時話していた弁護士の内容が段々と異なってきており、懐疑的になっています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数210
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Yuhly
  • ベストアンサー率70% (81/115)

1ですが、管財人の仕事を一言で言えば、少しでも破産財団を膨らませて、早期にできる限りの配当を債権者等に行うことです。ですので、該物件を購入したいと言っている人が早期の明け渡しを望むような場合、破産管財人として費用を支出して早期に立ち退かせるという事はあります。その方が高く売れたり、破産手続きも早期に終了できますから。 別に管財人自身が個人としてお金を出すわけではなく、破産財団から支出するはずです。 2については、本来は競売手続きに附してその売価を破産財団に組み込みますから管財人が誰であるかはあまり関係ありません。が、管財人が任意売却をすることも多いです。任意売却だと、通常は管財人が知っている不動産屋等に売却しますから、管財人によって価格に差が出てきます。 また、売価の適正さの判断は非常に困難です。本来は高く売れる不動産でも、早く売ろうと思うと基本的に安く売らざるを得ませんし、より高く購入しようとしている人がいても、その人に売却することが破産財団の利益になるかどうかはまた別の問題だからです(確実に代金を支払う相手か、契約の代価以外の条件は何か、相手が破産債権を有しているか、など色々な要素で変わります)。 よほど廉価での売却などであれば管財人としての善管注意義務違反になりますが、そうでなければ不適正であるとはいえないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても丁寧にご回答いただきましてありがとうございます。 背景が理解できました。大変助かりました。

関連するQ&A

  • 自己破産・管財人

    自己破産の管財人がついた場合なのですが、現在弁護士さんに依頼をしてるのですが、その中で利息制限法に従い過払い金が発生しました。 52万程です。そこで質問なのですが、 (1)この金額は私的財産とはみなされないですよね? (2)また弁護士の先生は、この50万は、管財の費用になると言われてたけど多分予納金のことだと思いますが、この予納金を払ったたしても、他に財産もなくても(パートとして月3万の収入)お給料の管理・転居・本人宛の手紙も管財人の方に送られるのでしょうか? どなたかお分かりになられる方教えて下さい。

  • 自己破産・管財人事件について

    自己破産・管財人事件について 現在、借金が600万あり弁護士に依頼して自己破産の 手続き中です。 金額が大きいことからあなたは管財事件になる可能性が あると言われました。 具体的な説明はなく、こちらから質問すると今は申立て書類を 提出する事が先だと言われてしまいました。 どなたか詳しい方教えてください。 管財人事件になるとどうなるのでしょうか。

  • 自己破産時に破産管財人をつけない方法?

    お世話になります。 先日弁護士を通して自己破産の申し立ての準備をしてきました。 自己破産をしてしまうほどの借金は株、為替によるものです。 上記の理由は免責不可事項のギャンブルに当たり、同時廃止は難しく、小額管財扱いになってしまうようです。 自分で蒔いた種とは分かっていますが、現状はまったく蓄えもなく、管財人への預託費用と弁護士費用で60万程はすべて分割にしないと支払いができません。 せめて管財人費用の20万だけでもなくなれば、弁護士費用の支払いがスムーズに行きそうなのですが・・・ なんとか管財人をつけずに同時廃止をする方法はありませんか? また、上記の費用を月1~2万の分割で支払っていく方法はありませんか? 宜しくお願い致します。

  • 自己破産 預かり金に関して

    自己破産の手続きをしております。 弁護士の方にお願いしておりますが、現金などの財産はありませんが離婚後住んでいない 持ち家の権利が半分あるため、管財人の方がつきました。 生命保険の解約した場合の金額が21万なので、管財人の方へ21万支払済み。 その離婚前の持ち家に関しての質問です。 権利を持っている家を現在賃貸にしており、その家賃収入のうち家の持分が 半分なので、家賃の半分が毎月元夫から振り込まれていたのですが、過去 2ヶ月振り込まれませんでした。管財人の方が元夫から取り立ててくださると 弁護士の方から説明はあったのですが、もし元夫から管財人の方が取り立てることが 出来た場合、このお金はどうなるのでしょうか。金額は2か月分で15万です。 今後の事を考える上で小さな金額ではないので、教えてください。 宜しくお願い致します。

  • 自己破産希望

    私の友人が自己破産申請をすることになったのですが、世帯主で住宅ローンがまだ残っており破産管財人が入るようになるらしいのです。 そうなると財産のない自己破産申請に比べて弁護士料が割高になると聞いています。管財人に対しても裁判所のほうに料金を支払わなければならないみたいでその金額も大きいようなのですが、このような場合の弁護士費用と管財人にたいして裁判所に支払う金額が知りたいのです。教えてください。

  • 労働基準局が管財人になる?

    会社が倒産し賃金が未払いのままです。 倒産直後の社長は弁護士を紹介してもらい、破産宣告をする、と言う話でしたが、 その依頼した弁護士が下りてしまい今は誰が弁護士として付くのか、管財人もどうなるのか全くわかりません。 社長の所在も不明です。 そんな時、噂で「経理をしていた人のところに労働基準局から電話があって、基準局が管財人になるってよ」と聞いたのですが、 管財人=裁判所、とばかり思っていた私には何だかその話自体も嘘の様で信じられません。 以前、賃金未払いの件で数人の従業員が基準局に訴えに行った事があるようですが、それと関係しているのでしょうか? そして、タイトル通りですが労働基準局が管財人になる、というのはあるのでしょうか? 今、本当に困っています。ご存知の方、どうぞよろしくお願い致します。

  • 会社を買い取った後、管財人と話して欲しいと連絡が2

    前回質問させて頂いた時の説明を簡単ですが以下にまとめます。 (1)幼馴染が知人の会社を1200万で買い取った (2)その知人が経営していた時より順調に売り上げを伸ばしている (3)買い取って1年程してから、知人は自己破産 (4)知人の自己破産対応をしている管財人から売った金額が安すぎるから後1000万支払うようにと言っている 質問させて頂いた内容は、買い取って全ての契約も支払いも済んでいるのに、何故管財人と会わなければいけないのかという事でした。 前回、質問した内容をご確認頂けると幸いです。 その後、然るべき弁護士に相談しようと目当ての弁護士に連絡を入れているのですが、かなり忙しく少し待ってくれるようにと言われたそうです。友人もそのつもりでおりましたが、今日、元社長の管財人から「お会いできますか」と直接連絡があり、日にちを決めるため明日、また連絡が来る事になりました。 前回、質問した際の説明に記載漏れがあった事と、新たに分かった事を記載させて頂きます。 幼馴染が買い取った会社の元社長は複数社経営していて、複数の会社を一つの社名で運営していました。部門に分けていたという説明でした。 幼馴染に売った会社以外がかなり赤字で支払いがままならないという事で、唯一、赤字ではなかった部門を「分社」して幼馴染に売るという事だったそうです。そして元社長が可哀相だという事で、幼馴染は買い取った会社の役員として残し、月額30万の給与を出していました。でも結局先月、元社長は自己破産をしました。他の複数の部門がある会社も倒産しました。そのすぐ後に取引のあった数社から自己破産した人間が役員にいると取引出来ないと連絡があり、驚いてすぐに役員から外す手続きをしています。また買い取った会社の社員に元社長の実兄の息子が働いており、実兄から会社に融資をしてもらっていたそうです。 今回質問させて頂きたい内容は、元社長が幼馴染に管財人と会ってくれというのは可笑しいじゃないかと思うのです。普通なら助けてくれた相手からまたお金が出るような事は、何とか回避するように、管財人に言うと思うのですが、どうにも幼馴染にお金を出させようという雰囲気なのです。その他諸々、質問事項を下記にまとめさせて頂きます。 (1)幼馴染が管財人の言うように追加で支払いをした場合の、元社長のメリットは?(自分のものにならないのに何で管財人の肩を持つような言い方をするのかが?)管財人はお金がないところからは何も取れないので、難癖つけて幼馴染からむしり取ろうとしているように思ったりします。 (2)元社長を通じてでしか管財人から会いたいと直接連絡がなかったのは何故か?  (元社長から何度も管財人に会ってくれと言われていた)幼馴染が「直接連絡もないのに、何故会わなければいけないのか」と言ってから、初めて直接「お会いできますか」と連絡がきた。が、「お会いできますか」という言い方を考えると、強制的に会わなければいけないものではないのか?出来れば弁護士にしっかり相談してから会いたいと思っている為、不利益にならないならば、少し時間を空けたいと思っています。管財人は敬語を使いつつ、かなり高圧的な話し方のようで幼馴染も一刻も早く会わないといけないのかと焦ってしまうようです。 (3)複数の部門のひとつを分社したものを買い取った場合、今回のようなケースで何かメリットなりデメリットなりはあるのか? (4)元社長が自己破産の判決が12月に出るとの事ですが、自己破産の判決とは自己破産できるかどうかという事なのか? 私の説明が不十分かとは思いますが、ご回答、現在の対処法等をご教授頂ければ大変有難く存じます。何卒宜しくお願い致します。

  • 自己破産で少額管財事件について

    自己破産で少額管財事件について 先日、弁護士事務所に自己破産のお願いに行きました。借入総額が1300万円ほどで高額であるため、少額管財事件になりそうだということでした。申立は、東京地裁に行う予定です。 そこで質問ですが、私は何も財産はないのですが、自宅に管財人が調査に来るなどということはあるのでしょうか? それと郵便物が一定期間管財人の下へ転送されるとのことですが、選挙の投票券は、1枚のハガキで、世帯全員分の宛名で送られてきていたと思いますが、そのような郵便物はどうなるのでしょうか? ご存知の方、お教え下さい。 よろしくお願いします。

  • 自己破産での「金融機関による自宅差押」と「管財人による売却」との時期

    ある会社の社長Aが倒産に伴って自己破産するケースについての質問です。 融資返済が不能となった金融機関Xは、保証人となっている社長A本人の自宅を差押して競売にかけるものと予想されます。 一方、社長Aが自己破産すると、管財事件となって、管財人が自宅を売却するものと予想されます。 このような場合、社長Aの自宅に関し、「差押に起因する競売」と「自己破産に起因する管財人による売却」とは、いずれが優先されるのでしょうか。早いもの勝ちなのでしょうか。 なぜこのような質問が出てきたかというと、差押の場合は、金融機関Xが優先的に競売による売却金を取れると思いますが、一方、管財人による売却の場合は、金融機関Xが優先とはならずにすべての関係債権者が平等に配当されるように思われ、どうなるのか予想が付かないからです。 どなたか分かる方、ぜひ教えてください。

  • 自己破産

    宜しくお願いします。 私が取引している会社が、資金繰りに困り、近々に不渡り手形をだすみたいです。 教えて頂きたいのですが、 会社が倒産になると、必ず弁護士が介入して管財人として、後の処理・管理をするものなんでしょうか? すごく小さな零細企業でも、自己破産をすれば、弁護士が介入するのでしょうか? また、経営者が逃避した場合は、債権の回収をどこに言えばいいのでしょか? それと、倒産した会社からは回収が無理な場合は、飛び越えて 発注した会社と直接取引を開始して債権を回収することが、可能でしょうか?