• 締切済み
  • 困ってます

1回捻った紙テープの輪を縦に切るとどうなる?

小学生の子供が最近通っている科学クラブから難しい宿題をもらってきました。普通に輪に繋げた紙テープを縦に切ったらどうなる?これは当然半分の細さの2本の輪になります。しかし、1回捻ったテープを縦に切るとどうなる? 答えは半分の細さで1本の輪になります(質問1)。さらにその1本の輪をまた縦に半分にしたらどうなるでしょう? (質問2)さらに理論的にX回縦に切っていったらどうなるのでしょう?(質問3) 子供の質問は1番のなぜ?と質問2の答えまでですが、これが数学で言う何の定理で、どうしてそうなるものか教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。                 悩めるパパより

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.10
  • otsuge
  • ベストアンサー率15% (43/278)

大好きだけど間違えるんですよね。でも実験間違えちゃいけませんね。 裏表のつながった輪を作る半回転のひねりを、1回と数えます。カットは、仮に二つに分かれてしまった輪を裂く場合も、何世代目という意味で1回に数えます。ここまではルールの定義です。 1回ひねりの輪(メビウスの輪)を裂くと、なぜか4回ひねり、つまり裏表が2面に分かれた輪となります。 偶数ひねりの輪であるこれを裂くと、二つに分かれます。ひねりは4回(ここが間違えていたところ)、裏表のある輪になります。 以下何回繰り返しても4回ひねりの輪に分かれるだけです。 メビウスの輪をN=0とすると、このときだけ1回ひねりです。 輪の個数は、N=0からずっと、2のN-1乗。(ここも訂正) ここでひねりのない普通の輪を考えると、ひねりは常に0。輪の個数は2のN乗。 最初のひねりが、トポロジーぽい怪現象を起こしてるんですね。 あっ! 質問は定理の名前でしたね。勝手にのめりこんでごめん!

参考URL:
#8はまちがいです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • basil
  • ベストアンサー率35% (148/420)

下の私の回答で、 #5は#6よりも新しい回答です。 #6で回答した内容に誤りがありましたので 訂正して再投稿しましたが、 元のファームを引用したせいで#6より前に入ってしまいました。  #6はマチガイ  #5が正解です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • otsuge
  • ベストアンサー率15% (43/278)

私もこういう問題大好きです。(得意とは言ってない) メビウスの輪を作るひねりを、1回と数えます。カットは、仮に二つの輪に分かれてしまった場合に、この二つを裂く場合でも、何世代目という意味で1回に数えます。ここまではルールの定義です。 1回ひねりの輪(メビウスの輪)を裂くと、なぜか4回ひねり、つまり裏表が2面に分かれた輪となります。 偶数ひねりの輪であるこれを裂くと、二つに分かれますが、ひねりは2回、裏表のある輪になります。 次に裂くと、偶数ひねりなので、2つに。ひねりは4回に。 これ以上は実験する必要ないと思います。 メビウスの輪をN=0とすると。Nが奇数で4回ひねり、偶数で2回ひねりの繰り返し。 輪の個数は、N≦1で1個、N>2では2のN-1乗ですね。 最初にひねっていない輪だと、ひねりは常に0。輪の個数は2のN乗。 最初のひねりが、トポロジーぽい怪現象を起こしてるんですね。 原始的ですけど解答です。 (なお、N=2程度でさえ、鋏が入らないほどリボンが互いに巻きつきます。実験では一旦切り口を作って、巻きついた紙は取り除きました。)(最初のひねり1の輪と0の輪は、統一的に扱えるように思います。ひねり2や4の輪がそうなのですから。ひねり3とか5とかが出現する可能性にも興味があります。輪の個数は、割合すっきりしていますね)

参考URL:
やっぱり自信ない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • bandit
  • ベストアンサー率0% (0/0)

1回ひねって、半分に切ると、一本のねじれた輪になりますよね?。で、このねじれはどうなっているか、を見と、4回ひねった状態になっていると思います。 実際にやってみました。 2回ひねったものを切ると、2回ひねったものの輪が2つつながった輪になります。3回ひねったものを切ると、・・・・実際やりましたが、メビウスの輪の中にメビウスの輪が出来る感じで、1つの輪には違いないのですが、ひねらずに輪を作ったときの状態にはなりませんでした。 つまり、何回ひねった常態かわかりませんでした。 自分なりに考えてみました。 一本のテープの4つの角をテープの始点側A1,A2テープの終点側B1,B2としたとき、 まず、そのまま輪にしたとき(A1とB1、A2とB2をつなげる)、切ると、始点と終点が結んだまま、切るので,2つは切り離されるんですよね?。テープをたどるとA1→A2=A1、B1→B2=B1という事になります。 2回ひねったものについては(A1とB1、A2とB2をつなげる)、下手なりにも公式みたいなものは、証明できないです。ですけど、2回ひねって切ったら、2つ連なった2回ひねった輪になったので、遇数回ひねったときは、同じ物が2つ連なると予想されます。 1回ひねったものは(A1とB2、A2とB1をつなげる)、テープの裏表が逆につながるから、テープをたどるとA1→A2=B1→B2=A1というふうに、つながりをたどると一つの輪になります。それを、さらに切ると、同じ4回転の輪が複雑に2つ連なっていました。 4回ひねりということもあり偶数回ひねったときの上の法則は成り立っていたようです。 yodaさんが言ったように、切り続けても、細い一本の輪になりませんでした。僕も、そう習ってきたような覚えがあったのですが・・・。なぜでしょう!?。(^^; 結果的に、奇数回ひねったときは、はっきりとはわからず、偶数回ひねったときは、同じ物が2つ連なると言うことがわかりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • basil
  • ベストアンサー率35% (148/420)

すみません!! 得意と豪語しながら間違えました!! 非常にはずかしいです。 訂正させてください。 使用する紙の帯はもちろん平らですから 平行な2本の縁がありますよね。 この帯を丸く輪にして繋ぐ際に “1ヶ所だけ” 180度回転して繋ぐということは 片方の縁が反対側の縁と繋がるわけですよね。   ┬───────────────────┬ え裏│あ                 い│う裏   ┼ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ┼  い│う                 え│あ   ┴───────────────────┴             ↓   ┬───────────────────┬ え裏│あ                 い│う裏   ┴───────────────────┴   ┬───────────────────┬  い│う裏               え裏│あ   ┴───────────────────┴ このことをふまえて... このワッカをはさみで半分に切ることにします。 ワッカにする前の帯の状態で考えると その帯を縦に2つに割ったことと一緒ですよね。 でき上がる2本の細い帯、 その“おしり”は もう一方の帯の“あたま”と 繋がるようになっているわけです。 ここまでで、(質問1)の説明となります。 また、(質問1)によって半分に切られたワッカには 接着面が“2ヶ所”あります。 一つの接着面は180度ねじれているわけですから、 2ヶ所で360度。 つまり元に戻ってしまいます。 ですので、切った輪は2つの別々な輪になってしまいます。   ┬───────┬───────┬ え2│あ1   い1│う2   え2│あ1   ┼ ─ ─ ─ ┼ ─ ─ ─ ┼ え1│あ2   い2│う1   え1│あ2   ┴───────┴───────┴           ↓   ┬───────┬───────┬ え2│あ1   い1│う2   え2│あ1   ┴───────┴───────┴   ┬───────┬───────┬ え1│あ2   い2│う1   え1│あ2   ┴───────┴───────┴ ここまでが(質問2)の説明です。 つまり、帯のつなぎ目はすべて反転しているわけで、 この[つなぎ目の数]が  偶数なら出来た輪は分裂し、  奇数なら繋がる。 ということになります。 しかし、一度つなぎ目の数が偶数になってしまうと 輪が分裂してしまうので 出来た輪のつなぎ目の数が変わりません。 ということで、 2回目以降、切っても輪は分裂してしまい、 つながりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • basil
  • ベストアンサー率35% (148/420)

来ましたね~!わたしの超・得意分野です。 と言っても、素人ですが。。。 使用する紙の帯はもちろん平らですから 平行な2本の縁がありますよね。 この帯を丸く輪にして繋ぐ際に “1ヶ所だけ” 180度回転して繋ぐということは 片方の縁が反対側の縁と繋がるわけですよね。   ┬───────────────────┬ え裏│あ                 い│う裏   ┼ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ┼  い│う                 え│あ   ┴───────────────────┴             ↓   ┬───────────────────┬ え裏│あ                 い│う裏   ┴───────────────────┴   ┬───────────────────┬  い│う裏               え裏│あ   ┴───────────────────┴ このことをふまえて... このワッカをはさみで半分に切ることにします。 ワッカにする前の帯の状態で考えると その帯を縦に2つに割ったことと一緒ですよね。 でき上がる2本の細い帯、 その“おしり”は もう一方の帯の“あたま”と 繋がるようになっているわけです。 ここまでで、(質問1)の説明となるのはおわかりいただけますか? また、(質問1)によって半分に切られたワッカには 接着面が“2ヶ所”あります。 一つの接着面は180度ねじれているわけですから、 2ヶ所で360度。 つまり元に戻ってしまいます。 ですので、切った輪は2つの別々な輪になってしまいます。   ┬───────┬───────┬ え2│あ1   い1│う2   え2│あ1   ┼ ─ ─ ─ ┼ ─ ─ ─ ┼ え1│あ2   い2│う1   え1│あ2   ┴───────┴───────┴           ↓   ┬───────┬───────┬ え2│あ1   い1│う2   え2│あ1   ┴───────┴───────┴   ┬───────┬───────┬ え1│あ2   い2│う1   え1│あ2   ┴───────┴───────┴ ここまでが(質問2)の説明です。我ながら分かりにくい説明です。 つまり、帯のつなぎ目はすべて反転しているわけで、 この[つなぎ目の数]が  偶数なら出来た輪は分裂し、  奇数なら繋がる。 ということになります。 つなぎ目では必ず反転しますので、 つなぎ目の数が 1個なら[反転]→[反転]→《繋がったまま》 2個なら[反転の反転]→[元通り]→《分裂》 3個なら[反転の反転の反転]→[反転]→《繋がったまま》 4個なら[反転の反転の反転の反転]→[元通り]→《分裂》 5個なら…… うーん、本当に分かりずらい。 質問をくださればさらに解説します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • Naka
  • ベストアンサー率44% (527/1181)

ちょっと実際にやってみないと自信はありませんが… 質問1の「1回捻る」は、「半回転」と捉えてよろしいですね?? これを切ると1本になりますね。 でもそれを更に半分に切ると、「半回転」×4になり、「つながった2本の輪」になるはずです。 つまり最初の時点で、「半回転」×n回捻った状態で切ると、nが奇数のとき「半分の幅の1本の輪」になり、偶数のとき「2本の輪」になると思います。 理由ですが、奇数のときは半分に切った片方の終点が、他方の始点につながっているからですね。 偶数だと同じ方につながりますから。 頭の中で考えただけなので、間違っていたらお許しください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • yoda
  • ベストアンサー率36% (291/804)

「メビウスの輪」を切り続けると、切れば切るほど、細くなって行くだけです。 例えるなら「きしめんで作った輪が、そうめんの輪になっちゃった。」って感じかな もっと高度になると、「クラインの壷」(メビウスの輪の高次元版)なんて物があります。もう少し、お子さんが大きくなったら話してあげて、「パパ、凄~い!」と言われてみましょう。

参考URL:
http://www.teleway.ne.jp/~morikawa/sya.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tuha
  • ベストアンサー率7% (3/41)

逆もまた真ナリで、輪にする前の2cmほどの紙テープを、真中で1cmに切って、バラバラにならないように、両手でつまみます、それを左右同じようにつなぐと、二つの輪になりますネ。しかし、どちらかをひっくり返すと、一本の輪になると云う事。これをする時切り口に印をつけておくと解かりやすい。  (質問2)の答は、太さや、大きさには関係ない。と云う事です。  Hiramatuさんの云う通り、表と裏の違いの分かる物で験すと良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#4643
noname#4643

問1・2については、実際にやってみてはいかがでしょうか。紙テープが自宅にあるという家は少ないかもしれませんが、新聞紙を10センチくらいの幅に切って、一回ひねって(表と裏がつながるように)からノリで両端を貼り付けて作ったものでも結果は分かります。 また、2回ひねる(表と表、裏と裏がつながるように)と別の結果が出るのでそれも試してみると面白いと思います。 ちなみに、問1の輪については、メビウスの帯と呼ばれているものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • パズル・ゲーム・遊びを数学的対象とみなすと知恵の輪はどの分野?

    パズルやゲームには、数学の力でほぼ完全に解けるものが多くあり、また、逆に、解くのが困難であることが知られているものも多くあります。 また、遊びにも数学的対象となるものが多いです。 例えば、--------------------------------- 一筆書き⇔グラフ理論 地図の色の塗り分け⇔グラフ理論 ルービックキューブ⇔群論 定木とコンパスで作図⇔数論 迷路⇔トポロジー ひもの絡み⇔結び目理論 石とりゲーム⇔離散数学 オセロ・将棋⇔計算複雑性理論 箱詰め⇔計算複雑性理論 折り紙⇔オリガミクス --------------------------------- ところで、昔から疑問だったのですが、 知恵の輪を数学の対象とみなすと、どのような分野なのでしょうか? 幾何学っぽいのは分かるのですが。 ごく簡単な剛体で作られた知恵の輪が解ける・解けないが分かるといったような、なにか理論や定理みたいなものはあるのでしょうか? 回答でなくても、パズル・ゲーム・遊びと数学との関係の有益な情報があればください。

  • メビウスの帯の一族を縦に二分したときのねじれの数

    メビウスの帯を縦に二等分すると一本の輪になりますがこのとき半分の幅になった帯は全体で4回ねじれています。元の帯は1回しかねじれていないのにどうして4回もねじれてしまうのか不思議なのですがどのような理論があるのでしょうか。暇に任せて3回ねじったもの、5回ねじったものを同様に縦に二等分したものは、絡み方は別にして、それぞれ8回、12回ねじれているので二等分してできた新しい帯のねじれをNとして始めの帯のねじれをnとするとN=2(n+1)という公式が想像されました。括弧の中の1が何処から出てくるのだろうと考えておりますが、トポロジーのほうでは常識なのかもしれないのでどなたか教えていただけますか。。

  • メビウスの輪について

    テープを1回ひねってつなげたメビウスの輪について質問します。この輪は裏表がないので長持ちするベルト(車のファンベルト)に使ってありますと本に書いてありましたが、どんな車にも使ってあるのですか。またその方がいいのですか。素人なりに考えると、ねじっていると不安定だし、ディメリットが多いように思いますが、現実にはどうなんでしょうか。その他にメビウスの輪の利点をいかした機械などはあるのですか。裏表のない不思議さを生かした芸術作品、デザイン、モニュメントの例はあるようですが、生活に便利だなあと思うものがあれば教えてください。ふっと思った疑問なので、くだらないかもしれませんが。

  • 量子力学を学ぶにあたって

    大学の工学部2回生の者です。材料科学科に所属しているのですが、最近理論物理(特に量子力学)に興味が出てきました。そこで質問なのですが、量子力学に必要な数学の知識を教えて下さい。やはり、微積、微分方程式、線形代数、ベクトル、関数論などでしょうか?あと、理論を勉強するには計算をゴリゴリやるようなやり方ではなくて定理が厳密に証明されていく過程を勉強するのでしょうか?   よろしくお願いします。

  • VHS120分テープの全長は?

    子供の学校の宿題でVHS120分テープを、ほどいた時の長さについて調べろという質問がありました。 ネット上で調べてみましたが、記録時間や品質に関するものばかりで 適切な回答を見つけられませんでした。 VHS120分テープの全長について、もしくはこの件についての参考サイトをご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。 よろしく御願いします。

  • 綿テープをバイアスのように使う。縫い方教えて下さい

    綿テープを買いました。 通園バッグの持ち手がすっごく薄くなったようなものです。 カジュアルな大人かばんのマチと本体の縫い目の境に、よく付いている(縫い目を隠すカバーのような)あれを真似たいと思って買いました。 綿テープを半分に折ってマチと本体の境に縫うのに、バイアスのように縫うとして、マチ側から縫うとしたら、マチ側には縫い目が2つ(2回縫うから)になり、汚くなってしまいます。 でも、そういうものでしょうか? どうやったら半分に折っても縫うのが1度で済みますか? うまく質問できずすみませんが、教えてください。

  • 高校数学の範囲です。

    高校数学の範囲です。 画像をご覧ください。すべて解いてありますが、答えと違うので質問しました。 (1)(2)は半角の定理を、(3)はパスカルの定理を使って解いたわけですが 答えが違うのでなんでかなと思いました。 解説お願いします。

  • 不完全性定理を自然科学に敷衍できるか。

    数学基礎論の林晋先生の「ゲーデルの謎を解く」という本を読んで疑問に感じていることがあります。 この本の最初に「ホーキングの疑問」と銘打って天才物理学者の下記の疑問をゲーデルの不完全性定理になぞらえています。 「本当に完全な統一理論があるならばそれは人類の行動をも決定するだろう。ということは、統一理論自体が、人類の統一理論探求の行方を決定することになる! だとしたら、どうして、人類が正しい結論にたどり着ける、と決まっているだろう?」 もし、統一理論がニュートン力学と初歩的な電磁気学で構成されていたとしたら、そのような世界では、ニュートン力学を理解できるような知性は生まれえないということでしょうか。 自然科学は暫定的な仮説の総体と言っても良いはず。無矛盾を前提に証明された不完全性定理を自然科学に適用するにはもっと慎重であるべきではないかと思います。 統一理論(というより宇宙)の自己言及性という問題があるとすれば、次のような状況ではないかと考えます。宇宙の全要素の状態を超巨大コンピューターに入力できて、宇宙のすべての状態を把握できるようになる。そうするとコンピューター自身も宇宙の一部ですから、そのデータも自分自身に入れなくてはなりません。 つまり人間の能力は余りにも小さいので、自然科学分野では不完全性定理が障害となるような事態はあり得ないと考えています。 以上のような私の考えに対してサゼスチョンがあれば聞かせていただきたいと思います。 勝手ながら、回答は数学科か哲学科の方か同等の知識のある方にお願いいたします。

  • 数学の感想文

    中3(4月から高1)の女子です。 入学説明会でいろいろと宿題をもらったのですが、そのなかでよく分からなかったものが1つあるので質問させてください。 素因数分解や平方根などのことについて書かれている文章があってそれを読んでの感想文を書けといった宿題です。しかしどういった感想を書けばいいのかまったく分かりません。普通の本を読んで書く感想文とは違いますよね。感情的なことが書かれている訳でもないので、共感する部分や感動する部分もなく・・・。その文章を読んで感じた事を書ければいいんでしょうけど、もともと数学が好きじゃないこともあってか『ふ~ん。そっか』としか感じられません。父は『この宿題は、きっと自然科学的な数学の捉え方をみたいんだな』といっていましたが、自然科学的な数学の捉え方ってなんですか?それが分かれば感想文の書き方も分かるようなきがするんですが・・・。数学の宿題で感想文がでるなんて思ってもなかった事なので、もう頭がぐちゃぐちゃです。ほかの宿題もやらなければいけないのに・・・。 分かりにくい文ですみません。回答してくださると嬉しいです。

  • 学問の方法論について

    いろいろな学問、特にいわゆる文系の学問、の方法論、考え方に興味があったので質問させていただきます。 理系の学問では研究の仕方というのはだいたい数学のそれか物理学のそれと同じかと思います。 数学では公理系と推論規則から様々な定理を演繹し、 物理学では従来の理論では説明できない実験データから、そのデータを説明できる仮説を立て、仮説から新たな予想を立て、その予想が実際の実験結果と一致すれば新しい理論は正しいとみなします。 (多分これでいいと思いますが、間違っていたらすいません) このように理系学問の方法論というのは比較的わかりやすいのですが、諸文系学問ではどのような方法というかスタンスでもって研究を行っているのでしょうか。たとえば社会科学とかは「科学」と名前をつけているあたりから想像すると、物理学の方法論を社会学に適用しているのでしょうか? みなさんよろしければご意見等お聞かせください。