• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

生命保険と税金に詳しい方お願いします。

旧千代田(現AIG)生命の生命保険を解約しました。定期付終身保険で20年間で約400万支払いこの間の給付は0、此度の解約払戻金は50万でした。こういう場合確定申告すれば損金扱いはできないのでしょうか、なお千代田が破産しなければ100万くらいの解約払い戻しはあったと思うのですがこれはダメでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数80
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

一時所得に、他の所得との総益通算の概念はありません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2250.htm もし、その年のうちに他の生保で利益が出ていたのなら、そちらとの損益通算はできます。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもダメな感じですね、明日AIGに電話して確認します(期待がない分だけ楽です)ありがとうございました。

関連するQ&A

  • いったい生命保険とは何なのか

    先日外務員の方が私の生命保険の転換契約に来ました。「この保険はもう古い(保険期間30年)から解約して新しい保険にしませんか、今はもう払戻金100万以上ありますから・・100万、100万・・・」「別に解約する必用ない」と言って帰ってもらいました。いったい生命保険の目的とは何なのですか、教えてください。

  • 生命保険の税金について詳しい方お願いします

    生命保険の税金について詳しい方お願いします (1)学資保険料 350万 満期保険金 500万 が来年3月で満期、確定申告が必要です。(500-350-50)×1/2=50万が課税対象です。 (2)自身の生命保険:30年定期付養老保険:死亡時2000万(24年間払ってきました、100万の養老、1900万の定期特約)を来年すべて中途解約したら内部通算は可能らしいです(既払い保険料が明らかに多いので通算すれば税金は0になります)。 質問は  現在この保険は養老部分が払い戻しが67万であと6年(13万かければ100万になります)このため定期特約だけの解約でも内部通算は可能でしょうか、税務署に電話で聞いても(担当者は全解約ならOKですが定期解約では不明、と言われました、電話ですので十分話が出来ていないかもしれません。定期特約は今解約すれば払い戻しが57万、満期になれば0です。国税庁のホームページには定期特約の満期(払い戻しが0)では内部通算は不可とあります、中途解約ではどうなんでしょうか。

  • 生命保険の税金について詳しい方お願いします

    生命保険の税金について詳しい方お願いします (1)学資保険料 350万 満期保険金 500万 が来年3月で満期、確定申告が必要です。(500-350-50)×1/2=50万が課税対象です。 (2)自身の生命保険:30年定期付養老保険:死亡時2000万(24年間払ってきました、100万の養老、1900万の定期)を来年すべて中途解約したら内部通算は可能らしいです(既払い保険料が明らかに多いので通算すれば税金は0になります)。 質問は  現在この保険は養老部分が払い戻しが67万であと6年(13万かければ100万になります)このため定期部分だけの解約でも内部通算は可能でしょうか、税務署に電話で聞いても(担当者は全解約ならOKですが部分解約では不明、と言われました、電話ですので十分話が出来ていないかもしれません)

  • 生命保険、税金に詳しい方お願いします

    生命保険、税金に詳しい方お願いします 今年、生命保険(養老部分200万、定期部分1800万)の定期部分のみを解約(解約払戻金¥60万を受領)しました。配当は¥60万ありますがこれを受け取った場合、これも含めて一時所得の申告をしなければいけないでしょうか。既払い保険料は保険会社の通知ではなぜか¥60万となっています、直接聞けば意味不明な説明をしていましたが実際は¥300万支払っています。(実質支払い保険料の書類あります) 現在:解約払い戻し金60万、既払い保険料60万=利益0 (1)一時所得は0ですがもし配当を受け取れば60万の利益となりこれは一時所得で申告しなければならなくなるのでしょうか。既払い保険が60万では利益になってしまいます。 (2)既払い保険料は300万なのに、なぜ解約払戻金と同額にしているのでしょうか、「税務署との話し合いでこれでよいことになっている」と言うだけでまったく意味がわかりません。

  • 生命保険解約払い戻し金の仕訳は?

    個人事業主です。 うっかり忘れていたのですが、余分な生命保険の 解約をした払い戻しが返ってきました。 しかし、このような払戻金の仕訳が 何にあたるかわかりません。 すみませんが教えてください。

  • 生命保険名義変更後の解約払戻金

    生命保険の解約払戻金について質問です。 契約者は父で被保険者が私の積み立て式の生命保険に加入していたのですが、先月契約者の名義を父から私に変更しました。 率直に言いますと私には父に内緒の借金があり、支払い者が私に変わったことで毎月の支払いが困難であり、ひとまず解約払戻金で借金の一部を返済したいと考えています。 なるべく父に知られずに保険会社より解約払戻金を支払ってもらい借金完済後新たに生命保険に加入したいと思っています。 ちなみに自分で調べてみたところ、贈与税はかからない金額のようでした。 父から私に名義変更後一月ほどで解約した場合でも、問題なく私のほうに解約払戻金を支払ってもらえるのものなのでしょうか? 詳しい方よろしくお願いいたします。

  • 生命保険の配当金と掛け捨てとは

    去年、生命保険の見直しをして結局保険をかけなおしました。 それで、ちょっと質問なのですが、生命保険の場合「掛け捨て型」と「貯蓄型」があると思うのですが、どちらにしても解約した時やかけなおすときなど払戻金が発生しますよね? この払戻金と配当金の違いなど、保険のお金についてすみませんが教えてください。 すみませんが、よろしくお願いします。

  • 生命保険の解約払戻金について

    生命保険の解約を電話で行いました。 数日後、解約請求書が送られてきたのですが、解約払戻金など、詳細を記した書類などはいっさい無く、電話でその額を伝えられたのみでした。 このまま解約請求書に記入して保険証券と合わせて郵送するのはなんだか腑に落ちないのですが、これは一般的なのでしょうか? 200万を超える大きな解約だと自分では思いますし、何年間にどのような利息変動があって結果としていくらの解約払戻金となったというような計算がなされているものが届くとばかり思っていました。 その様な書類は解約後に届くのでしょうか? それとも自分たちでそのような書類も請求すべきですか? 生命保険会社との電話でのやり取りの中で信用できない点がいくつかあったので…。 どなたかご回答よろしくお願い致します!!!

  • 母が私の生命保険を解約するよう言いくるめたい

    20年以上前、父が亡くなったときに、父の生命保険金で入った、私にかけた生命保険があります。 当時は、それが父の遺産相続的な意味でした。 今になって知ったことですが、おそらく契約者は母です、また受取人も母です。私が死のうが、満期になって払い戻しがあろうが、その金銭を受け取るのは母で、私には何の遺産相続にもなってません。 で、あと数年で満期なのですが、今お金が入用で、それを解約した払戻金をなんとか使いまわしたいと思っています。 書類は母が持っていて、以前ちょっと内容を確認しようと書類を見たいといったら、目を吊り上げて「絶対にすぐ返せ」と言っていました。 母は金銭欲が強く、節約だけが生きがいのような人です。すべてのことを金額の大きさで価値を決めます。 おそらくその生命保険の払い戻しなり、ひょっとして私に何かあったときの保険金をひそかに楽しみにしているのだろうと思います。以前、めったに病気をしない私が食あたりで一日中嘔吐しているのを見て、父と同じく手遅れの癌だと思いこんで、さっさと入院用のパジャマや洗面用具を買っていました。 こんな母に、私の生命保険の契約を解約させて、その払戻金を私に渡すようにさせるにはどうしたらいいでしょう。 何か法的なバックボーンがあるといいのですが、20年以上前のことなのでおそらく無理だと思います。 どうかよいアイデアをお願いします。

  • 生命保険業務に詳しい方お願いします

    生命保険業務に詳しい方お願いします 養老保険(定期部分900万、養老部分満期で100万:死亡時に1000万)で解約するのですが、今までこの定期部分(いわゆる掛け捨て部分)は払い戻し金が0と思っていましたが聞けば今の中途解約で28万(養老部分は30万)あるそうです、しかし満期時には0になり養老部分だけで100万らしいです。(掛け捨てとはそういうものと言われました) 一般的には生命保険は中途解約が損で満期までかけてくださいと保険会社は言いますが必ずしも中途解約は損とは限らないし、またこの掛け捨て部分は資産価値が0と一概には言えないのではないでしょうか(ただ満期まで補償すると言うのは別にして考えてください)すなわち掛け捨てと言う言い方もおかしいと思うのですが。