• 締切済み
  • すぐに回答を!

統計力学の問題

以下の問題で1番を解く際に、ボース分布を使って説くべきなのでしょうか。ギブス因子を考えて解くべきなのでしょうか。頭が混乱しています。それとNは変化するのでしょうか。回答よろしくお願いします。 一辺L の立方体の空洞が温度T の熱浴と接触している場合を考える.熱放射により空洞内で定常振動の電磁波が形 成される.電磁波は2つの偏りがある横波として光速c で伝わる.壁での電磁波の振幅が0 となる境界条件のもとで は,空洞内の電磁波の固有振動の振動数は ν = c2L√(nx^2 + ny^2 + nz^2) , (nx, ny, nz = 1, 2, 3, 4,,,,, ) で与えられる.この条件を満たす固有振動数を小さいものから順番に ν1,ν2,ν3,,,,,νj,,,, (4-1) とする.空洞内の粒子系全体の量子状態を各固有振動ごとの光子数N1, N2, N3,,,,,Nj,,,,,, で表す.この時,零点エ ネルギーを無視して,空洞内のエネルギーは次式で表されるものとする. E =ΣhνjNj  h はプランク(Planck) 定数である.また,ボルツマン(Boltzmann) 定数はk を用いよ. 以下の問いに答えよ. 1. 光子は化学ポテンシャルがゼロのボーズ(Bose) 粒子として振舞う.この系のカノニカル分布と分配関数を求めよ. 2. 1より,特定の偏りにおける振動数νj の固有振動の平均光子数と平均エネルギーを計算せよ.

  • rew
  • お礼率79% (50/63)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数2
  • 閲覧数396
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
  • MsLily
  • ベストアンサー率72% (8/11)

誤解を与える表現があったかもしれません。Esのsは'state'のsでEsはE×sという意味ではなく、sという状態の持つエネルギーの意味で使っています。 平均粒子数は(大)分配関数が分れば、グランドカノニカル分布に従って求めることができます。この計算の詳細はここでは書けませんので以下の本を参照ください 大学演習 熱学・統計力学 久保亮五 編 裳華房 P235 第5章例題12 有名な演習書なので大学の図書館にでもいけばあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもありがとうございます。 Esに関しては特に問題なかったです。 演習書は有名なものですね。詳細ありがとうございます。 頑張ります

  • 回答No.1
  • MsLily
  • ベストアンサー率72% (8/11)

>以下の問題で1番を解く際に、ボース分布を使って説くべきなのでしょうか。ギブス因子を考えて解くべきなのでしょうか カノニカル分布は統計性にかかわらずexp(-β(Es-μN))です。この場合化学ポテンシャルが0なのでexp(-βEs)です。分配関数はexp(-βEs)の状態和をとるだけです。ここまではボーズ分布・フェルミ分布・ボルツマン分布如何に関わらず同じです。統計性によって違うのは分配関数を求めるときの状態和のとり方です。この問題ではボーズ統計に従って状態和をとればOKです。 >Nは変化するのでしょうか Nが変化しうるから化学ポテンシャルが0になります。しかし化学ポテンシャルが0なので、粒子数が変化しようとしまいとどのみち関係ないでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧にありがとうございます。 量子論の考え方から Es=shvとしていいのでしょうか。 また平均光子数を求めるときに、Nsとsを関連させる必要が出てくると思うのですが、それはどうすればいいのでしょうか。 度重なる質問申し訳ありません。

関連するQ&A

  • 一分子の基底状態と励起状態の縮退度の求め方

    1辺aの立方体に質量mの内部構造のないNコの同種粒子からなる気体がある。 一粒子のエネルギー準位は次のように書ける。 E=h・h(nx・nx+ny・ny+nz・nz)/(8ma・a) hはプランク定数。nx,ny,nzは自然数。 という問題で 「一分子の基底状態と励起状態の縮退度はそれぞれいくらか」 というのがテストで出たんですがわかりませんでした。 答えあわせをしてくれないので困ってます。 どなたかわかる方いませんか?教えてください(泣

  • 一分子の基底状態と励起状態の縮退度

    1辺aの立方体に質量mの内部構造のないNコの同種粒子からなる気体がある。 一粒子のエネルギー準位は次のように書ける。 E=h・h(nx・nx+ny・ny+nz・nz)/(8ma・a) hはプランク定数。nx,ny,nzは自然数。 という問題で 「一分子の基底状態と励起状態の縮退度はそれぞれいくらか」 というのがテストで出たんですがわかりませんでした。 答えあわせをしてくれないので困ってます。 どなたかわかる方いませんか?教えてください(泣

  • 統計力学の問題ですが

    統計力学についての質問です。 1部省いてますが、粒子(周期的境界条件)はn1,n2,n3を量子数をして エネルギーE=○○(n1^2+n2^2+n3^2) (ni = 0,±1、±2......)を持つ。 このとき、平均エネルギー<E>、エネルギーのゆらぎを求めたいのですが方針が分からないので教えていただきたいです。 上のエネルギーの式がよくわかっていないと思います。

  • 統計力学

    N個の原子からなる熱平衡系があり、各原子は2つのエネルギー準位をとります。カノニカル分布を用いて、各エネルギーの原子数の平均値を求めなさい。 という問題があるのですがわかりません。教えてください!!

  • 箱型(井戸型)ポテンシャル

    このような問題なのですが、教えて下さい。 問1 2次元の無限に深い井戸型ポテンシャルの中の粒子運動を考える。          2L│_       │ │        │ │       │_│__x         L                                     【H:エイチバーの意】   H^2π^2         ny^2            エネルギー固有値は E=――――――(nx^2+――――)                       2mL^2          4            (nx=1,2,3・・・)、(ny=1,2,3、・・・)        (1)基底状態のエネルギー固有地をH、π、m、Lで表せ。    (2)第4励起状態(5番目)のエネルギー固有値をH、π、m、Lで表し、      それを与えるnxとnyの組み合わせを全て求めよ。 問2 1次元の無限に深い井戸型ポテンシャルの中の粒子運動を考える。    エネルギー固有関数はφ(x)=√(2/L)・sin(nπx/L)である。    L=1.0×10^-10m として、第1励起状態にある粒子を、    x=0とx=0.25×10^-10mの間に観測する確率を計算せよ。

  • 量子力学◆実現確率◆統計力学

    量子力学と統計力学の実現確率について質問します。 量子力学的な統計力学における、正準分布(カノニカル分布)の場合の、体系がエネルギーEjの微視的状態をとる確率はPj=e^-βEj/Σie^-βEiで 与えられると思いますが、 エネルギー固有関数φnで展開した場合の量子力学の状態Ψ=Σn<φn|Ψ>φnで、j状態が実現する確率は、 |<φj|Ψ>|^2≡|cj|^2で与えられます。この二つの 実現確率は同じものか違うのかがよく分かりません。

  • 光子一つのエネルギーはhν(=hbarω)なのはどうしてですか。

    光電効果の実験では、Eを出てきた光のエネルギー、ν0を限界振動数とすると E = hν - hν0  ~(1) という結果が出ています。しかし、これはどうやって出てきたのでしょうか。 例えば「光のエネルギーは振動数に比例する」という仮説を作ったとして、 どうやって比例定数を求めたのでしょうか。 また、比例定数を求める手法があったとして、最初の仮定「光のエネルギーは振動数に比例する」は どういった思考過程で築かれたのでしょうか。 さらに、光子が仮にn個一組で飛んでいるとしたら、実際の最小単位は (h/n)ν になってしまうのではないでしょうか(まぁそのときは分ける必要がありませんが。)

  • 散乱後の光子の方向ベクトル

    ある光子が一定の方向ベクトルnを持っているとして、 nx=X0 ny=Y0 nz=Z0 である時、この光子が一定の角度θ、φで散乱された時、散乱後の方向ベクトルaはどのように書くことができますか?

  • 電磁場の量子化

    電磁場を量子化すると、光子数演算子が出てきます。たとえば調和振動子の場合なら、生成演算子は波動関数がひとつエネルギーが上の軌道に移った、と考えられるのですが、量子化された電磁場の場合はエネルギーがhwの光子がひとつ増えたた考えます。ここで疑問なのですが、その増えた光子はそこからくるのでしょうか。また光子が増えた分どこかの光子がなくなるのですか?

  • 光子のエネルギー

    光子のエネルギーはhνで与えられますが、振動数νは 連続的な値をとる筈です。では、光子のエネルギーは プランク定数×整数でなくとも良いということなのでしょうか?  初歩的な質問ですみません。宜しく御願いします。