• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

多芯ケーブル 種類の異なる電源の混在 規程上OK?

同一多芯ケーブル(2sq×30c)内で異なる電種(←よい表現ありませんか?) が混在しても内線規程上、問題無いでしょうか? 具体的に言いますと、80年代に設置されたと思われる電動ホイスト ~制御盤間のキャブタイヤ内にてAC440V、AC100V、DC100Vが混在しています。 耐圧、許容電流をクリアーしている事を前提に今現在の内線規程上 問題が無いか知りたいです。 内線規程(2005)も確認してみましたが答えが出ませんでした。 回答時、内線規程の年式と条文の番号を添えて頂けると助かります。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2520
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#77657

多芯ケーブル制作に関わる現場知識があります。 内線規程の条文は知りませんが。 100V用の線芯と200V用以上の線芯を混在するケースはありません。 一般的な考え方ではないという意味で、内線規程に触れることなのだと思います。 宜しくお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>一般的な考え方ではない 発見した時、これは!?と思ったのですが、まだまだ経験も知識も浅い 若僧ですので私の一般的な考えの裏付けが欲しく内線規程を手に取ったものの 答えが出ず質問してみました。 とりあえず一般的でないみたいですね。 ご回答有り難うございました。

関連するQ&A

  • 動力の配線サイズについて教えて下さい。

    200V電動機2.2KW(定格電流11A)では、ブレーカー30Aでケーブルサイズ1.6Aと内線規程の表に記載がされています。 IV1.6sqだと許容電流が19A(27A×0.7倍)なので、ブレーカーが30Aが設置されている場合に、過負荷の対応がとれない気がします。 配線サイズは、1.6sqでいいのでしょうか?

  • 大型モーターのケーブルサイズ設計    

    今回インバーターモーターを増設(AC440V 330kW)します。ケーブルサイズを決めるのに内線規程を見ても75KWまでしか記載されていません。 例えばケーブル長さ100mで暗渠敷設では計算式はどうなりますか。教えてください

  • 電気温水器設置時の許容電流について

    四国管内でALL電化設置をしています。 電気温水器5.4Kwを設置する際、引込開閉器(MCB)1次側から電源を取っています。引込開閉器は75A,温水器は40Aで、配線はCV22sqをVEに収めています。 この場合の許容電流は75A+40A=115Aになるのですか? またCV22sqの許容電流は、内線規程ではどこを見ればいいのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • ikyuu
  • ベストアンサー率33% (42/124)

この質問上は内線規定上問題はありません。 但し道理上は非常に問題があります。 AC440vをAC100V,DC100Vと同一ケーブルに収めると誘導現象が起き、通常考えられない現象が発生します。 AC100V,DC100Vも同上の理由から別にしたほうが良いと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>この質問上は内線規定上問題はありません。 どおりで内線規程に載っていないんですね。 >但し道理上は非常に問題があります。 相互に上品な機器はありませんが、誘導も気になりますね。 何よりAC440V:パワー、AC100V:制御、DC100V:ブレーキという用途と なっていますが、混触に対する危機感は無かったの?という気持ちです。 コスト最優先だったのかな。 やはり一般的、道理上といった問題みたいですね。 ご回答有り難うございました。

関連するQ&A

  • 100Vでの発電連系について

    太陽光発電は200V連系だとおもうのですが、 100Vの商品があれば、家庭用100Vコンセントで発電連系しても良いのでしょうか? 系統連系規程か内線規程で駄目だと思っていたのですが、 どこに書いてあるのかわから無いです。 NGな規程があれば教えてください。

  • 内線規程で電動機負荷の最小電線とは?

    内線規程3705-3表(400V三相誘導電動機1台の分岐回路)で、定格出力22kW(全負荷電流46A)の場合、電線管に入れる電線の最小電線が22sqで、最大こう長は124mとなっています。 しかし、電線サイズを14sq(許容電流61A)にしても最大こう長が79m以下なら、電圧降下は2%(8V)以内に収まります。 規程での最小電線には、どんな意味があるのでしょう? 根拠を示して、ご教示願えれば助かります。

  • ケーブルの過負荷保護

    内線規程ではAC200V三相電動機の幹線の太さは30KW以下のCVケーブル配線 で38SQ 遮断器175Aとあります。 短絡時は瞬時に遮断されケーブルは保護されますが連続で使用した場合、もし負荷側の影響にて過負荷で電流値が上がり175A付近まで上がれば38SQの許容電流110Aでは保護されません。 モーターの場合はサーマルリレーにて保護させると解釈してよろしいですか。またヒーター負荷の場合は110Vより直近の125Aの遮断機でないと ケーブルの過負荷保護はできませんか。ご教授お願いします。

  • 固定されていないブレーカについて

    増設スペースがなく、分電盤の中に固定されていないブレーカが追加されていることがありますが、 これは電技もしくは内線規程に違反する状態なのでしょうか。もしそうであるなら根拠条文をお教えください。

  • 交流の許容電流を直流に換算する場合の…

    直流の許容電流を知りたいのですが交流の√2倍と考えて問題ないでしょうか? 交流の許容電流は内線規程に記載されているのですが、 直流の許容電流についての資料がなく困っています。 絶縁強度が同じ場合、直流は交流電圧の√2倍まで送電できるので 電流の送電も同じく√2倍が可能という考え方でよろしいでしょう か? よろしくおねがいします。

  • 幹線の保護開閉器の計算式

    幹線の保護開閉器の選定が解りません。 内線規程の690ページ 「3200V三相誘導電動機の幹線の太さ及び配線用遮断器の容量(内線規程3705-4表)」見れば解ると先輩に言われましたが、内容がさっぱりでした。 表で見ると負荷の総和は30KW、最大使用電流は125A以下、CVケーブルの大きさは38SQとなり配線遮断器の容量は175Aとなっています。 特に配線遮断器の選定を計算式で求めるにはどうしたら良いのでしょうか? 電気設備に精通する詳しい方に助けて頂きたいです。 宜しくお願い致します。

  • 内線規定 エリア毎の使用設備編と第9版の違いついて

    自分は、排水処理の制御盤及びその盤へ結線します100~400[V]の機器(ほとんどが100~200[V])間の動力・照明設備工事の設計業務をやっています。 会社にある内線規定(1986年度)が古い為、 新しい物を購入する事になりました。 ネットで検索すると、該当するものとして、 内線規程 (JEAC8001-2005) 東京電力(電気技術規程―使用設備編) と 内線規程 電気技術規程使用設備編 第9版 がありました。 上記業務だとどちらがおすすめとかありますか? 又、検索では、使用設備編しか出てきませんでしたが、上記業務に該当するもので 他にもおすすめとかありますか? 上記第9版は1996年と大分古く、そろそろ新しいものが出るのでは!?と ちょっと買うのをためらっています。 御存知の方いましたらアドバイス宜しくお願い致します。

  • 室内のコード配線について

    室内配線でケーブルではなくコードを使用し、かつそれをステップルで固定している場合、 そのコードを軽く引っ張ってみてスカスカと動く、つまりステップルがコードを押さえつけておらずフリーな状態でも これは電技もしくは内線規程に違反する状態なのでしょうか。もしそうであるなら根拠条文をお教えください。

  • ブレーカーと電線の選択

    単相100Vで22A程度の装置があります。 分電盤と装置をキャブタイヤで接続しますが設置先のブレーカーが50Aであり 線材の選択で困ってます。 ブレーカーを変えることができないため、この場合ブレーカーに合わせるべきなのか 装置に合わせるべきか、教えてください。 電技解釈及び内線規程を調べていますが現在、わかりません。 工場試験では30Aのブレーカーで線材は5.5sqを使用しており 装置には機器用ブレーかを備えております。 また、電子機器であり誘導負荷はありません。 装置に8sqはちょっときつい構造です。

  • 太陽光発電のコンセント連系

    趣味で太陽光発電をしているものです。 いろいろ情報をあさっているんですがわからないので教えていただけませんでしょうか? 2016年の内線規程の改定で200VのACコンセント連系がNGになったと聞いています。マイクロインバータのAC連系が危険だからという話だそうですが、ヨーロッパでは問題ないという指摘もあり、確かにナンセンスだとは感じています。 そこでお詳しい方にご質問なのですが、 【条件】 太陽光発電パネルを庭などに広げて 通常のDC回路で可搬式のボックスなどに収めた住宅用PCSまでもっていき 分電盤から屋内と屋外にそれぞれ単相200Vの専用回線を敷設してコンセントを新設し PCSの出力部から先をコンセントソケット型に加工して連系 【理由】 趣味なのでいろいろな装置を試すために、コンセント連系(挿抜による入切)ができると助かると感じています。 【質問】 1.そもそも内線規程に引っかかりますか?引っかかるのはどの部分でしょう? 2.コンセント型が紛らわしいからダメということであれば専用のコネクタなどを使えば可能なのでしょうか? 3.PCSのAC側(出力側)に保護回路を組む必要がある(組めばOKな)のでしょうか? 実際に連系するとなると電力会社との連系協議などがあると思いますが、とりあえず内線規程上どうなっているのかが知りたいと思っています。 よろしくお願いします。