• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ワークシェアリング

ワークシェアリングはなかなか一般の企業では導入が難しい気がします。営業なんかだと給料下がって仕事量は変わらないことにもなりそうです。今でもサービス残業など横行してますし。 地方公務員事務職なんてワークシェアリング取り入れやすいと思うのですが、実際始める自治体がないのはなんででしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数145
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • mat983
  • ベストアンサー率39% (10265/25670)

http://chiezou.jp/word/%E5%A7%AB%E5%B3%B6%E6%9D%91%E3%81%AE%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0 http://www.oita-press.co.jp/featureNews/12294210095/2009_123180887708.html No1さんの姫島村は成功例として今注目を集めています。 昨日のテレビ番組でやっていましたが、村長は親子2代で村長で対抗馬がいないほど信頼されています。 給料が低い分、魚は猟師に無料でもらえ、野菜は自給自足など島ならではの助け合いがあり生活費が押さえる事ができます。 ワークシェアは信頼されるリーダーと小さな村落ならではできることのように思えます。 現実は無理だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本型ワークシェアリングについて

    ニュースをちゃんと見ていないのですが単細胞な私にどなたかご回答頂ければ助かります(^_^;) この日本型ワークシェアリングとはどんなに忙しい製造業でも強制的に企業が従わなければいけないのですか? それから非正規社員を切った企業もワークシェアリングできるんですか?

  • ワークシェアリングについての疑問です

    いま、学校の課題でワークシェアリングについて調べています。 そこである一つの疑問がうまれました。 ワークシェアリングについて、いろんな賛成・反対の両意見を調べて読む中で、 「単純にシェアできる仕事とできない仕事がある」ということが分かりました。 そして、シェアできる仕事の多くは「ブルーカラー」や「パートタイマー」 の仕事だと書かれていました。確かにそうかもしれません。 でも、もう一つあるような気がするんです。 それは、いわゆる「会社の上層部」です。 たとえば、会長がいて取締役がいて相談役がいて専務がいて常務がいて。 そんな人をカットして(もしくは賃金を大幅カット)すれば・・・ それでいいんじゃないんでしょうか? チマチマと下層部(?)の何人分ものお給料をシェアしたりするより、 上層部の一人のお給料をカットしたら、話は早いのではないでしょうか。 それをなぜしないんですか? 労働組合とかもワークシェアリングに賛成しているというような話ですが、 なぜ、労働組合の人は上層部のことに口を出さない(出せない?)のでしょうか。 何か問題があるのでしょうか。 たしかにお給料を決める社長さんが自分のお給料を減らすということは考えにくい と思うのですが、 政府もワークシェアリングには賛成しているみたいですよね? だったら、何かそういう法律…というのは変な言い方ですが、 特別措置みたいのをとったらいいんじゃないかと思うのですが。 でも、こんな当たり前のことが実際には行われていないことを思うと、 何か理由がある気もします。 これが解決しないと考えがまとまらなくて、 賛成も反対も決められません(論文が書けません)。 どうしてできないんでしょうか。 すごく不思議なのでどなたか教えてください。

  • ワークシェアリングについて

    とうとう現在働いている会社で ワークシェアリングを行う様です。 雇用助成金?を行政よりもらい、対象の課は、減給して、 給料何%分を支払うとの事です。 私はその対象の課でして… 詳しい話はまだ総務より出ていないのですが、 私の会社は「労働組合」が無いので 会社への疑問点等は一個人として話をしなければなりません。 そこで ワークシェアリングを行う上で、注意しなければならない事 を何かあれば教えてください! 会社もはじめてやる事で 曖昧みたいなのですごく心配なんです!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#111860
noname#111860

> 実際始める自治体がないのはなんででしょうか? 姫島村の「ワークシェアリング」は1960年から始まっているという 記事が記憶の片隅にありましたので参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ワークシェアリングはどこにいったの?

    今日ふと思ったことがあったので、久しぶりに質問いたします。 少し前にワークシェアリングって流行って言っていましたよね? そのころは、雇用を増やすために給料が減るなんて嫌だなあ、なんてぼんやりと思っていたのですが、 現実問題として、それが一番かな、と最近では思うんです。 でも実際には正反対ですよね? 雇用人員を減らして、少ない人数でやった方がいいという税制ですよね? (保険税とか厚生年金とか) 法律では残業代1.25割増と成っていますが、 そのぐらいでは人を増やすより、残業させた方が会社にとっても得なのだそうです。 これをもっと増やして、雇用を増やした方が得だ、と雇用者に思わせれば雇用は増えるのではないですか? さらには、サービス残業やサービス出勤をハローワークですら黙認することによって、さらに少ない人員を教育(洗脳?)すればいいと雇用者に思わせて、また雇用が減っているように思えます。 国の機関であるハローワークで加入が義務である社会保険未加入、なんていう件すら平然とあるそうですね。 昨今では労働基準局へ通報がものすごく増えたとか? せっかくそのように通報があるのだから、 悪質なほうから100人ぐらいの雇用者を一気に見せしめ逮捕でもして、法律を破る事のリスク、を再認識させるのが先決なのではないでしょうか? ワークシェアリングって結構取り掛かる方法はいくらでもあるのでは?と思った次第です。 ぼんやり思ったことなので、間違いもあるかもしれません。 実はこうなっているとか、そうじゃないよ、とか いろいろ教えてください。

  • 中小企業でもワークシェアリングは可能ですか?

    こんにちは。 私は以前中小の広告代理店で働いていました。 その会社の営業職は基本給に営業手当がついて残業手当はなし。 (もちろん手当て以上に残業しています。) 制作スタッフには残業手当がでていましたが、 後に残業手当は廃止になり、かわりに制作手当がつくようになりました。(結果的に減給となったようです。) またうちのダンナの会社では残業手当は出ますが 毎週土曜日は無給で出社しています。 中小企業ではこのようなケースが多く、 大企業でも営業職は残業手当のないところは多いと思います。 結果的にワークシェアリングのしようがないのではないかと思いますが 中小企業でもワークシェアリングは可能でしょうか。 またワークシェアリングを可能にするためにはどうすればいいのでしょうか。

  • ワークシェアリング制度と給料控除額について

    私の勤めている企業は中小企業ですが、本年度からワークシェアリング制度を導入しました。 そこで、この制度について、何点かわからない事があります。 1)ワークシェアリング制度とは? 2)ワークシェアリング制度が対象となる雇用条件は?  (正社員だけが対象?それとも、人材派遣やアルバイトも対象?) 3)ワークシェアリング制度を導入することによる、雇われ側のメリットとデメリットは? また、給料控除額について2点わからない事があります。 先月の20日まで、出向で別会社へ人材派遣契約で勤務してましたが、派遣先の都合で派遣切りにあいました。先月20日以降は本来の会社で仕事していますが、今月の給料控除合計額がとても高くビックリしました。 経理の話では、「派遣先での所得が多かったので、引かれる分があと3か月くらいはこれくらいの金額が控除額となってしまう。でも、3か月過ぎると今の手取りに合った控除額になるので、3か月は手取りが少なくなるが我慢してほしい」と言われました。 ちなみに、給料の締め日は20日、給料日は28日です。 ご質問したいのは、 1)私は先月の20日までで人材派遣契約は終了しており、20日以降は本来の会社で勤務しています。なのに、どうして出向していた頃の控除額を払わないといけないのでしょうか?? 2)3か月で控除額が今の手取り額に見合った控除額になると言われたのですが、本当でしょうか? また、なぜ3か月という期間なのでしょうか? どなたか、この辺の話にお詳しい方いましたら、是非教えていただきたくお願いします。 よろしくお願いします。

  • ワークシェアリング制度は会社全体でなくてもいい?

    会社で、ワークシェアリング制度を開始すると告げられました。 ただ、会社全体ではなく、10人未満の私の部署だけです。50人にも満たない企業のため、ちょっと納得が行きません。ワークシェアというのは、通常会社全体、もしくは複数の部で行われるものではないでしょうか? 他の企業では、どのような形で行われているのでしょうか。

  • 「ワークシェアリング」

    例えば労働者派遣法を再び改正し昔に戻して、一部の特殊業務(通訳など)のみに限定し、製造業などの労働者派遣を禁止したらどうなるのだろうか? 「そんなことしたらこの激烈なコスト競争のグローバル経済下で日本企業は生き残っていけない。企業ごと倒産してしまう。そうしたら元も子もないじゃないか?」という意見は当然予想されるのですが、そんなこともないと思います。 「ワークシェアリング」 正社員の給与を減らし、その分で非正規社員を正社員化すればいいのです。そうすることで、これまで正社員に偏っていた過剰な業務も緩和される。(残業も無くなる) 一方でこれまで非正規社員であった人たちのモチベーションも上がる。極端な所得格差、生活格差もなくなる。 格差が無くなれば、社会不安も無くなり、消費も安定し、内需が拡大され、これまで戦後ずっと輸出頼みであった日本の経済もようやく 「自前のエンジンで動いていく経済」に転換できる。 これまで日本の組合も「正規社員」の権利確保が最優先で、非正規社員は無視状態だったのも大きな原因だったかもしれません。 どちらにせよ私は、極端な格差が存在し、一部の人が裕福な生活をし、一部の人が職も無く、住む家も無いような世の中よりも ほとんどの人がほぼほぼ人並みにささやかな(日本国憲法のいうところの‘最低限文化的な‘)生活が出来る社会の方が絶対良いと思います。 (経済もそちらの方がうまくいくと思います) ちなみに私は一部上場企業の正社員です。そこそこの給料もらってますが、多少下がってでも「ワークシェアリング」で皆が職を持って、 住む家持って、生活安定するほうがよいです。 

  • ワークシェアリングで年収減

    テレビで放送していたワークシェアリングによる年収ダウンの事なんですが、某会社では月5万円から6万円の給料ダウンになりますが、年収は400万円から450万円ぐらいはもらえるそうです。 ここの社長は400万から450万あれば一家3人暮らしていけるのではないかという考えだそうで・・・ ちなみにアルバイトも認めるそうです。 しかし、番組のゲストの専門家の中には、これでは暮らしていけないと主張する人がいました。 確かに各家庭の事情で言えば、大家族であったりローンがあったり、教育費がかかったりするかもしれません。 年収400万から450万で生活というのは、専門家の言う通り、無理なもので、社長の考えが甘いのでしょうか?

  • ワークシェアリングでの給与削減について

    現在働いている会社で「ワークシェアリング」が導入されることになりました。週休2日のところ週休3日にし、全社員一律交通費以外の給与が20%カットされます。お休みについては今まで土日祝日が対象でしたが、今度からは土日以外の平日を部内で交代制のお休みとし、祝日がある週はその祝日がお休みとなるので別に休みは取れない、との事でした。 休日の与え方と、給与カットに関して何か法律的に問題はないのでしょうか。と言うのは、同僚の知り合いで同じような状況にあった方がいて、「1日与えたお休みの日は日割り60%の給与を支払う義務が会社にはある」というような事を聞いてきたようなのですが、本当なのでしょうか? 何か色々釈然としないもので、お手数ですがどなたかお教えください。よろしくお願いします。

  • ワークシェアリングで週休3日、正社員の給与を国が補助?

    私の住んでいる地域にある自動車関連工場3社なんですが、3社とも不況のためワークシェアリング(週休3日)をしています。ですが、そのうち2社(AとB)は休みが増えた分の給与カットなのに、あと1社(C)は「国からお金が出るので休みは増えても給料は減らない」と社員が言っています。なぜ、その会社だけが国から補助があるんでしょうか?私には直接関係ないことなんですが全然意味がわからないので気になってます。ちなみにAは大証一部上場、Bは東証大証一部上場、Cは上場していない企業です。そういうことも何か関係があるんでしょうか?国からの補助があると言っている以上、「社員の有給を消化しての休業だから給料は減らない」とかいうカラクリではないと思います。どなたか教えてください。

  • 派遣問題 : 製造業の正社員の方に質問です

    派遣切りが社会問題化しています。 その中で、「企業はワークシェアリングなどして、派遣切りを回避させる努力をなぜしない!」 という批判があります。 要は正社員の仕事量を減らして、その分を派遣にやらせて雇用を何とか続けるという事ですね。 当然、正社員の給料や賞与は減るはずです。 そこで、正社員の方に質問なのですが、もし会社からこのような提案があったら、賛成しますか? 断固反対でしょうか? 率直なお答えを頂ければ幸いです。

  • ワークシェアリング

    本に出てた例題なんですが、分からないので誰か教えてください。ちなみにこの問題を解くのに経済とかの専門知識はいらないらしいです。 アルゼンチンでは、1970年代から1990年代にワークシェアリングを実施し、     1)失業率が15%から4%に、     3)家計消費が7%増大 した。 一方、1970年代から1990年代にかけて、ブラジルでは、     1)失業率が4%から8%に増大し、     2)家計消費は横ばいであった。     ブラジルの家計消費を刺激するのに「ワークシェアリングの実施」という政策は妥当であるか? もし不十分であるなら、どのような追加的な必要条件が必要か? お願いします。