• 締切済み
  • すぐに回答を!

トランジスタの使用法

低周波トランジスタの2SD633とPICで12V5Wの電球を点灯させる回路を作ったのですが、トランジスタの使用方法について疑問が湧いてきましたのでどなたか教えて下さい。 PICからの信号を抵抗を通して2SD633のベースに流し、それを増幅させて(スイッチングさせて)12V電流をコレクタ-エミッタ間に流し、電球を点灯させるという回路です。 12V電流部分の部品の配置に関してですが、 1・・12Vの電源→コレクタ→エミッタ→電球→グランドの順に配置するときちんと点灯するのですが 電球の位置を入れ替えて 2・・12Vの電源→電球→コレクタ→エミッタ→グランドの順に配置すると一応点灯はするのですが点灯しているのかどうかが分からないくらい暗くなってしまいました。 トランジスタと電球を複数個ずつ使用する為電球の-はソケット部分ですぐにひとまとめにしてGNDに戻したいと思うのですが1の方法では電球の-を出た後でトランジスタでスイッチングするような形になるためそれが出来ません。 2の方法できちんと明るく点灯させる事は出来ないのでしょうか? 1、2の方法共にPICの電源電圧は5VでPINからの電流は5V 20mA程度です。 ベース電流の制限用の抵抗は470Ωを使用しています。 トランジスタの使用方法が間違っているのでしょうか? それとも2の場合のアースの取り方が間違っているのでしょうか? 増幅率の問題でしょうか? なにぶんシロウトなものですので分かりやすい言葉で教えていただければ非常に助かります。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数993
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2420)

この方法ですが、ドライブ電流とはベース電流のことですか? 回答:そうです。 抵抗はどの程度で試してみれば良いですか? 400mA以上が負荷ですね。前回は20mAでNGのようですので、2-3倍ぐらいにしてみましょうか。 それですと、(5-1.4)/R=3.6V/60オーム≒60mA です。 60オーム前後でやってみては。 あと、この(2)のようなトランジスタの接続方法は「コレクタ接地」という方法になるのですか? 回答:そうです。 PICの電源電圧は5V・20mAをまず電圧形式に変換します。それがドライブです。参考図面ではドライブのコレクターが同じ条件で接続されていて 効果がありませんでしたが、独立にすれば効果は見込めます。 サイリスタ素子とは高負荷のスイッチングや照明の明るさの調整などに利用される半導体素子です。トランジスターのような増幅素子ではありません。 サイリスタで質問のgoo検索をしてみてください。参考になるものがたくさんありますから。 参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2420)

#1mmkyです。 #3のmickjey2さんの方法でもNGのようでしたら苦しいですね。 コレクター電位が低すぎるのですね。 もう一つの方法は、ダーリントンでドライブのトランジスター2SC1815のコレクターを12V電源につなぎ、そのエッミターと2SD633のベースに抵抗をいれてドライブする方法です。 ドライブ電流は(5-1.4)/R で与えられますので十分に取れます。 それでもNGであれば、 (2)はサイリスタ素子でも使わないとスイッチできないということですね。 追伸: 電球は負荷としてはかなり重いですから電圧を印加するタイプのドライブ (1)の方式のようなものが普通ですね。 参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご親切にありがとうございます。 たかが電球とトランジスタの位置関係というだけの問題なのですが・・。 もう一つの方法は、ダーリントンでドライブのトランジスター2SC1815のコレクターを12V電源につなぎ、そのエッミターと2SD633のベースに抵抗をいれてドライブする方法です。 ドライブ電流は(5-1.4)/R で与えられますので十分に取れます。 この方法ですが、ドライブ電流とはベース電流のことですか? 抵抗はどの程度で試してみれば良いですか? あと、この(2)のようなトランジスタの接続方法は「コレクタ接地」という方法になるのですか? (2)はサイリスタ素子でも使わないとスイッチできないということですね。 とありますが、サイリスタ素子とはどのような物ですか? 無接点のリレーとかスイッチみたいな物ですか? トランジスタ以外で高速でON、OFFできて無接点のリレーのような物があれば教えていただけないでしょうか?あくまでも今回は電球のスイッチングが目的なのでトランジスタ以外で代用できる物があればそちらも試してみたいと思います。

  • 回答No.3
noname#11476
noname#11476

他の解決方法もアドバイスとして。 すでにmmkyさんがご回答されているようにトランジスタの増幅率は非常に落ちてしまうため、2の方法を使う場合は、ダーリントン接続にして使うのが一般的です。 http://www-nh.scphys.kyoto-u.ac.jp/~enyo/kougi/elec/node29.html 上記図のような接続です。 ご質問のケースですとコレクタを独立にして、一段目のコレクタに制限抵抗をつけて直接+12Vに、二段目のコレクタに電球経由で+12Vに接続する形でも良いですね。 (1段目のトランジスタの増幅率を稼ぐため)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 参考URLを真似てダーリントン接続を試してみました。 2SC1815でやってみたのですが若干は明るくなったものの満足の行く明るさではありませんでした。ベース抵抗ですが徐々に減らして最終的には壊れるのを覚悟で抵抗無しまでやったのですが、ダメでした。増幅率が全然足りないようです。 トランジスタをもう1つ増やしてみるとか??どうでしょう? 2SD633のベースには最終的にどの程度のベース電流を流してやれば良いのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回答No.2
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2420)

「電球をどの位置に持ってくるかによって同じベース電流でも増幅率が変化してしまうという事でしょうか? 」 そうなんです。 トランジスターというのはコレクター・エッミター間電圧がベース電圧よりもある程度高い状態で正常な動作をします。 トランジスターをON/OFFのスイッチングで利用しますとコレクター電位がベース電圧より低くなる場合があります。この時にはトランジスターの性能は落ちます。電流増幅率が小さくなります。電流利得はコレクター電位が高い時には例えば100ぐらいあるのですが、ON状態では半分以下になることがあります。 「このようにスイッチングに使用する場合はどちらが一般的なやり方なのですか?」 負荷電流が少ない状態ですと(2)が一般的かなと思います。 負荷電流が大きい場合は(1)が多いかなと思います。 ご質問は(2)でということなので、 PINからの電流は5V 20mAということですからMAX20mA のドライブ電流でどこまでコレクターに負荷電流を流せるかということかなと思います。 PIN OUTを保護するために少しの抵抗は要りますので100オーム程度の抵抗をつけてやってみたらどうでしょうか。 抵抗(0)は、PIN OUTの保護上に問題がありますので小さくても抵抗は接続したほうが良いと思います。 参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • mmky
  • ベストアンサー率28% (681/2420)

参考程度に (1)の方法ですと電球にかかる電圧はベース電圧から少し下がった 4V前後になりますね。これは、電源12Vと2SD633のベース間に抵抗を 接続し、ベースとグランド間にもう一つのトランジスター(省電力用)のコレクターとエッミターを接続し、そのベースを制御信号でスイッチングさせると電球には11Vぐらいを与えることが出来ますね。 (2)の方法はトランジスターを十分にON状態にしないといけないですね。ON状態では電流増幅率が下がりますので十分大きなベース電流が必要です。現状のベース電流は、(5-0.7)V/470Ω≒10mA 12V5Wだと電球あたり0.4A=400mA ということで電流利得は40倍必要ですね。ON状態ではきつい値ですので、もう少しベース抵抗を小さくしてベース電流を増やす必要がありますね。それから、電源とコレクター間に電球を 入れる場合は、OFF時のコレクター電圧が不安定になりますので、大きな 抵抗を電球と並列に電源とコレクター間に接続しておき、トランジスターのスイッチング動作を確実にする必要はあります。 ということで、参考程度に

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

電球をどの位置に持ってくるかによって同じベース電流でも増幅率が変化してしまうという事でしょうか? 参考までにその理由とかも教えていただければありがたいです。 実は使用するソケットが自動車用でして本体部分が-になっていて取り付けると車体にすぐアースされるようになっているので2の方法が理想的なのですが、2の場合はベース電流を制限する抵抗は何Ω位を目安にすれば良いですか? 0Ωはまずいですか? それと、1、2のやり方ですが、このようにスイッチングに使用する場合はどちらが一般的なやり方なのですか? 色々と質問を増やしてごめんなさい。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • トランジスタが動きません

    現在PICで7セグをダイナミック点灯で制御しようとしています。 使おうとしている7セグは内部で赤LEDが5つ直列に並んでいるので、12V電源を使用することにしました。 トランジスタを使い、12Vを5VでONOFFしたいのですが、うまく動きません。 トランジスタはC1815を使おうと思っています。 コレクタに電源から12V エミッタに7セグのアノード側 ベースに乾電池×2からの3V をつないでいますが、エミッタの電圧が4Vほどになってしまいます。 7セグそのものの抵抗値が大きいようなので、抵抗はつけていません。 何が原因なのでしょうか。 カソード側は コレクタに7セグのカソード側 エミッタに0V ベースに乾電池×2からの3V をつないだところ電流はきちんと流れました。 なぜアノード側が動かないのか、教えてください!

  • トランジスタの特性について

    NPN型トランジスタについての質問ですが、トランジスタは増幅作用というのを持っていますが、 これはベースに流れる電流とコレクタ・エミッタ間に流れる電流がトランジスタの内部で 合わさる(合流するため)増幅したように感じるのでしょうか? それから、ベースとエミッタ間にかかる電圧は一定で0.7Vくらい?らしいですが、 それはなぜでしょうか? 最後に、コレクタ・エミッタ間にかかる電圧をあげることによって、電流も多く流れますが、 エミッタ接地電流増幅率も大きくなります。 これはなぜでしょうか? ちなみに、これはコレクタ・エミッタ間にかかる電圧をどんどん上げていって、 ある値を越えてからは電流増幅率は一定の値に収束するのでしょうか?

  • トランジスタにLEDを接続する

    質問させてください。 次の問題が分からないです。 トランジスタのコレクタ側にLEDを接続しました。 Ibを制御することによって、LEDを点灯させたが、このときのトランジスタの作用は、発振作用、スイッチング作用、増幅作用のどれにあたるか。理由も答えよ。 という問題です。 作用を全部調べてみました。 発振作用 増幅回路の出力の一部を入力に帰還する際、その時間遅れを決めることにより、発振周波数が決定される。正帰還である場合に発振する。 増幅作用 エミッタ - ベース間にわずかな電流を流すことで、エミッタ - コレクタ間にその何倍もの電流を流すことができる。 エミッタ - ベース間の電流を入力信号とし、エミッタ - コレクタ間の電流を出力信号とすることで、増幅作用が得られる。 スイッチング作用 ベースに与える小さな信号によってより大きな電流を制御できるため、メカニカルなリレースイッチの代わりに利用されることもある。 電流の大小ではなくON / OFFだけが制御の対象であるため、一定の線形性が求められる一般的な増幅作用の場合とは異なり、コレクタ電流とベース電流との比が直流電流増幅率よりも小さくなる飽和領域も使われる。 調べてきただけでも仕組みが理解できないのですが、LEDを接続し、点灯させるにはどの作用が働くのでしょうか。教えてください。 自分の見解を申し上げたいですが、作用が理解できないのでさっぱりです。すいません。よろしくお願いします。

  • トランジスタのスイッチング作用(その2)

    トランジスタのスイッチング作用について質問があります。 前回と似た質問で恐縮です。 *------------Vcc(12V) | RL | *------------Vout |   C (0~5V)Vin-----R------B NPNトランジスタ E | | o-------------*------------o 上図の回路で正の入力電圧を印加し、NPNトランジスタを飽和させてスイッチングさせます。正の入力電圧を印加しているときは、トランジスタがONし、コレクタからエミッタへ電流が流れます。また、ONしているので、入力の位相が反転して出力に現れます。 ON時のコレクタ・エミッタ間電圧VCE(sat)が0.4Vとすると、コレクタの電位は0.4Vになります。 ここで質問です。 トランジスタがスイッチONの時、VBEは0.7V(動作時のVBEはおおよそこの電圧で考えるようですね。)、VCEは0.4Vとなると、コレクタ(電圧低い)、ベース(電圧高い)という関係になります。電流は電圧が低いところから高いところへは流れません。ということはコレクタからベースには電流は流れないことになります。ベースに電流が流れなければエミッタへも流れません。しかし、現実にはコレクタ→エミッタで流れます。これはどう考えたらよいのでしょうか。理由がわかりません。 入門書ではエミッタからベースに自由電子が流れて、大半がベースを突き抜けてコレクタへ移動するためコレクタからエミッタに電流が流れるとあります。これは理解できます。ただし質問の場合は、コレクタ(電圧低い)、ベース(電圧高い)という関係は無視されて、電圧が低いところから高いところへ流れるという現象になるのでしょうか。 「同じような質問して!」と思われるかもしれません。恥ずかしい限りですがホームページでも書籍でもズバリの理由が探し出せません。よろしくお願いします。

  • フォトカプラーの使い方

    PICマイコンからの信号をトランジスタのベースに流し、そのトランジスタでスイッチングして電球をON、OFFさせる回路を製作しました。 しかし、トランジスタの場合エミッタ接地にしなければ電球が十分な明るさになりませんでした。 そこで、リレー以外でトランジスタの代わりに高速でスイッチングできる素子を探していたらフォトカプラーという物を見つけたのですが、このフォトカプラーという物は上記の様な目的には使用可能でしょうか? 出来たら具体的な使用方法も教えて下さい。 ちなみにPICからの信号は5V、15mA程度、点灯させる電球は12V5Wです。 よろしくお願いします。

  • トランジスタを用いたモータ制御

    トランジスタ(エミッタ接地、コレクタ負荷、2SC1815-GR-BE)を使ってモータのon/off制御をしています。 ベースには、PICから5Vが出力され、8.6KΩの抵抗によって、0.5mA程度の電流を流しています。直流電流増幅率を200として、コレクタに100mA流そうとしましたがうまくいきません。コレクタには5Vの電圧をかけています。 原因が分かる方がおられましたら、是非ご教授よろしくお願いします。 モータ(FM34F):http://www.tokyoparts.co.jp/2-009.htm トランジスタ(2SC1815) PIC(16F819)

  • トランジスタのスイッチング作用

    最近トランジスタの勉強をしていますが、トランジスタのスイッチング作用について質問があります。 *------------Vcc(12V) | RL | *------------Vout |   C (0~5V)Vin-----R-------B NPNトランジスタ E | | o-------------*------------o 上図の回路で正の入力電圧を印加し、NPNトランジスタを飽和させてスイッチングさせます。正の入力電圧を印加しているときは、トランジスタがONし、コレクタからエミッタへ電流が流れます。また、ONしているので、入力の位相が反転して出力に現れます。ON時のコレクタ・エミッタ間電圧VCE(sat)が0.4Vとすると、コレクタの電位は0.4Vになります。 ここで質問です。 トランジスタがスイッチONの時、VBEは0.7V(動作時のVBEはおおよそこの電圧で考えるようですね。)、VCEは0.4Vとなると、コレクタよりもベース側が電位が高いことになります。コレクタから見てコレクタ→ベースはダイオードに順方向電圧がかかった状態と考えられます。 となると、ベースからコレクタに電流が流れそうですが、実際は逆にコレクタからベースを通してエミッタに流れます。ベースからコレクタに電流が流れないのはコレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかからないためなのでしょうか(コレクタ・ベース間はダイオードのようになるので)。 もしそうであるとすると、コレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかかった場合はベースからコレクタに電流が流れてしまうのでしょうか。 NPNトランジスタの2SC1815のデータシートではコレクタ・エミッタ間飽和電圧 VCE (sat) はtyp=0.1V MAX=0.25Vです。また、ベース・エミッタ間飽和電圧 VBE (sat) はMAX=1.0 Vです。VCE (sat)が0.1VでVBE (sat)が1.0V(MAX)だと0.9Vの差となるので、コレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかかることになり、ベースからコレクタに電流が流れそうです。 実際はこのような状況にならないのでしょうか。 素朴な疑問ですがトランジスタのスイッチング動作時にベースからコレクタに電流が流れない理由がわかりません。 ご教授よろしくお願いいたします。

  • トランジスタ

    1.NPN型トランジスタでエミッタ接地の場合の増幅作用の原理について 2.コレクタ電流が飽和値に到達しない理由について 3.トランジスタの動作点ゎどこにとったらよいか。 と質問3つで多いですがどれか一つでも解答して頂けたら助かります。 ちなみに使用したトランジスタゎ2S950です。 解答よろしくお願いします。

  • 12Vで使えるNPNトランジスタを探してます。

    12Vで使えるNPNトランジスタを探してます。 電源電圧が12Vなので、ベースに加える電圧が12Vになります。 例えば下記のトランジスタは使えるでしょうか。 「エミッタ・ベース間電圧 VEBO 7 V」となってますが、12V以上の石でないと破損してしまうんでしょうか。 品名2SC3964 絶対最大定格 項目 記号 定格 単位 コレクタ・ベース間電圧 VCBO 40 V コレクタ・エミッタ間電圧 VCEO 40 V エミッタ・ベース間電圧 VEBO 7 V コレクタ電流 IC 2 A ベース電流 IB 0.5 A コレクタ損失 PC 1.5 W 接合温度 TJ 150 ℃ 保存温度 TSTG -55~150 ℃ アドバイスお願いします。

  • トランジスタの増幅率を一定に保ちたい

    トランジスタの増幅率を常に一定に保つ方法をご存知の方おられませんか? トランジスタのベースにPICマイコンからの信号を流し、 そのトランジスタで電流(信号)を増幅し電球を点滅させる回路を製作しています。 マイコンからベースへの配線にはコンデンサを並列に繋いでおりマイコンの信号がOFFになった時にベースへの電流が(コンデンサの放電によって)徐々に小さくなり、それにより増幅率が下がり電球はふわっと消えるようになります。それは一応成功なのですが しばらくこの回路を動作させていると、増幅率が低下した事による発熱で逆に増幅率が上がってしまうのか電球が点灯しっぱなしの状態になってしまいます。 で、電源を落としてトランジスタを冷やしてから再度ONすると元にもどり、またしばらくすると点灯しっぱなしになります。 トランジスタが発熱してもず~っと電球がふわぁっと消え続けるような点滅をさせたいのです。 トランジスタの増幅率をトランジスタ自身の温度変化等に関わらず一定に保つ事は出来るのでしょうか? 以前にオペアンプを使ってその様な事が出来るというのを聞いた事があるような気もするのですが、ご存知の方おられましたら詳しい方法を教えて下さい。