• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

トランジスタのスイッチング作用(その2)

トランジスタのスイッチング作用について質問があります。 前回と似た質問で恐縮です。 *------------Vcc(12V) | RL | *------------Vout |   C (0~5V)Vin-----R------B NPNトランジスタ E | | o-------------*------------o 上図の回路で正の入力電圧を印加し、NPNトランジスタを飽和させてスイッチングさせます。正の入力電圧を印加しているときは、トランジスタがONし、コレクタからエミッタへ電流が流れます。また、ONしているので、入力の位相が反転して出力に現れます。 ON時のコレクタ・エミッタ間電圧VCE(sat)が0.4Vとすると、コレクタの電位は0.4Vになります。 ここで質問です。 トランジスタがスイッチONの時、VBEは0.7V(動作時のVBEはおおよそこの電圧で考えるようですね。)、VCEは0.4Vとなると、コレクタ(電圧低い)、ベース(電圧高い)という関係になります。電流は電圧が低いところから高いところへは流れません。ということはコレクタからベースには電流は流れないことになります。ベースに電流が流れなければエミッタへも流れません。しかし、現実にはコレクタ→エミッタで流れます。これはどう考えたらよいのでしょうか。理由がわかりません。 入門書ではエミッタからベースに自由電子が流れて、大半がベースを突き抜けてコレクタへ移動するためコレクタからエミッタに電流が流れるとあります。これは理解できます。ただし質問の場合は、コレクタ(電圧低い)、ベース(電圧高い)という関係は無視されて、電圧が低いところから高いところへ流れるという現象になるのでしょうか。 「同じような質問して!」と思われるかもしれません。恥ずかしい限りですがホームページでも書籍でもズバリの理由が探し出せません。よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数62
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

私もトランジスタの中でどのような現象が起きているか説明はできませんが 単純に次のように考えることはできないでしょうか? (1)Vin→R→B→C→この後GND(0v)へ戻るルートがない。(閉回路が構成 されない)・・・・電流は流れない *トランジスタの内部でCとEは直接繋がってはいない。 *適切な例ではありませんが、トランジスタを可変抵抗器に置き換え、 BC間を全抵抗に、Bを可変用シュウ動子として中間位置に置けば閉回路 が構成できていなことが解ると思います。 (2)実験を伴いますが (2-1)RLを取り外した状態でCと0v間に抵抗を接続してこの抵抗の両端 電圧を測定する。 *電圧が発生するならB→Cへ電流が流れている。・・・(2-2)へ *電圧が発生しないならB→Cへ電流は流れていない。 この場合0.1V<BC間電圧降下(ダイオードのVf相当)かもしれない (2-2)相談者の提示する回路に戻って、Cにおける電流はRLを流れてくる 電流+B→Cへ流れる電流となるがB→Cへ流れる電流は逆方向であり、 B→Cへ流れる電流が相対的に小さければ流れないことになる。また、 極めて小さければネグレクトされることになる。(計算上も実測上も) 他の回答者の方々も相談者がすんなり納得できる説明に苦慮されているのではないかと思います。 実験結果に基づきご自分なりの見解(厳密には違っていても)として整理されてはいかがでしょうか。 申し訳ありません。私の早とちりで質問の内容を誤認していました。 以下に私なりの解釈を記してみます。(解釈の正誤は他の方に判定をお願いいたします) トランジスタ記号のC→E間にダイオード(仮想ダイオードです)を追加して 考える。 このダイオードの順方向電圧降下はIb依存性を持ちIb=0でVcc、飽和状態 でVce(sat)となる。 参考書等に記載されているトランジスタの模式図(コレクタ層・ベース 層・エミッタ層が直列に配置されたもの)とトランジスタ記号をあわせて みると、B→C、B→E間にダイオードがあることになり、ベースに電位が 与えられるとB→C間ダイオードが変質(特性が変わる)して電流が流れる 印象を受け、飽和領域ではB→C間ダイオードが無効になればVbe=Vce(sat) となると思いきや、現実はそうならないことから仮想ダイオードを追加 して考えて見ました。 また、質問者の方は参考書等に記されている「ベース層を突き抜けて電流 が流れる」を「ベース層を経由して電流が流れる」と考えておられるよう に感じます。C→E間に仮想ダイオードを追加して考えることでこの差が 解消されればスッキリすることを期待します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありませんでした。 (1)の「閉回路が構成されない」はなるほどと思いました。 (2)の実験はまだ試していませんが、折を見て試してみます。 自分で考えることが将来的にも大切と考えているので、手を動かして体験することも重要ですね。ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

トランジスタに電流が流れるのは電圧のかけ方と、ベースの薄さが味噌になります。 ?B-E間に電圧をかけると、Eの電子は大量にベースに流れ込みます。  ?ベースはかなり薄いため、流れ込んだ電子はそのままコレクタ側に突き抜けます。   ベースに電子が大量に集まることにより、コレクタ側に正孔が集まり、ベース側から  ←←←←かなり重要な要素   Cに電子の移動を容易にしている。  ?C側に電子が入ったら、Cに接続している+電圧に電子が引かれていきます。 ←←←←電圧のかけ方が重要な要素  ??~?の工程を繰り返すことで、トランジスタは電流を流します。    ちなみに、電気を扱う人には常識だと思いますが、電子の流れは、電流の向きとは反対です。 ちょっと舌っ足らずでしたね。 上記説明より、ベースとコレクタの電圧値が電流を流すのではなく、 電圧を掛ける向きにより、電流が流れる言うのがトランジスタの動作の鍵になります。 簡単に言うと、ベースは薄い、そのため、勢いよくベースに流れ込んだ電子はコレクタに突き抜ける 。突き抜けた電子はコレクタにかかっている+電圧に引かれる。 トランジスタを作る上で一番重要だったのはベースの薄さだったのかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありませんでした。 流れは理解できました。私の理解している動きと同様で安心しました。 あとは、VCE(sat)やVBEの電圧とどう関係しているかがわかればと思います。 さらに調べてみます。ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

下記のページなど参照願います。 pn接続の方向が電流をせき止める鍵となります。

参考URL:
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k0dennsikotai/51d49gennritr.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありませんでした。 参考ホームページを拝見しました。他にも興味がある項目があり、勉強になります。これらをもとに今一度整理していきたいと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

NPN TrがON状態で、Vbe=約0.7V > Vce=約0.1V で、でなおかつ ベース->コレクタ方向は、PN接合の順方向なのに、どうして ベース->コレクタ方向へ電流が流れないのか ・・・確かに不思議な現象ですね。 ここでは同時に、コレクタ->ベース方向へ、PN接合の順方向の逆方向に なぜ大電流が流れてしまうのか・・・この電流が増幅されるのも 不思議な現象ですね。 これらの不思議な現象は、発明者も驚いてひどく興奮したでしょうね。 この現象はPN接合ダイオードを2本接続したモデルでは説明できないと 思われます。 現象論的には、この現象を説明するTrの等価回路というものが考えられて いて、簡単なモデルでは、ダイオード2本と定電流源のものがあったと 思います。つまり実際には存在しないのに、電気エネルギー源がTrには あるかの如く等価モデルが考えられています。 ベースにバイアス電流を少量流すだけで、コレクターからベース層を 突き抜けてエミッタへ大電流が流れる現象の定性的な説明は、 私ものんきさんと同じように高校3年の物理IIのレベルでは そこまでしか習わないと思います。 これ以上の知識は電子工学のもっと深い知識が必要なので、 物性論と呼ばれる学問の書籍を調べるのが良いと思います。 ここは製造業の人が多いと思われるので、OKWAVEの学問、物理あたりで 聞くと、詳しい人がいるかもしれません。 私もベース層でいったい何が起こっているのか知りたいところです。 誤記訂正です 誤り: >ここでは同時に、コレクタ->ベース方向へPN接合の順方向の逆方向に なぜ大電流が流れてしまうのか 正: ここでは同時に、コレクタ->ベース層->エミッタの方向へPN接合の 順方向の逆方向になぜ大電流が流れてしまうのか >NPN TrがON状態で、Vbe=約0.7V > Vce=約0.1V で、でなおかつ >ベース->コレクタ方向は、PN接合の順方向なのに、どうして >ベース->コレクタ方向へ電流が流れないのか >・・・確かに不思議な現象ですね。 Vcc=5V 2N2222で計算したところ、TrがON状態で、 Vbe=約0.7V > Vce(sat)=約0.1V と書いたのですが、 この条件でVbe-Vce=0.6Vなので、 ベースからコレクタへ電流が流れるには、Vbeが約0.1Vほど足りない故、 ベース->コレクタ方向へ電流はぎりぎりで流れることが出来ない ・・・と説明できるかも。 自信はないけど。 ただ・・・すばり教えてより、自分で調べ、考えることが大切ですよ。

参考URL:
http://okwave.jp/210/c391.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼遅れて申し訳ありません。私と同じように疑問に思っている方がいらっしゃってホットしています。 OKWAVEですか。まだ利用したことはないですが、やはり専門家が利用されているのですね。今度同じ質問を投げかけてみようと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

BからEに流れることにより、CからEに流れます。 Eは0VですのでBからEは高い電圧から低い電圧へ Cも0.4VありますのでCからEは高い電圧から低い電圧へということになります。何も矛盾もありませんが...

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありません。 確かにEを基準に考えると問題ないのですが、N(C)→P(B)→N(E) の流れの中で、VCE(sat)が0.4V、VBEは0.7Vと考えるとなんか 変だなと思ってしまうのです。もう少し自分でも考えてみます。

関連するQ&A

  • トランジスタのスイッチング作用

    最近トランジスタの勉強をしていますが、トランジスタのスイッチング作用について質問があります。 *------------Vcc(12V) | RL | *------------Vout |   C (0~5V)Vin-----R-------B NPNトランジスタ E | | o-------------*------------o 上図の回路で正の入力電圧を印加し、NPNトランジスタを飽和させてスイッチングさせます。正の入力電圧を印加しているときは、トランジスタがONし、コレクタからエミッタへ電流が流れます。また、ONしているので、入力の位相が反転して出力に現れます。ON時のコレクタ・エミッタ間電圧VCE(sat)が0.4Vとすると、コレクタの電位は0.4Vになります。 ここで質問です。 トランジスタがスイッチONの時、VBEは0.7V(動作時のVBEはおおよそこの電圧で考えるようですね。)、VCEは0.4Vとなると、コレクタよりもベース側が電位が高いことになります。コレクタから見てコレクタ→ベースはダイオードに順方向電圧がかかった状態と考えられます。 となると、ベースからコレクタに電流が流れそうですが、実際は逆にコレクタからベースを通してエミッタに流れます。ベースからコレクタに電流が流れないのはコレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかからないためなのでしょうか(コレクタ・ベース間はダイオードのようになるので)。 もしそうであるとすると、コレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかかった場合はベースからコレクタに電流が流れてしまうのでしょうか。 NPNトランジスタの2SC1815のデータシートではコレクタ・エミッタ間飽和電圧 VCE (sat) はtyp=0.1V MAX=0.25Vです。また、ベース・エミッタ間飽和電圧 VBE (sat) はMAX=1.0 Vです。VCE (sat)が0.1VでVBE (sat)が1.0V(MAX)だと0.9Vの差となるので、コレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかかることになり、ベースからコレクタに電流が流れそうです。 実際はこのような状況にならないのでしょうか。 素朴な疑問ですがトランジスタのスイッチング動作時にベースからコレクタに電流が流れない理由がわかりません。 ご教授よろしくお願いいたします。

  • トランジスタの飽和動作

    トランジスタの動作で昔から疑問に思っていて未だにわかりません。 今、npnトランジスタのコレクタ-エミッタ間に電圧を印加(電源から抵抗をはさんで)し、ベース-エミッタ間には0.6V以上の順方向電圧を印加して大きなベース電流を流したとします。このとき、トランジスタはonの状態で、飽和動作をしていると考えられます。すなわちコレクタからエミッタへ電源電圧と抵抗で決まる電流が流れています。 このときコレクターエミッタ電圧の飽和電圧は0.2Vくらいで、ベースーエミッタ電圧は0.6Vくらいなので、コレクタ-ベース間は-0.4くらいになり、順方向にバイアスされていることになります。でも電流はコレクタからエミッタへ流れているのですから、コレクタ-ベース間もコレクタからベースへ流れることになります。すなわちコレクタ-ベース間は電圧のかかっている方向と逆方向に電流が流れていることになります。 飽和動作時のコレクタ-ベース間は、オームの法則も電磁気学も成り立たない異次元空間なのでしょうか??

  • トランジスタを使ったスイッチイング回路について

    トランジスタのスイッチング回路を用いて、圧電素子によってプレイステーションのコントローラのON、OFFする回路を作っています。 http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame2/s01.html にある回路図を元にしていて、 ベースに圧電素子、コレクタにコントローラの+側、エミッタにGND側と圧電素子のもう片方を接続して、圧電素子に振動を与えるとスイッチが動作しましたが、感度が若干鈍いので、試しにコレクタとベース間に抵抗をはさんでみたところ感度がだいぶ良くなりました。 しかし、このようなスイッチング回路はインターネットや書籍などでも見かけなかったので、使っても大丈夫なのか気になっています。 この回路図でコレクタ-ベース間に抵抗を入れて動作させた時の、問題点等を教えてください。 トランジスタはNPN型(2sc1815)で、コントローラの+、GNDの電圧、電流も約4V、0.2mV程度です。 また、各抵抗値の計算としてコレクタ-ベース間は R1=Vcc(電源)-Vbe(約0.6V)/I(電流) ベース-エミッタ間は R2=Vbe/I と考えたのですがこれでいいのでしょうか? 電気・電子回路は初心者であまり詳しいことはわかりませんが、よろしくお願いします。

  • トランジスタの特性について

    NPN型トランジスタについての質問ですが、トランジスタは増幅作用というのを持っていますが、 これはベースに流れる電流とコレクタ・エミッタ間に流れる電流がトランジスタの内部で 合わさる(合流するため)増幅したように感じるのでしょうか? それから、ベースとエミッタ間にかかる電圧は一定で0.7Vくらい?らしいですが、 それはなぜでしょうか? 最後に、コレクタ・エミッタ間にかかる電圧をあげることによって、電流も多く流れますが、 エミッタ接地電流増幅率も大きくなります。 これはなぜでしょうか? ちなみに、これはコレクタ・エミッタ間にかかる電圧をどんどん上げていって、 ある値を越えてからは電流増幅率は一定の値に収束するのでしょうか?

  • NPNトランジスタの飽和について

    NPNトランジスタの飽和について質問ですが、 NPNトランジスタ、ベース抵抗、エミッタ抵抗、各電源があり、 電圧印加し、トランジスタがONした時のベース電圧を計算より、 算出したいのですが、算出可能でしょうか? Vceが飽和しているとき、そうでないときがあり、算出できないと 考えていますが、正しいでしょうか? また、どういった場面で飽和させるとき、そうでないときの使い分けるのでしょうか? 知識、経験のあるかた、ご教授ください。

  • トランジスタのスイッチ作用に関して

    トランジスタのスイッチ作用について教えてください PNPトランジスタではベース-エミッタ間にわずかな電流を流すとコレクタ-エミッタ間に大きな電流がながれる。 B-E間に電流を流すことでC-E間の抵抗が小さくなり大きな電流が流れ、いわゆるスイッチの作用で用いられていると思うんですが、NPNトランジスタではどうなるんですか?

  • NPN形トランジスタのコレクタに1mAの電流を流したい。この場合ベース

    NPN形トランジスタのコレクタに1mAの電流を流したい。この場合ベース抵抗Rの値をいくらにすればよいか?ただし、ベース接地電流増幅率αは0.95、ベース-エミッタ間電圧Vbeは0とする。 自分で出した答えは250オームになりました。 ぜひ教えてください。

  • ダーリントン接続の電圧は?

     私が見ている初心者向けのトランジスタの書籍で、下記のような記述がありました。  NPN形トランジスタを2つ使ってダーリントン接続の接続になっていました。  1段目と2段目のトランジスタを、Tr1、Tr2とおくと、Tr1のエミッタがTr2のベースに接続していました。  ここで、この2つのトランジスタを1つのトランジスタと仮定したときのCE間の電圧をVce、2段目のトランジスタのベース/エミッタ間電圧をVbe1、1段目のトランジスタのコレクタ/エミッタ間電圧をVce1と書かれていました。  このとき、のVceの電圧が、 Vce≧Vbe2+Vce1 と表記されていました。  以上と同様に、Vbeについては、 Vbe≒Vbe1+Vbe2 と表記されていました。  ここで、なぜ等号記号が=ではなく、≧や≒となっているのでしょうか?

  • トランジスタの静特性

    Ib(ベース電流)が0(A)のときでも、少しIc(コレクタ電流)が流れるのですか? トランジスタの静特性(Vce-Ic)から読み取ると、そうなるのですが・・・ 私の使っているトランジスタはnpn型です。

  • トランジスタにイライラしてます。

    お世話になります。仕事で電気関連の知識が必要になり、勉強を始めたのですが行き詰まっています。 実は大学で電気科だったのですが、当時挫折したところと同じとこで行き詰まり、参考書を破り捨てそうなくらいイライラきてます… 問題はトランジスタ(NPN)の動作についてです。 (1)コレクタに電圧をかけると、エミッタの電子がベースに流れ込み、ベースの正孔と飽和した所で電子の移動が止まる。 【とありますが、なぜ空房層を越えてエミッタからコレクタ電圧は電子を引っ張れないのでしょうか。電子は正孔の有無に関わらず正電界に引かれるのではないのでしょうか。】 (2)コレクタの電子もコレクタ電圧に引かれるが、コレクタの正孔と結合しきった時点で止まる。 【コレクタの正孔とはどういうことなのでしょうか。トランジスタに接続されている導線は半導体ではないと思いますので、正孔が余っているということはないと思のですが。】 (3)ベースに電圧をかけると、ベースに正孔が流れ、エミッタの電子がベースに向かう。 【正孔が供給される意味がわかりません。もしベース電圧から正孔が供給されるのであれば、コレクタに電圧をかけた時点でコレクタに正孔が供給され、コレクタ電流が得られ続けるのではないでしょうか。 電子と正孔が結びつくと消えるとすれば、半導体でない普通の導体でもすぐに電流が流れなくなってしまうのではないのでしょうか。】 (4)エミッタからベースに向かった電子で、ベースの正孔と結びつかなかったものは、コレクタに引っ張られる。 【なぜコレクタ電圧で引けなかった電子がベース電圧で引けるのでしょうか。】 番号は参考書、【】内が私の消化不良です。 お詳しい方いらっしゃいましたら、ご助言いただけますとありがたいです。 よろしくお願いします。