• ベストアンサー
  • 困ってます

トランジスタのスイッチング作用

最近トランジスタの勉強をしていますが、トランジスタのスイッチング作用について質問があります。 *------------Vcc(12V) | RL | *------------Vout |   C (0~5V)Vin-----R-------B NPNトランジスタ E | | o-------------*------------o 上図の回路で正の入力電圧を印加し、NPNトランジスタを飽和させてスイッチングさせます。正の入力電圧を印加しているときは、トランジスタがONし、コレクタからエミッタへ電流が流れます。また、ONしているので、入力の位相が反転して出力に現れます。ON時のコレクタ・エミッタ間電圧VCE(sat)が0.4Vとすると、コレクタの電位は0.4Vになります。 ここで質問です。 トランジスタがスイッチONの時、VBEは0.7V(動作時のVBEはおおよそこの電圧で考えるようですね。)、VCEは0.4Vとなると、コレクタよりもベース側が電位が高いことになります。コレクタから見てコレクタ→ベースはダイオードに順方向電圧がかかった状態と考えられます。 となると、ベースからコレクタに電流が流れそうですが、実際は逆にコレクタからベースを通してエミッタに流れます。ベースからコレクタに電流が流れないのはコレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかからないためなのでしょうか(コレクタ・ベース間はダイオードのようになるので)。 もしそうであるとすると、コレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかかった場合はベースからコレクタに電流が流れてしまうのでしょうか。 NPNトランジスタの2SC1815のデータシートではコレクタ・エミッタ間飽和電圧 VCE (sat) はtyp=0.1V MAX=0.25Vです。また、ベース・エミッタ間飽和電圧 VBE (sat) はMAX=1.0 Vです。VCE (sat)が0.1VでVBE (sat)が1.0V(MAX)だと0.9Vの差となるので、コレクタ・ベース間に0.7V程度以上の順方向電圧がかかることになり、ベースからコレクタに電流が流れそうです。 実際はこのような状況にならないのでしょうか。 素朴な疑問ですがトランジスタのスイッチング動作時にベースからコレクタに電流が流れない理由がわかりません。 ご教授よろしくお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数246
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

お問い合わせのような状態では,B→Cの電流は確かに存在すると思います。 #2さんのご回答の通り,B→CよりもB→Eの方がおおきな電流が流れますいので,B→Cの電流は全ベース電流のうち僅かな成分と思います。さらに,B→Cに流れた電流は,圧倒的に大きなC→E電流(B→E電流のhFE倍の電流)に吸収されて,実際の観測上はB→Cに流れていないように見えると考えれば納得できませんか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありません。実際には流れはある。が、コレクタ電流に打ち消されて、実測では流れていないように観測される。という考えは感覚的でシンプルで解りやすいです。もう少し原理が見えるように精進します。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

確かに抵抗分圧でそういう電位差でしたら電流はBからCへ流れる事になりますが、既にコメントがあるように半導体の特性として実際にはそういう流れ方はしないそうです (実はこの質問を見るまであまり気にしていませんでした。逆にこちらが勉強になりました) 検索サイトで色々ヒットしますから、気にいった解説を探して見るのも良いでしょう

参考URL:
http://my1.interlink.or.jp/~md0858/series4/densi0431.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありません。あれから時折調べていますが、まだスッキリとはしません。等価回路で考えるとトランジスタ内に2つの閉回路が存在するようなイメージになるようなので、そこを切り口にまた考えてみます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

ベースからコレクタへは確かに順方向ですが、順電圧が低いので実質的に 流れないと思って結構です。もしコレクタとエミッタを直接接続したら (もはやトランジスタではなくダイオードアレー)BからCへ流れます。 BからEの順方向電圧とは0.4Vしか違いませんが、極大雑把に言って、 トランジスタの順方向電圧が18mV変わると電流は倍/半分になります。 0.4Vの違いがあると順電流は約500万分の1もの違いになります。 差が0.1Vだとしても約1/50しか流れません。 厳密にはB~EとB~Cは同じ特性ではありません。内部構造が対象ではない ものがほとんどなので、正確な議論をするには具体的なデータが必要です。 この非対称性を利用して、エミッタとコレクタを逆に使ったスイッチという ものも存在します。逆接続hFEがある程度あるトランジスタでは逆につなぐと VCE(sat)を10mV程度以下に下げることができます。(ちょっと初心者には マニアック過ぎるテクニックですが、そのような使用方法が実際にある ということは説得力があると思って紹介しました) >VBE (sat) はMAX=1.0 Vです。VCE (sat)が0.1VでVBE (sat)が1.0V(MAX) >だと0.9Vの差・・・ これは同時に取りうる値かどうか確かではなく、また、このような「保証値」 は時として、検査装置の都合で決められていることが多いので、この 値を使って計算するのは避けた方が良いです。 仮にVBEが1Vあったとしても、そのような低温の状況ではVBE差0.9Vでは あまり流れないかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありません。 あれから時折調べていましたが、まだスッキリしません。確かに様々な特性 値は同時に同じ条件で測定した値ではないと思うので、「計算するのは避け た方が良いです。」というのは頷けます。今後も少しずつ明確になるよう精進します。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

毎度JOです。 トランジスタはスイツチングしてるので「飽和領域」で動作しています、 ベースからの電流はエミッタに流れますが、この時コレクタの電圧に依存しません、これは、スイッチングばかりで無く、A級増幅の場合も同じです。 NPN型のトランジスタは、ベース電流はエミッタに・コレクタ電流はエミッタに各々流れます。 前回の投稿で、トランジスタを勉強中との事、分らない事は取りあえず検索してみましょう、検索方法によっては的確な情報が得られます、 バイポーラトランジスタに関する専門書などを購入し読破してみられてはいかがでしょうか? 下記参照URL

参考URL:
http://ocw.osaka-u.ac.jp/contents/23/quantum_devices_02.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。お礼遅れましたが、あれから時折調べています。参考資料拝見させていただきましたが、未だスッキリしません。今後も地道に調べてみます。

関連するQ&A

  • トランジスタのスイッチング作用(その2)

    トランジスタのスイッチング作用について質問があります。 前回と似た質問で恐縮です。 *------------Vcc(12V) | RL | *------------Vout |   C (0~5V)Vin-----R------B NPNトランジスタ E | | o-------------*------------o 上図の回路で正の入力電圧を印加し、NPNトランジスタを飽和させてスイッチングさせます。正の入力電圧を印加しているときは、トランジスタがONし、コレクタからエミッタへ電流が流れます。また、ONしているので、入力の位相が反転して出力に現れます。 ON時のコレクタ・エミッタ間電圧VCE(sat)が0.4Vとすると、コレクタの電位は0.4Vになります。 ここで質問です。 トランジスタがスイッチONの時、VBEは0.7V(動作時のVBEはおおよそこの電圧で考えるようですね。)、VCEは0.4Vとなると、コレクタ(電圧低い)、ベース(電圧高い)という関係になります。電流は電圧が低いところから高いところへは流れません。ということはコレクタからベースには電流は流れないことになります。ベースに電流が流れなければエミッタへも流れません。しかし、現実にはコレクタ→エミッタで流れます。これはどう考えたらよいのでしょうか。理由がわかりません。 入門書ではエミッタからベースに自由電子が流れて、大半がベースを突き抜けてコレクタへ移動するためコレクタからエミッタに電流が流れるとあります。これは理解できます。ただし質問の場合は、コレクタ(電圧低い)、ベース(電圧高い)という関係は無視されて、電圧が低いところから高いところへ流れるという現象になるのでしょうか。 「同じような質問して!」と思われるかもしれません。恥ずかしい限りですがホームページでも書籍でもズバリの理由が探し出せません。よろしくお願いします。

  • トランジスタの飽和動作

    トランジスタの動作で昔から疑問に思っていて未だにわかりません。 今、npnトランジスタのコレクタ-エミッタ間に電圧を印加(電源から抵抗をはさんで)し、ベース-エミッタ間には0.6V以上の順方向電圧を印加して大きなベース電流を流したとします。このとき、トランジスタはonの状態で、飽和動作をしていると考えられます。すなわちコレクタからエミッタへ電源電圧と抵抗で決まる電流が流れています。 このときコレクターエミッタ電圧の飽和電圧は0.2Vくらいで、ベースーエミッタ電圧は0.6Vくらいなので、コレクタ-ベース間は-0.4くらいになり、順方向にバイアスされていることになります。でも電流はコレクタからエミッタへ流れているのですから、コレクタ-ベース間もコレクタからベースへ流れることになります。すなわちコレクタ-ベース間は電圧のかかっている方向と逆方向に電流が流れていることになります。 飽和動作時のコレクタ-ベース間は、オームの法則も電磁気学も成り立たない異次元空間なのでしょうか??

  • トランジスタのVbeとVbe(sat)

    トランジスタの順方向電圧Vbeとベース・エミッタ間飽和電圧Vbe(sat)は同じ意味ですか? SC1815のデータシートを見てもVbe(sat)はあっても順方向電圧のVbeについては記載がされていないのでいろいろなサイトで説明してる順方向電圧(0.7Vと説明)とベース・エミッタ間飽和電圧Vbe(sat)が同じなのか迷ってます また同じだとするならばデータシートではTypには記載がなくMax1.0Vと有るのですが、この0.7Vというのはどこから来たのでしょうか? よろしくおねがいします

  • トランジスタの特性について

    NPN型トランジスタについての質問ですが、トランジスタは増幅作用というのを持っていますが、 これはベースに流れる電流とコレクタ・エミッタ間に流れる電流がトランジスタの内部で 合わさる(合流するため)増幅したように感じるのでしょうか? それから、ベースとエミッタ間にかかる電圧は一定で0.7Vくらい?らしいですが、 それはなぜでしょうか? 最後に、コレクタ・エミッタ間にかかる電圧をあげることによって、電流も多く流れますが、 エミッタ接地電流増幅率も大きくなります。 これはなぜでしょうか? ちなみに、これはコレクタ・エミッタ間にかかる電圧をどんどん上げていって、 ある値を越えてからは電流増幅率は一定の値に収束するのでしょうか?

  • トランジスタのVBEとVBE(sat)について

    トランジスタの特性で、ベース・エミッタ電圧VBEとベース・エミッタ飽和電圧VBE(sat)がありますが、この違いは何でしょうか? ご存知の方、お教え下さい。

  • トランジスタのスイッチ作用に関して

    トランジスタのスイッチ作用について教えてください PNPトランジスタではベース-エミッタ間にわずかな電流を流すとコレクタ-エミッタ間に大きな電流がながれる。 B-E間に電流を流すことでC-E間の抵抗が小さくなり大きな電流が流れ、いわゆるスイッチの作用で用いられていると思うんですが、NPNトランジスタではどうなるんですか?

  • トランジスタを使ったスイッチイング回路について

    トランジスタのスイッチング回路を用いて、圧電素子によってプレイステーションのコントローラのON、OFFする回路を作っています。 http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame2/s01.html にある回路図を元にしていて、 ベースに圧電素子、コレクタにコントローラの+側、エミッタにGND側と圧電素子のもう片方を接続して、圧電素子に振動を与えるとスイッチが動作しましたが、感度が若干鈍いので、試しにコレクタとベース間に抵抗をはさんでみたところ感度がだいぶ良くなりました。 しかし、このようなスイッチング回路はインターネットや書籍などでも見かけなかったので、使っても大丈夫なのか気になっています。 この回路図でコレクタ-ベース間に抵抗を入れて動作させた時の、問題点等を教えてください。 トランジスタはNPN型(2sc1815)で、コントローラの+、GNDの電圧、電流も約4V、0.2mV程度です。 また、各抵抗値の計算としてコレクタ-ベース間は R1=Vcc(電源)-Vbe(約0.6V)/I(電流) ベース-エミッタ間は R2=Vbe/I と考えたのですがこれでいいのでしょうか? 電気・電子回路は初心者であまり詳しいことはわかりませんが、よろしくお願いします。

  • NPN形トランジスタのコレクタに1mAの電流を流したい。この場合ベース

    NPN形トランジスタのコレクタに1mAの電流を流したい。この場合ベース抵抗Rの値をいくらにすればよいか?ただし、ベース接地電流増幅率αは0.95、ベース-エミッタ間電圧Vbeは0とする。 自分で出した答えは250オームになりました。 ぜひ教えてください。

  • NPNトランジスタの飽和について

    NPNトランジスタの飽和について質問ですが、 NPNトランジスタ、ベース抵抗、エミッタ抵抗、各電源があり、 電圧印加し、トランジスタがONした時のベース電圧を計算より、 算出したいのですが、算出可能でしょうか? Vceが飽和しているとき、そうでないときがあり、算出できないと 考えていますが、正しいでしょうか? また、どういった場面で飽和させるとき、そうでないときの使い分けるのでしょうか? 知識、経験のあるかた、ご教授ください。

  • フォトカプラをエミッタフォロワで使った時の出力値

    フォトカプラは一般的にエミッタを0V(GND)に直結し、コレクタに+電源と負荷を接続して使われますが、メーカーサイトを見るとエミッタからも出力が取り出せるとあります。 そこでお聞きしたいのは、飽和状態で使うという条件で添付画像のような回路にしたとき、エミッタには何Vでてくるのでしょうか? 普通のトランジスタの場合、エミッタフォロワ回路なのでベースに加えた電圧からVbeを引いたものが現れます。 フォトカプラの場合はどうなるのでしょう?? コレクタ端子に加えた+電源からVceを引いたものがエミッタ出力電圧になるのでしょうか? それとも普通のトランジスタと同じくVbe(だいたい0.7Vくらい)を引いた電圧になるのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。