-PR-
解決済み

印鑑証明を必要とする場合

  • 暇なときにでも
  • 質問No.45317
  • 閲覧数11709
  • ありがとう数25
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 72% (35/48)

年末に夫に印鑑証明を1通とってくるように言われました。会社で年末調整に必要だからという事だったんですが、入社8年目で今まで一度も印鑑証明を求められた事はありません。夫の両親が消費者金融から借金ばかりしているような人達なので、何か関係しているのではないかと、とても心配です。夫は何も関係ないと言っていますが・・・。
 印鑑証明が必要な場合は主にどんな時なのか、知っている方がいましたらぜひ教えて下さい。年末調整に必要な時があるのか、と言う事もあわせてお願いします。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 21% (74/339)

単刀直入に言いますとなぜあなたに印鑑証明を取ってくることを依頼したのかそのことが不思議です。
shoyosiさんが仰るとおり印鑑証明書だけではあまり意味をなしません。
どこかで誰かが同じ印鑑を作るとか、複写すると言うなら別ですが、もしかしたら、印鑑は奥様がお持ちなのでしょうか。
文面からはそういう封には受け取られないので、おそらく印鑑もご主人がお持ちなのでしょう。
それなら、当然のことのように権利義務に関する重要な文書に利用されます。
もし仮にご主人のご両親がお金に関してルーズであるなら、それはおそらく金融に関するものでしょう。
もちろん無責任な想像の域を出ませんが・・・。
金融の場合、例え銀行であれサラ金であれ、街金であれ、いずれの場合も印鑑証明書つきの印鑑(これを実印と言います)を求められます。
金額やそのシステムにもよりますが、担保を必要とするときには、不動産の登記簿謄本も求められます。
これについては金融会社のほうで取ってくれる場合も有ります。
これについては別に本人でなくても閲覧も謄本の取得もできますからね。
印鑑証明が必要なときと言うのは、まず本人の確認と、本人の意思の表示の裏打ちをするものですから、それにより記された文書には当然、その人の意思が公に証明されることになります。
ですから、万が一実印を押すようなことがあっても、うっかりステインを押したりしてはいけませんし、契約書と同じでどんな文書でも相手方と自分の持つ2通の文書を作成しなければなりません。
そして相手方と同じ文書を必ず持ち合うのです。
それで無いと、簡単に文書の改ざんができますからね。
それほどに効力を発揮するものだと言うことです。
その印鑑ひとつで一瞬にして自分の財産を吹っ飛ばすこともできます。
簡単に実印を使うようなことをすべきではないと言えるでしょう。
文面から言いますと、一度ご主人を詰問してみるほうがいいかもしれません。
最後になりましたが、年末調整には決して必要なものでは有りません。
お礼コメント
akagenoann

お礼率 72% (35/48)

回答ありがとうございます。
やはり恐ろしい事になっている可能性があることがわかって良かったです。今からでは遅いかもしれませんが、主人に真実を聞き出して対応を考えたいと思います。
投稿日時 - 2001-03-01 01:28:21
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 22% (214/970)

年末調整は、会社が従業員に源泉徴収した税金額を証明(源泉徴収票)し、過不足を調整するものですから印鑑証明は必要ありません。
私の場合、印鑑証明を必要としたのは、家屋の売買契約、銀行印の改印(紛失のため)それと相続放棄の時くらいでした。
お礼コメント
akagenoann

お礼率 72% (35/48)

回答ありがとうございます。
これで真実を追及できます。
投稿日時 - 2001-03-01 01:36:45


  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 21% (18/83)

会社に印鑑証明を持っていったことはなかったと思います。
印鑑証明を取ったのは、土地を買って家を建てたときだけでした。
はんこ屋さんのHPですけど「印鑑証明とは」っていうページがあったので参考にしてください。
お礼コメント
akagenoann

お礼率 72% (35/48)

HPの紹介ありがとうございます。
早速、チェックして参考にさせてもらいます。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-01 01:33:50
  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 33% (259/782)

父親に、印鑑証明書と実印を持ってくるように言われたことがあります。
結局、国民生活金融公庫の借入の連帯保証人になれ、ということでした。

年末調整には絶対、印鑑証明書は必要ありません。
非常に危ないです。私のように家族争議にならないよう、拒否されることを強くお勧めします。
お礼コメント
akagenoann

お礼率 72% (35/48)

回答ありがとうございます。
以前私個人の預金を夫の両親に貸して、すぐ返すといって数年間かえってこなかった事があって、その時すでに私自身はもう縁を切ったつもりです。(その間の対応もあまりにひどかったので)
もっと深刻な状況になっていないか徹底的に調べようと思います。
投稿日時 - 2001-03-01 01:18:36
  • 回答No.6

簡潔に回答します。

会社の年末調整で印鑑証明は必要有りません。

印鑑証明とは、その人の使用する実印を市役所に印鑑登録しておき、必要なときに、その実印が登録した本人の印鑑に間違いないと証明するものです。

印鑑証明が必要なときとは、不動産の売買や保証契約など重要な契約をする時に契約書に押印しますが、その印鑑が間違いなく本人のものか確認するために添付するのです。

以上の事から、御主人が通常ではない、゜何かの契約」に
印鑑を押す必要な事態が発生したと考えられます。
よく、事情を聞かれたほうが宜しいでしょう。
お礼コメント
akagenoann

お礼率 72% (35/48)

回答ありがとうございます。
これで真実を追究する事ができます。
投稿日時 - 2001-03-01 01:23:01
  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 33% (4/12)

特に印鑑証明書に詳しいわけでもないのですが、
経験上のお話が出来れば・・と思い、回答しました。
とりあえず、私は年末調整で印鑑証明を求められたことがありません。
確定申告でも印鑑証明書は必要なかったはず。税金申告するだけで、印鑑証明書(何円でしたっけ?
いくらか必要です)が必要なら、役所はうはうはですよねー、多分。

また、私は一度印鑑証明書を必要だったときがあります。それは下宿をしたときです。
学生の時に下宿したのではなく、職場が実家から遠かったため、下宿することにしました。
その時に不動産屋さんから印鑑証明書を求められました。
金融関係のことは、ごめんなさい。よくわからないです。私の経験話をさせていただきました。
あまり参考にはならないと思いますが。
お礼コメント
akagenoann

お礼率 72% (35/48)

回答ありがとうございます。
やはり、年末調整に印鑑証明なんて必要ないんですよね。
これで真実を追及することができます。
投稿日時 - 2001-03-01 01:41:21
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

印鑑証明はある文書に押された印鑑が本当にその人が押したものかを公的に証明するものです。ですから、印鑑証明だけ単独で必要ということはなく、実印が押された文書と一緒になって効能を発揮するものです。当然、権利義務に関する重要な文書が主なるものです。
会社内の大抵のことは、認印で用は足ります。
お礼コメント
akagenoann

お礼率 72% (35/48)

回答ありがとうございます。
これで真実が追求できます。
投稿日時 - 2001-03-01 01:31:13
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ