• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

クローン×クローン

クローンで生み出された生体は、寿命が短いと聞きます。 では、クローン同士の生物間に生まれた生体も寿命が短かったりするのでしょうか? 私は、親の寿命よりはやや長く生きることができるのではないかと思いましたが、皆様の意見をお聞かせください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数6
  • 閲覧数368
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • dipearl
  • ベストアンサー率38% (226/582)

生物によって仕組みは違いますので、単純に比較は出来ません。ドリーのクローン技術と桜のクローン技術の仕組みも全く異なるものです。 寿命に限りのある我々動物は、DNAにテロメアという部分があり、細胞分裂のたびにこれが短くなっていきます。ある長さよりも短くなった時が寿命です。これは受精によってリセットされます。ですから、クローンの場合はリセットされずに生まれた時から短いテロメアを持つため、寿命が短いのです。 クローン×クローンの場合は、受精によってテロメアがリセットされますので、寿命は元に戻ります。 なお、例で挙げられているクラゲはクローンで殖えるわけではありません。発生の初期に個体が分裂する時期があるだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になります! やはりクローン技術にもいろいろあるのですね、驚きました。 テロメアのリセットということは、クローン以前の生体の長さにリセットされるということですか? それとも、親であるクローン生体の長さへリセットされるということですか? つまり寿命の長さは、    オリジナル生体寿命・・  ◎                    /\    クローン生体寿命・・ ○   ○          クローン×クローン・・ ○ × ○                       | オリジナル生体寿命のクローン ◎    ・・・といった感じでしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

テロメア長が遺伝子提供個体と同じレベルに短くなったというのはドリーの話で、牛では短くならない、という報告が相次いでいます。 http://www.isop.ne.jp/atrui/ushi/03_back/06_clone/c-11.html ただ、牛の寿命は20年程度で、現在生存するクローンはまだその年齢に達していないので、あと15年後ぐらいに結果がでるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#184205
noname#184205

#3の方の回答でもう明らかですが、その生物種の通常の寿命で良いようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • dipearl
  • ベストアンサー率38% (226/582)

(○や×の記号の意味がよく分かりませんが) 「寿命の長さ」 と考えるとややこしいので、 「受精によって0歳になる」と考えて下さい。 クローンは受精を伴わないので、たとえば20歳の個体から作ったクローンは、クローン作りを始めた時点で既に20歳です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すこし分かりづらい図でしたね、すいません・・! 受精によってのリセットとは、こういうことだったのですね! ありがとうございます!とても分かりやすかったです!

  • 回答No.2
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

本題ではないですが: 「クローンで生み出された生体は寿命が短い」という話は #1 の説明にある通りだったと思いますが, 「生体」の幅が広すぎるのと「生み出された」という表現の意味するところが明確にならないと何とも言えないような気がします. 単細胞生物で分裂している間はすべて「クローン」だし, ソメイヨシノは有性生殖が不可能なのですべて「クローン」. 多細胞動物でも, 例えばクラゲなんてのは分裂でも増えるのでそれらは「クローン」ですし, もはや「生体」ではありませんががん細胞も (その由来が 1個の細胞であるなら) やはり「クローン」です. 特にソメイヨシノは原木以外すべて「クローン技術」によって「生み出された」ものです. が, だからといって「クローンを重ねるごとに寿命が短くなる」という話は聞いたことがないです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

がん細胞もクローンと言えるのですか? クローン技術は、簡単に言えば核を別の個体に移植して新しい個体を作りだすということですよね? 同じ形態をしていても、がん細胞は自らを複製して増殖するものであり、クローンとは少し違うような気がするのですが・・?

  • 回答No.1
noname#184205
noname#184205

こんにちは。 クローンの寿命が短いのは、その元となる遺伝子を提供した生体の年齢に準じる、といった事だったと思います。 そのクローン同士の子供という事になると、こういう考え方は如何でしょう。 20歳の親から産まれた子供も40歳の親から産まれた子供も寿命に差が有るとは聞きませんので、クローン同士の子供も普通の寿命ではないでしょうか。 いや、科学的根拠は有りませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>クローン同士の子供も普通の寿命ではないでしょうか ここでの「普通」というのは、親であるクローンの短い寿命のことですか? それとも親以前のオリジナルの生体の長い寿命のことでしょうか?

関連するQ&A

  • 「クローン=まったく同じ遺伝的特徴をもつ」ではない?

    下記のページ(科 学 技 術 庁)のクローンって何?という記事を読みました。 そこで、 「クローン技術により同じ親から生み出された子同士は、ほとんど同じ遺伝的特徴を持つクローンとなります。また、成熟した個体(生体)の体細胞を使ったクローンの場合には、親と子もほとんど同じ遺伝的特徴をもちます。」 とありました。 ここで疑問なのですが、私はこれまでクローン技術によって作られた子は親と遺伝子的に全く同じ、また子同士も遺伝的に全く同じと思っていました。しかし上記では、「ほとんど」となっています。これ以外のところでも、「全く同じ」ではなく「ほとんど同じ」になっていました。 ここで質問なのですが、クローン技術によって作られた個体は遺伝的に全く同じではなく、ほとんど同じ、となるのはどうしてなのでしょうか。 どなたかご存知の方教えていただけるとうれしいです。 よろしくお願いいたします。私は一般人で、クローンに関してはたまに新聞を読む程度の知識しかありません。 http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/shisaku/kuroun.htm

  • クローン動物について

    クローン動物は寿命が短いのですか? 何年か生きたあとの細胞をつかうんですよね。 その生きた分はクローン動物の寿命は縮むのかな? なんて疑問をもったので質問してみました。

  • クローンはどのようにして作られるのですか?

    クローン技術という言葉はよく耳にするのですが、 そもそもクローンというのは、具体的にどういった方法で、 生物のどの部分を使って作られるものなのでしょうか。 本当に初歩的な質問ですみませんが どなたかお願いします。 また、参考になる書物やHPなどがありましたら あわせてご回答くださるとうれしいです。 それではよろしくおねがいします。

  • クローン人間をどう思いますか?

     皆さんは「クローン人間」をどう思いますか?  私自身は、「不妊症で悩む夫婦にとっての大きな朗報」であり、クローン技術により自分自身の一卵性双生児ができるわけですが、その子に愛情が注げれば全く問題ないと感じますが、皆さんはどう思われますか?  私は「クローン」の技術が上記治療に利用されるだけなら、何ら倫理的な問題はないように思うのですが。  ご意見お待ちしております。

  • 体細胞クローン牛について

    本日の新聞で、日本の厚生労働省の研究班により、 「体細胞クローン牛は食品として安全でしょう」、という 見解が載っていました。 一方、つい先日米国では絶滅危惧種の野生牛「バンテン」の クローン子牛2頭のうち、1頭は巨大化し(通常 20キロのところ36キロ)ということで安楽死処分されたという記事が載っていました。 また、米国ピッツバーグ大学の研究では、 霊長類のクローン作りは、細胞がクローン技術で 著しく不安定になり、困難であるという報告も出ました。 一方で、昨年末頃、某団体によりクローン人間が生まれたという噂もありました。 そこで、質問ですが、 1.食品としての安全性と、生物としての不完全性は別ということで、今回クローン牛肉は安全という見解がとられたのでしょうか? 2.それとも、生物としても不完全ではない、かつ食品としても不具合であるという結果が得られない、という2点に基づいているのでしょうか? 3.噂のクローン人間の真否について、その後どういう話になっているでしょうか? 上記について、ご意見・情報などありましたら教えてください。

  • クローンについて

    突然の質問ですみません。 学校のレポートの参考にしたいのでもし暇でしたら回答ください。 (1) 自分のクローンを作ってみたいですか?(単純な好奇心でというのでもけっこうです) (2) もし可能であればそれにいくらくらいのお金が出せますか? (3) これからクローンが普及していくと思いますか? (4) その他クローン技術についての意見等ありましたらお願いします。

  • 細胞とクローンについて。

    ○多細胞生物は細胞から出来ている、○単細胞生物が存在する(細胞分裂)、○細胞は培養できるという観点から「細胞は生命の基本単位である」ことの説明と「クローンサツマイモ、クローンジャガイモの栽培法」のこの2点について、明日、学校で発表しなくてはいけないのですが、教科書には載っていないし、ネットで調べたりしていますが、調べ方が悪いのか・・・欲しい情報が見つけれなくて困っています。 できるだけ詳しく説明していただけると非常に助かります。 どなたか回答のほど、どうかよろしくお願いします。 切実に願います。

  • クローン人間は許可されるべき?

    クローン人間は許可されるべきだと私は思います。しかし、皆さんの意見もぜひ聞かせてください。 私がクローン人間は許可されるべきだと思ったのは、 1、動物のクローンは許可されているから、人間のクローンも許可されるべきだと思います。 2、子供が欲しくても生むことが出来ない女性の為に、クローンによって子供を提供できる。 3、クローンによって、よりよい病気の治療法を見つけ出すことができる。

  • クローンと死刑

    人為的に生命を誕生させるクローンに反対する人は多いようですが、人為的に人を殺す死刑はクローンに比べると反対者が少ないようです。 どちらも各々の「神」の領域を侵しているものと思いますが、クローンは反対だが死刑は賛成という方はどのように自分の心に折り合いをつけておられるのでしょうか? みなさんのご意見をお聞かせください。

  • クローン食用牛を食べることの不安点は?

     いつもお世話になっております  昨夜ニュースで 皮膚細胞から作ったクローン食用牛の安全性 というのが話題になっていたのですが クローンを食べることの不安な点は何なのでしょうか?  ニュースでは これまでの実験で寿命が短いなど安全性が問われる というようなことを言っていましたが 科学に疎い私は クローンのオリジナルの個体は恐らく食べごろになる数年前のものを使うであろうから なにも問題ないのでは? という程度に理解をしていまして なんで安全性が問われるんだ?? といった具合です  20歳の個体からクローンを作る というのではないと思うのです(まさかッ!)    それともクローンの肉は 毒素が多いとか 食するのに有害になる何らかの問題 あるいは 皮膚細胞から作ったクローンは格別にキケン などということがあるのでしょうか?  専門的な意見をお聞かせ頂けると嬉しいのですが できれば解り易い言葉でお願いできればと思います  どうか 宜しくお願いします