• 締切済み
  • すぐに回答を!

下り坂でフットブレーキがききにくくなりました

今日長距離の山道を走ったのですが、下り坂で急にブレーキが利きにくくなりました(踏んでも凄く固くて踏み込めない) 教習所で習った「下り坂でブレーキを踏み続けると利きにくくなるからエンジンブレーキを使うこと」というのを思い出したのでDではなく2速モード(4速MTモード付きAT車なのでLとか2とかがない)でしばらく走ったら普通にブレーキがきくようになりました。 念の為に、車のいない広い駐車場で急ブレーキなどもやってみたらちゃんとききましたが、修理にみてもらう必要はありますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1004
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.9

私も、バキューム周りに一票かなあ。 いずれにせよ、点検を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

多くの方が熱によるフェードとかペーパーロックのことを書かれていますが ペーパーロックを起こしたらブレーキペダルが床までペッタリ行ってしまいます。 もちろんブレーキは利きません。 質問者様の問いと関係ない回答を多く感じます。 マスターバック(ブレーキの補助装置)の不具合かと思います。 油圧系からたどるべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

ブレーキ周りの点検は他の方の言うとおりです。 下り坂でず~っとブレーキ踏みっぱなしでは危険ですよ。それにブレーキランプつきっぱなしで長々走ると後続車にとってすごく迷惑です。ATの欠点でもあるのですが。 MTモード付きならば1234というふうに変速できませんか?それかODスイッチをオフにして最初は軽くエンジンブレーキをかけて、それでももう一つ強くエンジンブレーキかけたい場合にレンジを落としていくようなやり方が正しいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

フェードならば、ブレーキフルードが変質していて 今度は、ベーパーロックが起きやすくなります (ブレーキフルードの沸騰で、エアだまりがおきてブレーキが効かなくなります) 症状を工場に説明したあと ブレーキフルード交換を薦めます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • sora9
  • ベストアンサー率27% (114/416)

私もNO3さんと同じ意見です。 大型トラックだと、数キロもフットブレーキを使ってれば効かなくなりますね。 なので排気ブレーキ(エンジンブレーキの様な)を使いながら下ります。 現に、長い下り坂の道路の横に砂で山を作った坂の様な物が有るのを見た事が有りませんか? 主にトラックの為ですが、ブレーキが効かなくなった時にそこに突っ込んで止める物です。 今は、トラックもディスクブレーキになってる様ですがドラムブレーキ時代はすぐにフェード現象が出てました。 今は異常無くブレーキが効いてるならそのままで良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#89024
noname#89024

一度ブレーキに高負荷を掛けて(質問者と同じ)居る車のブレーキフルードの変質で追突事故を起こした事例を知っています。 もし、気に掛かるようでしたら一度整備工場でブレーキフルードの交換(実際はキャリパー内程度で良いです)をした置くことを勧めます。 その時の(事故後)ブレーキフルードは私も見ましたが、とてもブレーキフルードとは思えないくらい変質しています(今回と同じとは限りません)命を載せている物の一番大切な部分です是非点検されておくことを勧めます。 出入りの整備工場で有れば数千円の出費で安心が買えると思うと安いと思いますが(特に状態が見れない文章の世界では私なら怖いです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • sailor
  • ベストアンサー率46% (1953/4185)

多分フェード現象だと思います。フェード現象とはブレーキを使い続けることによりブレーキディスクやブレーキパッドというブレーキの中で実際に摩擦を起こしている部分が非常に高温になって、摩擦力が極端に落ちてしまう現象です。長い下り坂を軽くブレーキをかけたままで降りているような場合に起こりやすいのですが、エンジンブレーキを使用するのはもちろんですが、軽く連続してブレーキを掛け続けるのではなく、カーブの手前で十分に減速してカーブはブレーキを放して通過するようにするのも有効です。このようにするとブレーキを開放している間ブレーキの冷却ができるのでフェードに陥りにくくなります。 #2の方が言われるマスターバック(エンジンの空気を吸い込む力を利用してブレーキ力を強くする装置)の不良はあまり考えられませんが、一応簡単に点検ができるので方法をお伝えしておきます。 まず、エンジンを掛けずにブレーキペダルをゆっくりと10回程度一杯に踏み込んで放すを繰り返してください。次に、ブレーキペダルを力いっぱい踏んだままでエンジンを掛けます。エンジンが掛かったと同時にペダル引き込まれていく(より深く踏みこめる)のが確認できれば、マスターバックの動作は問題ありませんので安心してください。 通常、このような場合、特に整備の必要はないのですが、もし心配ならばきちんとした整備工場やディーラーでの点検をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

フェード現象を調べてみたところ、かなり当てはまります。 明日教えてくださった点検方法を1回やってみようと思います。 アドバイスありがとうございました^^

  • 回答No.2
  • inaken11
  • ベストアンサー率16% (1013/6244)

エンジン止めた状態で、ブレーキを何回も踏んでなる感じ(確認してみてください)と同じだすると、バキューム系のリークによる負圧の低下かな? 真空倍力が利かない状態で危険ですね。 早めに整備工場へ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

そうそう、エンジンとめた状態で何回も踏むとだんだん固くなってくるあの感じでした

  • 回答No.1

必要無し

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

今はちゃんとブレーキがきくので一時的なものだったんですかね?

関連するQ&A

  • 今の車は、急な下り坂でもエンジンブレーキは不要?

    「自動車で、急な下り坂をフットブレーキだけで減速すると、ブレーキがきかなくなることがあるので、急な下り坂はエンジンブレーキも併用するように」と、昔、教習所で教わりました。 しかし、車に詳しい友人にその話をしたら、「今の車は優秀で、ヴェイパーロック(?)が起こることはまずないから、フットブレーキだけで十分。エンジンブレーキは不要。メンテをしっかりやることの方が大事。下り坂でブレーキがなくなるのはよっぽど昔の車。」と教わりました。 確かに、ネットで検索しても、下り坂で突如ブレーキが効かなくなった事故の例があまり見つかりません。 エンジンブレーキは特にやらなくても大丈夫でしょうか?

  • 下り坂の下り方

    先日、ついにCB750が納車されました(新車)。 乗り始めてまだ数日なのですが、運転の仕方で気になったことを質問します。 タイトルのように下り坂の下り方ですが、マニュアル車なのでエンジンブレーキが非常によく利きます。山道のようにある程度長い下り坂なら、3速か2速くらいに入れとけば、ブレーキをほとんど使わなくても大丈夫だなと思いました。しかし、この下り方だと結構エンジンの音が大きくなります。これはエンジンに悪影響を及ぼすのでしょうか? また、50Km/h(4速とします)くらいで走っているとき、ギヤを3速に丁寧に入れると、当然エンジンブレーキで速度が落ちますが、同時にエンジンからブオーと大きな音がします。これもエンジンにはよくないのでしょうか?やはり、ブレーキで各ギヤの適切な速度に落としてから変速したほうがいいのでしょうか??

  • アクセルから足を離すとエンジンブレーキ

    教習所で初めて車(MT)に乗ったときに アクセルを離すとブレーキを踏んでないのに 減速しました。あとからそれがエンジンブレーキと やらという事を聞きました。 そして、そのアクセルを離す事による エンジンブレーキはATには無いと利きました。 という事は普段からMTにのってる人は 右足でブレーキを踏んでる人なら確実に エンジンブレーキを効かせて減速してるって事 になりますよね? てことは、同じ車種でトランスミッション以外が同じ性能の 車であれば明らかにMTの方がブレーキを踏んだ時に 早く止まりますよね> お願いします。

  • エンジンブレーキの使い方

    検索して似た質問もありましたが、よく分からないので改めてお願いします。 私は10年のペーパードライバー期間の後、AT車に乗り始めました。普段困っていることはないのですが、別の質問で「最近のAT車はブレーキを踏んでばかり。エンジンブレーキを使わないから踏んでばっかりで後続車が迷惑。」と読みました。 教習所で習ったかもしれないのですが、私もほとんどエンジンブレーキは使っていません。急な坂道のときだけ使う物だと思っていました。しかもエンジンブレーキには「1」「2」「3」とありますが、どの程度からどれを使い分けるのかも知りません。 恥ずかしい質問だとは思いますが、正しい使い方と、その他後続車に迷惑をかけないように気をつける点などをおしえていただけませんか。

  • 下り坂のエンスト?

    下り坂のエンスト? 教習所に通っていて上り坂は何とか出来るのですが、下り坂になったらクラッチつないでアクセル踏まずにエンブレをかけながら下るみたいなんです。 自分はいつも下り坂になるとエンストしそうに(ガタガタしそうに)なり、クラッチを切ってブレーキで調節してしまいます…。 勾配な下り坂でエンストすることってないのですか?? エンブレを使わずに下ると、仮免の時に減点になるみたいなので… ちなみに上り坂で速度を少しあげ、登った平坦な道はアクセル踏まずにクラッチを切って惰力走行で行き、下り坂になってもアクセル踏まずに徐々にクラッチをつなぐ方法でいけますか?? 分かりにくいかもしれませんが、上り坂を登ったら一切アクセルを使わないというやり方ですが…

  • エンブレとフットブレーキ

    先日友人の車で、首都高速を走ってた時なんですが、その友人は、高速はブレーキ踏んで曲がるのは危ないよと言ってました。その友人曰く、カーブの手前でギアを落としてエンジンブレーキをかけながら、後ろの車に追突されないように、フットブレーキをちょんちょんと踏むくらいがちょうど、いいよと言ってました。(ちなみに車はAT車です) また、別の友人と首都高速を走っているとき、その友人の運転を見てたら、全てフットブレーキだけで曲がってました。 これってどっちが、正しいのですかね? (ちなみに、走っているって言うのは、スピード出してるわけではなく、普通に流れに乗って走行しているだけです。) カーブに入るときのベストのブレーキ踏むタイミングとはどこなんですか?

  • 立体駐車場から出るときのエンジンブレーキ

    初心運転者です。 昨日、高層(11階)の立体駐車場を利用したのですが、出口の下り坂に「エンジンブレーキを利用してください」とありました。 エンジンブレーキはフットブレーキを使い続けず、アクセルペダルで速度を調節することだと思っているのですが、どうすればいいのかわからなかったので、方法を教えてください。 駐車場ってもともと徐行しているので、クリープで動いている感じなので、どうやってエンジンブレーキを作動させるのかがわかりませんでした。フットブレーキを使わないと下り坂ではどんどん加速するし、でも使い続けてブレーキ利かなくなると恐いしで、ひやひやしてました…。なんとか降りれましたが。 下り坂前にアクセルを少し踏んどくのか。下り坂前にギアを変えて、必要に応じてフットブレーキも使いつつ進むのか。 教えてください。 MTで免許を取ったのでATのギアの使い方がいまいちわかってません…。教官には「ATは坂でもギアなんて変えない」って教わりました。

  • エンジンブレーキ

    (1)ATが下り坂でエンジンブレーキのききが弱くなるのは何故でしょうか? (極端な話になりますが、MTは下り坂でブレーキ、アクセル、クラッチをいじってなくても、速度が落ちていく、もしくは一定で走行。ATは下り坂ではブレーキを踏まないと速度が落ちないむしろ加速していく) (2)登り坂でMT車と同じ分だけアクセルを踏んでるにも関わらずAT車が失速しやすくなるのは何故でしょうか?(登りの手前の平坦な道である程度助走をつけてもAT車が失速しやすくなるのは何故でしょうか?) (3)最近、ATには2やLレンジがない車種が増えてきていますが、何故でしょうか? とくに、多段変則のATでは見かけないようなきはします。

  • MTモード付きAT車の運転に関して教えてください

    最近買ったクルマがAT車です。 厳密に言うとマニュアルモード付きATと言うのでしょうか。 ちなみに車種はBMW 320iツーリング(E91)2006年式です。 現在メインで乗っているクルマはMT車で、たまーに友達などのAT車に乗ることもありますが、所謂MTモード付きは初めてでいまいち使い方が分かりません。 所詮というと失礼ですが、やはりATなのでおとなしくクルマに任せておけばいいのかもしれませんが、下り坂でエンジンブレーキをかけたい時などは積極的に使用した方がいいのでしょうか? 「MTモードはこういう時に役に立つ」 「自分はこんな感じでシフトを操作してる」 「操作方法としてここは注意しとけ」 などなど、MTモードの上手な使い方を教えてください。 無知故にかなり初歩的な質問かもしれませんが、何卒よろしくお願いします。

  • MT車の運転に関して

    MT車の運転に関してと、車そのものに関していくつか質問させて頂きます。 MT四輪車の免許の第二段階で路上教習をしています。 平らな道と上り坂でのギアチェンジはだいぶ慣れたのですが、下り坂でのギアチェンジでの恐怖感がぬぐえません。 本来は、適したエンジンブレーキがかかるギアにあらかじめ切り替えておくべきなのだと思いますが、例えば4速から3速に切り替えて下り坂に入った時に、エンジンブレーキの利きが不十分で2速にすればよかったと思うことがあります。 切り替えたいのですが、下り坂でクラッチを切るとスピートが出るので焦って切り替えた後のクラッチが上手くつながらないことが程々あります。 そこで焦って、ブレーキを踏む、エンストの悪い流れにはまり込みます。 山道を走っているわけではないのでフットブレーキを使ってもベーパーロック現象などが起こることはないと思いますがそれでは練習にならないのでギアの切り替えの練習をした方が良いと思っていますが、いかに練習とは言え失敗して事故を起こすわけにはいかないので緊張します。 下り坂での減速チェンジのコツなどありましたらご教授お願いしたいです。 ギアチェンジの時に左手がハンドルを離れてギアに行き、右手一本ででハンドルを握るとふらつくことがよくあります。 右手は2時くらいの位置を握っていますが、より安定しやすい場所などがありましたらご意見を頂きたいです。 この質問は興味本位なのですが、MT車がAT車に比べてブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が少ないというのは本当なのでしょうか。 MT車もアクセルをいきなり踏むと急発進すると思います。 停車状態のMT車を発進させるときはクラッチを切っている状態を普通は作るので、うっかりアクセルを踏み込んでも動かない、というようなことなのでしょうか。 最後に車の値段に関してです。 国産のMT車は数が少なく高いと聞いていましたが、他の質問などを読むと必ずしもそうではなく、国産車のMT車をAT車の相場並みで購入することもできる、というようなことが書いてありました。 実際に車を買われた方々が車を探した時の印象などをお聞かせいただけると幸いです。 以上、いろいろ質問させて頂きましたが、一部でも良いのでご回答をお待ちしています。