• ベストアンサー
  • 困ってます

余弦定理が使えるか?

三角錐ABCDにおいて、AB=AC=AD=3、 BC=CD=DB=2とする。また、辺BCを1:3に内分する点をEとする。 このとき、三角形ADEに対して次の問いに答えよ。 辺DE,AEの長さを求めよ。 辺DEは余弦定理で求めれるんですが 辺AEが余弦定理でやっても求められません。 ADEを普通に60度と考えて計算しているんですが もしかして60度じゃなかったりしますか? 回答お願いします。

noname#70625
noname#70625

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数86
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ADE が 60度だとした根拠を知りたいとは思いますが, ADE なんか使う必要ないのでは? 三角形 ADE における辺AE の長さと三角形 ABC における AE の長さは同じですよね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 余弦定理がいまいち…

    「a=8、b=4、c=6の△ABCがある。この三角形のcosBを求めよ。」という問題です。 余弦定理を使いますよね?ですが、いまいち余弦定理が分かりません。途中式を含め、解説お願いします。

  • 正弦定理と余弦定理で答が違う?

    三角形の残りの角と辺の長さを求めよという問題で、余弦定理を用いると答が一つなのに、正弦定理も用いて解くと答が二つになってしまうことがあります。 例えば、 a=2,b=√6,c=-1+√3 で、最初に余弦定理からA=45°と出し、その後、正弦定理からB=60°、120°となるのですが、余弦定理だとB=120°となります。だけれど、問題の答はA=45°,B=120°,C=15°です。 どうすれば良いんでしょう? テスト近いので少し焦ってます。よろしくお願いします。

  • 余弦定理の問題

    空間内に4点A、B、C、Dがあり、線分BC上に点Eをとり、BE:CE=k:1-kとすると、 (1-k)(AB)~2+k(AC)~2-(AE)~2=(1-k)(DB)~2+k(DC)~2-DE~2 を示しなさいという問題です。 ヒントにΔABE,ΔACEに余弦定理を適用し、 (1-k)(AB)~2+k(AC)~2=AE~2+(1-k)(BE)~2+k(CE)~2 をはじめに示すと良い、とあるので、自分は、この二つのΔにおいて、辺AEが共通しているので、AEに余弦を用い、 AB~2+BE~2-2・AB・BEcos∠AEB =AC~2+CE~2-2・AC・CEcos∠AEC =AC~2+CE~2+2・AC・CEcos∠AEB と変形していったのですが、ここからの糸口がつかめません。(この方針が正しいかどうかわかりませんが。。。) よろしくお願いします。

  • 余弦定理を用いた問題

    こんばんは。いつもお世話になっております。 問題集を解いていてどうしてもわからない問題があるので、解き方・考え方を教えてください。 問題1) 四角形ABCDが、半径64/8の円に内接している。この四角形の周の長さが44で、辺BC=辺CD=13であるとき、残りの2辺ABとDAの長さを求めよ。 自分なりに考えてみたのですが、ABとDAに関する方程式を2つ立てて連立させるのかと思ったのですが、AB+DA=18しか思いつきません。半径64/8の円に内接していることから、正弦定理を使おうと思っても角の大きさが一つも分かっていないため使うことができません。。 問題2)四角形ABCD(問題1とは別)において、BC=2,CD=3,∠DAB=60度(π/3),∠ABC=∠CDA=90度(π/2)とする。このとき、辺AB,辺DAの長さを求めよ。 この問題は、対角線ACを引き、2つできる直角三角形について三平方の定理でAC^2=の形にして、2つを連立させて整理すると、AD^2=AB^2+1という式が出てくるのですが、この式を解くにはもうひとつ式が必要です。どうやって出せばいいのでしょうか? 両方ともおそらく余弦定理や正弦定理を使うのかと思うのですが、どちらも適用できません。。もう2時間近く粘っていますがいっこうに解けません。どうかお力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

  • 正弦定理・余弦定理

    三角形の頂点A,B,Cについて 2sinA=cosB・sinCが成立するとき、三角形ABCが二等辺三角形となることがあるか。という問題なんですけど、辺BC,CA,ABの長さをa,b,cとすると、正弦定理で左辺=a/R,正弦定理と余弦定理で右辺=(c^2+a^2-b^2)/2ca・c/2R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、a/R=(c^2+a^2-b^2)/4aR よって、c^2=3a^2+b^2となるところまではわかるんですけど、この後どうすれば良いのかわかりません。

  • 二等分線定理の余弦定理による証明

     三角形ABCにおいて、角Aの二等分線を引き、BCとの交点をDとします。AB=a、AC=b、BD=c、CD=dとすると、a:b=c:dとなります。俗に二等分線定理と呼ばれるものですが、これを余弦定理によって証明する方法を教えていただけますでしょうか。  証明法は数ほどありますが、余弦定理を使ったやり方がわかりません。 

  • 余弦定理「a>0 だから a=√31」とは?

    余弦定理 A=60°b=5 c=6のときaを求めてください…という問題で a^2=b^2+c^2-2bc cosA に、それぞれ代入して解いていったら31になりました。 ここまでは理解できたんですが、その先 a>0 だから a=√31 …と参考書に書いてあるんですが a>0 だから a=√31 って、なんですか? なんか習った気がするけど、思い出せません。 「a>0 だから a=√31」とは? 解説していただけますと助かります。 よろしくお願いします。

  • 余弦定理を使った問題

    三角錐ABCDにおいて、辺CDは底面ABCに垂直である AB=3で、辺AB上の点Eは、AE:EB=1:2を満たし、∠DAC=30゜、∠DEC=45゜、∠DBC=60゜である 辺CDの長さを求めよ という問題なのですが手も足も出ません… 解説お願いします ちなみに答えは3√5/5です

  • 余弦定理の問題ですが、教えて下さい!!

    高校数学Iの図形と計量の余弦定理の問題ですが、解法が分からないので、分かる方、よろしくお願い致します。 2地点、A,B間の距離を求めたいが、間に障害物があって、直接はかる事が出来ない。そこで、地点Cをとって計量したところ、AC=100m、BC=60m、角ACB=60度であった。AB間の距離を求めよという問題です。よろしくお願い致します。

  • 余弦定理をどのように使えば・・・?

    原点中心、半径rの円に内接する正三角形をABC、弧BC上の点をPとする。AP2乗+BP2乗+CP2乗が一定値をとることを示せ。なお、AP=BP+CPであることを使ってもよい。  (→AP2乗+BP2乗+CP2乗をrの式で表せば良い。) この問題を昨日から考えているのですが解けません。 先生からは、余弦定理を使うと解ける、と言われました。 私は、△APC、△ABP、△BPCで余弦定理を使って、  AC2乗=CP2乗+AP2乗-2AP・CP・cos60°  AB2乗=BP2乗+AP2乗-2BP・AP・cos60°  BC2乗=BP2乗+CP2乗-2PB・PC・cos120° と出し、これをすべて足したのですが、どうしてもPBとPCが消去できません。 この方法では間違っていますか。また、余弦定理を使った正しい回答も、教えていただきたいです。