• 締切済み
  • 困ってます

「stand by」する人は「bystander」?

英語に関して、辞書で調べられる以上の知識が得られないので、教えてください。 「run」する人は「runner」、「catch」する人は「catcher」というように、ある動詞に「er」や「ist」などの接尾辞をつけると、「その動作や行為をする主体」を意味する単語が作られると思いますが、それでいくと、「stand by」する人は「bystander」ということでいいのでしょうか? 「stand by」は「そばにいる」とか「支持する」とか、そういうどちらかといえば肯定的なニュアンスを含んだ熟語だと思うのですが、 「bystander」は辞書的な意味では「傍観者」になり、「見ているだけで何もしない」というような、否定的なニュアンスが入ってしまう気がします。 「stand by」する人の意で「bystander」を使用するのは適切でしょうか? あるいは「stand by」の肯定的ニュアンスを持った形で、それをする人を意味する別の単語があったりするのでしょうか? ご教授いただけるとありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数259
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
  • Agee
  • ベストアンサー率42% (414/964)

ANo.1とANo.3を回答した者です。お礼のお言葉、ありがとうございました。その中の御説明に「自分から積極的に何かをしてあげるわけではないけど、相手から求められれば相談に乗ったり、助言を与えたりしてくれるような、相手から見れば、その人がいてくれると考えるだけで、安心感が得られるような存在、味方」とあり、やっと質問者の真意が伝わって参りました。 それは"guardian angel"です。'LDOCE'の定義は"(1) a good spirit which protects a person or place, (2) a person who helps and protects another person"となっています。この言葉はよく使われます。 >"stand-by person"という表現は、回答者さんの造語ですか 造語でしたが、念のためGoogleで「対象地域」を「アメリカ合衆国限定」に設定して検索すると、"stand-by person"の場合538件、"standby person"では1,960件ヒットしました。ごく一般的な表現とは云えませんが、皆無というわけでもありません。 以上が私の能力の限界です:-)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたびのご回答恐れ入ります。 "guardian angel"……なるほどそういう言葉もあったかと気づかされました。 「守護天使」と訳される言葉で、たぶん挙げて頂いた定義の(1)がその意味なのだと思いますが、これ、(1)も(2)も定義の中に"protect"とありますように、「保護する、守る」存在なのではないかと思います。("guardian"自体も、「保護者」とか「後見人」という意味ですよね) そう考えると、ちょっとイメージから微妙にずれてくるんです。「積極的に守っている」という意味で。守ってくれている誰かがいるということは、守られている側はいわば「安全地帯」にあるわけで、ちょっとこの主体の存在感がありすぎるとでも言えましょうか。 あと犯罪防止NPO団体の「ガーディアン・エンジェルス」も、やはり「積極的にパトロールして街を守っている」というイメージがありますし。 私が求めるイメージは、「向こうから何か特別してくれるわけではないけど、こっちが(勝手に)勇気づけられる」というニュアンスなんです。 言葉って、なかなか難しいものですよね……。 ご協力感謝します。

関連するQ&A

  • 英単語の接尾辞について質問です。

    英単語の接尾辞で、以下の物の意味を教えてください。 1)-some,例handsome,awesome,troublesome等。 2)-about,例roundabout等。 できれば接尾辞の部分だけでの意味を教えていただけると助かります。理由は、これらの接尾辞がついた英単語を意訳する必要があるのですが、単語の語幹とこれらの接尾辞との組み合わせが有る単語が沢山有り、それらの大部分が辞書に載っている訳ではないからです。 宜しくお願いします。

  • 接尾辞~ageについて

    接尾辞~ageてどんな意味があるのでしょうか。youngage,sortageなど様々な単語についており、「年」以外の意味があるように思われます。 接尾辞~ageの意味と、これがつく単語を出来るだけたくさん教えてください。

  • 接尾辞とアクセント

    -er と -eer は両方とも接尾辞ですが、-erをつけても元の単語のアクセントは変わりません。しかし、-eer をつけるとアクセントは-eer に来ます。他に-tionや-ity,-izeなどでは、元の単語のアクセントの位置から、変わります。 このようにアクセントの位置を変える接尾辞と変えない接尾辞があると思うのですが、これはどのように違うのですか?例えば、ラテン語起源の接尾辞はアクセントの位置が変わるということなのでしょうか?

  • 回答No.4
noname#68430
noname#68430

stand by の意味は、必要な時に利用できる物、空港での)キャンセル待ち bystander の意味は、傍観者 stand by する人の意で bystander を使用するのは正しくないし、stand by の肯定的ニュアンスを持った形で、それをする人を意味する単語は、ない。 rape の名詞形は、raper でなく、rapist です。 piano は、名詞で、動詞ではないが、ピアノ弾きは、pianist 英語の学習は、必ずしもこうなると決めてかかるのでなく、語彙を増やしていくことによって、疑問が解決されていく楽しみがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ただ申し訳ありません。「stand by」する人を意味する肯定的ニュアンスのある言葉はない、と言われているのはわかったのですが、それ以外の回答部分の趣旨が判然としません。 「er」だけでなく、「ist」をつける場合もあるよ、とおっしゃってくれているように読めるのですが……ただ、「ist」がつく場合もあることは質問に触れてますし……??? 勘違いされているだけでしょうか。

  • 回答No.3
  • Agee
  • ベストアンサー率42% (414/964)

相当こだわっておられるようなので、'Roget's International Thesaurus'という有名な『同意語辞典』で調べてみました。看護・介護・世話をするわけでもなく、命を待つわけでもなく「一般的に侍(はべ)っている人」というのがどんなものか、私には想像もつきませんので、"stand by"や"ready"などから「人」になり得る表現を探し求めてみました。やはり「状況を限定しない一般的表現」というのは見当たりませんし、"-er"が付く単語もありません。どうしてもというなら"stand-by person"とでも称するしかないようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございます。お手数をおかけして恐縮です。 想像がつかないと言われている点、回答者さんはそれを「一般的に侍っている人」という意味合いで解釈されているようですが、私の求めている単語の意味合いは若干異なるのです。 言うなれば「自分から積極的に何かをしてあげるわけではないけど、相手から求められれば相談に乗ったり、助言を与えたりしてくれるような、相手から見れば、その人がいてくれると考えるだけで、安心感が得られるような存在、味方」というイメージです。 「空間的」にそばにいるというより、むしろ「精神的」にそばにいる存在のことなんです。 もちろん「家族」や「恋人」や「友人」は、そういう存在でありえますが、逆に「家族」や「恋人」や「友人」であれば必ずそういう存在というわけでもないですし、それほど近しくはない人でも、そういう役割を果たすことは十分ありえることですよね。 ですので、「stand by」から派生する形の言葉がないなら、そういう存在をダイレクトに示す言葉はないのだろうか、という趣旨なんです。 それで「supporter」というのが一番近いのだろうかと例に出した次第です。 ちなみに"stand-by person"という表現は、回答者さんの造語ですか。それとも実際に流通している言葉なのでしょうか?

  • 回答No.2

厳密に言えば、「~er」を付けたら「~する人」となる、と鵜呑みにすることが、間違っているような気がしますよ。 Runnerは、「走る人」という意味合いはありますが、”I am a runner"を「私は走る人です」とは訳さないですよね。普通の会話でこう言ったときはおそらく「私は走るのがすき(得意)です」という意味になると思うんです。 ですので、イディオムであるstand byをそのまま、「そばに居る人」という意味で~erをつければよい単語になる、というロジックはへんな気がします。 "I am always standing by you" (いつも君のそばに居るよ→だから心配しないで)と言いたい時、私だったら、”I am always your friend!"とか、普通の言い方で十分いけちゃいますんで、単語をこねくり回すより、なにを伝えたいかを意識されたほうが自然な英語が使えるようになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。ですが残念なことに、あまり参考になる内容ではありませんでした。 私がお聞きしているのは、ロジックの正しさ云々ではないですし、"I am always standing by you" のような文を、SVCで表現したいわけでもないので……

  • 回答No.1
  • Agee
  • ベストアンサー率42% (414/964)

おっしゃる通り、「"stand by"する人」と"bystander"という言葉は全く別物です。 「"stand by"する人」を表現する言葉は状況によって異なります。レストランであれば"waiter"か"waitress"になり、重要人物や介護が必要な人など何らかのサーヴィスを受ける人にとっては"attendant"になり、身分の高い(あるいは金持ちの)人の世話をする人は"valet"(従者)になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。やはり別物と考えるべきなんですね。 ですが一点。状況ごとに「"stand by"する人」をさす言葉がどうなるかは理解できたのですが、逆に言えば、それらの言葉は意味を限定してしまう(それぞれの状況に)ということですよね。 「stand by」が持っている、「状況を限定しない一般性」を保持したままで、それをする主体を意味するような言葉はないということなのでしょうか。つまり場面によらず「そばにいてくれる人、支持してくれる人」を意味する単語ということです。「supporter」とかが一番近いものになるんでしょうかね。

関連するQ&A

  • そこにアクセントがくる語尾について

    -self, -ever, -out -ee, -eer, -oo -ental, -ology -esque, -ique -cur -tain という語尾ならそこにアクセントがあると本に書いてありました。たしかにそうなのでしょうが、これらは、すべて接尾辞と言ってもいいのでしょうか? たとえば、pioneer というのは、pion という単語がないので、eer は接尾辞ではないと思います。employee は employ という単語があるので、接尾辞です。そのように区別すると、上の中で接尾辞といえるものはどれですか?

  • イタリア語の接尾辞「アチオ」について質問です。

    イタリア語の接尾辞 -accio は軽蔑を表すそうですが、ほかの「アチオ」という接尾辞(どう綴るにせよ)はどういった意味を表すのでしょうか?

  • 今度は「反対」という意味の un

    今度は「反対」という意味の un で始まる単語をすべて調べたいのですが、前の投稿で教えていただいた方法を使うと、unicorn というのも出てきてしまいます。自分で「1」という意味のuniなどは消していけばいいのですが、できれば、接尾辞、接頭辞別の単語をできるだけたくさん得られる方法があれば教えてください。

  • 接尾辞とは?

    「記号化」を調べるために辞書をひいていましたら ---------------------------------------- 「名詞「記号」に、接尾辞「化」がついたもの。 」 ---------------------------------------- との説明でした。 この接尾辞とは何でしょうか?また「化」についてだけの辞(ことば)なのでしょうか? たとえば「的」「性」などのように抽象概念を示すことばだけに用いられるのが「接尾辞」なのでしょうか? 具体的で詳しいご回答をお願いいたします。

  • 接頭尾辞や語幹、もしくは語源から英単語を学びたい

    英語が特に得意でも不得意でもない、高校2年生です。 接頭語や接尾辞や語幹などの、 語源から英単語の説明をしている本などは無いでしょうか? 接頭語などの話は授業で何度か聞いたことがあります。 辞書を見ると、原義として、単語を分解して説明してあることがあります。 例えばordinaryは 「順序(ordin)の定まった(ary)→通常の、ふつうの」と書かれています。 orderの「順序」という意味から来ているのかな、などと関連付けると、 覚えやすいし、英語って面白いなと感じます。 辞書として使えるものがいいとか、これで大学受験の勉強をしたいとか、 そういった目的ではなくて、単に、語源が面白く知りたいと思っています。 (別にそれが辞書代わりになったり、 大学受験に使えたりしたら、それはそれでさらにいいのですが。) 語幹などの説明が充実している単語帳でも、 語源や接尾辞・接頭辞を扱った英語の本でも、 本でなくホームページ等でも良いので、 なにか良い情報があったら、教えていただけないでしょうか?

  • 「的」「化」というのは、すべての語に適用できますか

    例えば「合理化」を辞書でひくとひとつの名詞ですが、「省略化」を引くと「名詞「省略」に、接尾辞「化」がついたもの。 」という説明がつきます。 これは「的」についても同様で、例えば「効果的」という形容動詞ですが、「的」も接尾辞になるのでしょうか? また「化」や「的」は原則的に、どの語にも付けられますか? それは、名詞や形容動詞的であるという条件などがあるのでしょうか?

  • vationの意味

    「vation vibe」という曲があって、意味を調べてみたのですが、英和辞典で 調べてみても「vation」という単語の意味が載っていませんでした。 「-ation」という接尾辞については載っていたのですが、使われ方が違うみた いで、あまり参考になりませんでした。 「vation」単体ではどういった意味なのでしょうか。 それともこの単語は存在しないのでしょうか。教えていただけると有難いです。

  • profluorescent

    profluorescentとはどういう意味でしょうか? proが「前の、前に」を表す接尾辞ということは存じておりますがよくわかりません。

  • 石ころ、さいころの「ころ」ってなんですか?

    石ころ、さいころの「ころ」ってなんですか? 疑問が生じました。教えてください。 意味のない接尾辞?

  • 敬語

    ※ 以下を教えて頂けましょうか? (1) 食べるの敬語- 드시다 は活用後の動詞ではなく独立した基本動詞でしょうか?                 (自分の辞書にはなく、国語院のHPでもヒットしないが?) (2) もし、そうではなく「召し上がるの들다+接尾辞시」だとするのなら    敬語の動詞+尊敬の接尾辞-となるがこれは不自然ではないのか? (3) 「不自然ではない」のならそれでも構わないが    もし「(2)の意見はもっともだ」なら「どうぞお召し上がりください」の    드십시오   드세요 はNGとなってしまい    「じゃ~他に何と言う?」となってしまうが、如何?  =基本的な質問でスイマセンが、よろしく=