• ベストアンサー
  • 困ってます

接尾辞とアクセント

-er と -eer は両方とも接尾辞ですが、-erをつけても元の単語のアクセントは変わりません。しかし、-eer をつけるとアクセントは-eer に来ます。他に-tionや-ity,-izeなどでは、元の単語のアクセントの位置から、変わります。 このようにアクセントの位置を変える接尾辞と変えない接尾辞があると思うのですが、これはどのように違うのですか?例えば、ラテン語起源の接尾辞はアクセントの位置が変わるということなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1139
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

>ラテン語起源の接尾辞はアクセントの位置が変わるということなのでしょうか? -er, -ing, -ful, -ling, -less など英語本来の接尾辞は原則的にアクセントの移動を起こしません。ゲルマン系は固定アクセントであり、比較的少ない音節数で語頭アクセントを基本とします。語形変化でアクセントの移動をしないのが基本です。 ラテン語は母音の長短によって語尾から3音節目か2音節目に機械的にアクセントが決まります。語形変化により音節数が変わればアクセントも自動的に移動します。 ラテン語系の接尾辞は多くの場合フランス語を経由したものです。ラテン語系語尾をもつ語は基本語もラテン語起源の場合が多く、アクセント移動を受け入れる下地があるといえます。 origin - original appear - apparition (cf. appear - appearance アクセント不移動) relate - relative 本来の英語に外来の語尾がついた例 talk - talkative フランス語は最終音節にアクセントを持つので、-tion, -ty なども、中英語期の文献からは最終音節にアクセントがあったと考えざるを得ないところがあります。しかし英語は他に類を見ないほど外来語を「使いこなし、消化し自分の身にしていった」のでアクセントも英語流に変化させました。これは他のゲルマン系言語がいまだにラテン-フランス語からの借入語を語尾アクセントで発音していることと対照的です。 アクセントが移動した過程を考えるときに2つの要素が考えられます。 1.英語式になるべく前に置きたい 2.弱音節が続くのはなるべく避けたい congratulation を例にとれば 15世紀ごろ借入された当時は on にアクセントがあったと推測されます。このアクセントを前へ移動させる場合、動詞と同じ gra の位置では後ろに弱音が3つ続いて発音しにくいので la の位置でとどめたと考えられます。 -eer, -ee はラテン語ではなくフランス語系の接尾辞でさらに新しいので、あまり「英語化」が進んでいないと考えられます。そのため最終音節のアクセントを維持しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。 >語形変化により音節数が変わればアクセントも自動的に移動します。 はなるほどと納得しました。

関連するQ&A

  • 接尾辞~ageについて

    接尾辞~ageてどんな意味があるのでしょうか。youngage,sortageなど様々な単語についており、「年」以外の意味があるように思われます。 接尾辞~ageの意味と、これがつく単語を出来るだけたくさん教えてください。

  • 接尾辞

    economy, economic, economically, economize のように、接尾辞をつけて、名詞、形容詞、副詞、動詞になるような単語はありますか? 動詞から派生するような単語でもかまいませんが、なるべく簡単な単語でお願いいたします。

  • 英単語の接尾辞について質問です。

    英単語の接尾辞で、以下の物の意味を教えてください。 1)-some,例handsome,awesome,troublesome等。 2)-about,例roundabout等。 できれば接尾辞の部分だけでの意味を教えていただけると助かります。理由は、これらの接尾辞がついた英単語を意訳する必要があるのですが、単語の語幹とこれらの接尾辞との組み合わせが有る単語が沢山有り、それらの大部分が辞書に載っている訳ではないからです。 宜しくお願いします。

  • そこにアクセントがくる語尾について

    -self, -ever, -out -ee, -eer, -oo -ental, -ology -esque, -ique -cur -tain という語尾ならそこにアクセントがあると本に書いてありました。たしかにそうなのでしょうが、これらは、すべて接尾辞と言ってもいいのでしょうか? たとえば、pioneer というのは、pion という単語がないので、eer は接尾辞ではないと思います。employee は employ という単語があるので、接尾辞です。そのように区別すると、上の中で接尾辞といえるものはどれですか?

  • アクセントの位置を変える接尾辞

    -ic とか -ical で終わっていたら、その前の音節にアクセントが来るというような法則がありますが、そのような接尾辞は、フランス語っぽい単語に多いような気がします。この勘はあっているでしょうか?

  • アクセントを変える接頭辞

    接尾辞はアクセントの位置を変えるものがかなりあります。 economy economic のようなものです。 接頭辞のうちでアクセントの位置を変えるものはあるのでしょうか? あれば教えて下さい。

  • ドイツ語の接頭辞と接尾辞について

    強いたいと思っています。必要があってドイツ語の単語を復習していますが(ある単語集で進めています)、似たような単語が多くてちょっと困っています。その単語集には例文ももれなくついているので覚えやすいとは思うのですが、接頭辞・接尾辞の理解があると、記憶の定着は抜群によくなると思いますし、類推も聞くようになってくると思うのです。 コンパクトに解説がある本orサイトをご存知の方、教えてください!

  • photographにつく接尾辞とアクセントの位置

    photograph, photography, photographer, photographicでは、アクセントの位置が変わりますが、この中で、-er がついた場合にどうして変わるのかわかりません。-er はアクセントの位置に影響しない接尾辞だと思いますが(observer,advertiser)、photograher では影響しているように思います。 それから、あと photography のy というのは何なのでしょう?photograph+yですが、philosophy には、philosophという形がありませんが、この-yとは違うのでしょうか?また、photographyの-yもアクセントを移動させると理解してもいいのでしょうか?

  • UNITY Float型の接尾辞fって

    UNITYに限ったものではないのですが、Float型の接尾辞fについて Wikiやhttp://www.wisdomsoft.jp/40.html/を見てみたのですが ちょっと難しく理解できません。fってどのような時に使うのでしょうか? Vector3 構造体のコンストラクタの部分で public Vector3(float x, float y, float z)   ←となっていますが、 Vector3 v = new Vector3(765, 961, 876); ←fはついていないですし。 またUNITYのTransformで PositionをX=0.5、Y=0.5、Z=0.5とするのと、X=0.5f、Y=0.5f、Z=0.5fとするのと位置が全然違います。 分かりやすい説明、サイトなどあれば教えてください

  • アクセントの法則

    参考書を見ると、アクセントの法則として、 直前の母音にアクセントが来る語尾  ual,ian,ion,ical,ity,ety,ial,ic 2つ前の母音にアクセントが来る語尾 ous,ate,ism,ator,ous,graph というようなことが書いてあります。直前に来る接尾辞と2つ前に来る接尾辞にはどのような違いがあるのでしょうか?