解決済み

使い捨てソフトコンタクトレンズの違いについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.435269
  • 閲覧数4194
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 66% (183/275)

ずっと前から。。。疑問に思っていたのですが、
1.普通のソフトコンタクトレンズと使い捨てコンタクトレンズは、物理的にどう違うのでしょう?
2.使い捨てレンズも、「ワンデー」や「1ウィーク」「2ウィーク」などありますが、これもレンズとしてどこが違うのでしょうか?
3.使い捨てを使い続けるとレンズにはどのよう不都合(劣化?)が起きるのでしょうか?

私の勝手な想像ですが、レンズは製品としてはまったく同じもので、ただ売り分けてるだけ。。。(そうすると普通のタイプはすごく利がかかってるよなぁ。。。)
とか、使い捨てタイプは、普通に比べて製造工程の何か?(←これが分かれば教えて下さい)を省いているので、価格を安くできるが、耐久性がないとか。。。かな?と思っています。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 14% (14/94)

度々失礼します。No5ですが、補足として
ソフトS、ソフト72
マンスウェアは同じ素材のようです。
ただ下記でリンクした先生のHPを見ていただければ
分かりますが。72よりSの方が良いそうです。
なのでメニコンの場合この三種類は素材は同じだが
製法だか設計が違うという事だと思います。(ボシュロムみたくはないと思う)
使っていてですが
ソフトS=乾燥させても液につけておけば平気
マンスウェア=乾燥させると不快感を感じる。
やはり耐久性に関しては差があると思います。
また若干ソフトSの方が色が濃い気がします。
ソフト72はSより高いのですがSシステムが適用
されないし使ったことがないです。
お礼コメント
dashinshi

お礼率 66% (183/275)

みなさまご回答ありがとうございました。

皆様から頂いた情報と自分なりに得た情報を整理してみると、

・製法には大きく3通りある。
・材料には10種類ほどある。
・使い捨てタイプは、量産手法で生産し安価であるが
 カーブなどが、単一で製品のパリエーションがない
・過去に2Weekと長期型についてまったく同じ製品を
 パッケージを変えて販売していたメーカーがある。
・使い捨て型の中には、煮沸消毒を行うと変形してしまう
 ものタイプのものもあり、このタイプは長期使用には向いてない。

といったところでしょうか。
だいぶん、色々なことがわってきましたが、

・なぜ使い捨てタイプ(煮沸可能なもの)は長期使用してはいけないのか?
・長期使用するとどのような不都合がおきるのか?
また、各メーカーの製品説明を見るとボシュロムFWメダリストのように
OneDay 2Week 長期型となっているが、中には同じ製品ではないか?
と思える製品もまだ多数あることがわかりました。

この質問は、ここで一度締め切り
もう一度よく整理したうえで、また皆様のお知恵を拝借したく思います。

情報をお寄せくださいました皆様ありがとうございました。

 
投稿日時 - 2003-01-04 00:46:12

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 14% (14/94)

No,2で書かせていただいたものです。
あの後私も気になってしまい調べて見ました。
製法は各社違っていたりするようです。
参考URL
http://plaza.rakuten.co.jp/contact1/diaryold/20020330/
手元にある2ウィークアキビューの説明書によれば
SSM(スタビライズド・ソフト・モーディング)製法
というもので作られているようです。
各製法についてはこちらで見るとよく分かります。
たぶん通常のレンズはレースカッティングではないでしょうか?
http://www.menicon.co.jp/info/encyclo/lib_b/conte2.html
またメダリスト以外の2ウィークは煮沸できません。
私は今メニコンのマンスウェアというのを使ってます
が一ヶ月使い捨てでソフトSと同じ素材(説明書でに
載っている構成モノマーが同じです)酸素透過率
含水率も同じです。ただ若干薄いみたいです。
製法については分かりませんがソフトSは製造元が
メニコンですがマンスウェアは製造元がメニコンから
分離独立したトーメーが作ってるのだそうです。
(分かりません。両方トーメーかも?)
だからたぶん何か違うのでしょう。
その何かが分からないんですよねぇ

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 39% (900/2303)

使い捨てレンズは強度を気にする必要がありません。1dayなら1日だけ使えればいいので、強度を捨ててつけ心地を重視してるように感じます。
実際に両方を比べると1dayのほうが明らかに薄いです!薄すぎて装用時に指にくっついてしまって使いにくかったです。まぁそのうち慣れますけどね(^^;
※メーカーによってレンズの厚さには差があります

あと使い捨てはカーブを選べないです。コンタクトレンズは眼球の形に合わせて数種類のカーブがあります。しかし使い捨てレンズは汎用性を重視してるのでカーブは1種類だけです。普通のレンズは眼球のカーブに合った物を選択します。
お礼コメント
dashinshi

お礼率 66% (183/275)

みなさまご回答ありがとうございました。

皆様から頂いた情報と自分なりに得た情報を整理してみると、

・製法には大きく3通りある。
・材料には10種類ほどある。
・使い捨てタイプは、量産手法で生産し安価であるが
 カーブなどが、単一で製品のパリエーションがない
・過去に2Weekと長期型についてまったく同じ製品を
 パッケージを変えて販売していたメーカーがある。
・使い捨て型の中には、煮沸消毒を行うと変形してしまう
 ものタイプのものもあり、このタイプは長期使用には向いてない。

といったところでしょうか。
だいぶん、色々なことがわってきましたが、

・なぜ使い捨てタイプ(煮沸可能なもの)は長期使用してはいけないのか?
・長期使用するとどのような不都合がおきるのか?
また、各メーカーの製品説明を見るとボシュロムFWメダリストのように
OneDay 2Week 長期型となっているが、中には同じ製品ではないか?
と思える製品もまだ多数あることがわかりました。

この質問は、ここで一度締め切り
もう一度よく整理したうえで、また皆様のお知恵を拝借したく思います。

情報をお寄せくださいました皆様ありがとうございました。

 
投稿日時 - 2003-01-04 00:46:38
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 30% (1916/6192)

こんにちは。ソフトの2ウィークのを使ってます。
しろうと意見で大変恐縮ですが・・・

1.普通のソフトコンタクトは、聞いた話ですが、使い捨てよりも
厚みがあって丈夫なんだそうです。間違ってカラカラにしちゃったときも、
液につければなおったそうです。耐久性あるってことでしょうか。

2.うーん、2ウィークが一番いい(コスト面、耐久面合わせて)と
昔聞いたので、それっきり2ウィークしか使ってないのでわからないです。
でも、ワンデーとかはものの品質どうなの?と思います。
一枚一枚に対して、2ウィークほどコストかけられないと思うんで。

3.「2ウィークは大事に使えば3ヶ月ぐらい平気平気」
と使ってる人いました。
私はもたせても1ヶ月ぐらいですが・・・(ホントはダメらしいですけどw)
古くなるとなんだか装用感が最初のときほど
サワヤカでない気がするようなしないような・・・
あ、保存液は、以前「オ○ティフリー」でしたが
「コ○プリート」に乗り換えると、サワヤカになったような気が・・・
「コ○プリート」いいです。安いやつだと目が真っ赤になったことも。

ん~、うまくいえないですけど、今つかってて満足なので、
2ウィークおすすめです♪ なくしても耐えられる値段だし、
けっこう長持ちしてくれるし・・・(笑)

ほんと、しろうと意見ですみません。あくまで参考に♪
お礼コメント
dashinshi

お礼率 66% (183/275)

早々のご回答ありがとうございます。

う~ん。。。普通タイプもonedayも2weekも製品としては、まったく違いが無いように思えてしかたないんですよね。。。

私は、3タイプとも使用しましたが、違いはまったくかんじませんでした。

あ!ちなみに、私も「オ○ティフリー」でしたが「コ○プリート」に変えました!
「コ○プリート」のほうが、私もなんか調子いいです!(笑)
投稿日時 - 2002-12-25 18:05:41
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 14% (14/94)

私は以前2ウィークを使ってました。今は違いますが。
私は2ウィークを二週間以上使うとそのうち妙なパサツキ
っていうか不快感を感じました。
ただ長く使うと目に障害がおきたりすると思います。
コンタクトのトラブルなど詳しく説明されている
眼科医の方のHPがありました。
http://homepage2.nifty.com/~maepi/index.html
このページですが、大変役に立ちます。
お礼コメント
dashinshi

お礼率 66% (183/275)

おおっ! これこれ!
ご紹介いただいた、HPは大変参考になりました。

このHPでいくと、ボシュロムの製品については、普通タイプと2weekは、製品と
しては、まったく同じもので、単に使用方法とパッケージを変えて売っていたようですね。

他のメーカーはどうなんでしょう?ボシュロムと同じく製品としてはまったく同じなのに単に売り分けてるんじゃないか?って疑念が頭からはなれません。

これってすごく重要な問題だと思うのですが、このHP先生もボシュロムの件は
これはこれ!って片付けてしまってるのが??????なんですが。。。
投稿日時 - 2002-12-25 17:59:52
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 27% (69/249)

こんにちわ。

子供の頃からの行きつけの眼鏡屋さんに聞いた話です。

元々コンタクトレンズの製造工程自体は使い捨てであってもなくても殆ど変わらないということです。

実は、使い捨てコンタクトが通常の2,3年使用のモノと比べると1枚当たりの単価が違いますよね。でも、使用年月で見てみると、殆ど変わりません。

これは使用する期間での安全性を保てるレベルの品質管理っていうのでしょうか?耐久性の問題のようです。ワンデーであれば、1日装着していて安全である。ワンウィークであれば、1週間使用していて安全である。1枚のコンタクトレンズを長期間使用していると、それなりの問題が発生するものです。(分かりやすいものでは破損やタンパク質の付着等)

また、ソフトコンタクトであれば、大抵の人の角膜の角度に合うとの理由から、既製品販売が出来るという利点があり、今現在のような大量生産&大量販売&低価格となっています。(洋服と同じような感覚です。自分に合ったサイズの洋服を選ぶようにコンタクトの度数があるのです。)

ただし、使い捨てコンタクトレンズはあくまでも既製品であるので、強度近視や乱視が酷い人では合う度数がありませんので、必然的にオーダーメイド(2,3年使用のもの)になってしまいます。

使い捨てでも、オーダーメイドでも、それなりにメリットとデメリットがあり、使用者の目的や体質などによっても選ぶ基準は変わってくると思います。メーカーによってそれぞれ品質管理は微妙に違うので、眼科で聞いてみるのも良いと思います。(あまり親切に答えてくれるかどうかは分かりませんが。)
お礼コメント
dashinshi

お礼率 66% (183/275)

ご回答ありがとうございます。

>元々コンタクトレンズの製造工程自体は
>使い捨てであってもなくても殆ど変わらない
>ということです。

そうなんですよ。。。私が調べるかぎり製造工程は、ほとんど違いがないようなんですよ。
あとは、材質の違いかな???

>実は、使い捨てコンタクトが通常の2,3年使用のモノと比べると
>1枚当たりの単価が違いますよね。でも、使用年月で見てみると、
>殆ど変わりません。

#2さんの情報を元に、アレコレ調べたんですが、
米国では、ボシュロムは、メダリストを(2week~長期使用)として
販売しているようです。とすると、使用期間でのトータルコストはこれが
断然お得!!!ですよねぇ?!


>眼科で聞いてみるのも良いと思います。

お医者さんには、何度かたずねたことがあります。
みなさん「耐久性が違う」とのお話しなのですが、
「なぜ?}「製品としては同じでは?」と聞くと。。。
「違うから違うのです!」の回答でした。。。(笑)
投稿日時 - 2002-12-25 18:25:55
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ