• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

オーストリア特殊部隊コブラの写真がある本・雑誌

オーストリアの特殊部隊コブラに関する写真とか載っている本知りませんか?アームズマガジンのコブラ特集号や笹川英夫著の「世界の特殊部隊 武器・装備編 、戦争・作戦編」は持ってます。車、装甲車、ヘリ、銃器などの写真を探しています。また、もし元隊員の書いた本などがあれば教えてください。

noname#116761
noname#116761

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数604
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

Speed Action Surprise これはみっかんないですねぇ。洋書を扱う大きな書店に直接問い合わせれば取り寄せてくれるかもしれないですが ドイツのamazonでは当然でてきますが、日本には送ってくれないんかな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

Einsatzkommando Cobraならばオーストリア内務省がホームページで紹介しています。 http://www.bmi.gv.at/cobra/ ページ内にも彼らを扱った書籍リストが公開されてます。 Literaturverzeichnis(書籍事項) あなたが好みそうなものとなるとヨーロッパでの特殊部隊系書籍の執筆では有名な、向こうでの柘植みたいなもんかw Wolfdieter Hufnagl が編集した COBRA. Das Gendamerie - Einsatzkommando GEK: Das Gendarmerieeinsatzkommando GEK (Gebundene Ausgabe) ほかに写真が多く載ってそうなのは Speed Action Surprise - Das Einsatzkommando COBRA (Gebundene Ausgabe) 全部ドイツ語ですけどね。(;・ω・)y-~ ISBNコードがあるので、全部洋書通販で取り寄せられると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。こんなに詳しい方がいるなんて思いませんでした。こんなに早くご回答いただいてびっくりしました。 ホームページ見ました。ドイツ語で書かれていてよくわからなかったですが写真が多くてよかったです。COBRA. Das Gendamerie - Einsatzkommando GEK: Das endarmerieeinsatzkommando GEK (Gebundene Ausgabe) は洋書の通販サイトで見つかったのでさっそく購入しました。 Speed Action Surprise - Das Einsatzkommando COBRA (Gebundene Ausgabe)はいろいろなサイトを調べましたがありませんでした。アマゾンにもありませんでした。日本では出回ってないんですかね。売っているサイトがあったら教えてください

関連するQ&A

  • 軍隊・警察・特殊部隊等に使われている腕時計を教えてください。

    SAS(イギリス陸軍特殊空挺部隊) デルタフォース(アメリカ陸軍特殊作戦部隊分遣隊) GRUスペツナズ(ソ連軍参謀本部情報総局特殊部隊) NAVY SEALs(アメリカ海軍特殊作戦任務部隊) リーコン(アメリカ海兵隊偵察部隊) MEU(アメリカ海兵隊 海兵遠征隊) GIGN(フランス国家憲兵隊介入部隊) GSG-9(ドイツ連邦国境警備隊第9部隊) コブラ(オーストリア特殊任務部隊) 上記以外でも、どこの国のどこの部隊でもOKです。 制式採用されている腕時計を教えてください。 あと、コンバットカシオ?でしたっけ、実際Gshockって使われているんでしょうか? ルミックスやNITEの腕時計は実際の隊員さんが使っているんでしょうか? これらについても詳しい方教えてください!

  • 特殊部隊に詳しい小説、マンガについて

    小説やマンガ、映画で特殊部隊を扱ったものは内情について細かく書かれていますが、そういう関係者しか分からないような資料をどこから集めてるんでしょうか?元特殊部隊員の著者ならわかりますがそうでない人はどうしてるんでしょう。また、 特殊部隊や銃について詳細に書かれている本(写真や図が多い専門書)があったら教えてください。

  • このヘリの名前教えてください

    このヘリの名前分かりますか?↓ http://en.wikipedia.org/wiki/File:EKO_Cobra2.jpg オーストリアの特殊部隊コブラについて調べてたらこんな写真があったんですがどなたかこのヘリの名前分かりますか?

  • 特殊部隊の戦術・射撃術に詳しい本

    特殊部隊の戦術・射撃術に詳しい本を探しています。戦闘中の射撃や移動方法、部隊のフォーメーションなどについて文章だけじゃなくて図や絵(あるいは写真)などで説明してある本があれば教えてください。

  • 米軍特殊部隊から身を守る方法(ビンラディン)

    ウサマ・ビンラディンが米軍特殊部隊によって殺害されました。 報道を読むと、殺害作戦は実にあっけなく終了したようです。 ビンラディンは住居が安全な隠れ家であると油断しきっており、 何の防御策を講じていなかったようです。 そもそも大勢の家族と一緒に暮らしていたら、すぐにばれそうなもんですが、 それはさておき、 もしビンラディンが、用意周到な人物であったとしたら、 急襲された対策として、どのようなことを講じていればよかったですか? すぐに思いつくのは隠し部屋と脱出用の地下通路を用意することですが、 そのほかに、夜間にヘリで襲ってくる軍人に対処する方策がありますか? よろしくお願いします。

  • オーストリアで起こったテロはどのくらいあるか

    オーストリア(オーストラリアでなくてドイツの隣の国)で起こったテロ事件はどのようなものがありますか?できれば特殊部隊コブラが出動した事件も教えてください。

  • 特殊部隊に関して二つ質問があります。突入作戦について、そして装備につい

    特殊部隊に関して二つ質問があります。突入作戦について、そして装備についてです。 分割して質問しようかとも思いましたが、ひとつにまとめることにしました。 ・家屋等の敵のアジトに突入するときに散弾銃でドアをブチ破りますが  漫画・アニメのマスターキートンの「小さな巨人」でキートンは  鍵穴ではなく、蝶番を撃った方が良いと言っていますが何故でしょう?  少なくとも二箇所ある蝶番を破るには二人で同時、あるいは一人で  二箇所を素早く撃つ必要があるので(これは実際的じゃないですね……)  手間がかかると思うのですが……。 ・装備についてですが、マガジンや弾丸、口径を共有する意味で基本セットは  決まっていると思うのですが、「折角だから俺はこの銃を選ぶぜ」的な感じで  自分にとって扱いやすい武器をチョイスすることは許されるんでしょうか?

  • FPSで面白いタイトル

    PS3、PS4でFPSのゲームをやりたいと思います お勧めのタイトルを教えてください 近未来的なものは抜かして現代が舞台の物がいいです もしくは少し前の物(ww2以降) また (1)銃などの武器や戦車、ヘリなどが沢山出てくるもの (2)特殊部隊もの もそれぞれ教えてください 主観で構わないのでよろしくお願いします

  • 軍隊の作戦規定等について

    私は読書が好きで、最近は伊藤計画さんの「虐殺器官」という本を読んでいます。 その本はかいつまんで話せば未来の特殊部隊がSF的装備、武器を使って活躍していくというような内容なのですが、軍隊用語としてSOP(通常作戦規定?)というものが出てきます。 考えてみれば軍隊も職業なわけですから、業務に対する対処方法などは存在してしかるべきだと思います。そこでそのSOPというものを調べてみようと思ったのですが、SOP、通常作戦規定どちらの名前でも有用と思われる書籍を発見できませんでした。 こういったものは出版されていないのでしょうか?同氏が関わられたTVゲームノベライズの原作でも(昔の作品ですが)確か船は後ろから攻略するのがSOPに乗っ取った行動だ、という台詞があったような気がします。もし出版されていなければ同氏やそのゲームを作った方はいかにしてSOPを知り、内容を把握されたのでしょうか? 本を含め、サイト(国内外問わず)等参考になるようなものをご存知でしたら是非教えて下さい。 またもしも、特殊部隊等が使う特殊作戦規定?のようなものがあれば合わせて教えて頂けると大変嬉しいです。どうかよろしくお願いします。

  • 自衛隊に詳しい方、教えてください

    今日のニュースで、原発付近で作業していた自衛隊員が 原発への恐怖からトラックや一般車両を窃盗して逃げて逮捕されたというものがありました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110419-00000140-mai-soci これが一般の自衛隊員によるものだったらたいして驚きもしませんが、 「第1特殊武器防護隊の隊員」だったことにかなり衝撃を受けています。 この中央特殊武器防護隊は中央即応集団、 つまり自衛隊の特殊部隊であり、自衛隊の中でも精鋭中の精鋭ですよね? 主に原発事故や極悪テロのような国家の危機のための部隊で、 生死を伴うような訓練を精神的にも肉体的にもしてきている人達だと認識しています。 それが逃亡したというのは、にわかに信じられません。 もちろん命をかけて行動してくださってる自衛隊の方々にはただひたすら感謝しています。 人間ですから命が惜しいのもわかります。 しかし国家として考えたら、こういった事態に犯罪を犯して逃亡するような人間が 特殊部隊にいるというのは恐ろしいことだと思うのです。 極端な話、戦争時に命が惜しくて相手に寝返って自軍情報を提供することだって考えられますし、 NBC兵器をも対応する超重要任務の部隊の隊員が憶測の状況で命を惜しむというのは 自衛隊としての性能を強く疑われても仕方がないような話だと思います。 で、質問ですが、 1.中央特殊武器防護隊は他の特殊部隊より訓練が楽だったりなど 他とは一線を画する部隊だったりするのでしょうか? 2.この事態を受けて、部隊の上司らはやはり何らかの処分があるのでしょうか? 詳しい方、教えてください。