• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

屈折率 空気 温度 光

「音速は、冷たい空気中より暖かい空気中のほうが大きい。 暖かい空気は冷たい空気より屈折率が大きい。」 と本にありました。 一方、 「光が空気から水へ入射する場合、光の速さが小さくなるので水は空気より屈折率が大きい。」 と認識しております。 この二つは矛盾してないでしょうか・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数4248
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

媒質によって波の進む速さが変わると屈折が起こります。 速さが遅くなると境界面から離れる方向に曲がります。これは光でも音でも同じです。波の一般的な性質です。 水とか空気が問題なのではなくて速さがどう変わるかが問題なのです。 「温度の高い空気のほうが音は速く進む」、 「空気中よりも水の中の方が光は遅く進む」、 これがどうして矛盾ですか。 光は真空中が一番速いです。 音は真空中では伝わりません。 波を伝える仕組みが違うのです。 空気中の音速は温度だけで決まります。空気の密度には関係しません。 大気の上層に電離層というのがあります。密度は非常に小さいですが温度は高いです。地上での大きな音が電離層で跳ね返ってくることで遠くはなれた音が聞こえるという現象があります。上空に温度の高い所があるから跳ね返ってくるのです。 電離層が発見されたのはこの現象がきっかけです。 積極的に調べられたのは第1次世界大戦のあとです。敗戦国ドイツの火薬を処分するのを実験に利用したのです。ヨーロッパ中に観測網をしきました。聞こえる場所が数百km間隔のドーナツ型になったのです。 日本では会津磐梯山の噴火の音が東京で聞こえたという記録があるそうです。 気体の種類を変えると音速は変わります。 水の中では空気中よりも音は速く伝わります。 同じ空気中であれば密度が変わっても音速は変わりません。温度だけで決まります。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%80%9F 温度と分子量で表した式、圧力と密度で表した式の2つが載っています。ごっちゃになっているようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「温度の高い空気のほうが音は速く進む」、 「空気中よりも水の中の方が光は遅く進む」、 この件に関してはこれまでの回答者さんのおかげで解決、認識したしました、詳しい説明、ありがとうございました。 質問が正確に伝わってないかもしれませんが、改めて言いますと、僕がここで矛盾と指摘しているのは、「屈折率が大きい」という点です。 音速に関して暖かい空気は冷たい空気より屈折率が大きいと書かれていることが間違いだと、賛同していただけるでしょうか。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

>> 「冬の夜には地面近くのくうきが冷えて、上空の空気がそれよりも暖かいということがときどき起こります。この場合、地上で発生した電車などの音は上空に行くと大きく屈折して再び地上に戻ってきます」 << これは音波の屈折の話を記述したものですから光でいうところの屈折とは関係がありません。なので、 >「屈折率が大きいので遠くに届く」 これは光で使う屈折率とは全く関係ない話です。 これが読者の混乱を招いたのだろうと思います。 物理学用語では屈折率というのは光の屈折率を意味するし、音に対する屈折率という物理量は定義されていません。 なのにそういう言葉を使ったのが間違いですね。 音の場合、音速の逆数が光の屈折率と同じ意味を持ちます。 つまりそうすると、 「音速は、冷たい空気中より暖かい空気中のほうが大きい。 暖かい空気は冷たい空気より屈折率が大きい。」 の文章は、仮に「屈折率」を音の屈折率と考えても間違いです。 音速が速い->屈折率は小さい とならねばなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>物理学用語では屈折率というのは光の屈折率を意味するし、音に対する屈折率という物理量は定義されていません。 なるほど、そうなんですか、これからはそういう前提で捕らえていきます。 これで混乱がなくなりそうです。 しかし、本の間違い、これが最大の原因ですよね。

  • 回答No.5
  • htms42
  • ベストアンサー率47% (1120/2361)

#4です。 >やはりこの本の間違いのようだと思われます。 挙げられている例はたいていの教科書に載っているものです。上空ほど温度が高いということで速さに違いが生じ進行方向が曲げられます。 >屈折率が大きいので遠くに届く という説明があるのであれば >音の進行方向が曲げられるということと、屈折率が大きいということを勘違いしているように見受けられます。 という指摘は正しいように思います。 体育祭で行進する場合を考えてください。 4列縦隊だとします。右に曲がる時は右側にいる人がゆっくり歩いて左側にいる人が速く歩きます。 上空ほど温度が高くなっていると上の方が音波の伝わる速さは速いです。斜め下からやってきた音波は上側を外側にするように進行方向が曲がります。 光の場合で言うと遅い方から速い方に進むというのは水の中から空気中に進む場合です。 境界面に近づく方向にまがりますから戻る方向というイメージと合います。(逃げ水はこれで説明しています。) ところが屈折率は境界面から離れる方向にまがる現象が起こる媒質に対して大きいと定義していますから逆になります。 (空気中から水の中に入るときのまがり方です。速さの遅い方で面から離れる方向にまがります。) 単にまがり方が大きいではなくてどちらにまがるということで言わなくてはいけないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご賛同いただきありがとうございます。 出版社に問い合わせようかと思ってました。 今回の件で、音速は空気中より水中のほうが大きい、光速は空気中より水中のほうが小さいということがわかりました。 ということは、屈折率が大きい小さいといっても、音についてなのか光についてなのかによって逆になってしまうということになりますよね。 なので、何の説明もなく単純に屈折率がどうのといってしまうのは正確ではいということになりますが、漠然と屈折率がどうのといっているのをよく見かけます。 「光の屈折率」「音の屈折率」というのが正しいように思いました。

  • 回答No.3

>「音速は、冷たい空気中より暖かい空気中のほうが大きい。暖かい空気は冷たい空気より屈折率が大きい。」 音速は、圧力P一定の条件では、331.5 + 0.61T (T:温度)なのでその通りになります。 屈折率nは、n-1が空気の密度にほぼ比例します。つまり同じく圧力P一定で考えると、PV=nRTで密度はn/V=P/RTなので、n-1∝P/RTですから、Tに反比例します。つまり温度が高いと屈折率は小さくなります。 つまりその説明は間違っています。 >「光が空気から水へ入射する場合、光の速さが小さくなるので水は空気より屈折率が大これはその通りですけど、 >この二つは矛盾してないでしょうか・・・。 前者は空気の温度との関係、後者は空気と水の関係であり、矛盾はないのですけど。 速度を気にしているのでしょうか。 前者の説明で行くと、間違い訂正後の前者では、  暖かい空気->音速は早くなる、屈折率は小さくなるので光の速度は速くなる  冷たい空気->音速は遅くなる、屈折率は高くなるので光の速度は遅くなる で同じ方向です。とはいえ偶然そうなっているだけといえると思いますけど(まったく違う物理現象ですから)。 ちなみに空気と水を取り上げると、  空気:音速は遅い、光は速い  水:音速は速い、光は遅い と逆になります。 まあこれは根本的に媒質が違うし、速度を決める要素が違うし、伝播原理も違うから当たり前ですが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

空気:音速は遅い、光は速い  水:音速は速い、光は遅い と逆になります。 遅ればせながら、その点に関しては先ほど調べていて確認できました。 根本的に媒質が違うってことですよね、波だから同じようになるのではという先入観がありました。 問題の本の本文を記載しますと、 「冬の夜には地面近くのくうきが冷えて、上空の空気がそれよりも暖かいということがときどき起こります。この場合、地上で発生した電車などの音は上空に行くと大きく屈折して再び地上に戻ってきます」 と書かれ、図解で 「屈折率が大きいので遠くに届く」 と書いています。 やはりこの本の間違いのようだと思われます。 音の進行方向が曲げられるということと、屈折率が大きいということを勘違いしているように見受けられます。

  • 回答No.2

> 暖かい空気は冷たい空気より屈折率が大きい 間違いなのでは? http://www.bioweather.net/column/weather/contents/mame048.htm > 冷たい空気の方が密度は高く当然屈折率も大きくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 そうですよね、やはりそこが間違ってる気がします。 一方で、音と光とでは違うのでは、という問題も気になります。

  • 回答No.1

音と光とでは違うのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 屈折率と屈折角について

     ある試料の空気との屈折率が1.51と公表されています。  この試料に光を入射して、入射角を変化させていくと屈折率は変化しますか?  また、入射角から屈折角は計算で出ますか?

  • 光の屈折について

    光を水に当てた時の屈折に関する質問です。 入射角θ1、屈折角θ2、入射する光の単位ベクトルをq、屈折した光の単位ベクトルをt、水面の法線ベクトルの単位ベクトルをn、空気の屈折率をn1、水の屈折率をn2をした時の屈折した光の単位ベクトルtを求めると、 t=n1/n2*[q-(q,n)+{(m2/n1)^2-1+(q,n)^2}^(1/2)] ※ただし、(q,n)は内積となります。 になるみたいです。 しかし、求めることが出来ません。 どの様に求めればよろしいでしょうか。 どうか教えてください。

  • 光の波長と屈折率について

    自然光をプリズムで分散させると、波長が短い光ほどよく屈折すること がわかります。これは波長が短いほど、媒質中を進む光の速さが 遅いことを意味しているかと思います。 では、高校教科書などにある、絶対屈折率の数値はどの波長の屈折率 を指しているのでしょうか。例えば水(20℃)では絶対屈折率が1.333とあ ります。波長によって屈折率が異なるわけですから、どの波長の光に 対する屈折率なのかを言及していなければおかしいかと思うのですが・・・ この点はどう考えればよろしいでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 屈折率について

     空気中でガラスの透過率の測定を行っています。  同じ試料で入射光の入射角を変えて、透過率を測定を何回か行いました。  ここで質問です。  入射光の入射角と透過率から試料の絶対屈折率は求まりますか?  入射角と反射率から試料の絶対屈折率は求まりますか?  上記の2つの質問、どちらか若しくは一方にお答え願います。

  • 光の屈折率について

    薬剤師国家試験の中の問題で、 図は光が等方性の媒質Aから媒質Bに入るとき、その境界面で進行方向が変わる現象を模式的に示している。これに関する記述のうち、正しいものはどれか。 ○媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長によらず一定である。 という記述が誤りで、解説のところに「媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長により変化し、波長が短いほど、屈折率は大きくなる」とか「媒質中の光の速度は、その光の振動数により 変化する。波長を変えると、振動数が変わり速度も変わるため、相対屈折率nは一定ではなく、変化する」とか「真空中の光の速度は波長に関係なく一定であるが、媒質中の光の速度は媒質中の密度及び光の波長により変化する」 とあるのですが、これはなぜでしょうか? ((僕なりに考えてみたのですが…)) ○V(電磁波の速度)=ν(振動数)×λ(波長)という式つまりλ(波長)=V(電磁波の速度)/ν(振動数)…(1)を利用する ○媒質A中での光速(VA)、媒質B中での光速(VB)は変わらないので、Vは変わらない ゆえに波長λは振動数νに反比例するつまり 波長λが小さくなると振動数νは大きくなる。 とまでは考えられたのですが、その後が分かりません。 どうか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 屈折率について

    ガラスの透過率の測定を行っています。光の散乱や吸収は無視します。  透過率はガラスの反射率で変化すると知りました。  また、反射率は屈折率によって変化するとも知りました。  このとき、屈折率は複素数だそうです。    屈折率は複素数で考えないといけない理由を教えて下さい。  また、ガラスへの入射光の角度から、屈折率を求める式を教えて下さい。

  • 空気の屈折率

    空気の屈折率を窒素の屈折率と酸素の屈折率から求めたいのですがやり方がよくわかりません。窒素の屈折率をx、酸素の屈折率をyとするとどのような式になるのでしょうか?温度は273Kのときです。

  • 光の屈折について 先ほどの訂正

    光を水に当てた時の屈折に関する質問です。 先ほどの質問を訂正させていただきます。 申し訳ありません。 入射角θ1、屈折角θ2、入射する光の単位ベクトルをq、屈折した光の単位ベクトルをt、水面の法線ベクトルの単位ベクトルをn、空気の屈折率をn1、水の屈折率をn2をした時の屈折した光の単位ベクトルtを求めると、 t=n1/n2*[q-{(q,n)+{(n2/n1)^2-1+(q,n)^2}^(1/2)}*n] ※ただし、(q,n)は内積となります。 になるみたいです。 しかし、求めることが出来ません。 どの様に求めればよろしいでしょうか。 どうか教えてください。

  • 屈折率の問題

    問.屈折率1.5のガラス板の表面に屈折率1.4の反射防止用の薄膜をつけて、表面に垂直に入射した光が、薄膜の表面及び薄膜とガラス板の境界面で反射し、その反射光が互いに弱めあうようにしたい。薄膜の最小の厚さとして正しのものはどれか。ただし、空気中の光の波長を5.6*10^-7mとする。 解説.膜厚をdとする。屈折率nの物質中では光の波長はλ/nとなる。反射が弱まるから反射長ズレればよいので、2d=λ/n*1/2∴d=5.6*10^-7/1.4*2=5*10^-8m 上記解説の意味がよく分からないので、もう少し細かく説明してもらえないでしょうか?また、d=5.6*10^-7/1.4*2=5*10^-8mのところも解き方がよくわからりません。よろしくお願いします。

  • 屈折率の問題で困っています。

    屈折率の問題で困っています。 屈折率nのとき,入射角が45度のとき,反射角はいくらか? また,屈折率30度のとき,この媒質の屈折率はいくらか? 解法を教えていただけると助かります。 宜しくお願いします。