• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:正規分布絡みの区間推定の問題)

正規分布絡みの区間推定の問題

このQ&Aのポイント
  • 16歳から20歳の多数の男性の身長について、正規分布を仮定して上方信頼限界と下方信頼限界を求める問題です。
  • 信頼係数95%のもとで、上方信頼限界と下方信頼限界を求める方法は、公式を用いて計算します。
  • 問題で与えられたパラメータに基づいて、信頼区間を求めるための式を適用することで、解答を導きます。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.1

こんばんわ。 Xは標本平均といいます。 nは標本の大きさを言います。つまり、 標本 X(上バーは付かない)とし、母集団を(Π,X) と表す。 この母集団から取り出した n 個の要素の組 (x1,x2,・・・,xn) を大きさnの標本という。 このとき,個々の xi は X と同じ分布をする確率変数が実現した数値でなければならない。 そこで,確率変数の組、(上バーなし) (X1,X2,・・・,Xn) を大きさnの確率標本変数という。確率標本変数 (X1,X2,・・・,Xn) に要求される数学的条件は, 各 Xi が母集団(Π,X)の X と同じ分布をする独立な確率変数であることである。 では,実際に標本を選ぶときには,どのようにしたらよいか。 それには,個々の標本が全く偶然に,つまり同じ確率で現れるように選ばれる必要がある。 例えば,6人から1人を選ぶには,正しいサイコロを振って決めるとか,52人から2人を選ぶとき, トランプのカードに各人を対応させて,よく切ったあと2枚を選ぶなどがある。 このようにして,標本を選ぶことを無作為抽出またはランダム抽出という。 そして,このようにして選ばれた標本を確率標本といいます。 よって、Xは確率変数の組(X1,X2,・・・,Xn)(上バーはなし)より次のように表わされます。 X(上バー付き)=(X1+X2+,・・・,+Xn)/n よって問題の標本抽出した数とそのときの各身長がわからないと計算できません。

jellyfishr
質問者

お礼

回答有難うございます。 この問題の場合は、各身長x1,x2,x3・・・と人数nがわからないので上記の [X - 0.41 ・ 11/√n, X + 0.41 ・ 11/√n] が答えになるということで良いのでしょうか。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

回答No.2

良いと思います。

jellyfishr
質問者

お礼

有難うございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 区間推定の問題

    鳥居泰彦先生の書いた「はじめての統計学」という統計学の入門書の153頁にある問題なのですが理解できません。教えていただきたいです。 問題文:あるエレベーター(11人乗り)の利用客の一人一人の体重の母標準偏差は、σ=10kgである       ことがわかっている。利用客の中から121人を選んで調査したところ、標本の平均体重は       65kgであった。 (Question):信頼係数95%のもとでは、満員(11人)での総体重をどのくらいに見積もればいいか。区         間推定せよ。 エレベーターを利用する人達の体重xは正規分布に従っていて、x:N(μ,10^2)である。 n人の体重xの和の分布は正規分布の再生性より、N( nμ , n*10^2 )に従っている。 つまり、11人の体重の和の分布は、N( 11*μ , 11*10^2 )に従っていることになる。 体重xの母集団から11人を標本抽出したときの標本平均は、N( μ , 10^2/11 )に従う。 N ( μ , 10^2/11 )に従う標本平均(平均体重)が11人集まった時の総体重は、標本平均を11倍したと考えると、標本平均を11倍した総体重の分布は、N ( 11μ , 11^2*10^2/11 )に従うので、総体重の母平均11μを信頼係数95%で区間推定すると、 65*11 - 1.96*10*√(11) ≦ 11μ ≦ 65*11 + 1.96*10*√(11) 715 - 1.96*33.1662 ≦ 11μ ≦ 715 + 1.96*33.1662 650 ≦ 11μ ≦ 780 となる。  以上の様に考えると答えが合うのですが、どうもスッキリしません。理由としては、標本平均を11倍したと考えましたが、標本平均は正規分布に従っているから標本平均を11人分足したものは正規分布の再生性より、N ( 11μ , 11*10^2/11 ) に従うので、総体重の分散は10^2となり、総体重の標準偏差は10になってしまい、答えと合わなくなります。 また、標本の平均体重65kgは121人を選んで調査したと問題文に書いてありますが、これは121人分の体重を加えて121で割った値なのでしょうか?それとも11人を1つの標本として11回抽出して、11回平均体重を出して、この平均体重の平均が65kgなのでしょうか?だとしたら根本的に間違っているきがします・・・。 この問題の解き方を教えていただきたいです。正規分布の再生性の理解に問題がありましたらご指摘ください。

  • 正規分布の問題

    大学院進学のために院試の過去問を解いています。 その中で正規分布の問題があり、私の通っていた大学ではここまでは勉強していなかったために 解き方が全く分かりません。 大学の先生に聞いてみても良いかと思いましたが、その先生とは全くといって良いほど接点がなく、また、違う大学の院試なので聞いても教えてくれません。 自分で調べるとしても他の部分の勉強のためにこの問題を解くのに時間がありません・・・ 分かる方がいれば教えてもらないでしょうか? ------------------------------------------ 平均μ(ミュー、マイクロとも)、分散σ^2(シグマ二乗)の正規分布N(μ σ^2)から独立に抽出されたn個の標本平均をXとする。 問1 母分散σ^2が既知の場合、母平均μの信頼度100(1-α)%の信頼区間を求めよ。但し、有意水準α、標準正規分布の上側確率が100(α/2)%となる点の値をZ(α/2)とする。 問2 測定値は母分散がσ^2=0.04の正規分布に従うとする。母平均μの信頼度95%での標本誤差を0.1以下にしたいとき、最小限必要な標本の大きさnを求めよ。但し、標準正規分布の上側確率が2.5%となる点の値Z(0.025)は1.96である。 ------------------------------------------- 宜しくお願いします。

  • 正規分布の問題

    こんばんは。 正規分布の問題ですが、最近統計学を学び始めたので、全く理解できません。 どなたかご教示よろしくお願い致します。 解法を教えて頂けると助かりますが、お手数でしたらプロセスだけでもお願い致します。 問題  サイコロを42000回投げて出た目の総和がある値以上となる確立を0.002以下としたい。この値の最小値はおよそいくらか。  ただし、目の出る確率は1/6ですべて等しく、何回目にどの目が出るかは互いに独立な事象である。  なお、確立変数Zの平均E(Z),分散V(Z)が存在するとき、関係式 V(Z)=E(Z^2)-E(Z)^2 が成り立つ  また、{Xi} (i=1,2,..,n) が互いに独立かつ同一の確率分布に従う確率変数列で、E(Xi), V(Xi)が有限ならば、nが十分大きいとき、Y=ΣXiは近似的に正規分布に従うとみなせる。  さらに確立変数Yが正規分布に従うならば、(Y-E(Y))/√(V(X))は標準正規分布に従い、標準正規分布の確立密度関数,  f(x)=1/√(2π)・e^-x^2/2 に対し、  ∫f(x)dx=0.002 (x; 2.88~+∞) とする。 解は148000です。よろしくお願い致します。

  • 二項分布の信頼区間

    母数pの二項母集団Bi(1,p)からn=50の大きさの標本を抽出して、0が23、1が27であった。pの信頼係数95パーセントの区間を求めよ。 という問題で、(中心極限定理による正規近似)というヒントが付いているのですが、どこから正規近似したらいいのかがわからないので、全くわかりません。 いきなり正規分布の様に見て 平均=0.54 標本分散=0.46^2*27/49 としてt分布から求めようとしてみましたが、うまく行きませんでした。 どういう流れでとくのか教えていただけないでしょうか。 ちなみにZ0.025=1.960です

  • 【至急】正規分布の問題です

    標準正規分布N(0,1^2)の確立密度関数をf(t)とする。すなわち、f(t)=1/√2π・exp(-t^2/2)とする。f(t)について、∫ t・f(t)dt=0 と∫ t^2・f(t)dt=1が成り立つ。 (どちらとも∫のー∞から+の無限大まで) このとき (1)確率変数Zは標準正規分布N(0、1^2)に従っているとする。この時、 E(Z)=0、 V(Z)=0を示せ。 (2)確率変数Xは正規分布N(m、σ^2)に従っているとする。このとき、E(X)=m、 V(X)=σ^2を示せ。 この問題がわかりません。どなたかよろしくお願いします。本当にお願いします

  • 正規分布の問題

    正規分布の問題 Prob{|x-μ|≧Cσ}=0,01 となる定数Cを求める これは Prob{(|x-μ|-μ)/σ≧(Cσ-μ)/σ} = 0.01 Prob標準{|z|≧C} = 0.01 という計算で合っているでしょうか? 文系のため数学がわからなくて困っています まだ計算が終わってない気がするのですが、このあとどう計算していけばよいのでしょうか? もし根本から間違っている場合は、解法のヒントか参考になるHPなどありましたら教えて頂けると助かります。

  • 2つの正規分布が合わさる?問題

     2集団における得点分布は、平均だけ異なる正規分布N(50,100)、N(55,100)にしたがうとする。これの集団から得られた得点をそれぞれ、X、Yと表すとき、平均の小さい方が大きくなる事象、つまり、前者の方が後者より得点が大きい、X>=Yとなる事象の確率を求めよ。 という問題なのですが、自分で調べたところ、2つの独立な正規分布から作った線形結合、aX+bYも正規分布に従うらしい・・・ということはわかったのですが、イマイチどのように利用すればいいのかがわかりません。どなたかご教授よろしくお願いします。

  • 正規分布について教えてください!

    皆さん助けてください! 宿題として、 ************** ある変数xについて x~N(μ,σ^2) この時、標準化(z=x-μ/σ)後のZの分布の平均値と分散を算出せよ。なお、データはnとする ************** というものが出ました。つまり、標準正規分布のN(0,1)を導けというのです。インターネットで調べて、答えが平均値(μ)=0,分散(σ^2)=1であることは分かったのですが、それを導き出すまでの途中式が分かりません…。 統計学が得意な方どうかよろしくお願いいたします!

  • 相関がある2つの正規分布

     確率統計の試験の過去問題で分からない問題があったため質問させていただきました。問題分の内容は以下になっています。 (問題) Xは平均1、分散4の正規分布に従い、Yは標準正規分布に従う確率変数である。またXとYの相関係数は0.5である。X+Yが0以下になる確立を求めなさい。    互いに独立な時は正規分布の再生性よりX+YがN(1,4)に従うのですが相関があるときにどうすればよいかが分かりません。 宜しくお願い致します。  

  • 正規分布に従う確率変数同士の積の分布について

    確率変数X,Yがそれぞれ正規分布N(X|μx, σx^2),N(Y|μy, σy^2)に従っているとき,Z=X*YとおくとZの分布はどのような分布になるのでしょうか,またどのように導出すればよろしいでしょうか.参考になるHP等あればお教えください. 調べたところ,確率変数同士の和の分布について(Z=X+YのときのZの分布)は,畳み込みで求めるられ,また,正規分布に従う確率変数の自乗の分布はカイ2乗分布であることも分かりました. これらを参考にZ=X*YのときのZの分布を求めようと,畳み込み同様に変数変換を行い積分をしようとしたのですが指数部の中が複雑になり積分が手に負えなくなってしまいます...

メールアドレスを追加したい
このQ&Aのポイント
  • ひかりTVのサービスやISPぷららについての質問です。
  • メールアドレスの追加方法について教えてください。
  • 必要な手続きや注意点なども教えていただければ幸いです。
回答を見る