• 締切済み
  • すぐに回答を!

韓国人の短期滞在について

日本人の配偶者等の在留資格で日本に来ていましたが、離婚しました。 その後の在留資格のこともあり、カフェをはじまました。 そして今年6月配偶者等の在留資格の期限がきました。 もちろん更新はできないので、投資経営の在留資格を申請しましたが不許可でした。 現在、出国準備のための特定活動で在留しています。 7月下旬に出国しますが、すぐに日本に戻りたいのです。 韓国から日本に来るのはノービザで90日間滞在できると思うのですが?入国審査で問題なく90日間日本で滞在できるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数209
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2

そもそも査証免除というのは、韓国人に与えられた権利ではなく、短期滞在の目的に合致すれば査証を免除できるという程度のものです。 今回のケースだと不許可歴は残っているわけだし、通常で考えれば短期滞在の範ちゅうを超えた滞在であることは明らかでしょう。 今までの在留状況、どこの空港から入国するのかは分からないので、何とも判断の付かないところですが、確実に口頭審理に回され、根掘り葉掘り聞かれることでしょう。 そもそも婚姻歴はどの位合ったのでしょうか? 確か3年だったと思うけど、通常の婚姻がある程度ある人については、「定住者」として特別に在留を認めてくれることもあるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

もの凄く条件の似た質問に、ここで回答したことがありますが、余り気にしないでおくことにします。 >7月下旬に出国しますが、すぐに日本に戻りたいのです。 >韓国から日本に来るのはノービザで90日間滞在できると思うのですが?入国審査で問題なく90日間日本で滞在できるでしょうか? 短期滞在に合致する目的であれば、一般的には問題ありませんが、在留資格変更申請が不許可になった直後の来日ですから、目的は厳しく問われるでしょうし、問われれば短期滞在に合致した目的であることを証明しなければなりません。入国を拒否されず、入国目的を問われないか、問われても合理的な説明をして入国審査官が合意すれば入国できるでしょう。 状況が状況ですから入国拒否もあるでしょう。入国目的に疑義を持たれることもあるでしょう。許可されても、90日に満たない可能性も高いでしょう。 個人的な読みとしては、入国は6:4で有利、滞在期限90日は2:8で不利です。大体半々ぐらいの確率で入国許可が出て、許可期限は30日というところが落とし所と見ます。 仮に短期滞在で90日許可されても、短期滞在の延長で1年の過半を滞在することは許可されません(入国在留審査要領による)。余程の事情があるとなれば本省進達の可能性もありますが、余程の事情というのは、本当に余程の事情です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 >在留資格変更申請が不許可になった直後の来日ですからとありますが、投資経営の在留資格の申請は不正な申請ではありません。 それでも、不許可になったことが今後の入国に問題が出てくるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 在留資格変更:「短期滞在」→「日本人の配偶者等」

    日本人の配偶者の在留資格に関する質問はいくつもあるようですが、なかなか自分のケースに似たものはないので、質問させてください。 以下のような状況の外国籍配偶者について、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は容易・迅速に可能でしょうか? 私は日本人で、妻は外国人(アジア圏)。交際開始は10年以上前、結婚は5年以上前、3歳の実子(日本国籍あり)が一人います。ここ5年ほどアメリカに一家で滞在しており(私の留学)、妻はこれまで日本で生活したことはありません(短期滞在を除く)。 このたび私の留学生活が終わり、日本に家族で帰国します。そこで妻の在留許可を得る必要があるのですが、ビザ免除の「短期滞在(90日)」で入国し、「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請をするつもりです。 (在留資格認定証明書を取得する方法も知っていますが、時間的な制約により、ビザなし入国後の在留資格変更を第一に考えています。) 私は日本帰国後に求職活動をするので、しばらくの間は無職です。ただ、家族3人が当面生活するのに十分な資産はあります(1000万円超)。 また、アメリカ在住だったため、日本の住民票や納税証明などはありません。 結婚歴は長く、実子もいるので、偽装結婚でないことは明白だと思います。 質問: 1.このような状況で、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は許可されるでしょうか? また、許可にはどの程度の日数を要するものでしょうか? 2.申請は入国後すぐに可能なのでしょうか? それともある程度の期間をおいてからでなければ受け付けてもらえないのか? 3.在留資格変更申請後、許可が出るまでの間に、諸事情により妻が急遽出国しなけらばならない可能性があります。この期間の出国は可能なのでしょうか? (出国により変更申請は無効になるでしょうが、それを承知の上でなら出国可能なのか? また、出国したことによりその後の再度の在留資格申請等に影響があるのか?) よろしくお願いいたします。

  • 英訳「短期滞在者の場合・・・」をお願いします。

    海外のお客様を迎えるためのビジネス文書を書く必要に迫られ,次の二つの英訳をお願いします。 1.短期滞在者の場合:以前に日本国に滞在したことの有無及び在留したことのある場合にはその入出国年月日等を記入すること。 2.もし、日本に最近来たことがあれば、直近の「入国年月日」「出国年月日」「在留資格」を記入すること。

  • 免税品の販売時に短期滞在者かどうかの判断は如何に?

    日本国内の免税手続きについて質問です。 国土交通省のHPでの説明によると、外国人は原則は非居住者だが、「日本に入国後6か月以上経過するに至った者」は居住者に該当するため免税を適用することができない、とあります。 一般的に観光目的で入国した外国人は最長でも90日しか滞在できないため、パスポートの「short-stay」の上陸許可印を見れば、店舗側は短期滞在者であると判断できますが、在留資格が「日本人の配偶者等」など中長期滞在資格の場合、お客さんが6ヶ月以上滞在するかどうかの判断はできません。 この場合、6ヶ月以内に出国しますね、などと口頭で確認すれば足りるのでしょうか。 中長期滞在者が虚偽もしくは何らかの都合により6ヶ月を超えた滞在の後に免税品を携行して出国したとしても、出国時にチェックされるので問題はないのでしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

  • 短期滞在ビザで入国した場合

     外国人が短期滞在ビザを現地大使館で申請する前に在日している家族が在留資格認定証明書を申請する。その人にビザが下りて入国し、日本滞在中に在留資格認定証明書がおりる。そして在留資格変更の手続きをするということは可能なのでしょうか? 短期滞在ビザは外務省の管轄であり、在留資格は法務省の管轄なので、同時進行は可能だと思うのですが、問題はありますか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 宜しくお願いいたします!

  • 日本に短期滞在中に在留資格認定書を取得の方法を教えて下さい

    私は中国人で日本人の配偶者です、私の妹が日本に長く滞在したいのですが、何か良い方法はありますか? 調べた所、短期滞在中に、日本で就職する会社を探し 在留資格認定書を取得し変更を申請するらしいですが 具体的に、どの様な行動をすればいいのでしょうか? また、申請後、どのくらい日本に滞在出るのでしょうか?教えてください

  • 短期滞在ビザの配偶者ビザへの変更申請

    短期滞在ビザの配偶者ビザへの変更申請 ロシアの方を2年前初めて日本に呼び寄せ(知人訪問短期滞在ビザ)、その際日本で婚姻しました。 1年前に、日本に呼び寄せようと、在留資格認定証明書(日本人の配偶者)を取得したのですが、 私自身海外赴任が急に入るなどして、日本に呼び寄せず(赴任先で一緒に夫婦生活はしていました)、そのまま証明書有効期間が過ぎてしまいました。 数ヶ月前帰国のめどが立ったので、配偶者も一緒に日本へ帰国してもらいたいとおもいました。が、在留資格認定証明書は配偶者のパートナーである私の入国管理局への出頭が要とのこと、当時外国に位置していたため、物理的に出頭ができず、 結局、両親に頼み、すべての必要書類が郵便で揃う、短期滞在ビザの申請をしました。 短期滞在期限の3ヶ月が切れる1ヶ月前、配偶者ビザへの変更申請をしました。容易に変更できると思ったのですが、局員のかたから原則不可、などのことをはじめて聞いたので、無知さを痛感しているところです。 変更事由がおきた止むを得ない理由、という理由書には、以上かいたような状況を書き連ねたのですが、ネットなどで「短期滞在の変更申請」については、ビザが下りない場合も結構あるらしく、今少し不安になっています。 昨日、私が勤務中、配偶者が1人で住居にいたところ、入国管理局の方が立ち入り、写真撮影や質問、住居内の調査などをされました。 申請内容と現実との矛盾がないかチェックしにいらしたのか、と思います。突然でかなり驚きましたが、自分としてはこれで夫婦関係や文書上の虚偽は無いと、局の方に納得してもらえたかな、申請は通るかな、と素人判断で思っています。 とは言うものの結果が出るまで不安です。 どなたか、私のような状況にあった方はいらっしゃますでしょうか?

  • 離婚後の在留について

    日本人配偶者の在留資格ですが、去年離婚をしました。 離婚後、自分の店をオープンさせました。(喫茶店) 店は開店して1年2ヶ月になります。 今年6月まで配偶者の在留資格があるのですが、投資経営の在留資格に変更したいと考えています。 もし、投資経営の在留資格が不許可になった場合すぐに帰国しないとだめでしょうか? 不許可になった場合、在留特別許可を申請したなら何ヶ月ぐらい日本に滞在できるるでしょうか? 教えてください。宜しくお願いします。

  • 短期滞在から在留資格変更の申請について

    短期滞在で入国したタイ人女性と婚姻し在留資格変更の申請をしました。入管に申請するとき短期だからかなり難しいと言われましたが申請は受理されました。その後1ケ月ぐらいして妻の名前ではがきで在留資格変更の申請についてお話があるので旅券と外国人登録を持って指定した日時に来てくださいとの事でした。もちろん私たちは幸せな結婚生活を送るために結婚し、たまたま外国人なので在留資格を取ろうと申請しています。短期滞在~は原則的に在留資格変更は不可と書いてありますが、これは理由になりませんか?また入管に行く当日は私も妻と一緒に行く予定ですが何か書類をそろえたほうがいいのですか?また入管の審査員は何をもとめているのでしょう?詳しい方や同じ状況になった方のお返事宜しくお願いします。

  • 短期滞在VISAの延長は可能ですか?

    定住者の在留資格を持って日本に在留している人の妻の親族が親族訪問目的で短期滞在のVISA(90日)を取得し、現在日本にいます。 この場合、VISAの延長更新は出来るのでしょうか? 理由にもよるのか? それとも、そもそも短期滞在の延長はできないのか? 詳しい方がいらっしゃれば教えてください。

  • 再入国許可

    私のフィリピン人の恋人は最近離婚をし外国人登録証の裏書に本人と記載されました 離婚の際に離婚後は世帯主と登録したので配偶者から本人と裏書で変更されたものです。 しかし、入管には在留資格の変更は申請せずに配偶者の資格で在留しています。ビザの期間は後3年弱 再入国許可は複数回で持っています。 ここから質問です。 フィリピンに出国し再度、日本に入国する際、空港の入国審査の際、外国人登録証の裏書を確認されビザの資格と外国人登録証の内容が合っていない事を理由に入国が出来なくなることはありますか? また、入管より在留資格の変更を定住者などにするように言われますか?