• ベストアンサー
  • 困ってます

在留資格変更:「短期滞在」→「日本人の配偶者等」

日本人の配偶者の在留資格に関する質問はいくつもあるようですが、なかなか自分のケースに似たものはないので、質問させてください。 以下のような状況の外国籍配偶者について、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は容易・迅速に可能でしょうか? 私は日本人で、妻は外国人(アジア圏)。交際開始は10年以上前、結婚は5年以上前、3歳の実子(日本国籍あり)が一人います。ここ5年ほどアメリカに一家で滞在しており(私の留学)、妻はこれまで日本で生活したことはありません(短期滞在を除く)。 このたび私の留学生活が終わり、日本に家族で帰国します。そこで妻の在留許可を得る必要があるのですが、ビザ免除の「短期滞在(90日)」で入国し、「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請をするつもりです。 (在留資格認定証明書を取得する方法も知っていますが、時間的な制約により、ビザなし入国後の在留資格変更を第一に考えています。) 私は日本帰国後に求職活動をするので、しばらくの間は無職です。ただ、家族3人が当面生活するのに十分な資産はあります(1000万円超)。 また、アメリカ在住だったため、日本の住民票や納税証明などはありません。 結婚歴は長く、実子もいるので、偽装結婚でないことは明白だと思います。 質問: 1.このような状況で、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は許可されるでしょうか? また、許可にはどの程度の日数を要するものでしょうか? 2.申請は入国後すぐに可能なのでしょうか? それともある程度の期間をおいてからでなければ受け付けてもらえないのか? 3.在留資格変更申請後、許可が出るまでの間に、諸事情により妻が急遽出国しなけらばならない可能性があります。この期間の出国は可能なのでしょうか? (出国により変更申請は無効になるでしょうが、それを承知の上でなら出国可能なのか? また、出国したことによりその後の再度の在留資格申請等に影響があるのか?) よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

例えば、東京入管の例ですが、現在は在資変更より在資認定の方が審査期間が短くなっています。理由は在資変更を悪用した事例があること、東京入管の上の方の方の原理主義的運用ですので、異動に伴い状況は変わる可能性があるということを含みおき下さい。 奥様がおかれている状況では、3つの方法があります。 1)在資認定を得て、在外日本公館で査証取得、渡航する方法  日本側でサポートする人が必要です。手間はかかり気味、費用(査証代)もかかります。  あなたが日本にいないので、納税、在職証明などで在資認定申請は不利な要素が満載です。  が、入管の面子も立つので、行政側ではもっとも推奨する方法です。 2)短期滞在で入国し、日配に在資変更申請する方法  現状では審査に時間がかかります。また、審査中に出国するとまた入国、在資変更申請となります。  これをすると、本当に日本で生活する気があるの?(入管の建前)と疑義を持たれる要素を自ら増やすことになります。いずれにせよ、査証免除取極国の旅券所持者であればまだしも、査証取得を義務付けられている場合には、手数料と手間と時間、在外公館の示威的な対応を多少は覚悟する必要があります。 3)在米日本公館で日配をいきなり得て渡航する方法  海外駐在員などですと、この方法が取りやすいです。姻戚関係証明書類、辞令(当然、日本人は在留届けを出しておく等が前提ですが)があれば、難しくありません。 あなたの場合、お子さんもいる状況であること(家族結合権)、入管から出向している領事も多い米国ということから、私は3の方法を推奨します。もちろん、卒業証明、戸籍謄本、日本で保証人になってくれる親族の保証を記した紙、保証人の納税証明(就労していないなら非課税証明でも可)等は必須、もしくは必須に近い書類です。 ご質問の回答も書いておきますね。 >1.このような状況で、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は許可されるでしょうか? また、許可にはどの程度の日数を要するものでしょうか? 許可される可能性は非常に高いです。審査日数は最短1週間から3ヶ月長を目処にしておいてください。それよりかかることもあります。 >2.申請は入国後すぐに可能なのでしょうか? それともある程度の期間をおいてからでなければ受け付けてもらえないのか? 上陸した空港ではその機能が無いですし、申請人(=奥様)が前提を満たさないので無理です。居地(つまりは住民登録をしなさい、という意味です)を管轄する地方入管およびその機能を持つ出張所に出向いて申請してください。役場、入管とも土日祝日はやってません。 >3.在留資格変更申請後、許可が出るまでの間に、諸事情により妻が急遽出国しなけらばならない可能性があります。この期間の出国は可能なのでしょうか? (出国により変更申請は無効になるでしょうが、それを承知の上でなら出国可能なのか? また、出国したことによりその後の再度の在留資格申請等に影響があるのか?) 出国は当人に認められた権利ですので、別途出国を制限(指名手配を受けている等)されていなければ可能です。当然に在資変更申請をした従前の在留資格が失効するため、在資変更申請自体も無効になります。申請人や家族がそれを承知しようがしまいが無効です。 その後、影響があるかという点では、先に書いたとおり、審査官の心象が悪くなるかもしれません。記録は保管され、次の申請の際、別の審査官が参照します。心象を悪くした審査官が書いた記事を踏襲するかどうかは、そもそも心象が悪いということで前の審査官が記事として書き込むかどうかは心理的なものですので、何とも言えませんが、「あれ?」と思ったことは通常記録する人は多いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しい回答をありがとうございます。是非参考にさせて頂きます。 質問2についてですが、空港でということではなく、地元で変更申請するつもりだったのですが、入国直後(例えば、翌日とか数日後とか)に申請しても構わないのか、それとも数週間程度待ってからのほうがいいのかという質問意図でした(言葉足らずですみません)。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

>1.このような状況で、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は許可されるでしょうか?  許可される可能性は高いと思います。 >また、許可にはどの程度の日数を要するものでしょうか? 2週間~3ヶ月。私の夫の場合は2週間程でした。 >2.申請は入国後すぐに可能なのでしょうか? 不可能とは言いません。 >それともある程度の期間をおいてからでなければ受け付けてもらえないのか? 1ヶ月は空けることをお勧めします。入国時は90日以内に出国する予定だったという大義名分の信憑性を高めるためです。 >3.在留資格変更申請後、許可が出るまでの間に、諸事情により妻が急遽出国しなけらばならない可能性があります。この期間の出国は可能なのでしょうか? 可能です。 > (出国により変更申請は無効になるでしょうが、 平成24年7月9日よりみなし再入国許可制度が始まり、留学などから日本人の配偶者等への在留資格変更許可申請中なら無効にはなりませんが、短期滞在はみなし再入国許可制度が適用されないので、この場合は無効になります。 >それを承知の上でなら出国可能なのか? 承知の上なら可能ですが、そもそも一旦出国する可能性が高いなら、短期滞在での日本滞在中に「日本人の配偶者等の在留資格認定証明書交付申請」するという方法もありますよ。これなら申請中に出国しても無効にはなりませんし、出国前に在留資格認定証明書が交付されたときは在留資格変更許可に変えることだってできます。 >また、出国したことによりその後の再度の在留資格申請等に影響があるのか?) ないとは言えません。 尚、私の夫の場合は大使館でこの方法【だけ】を案内されました。 当時の私たちはこの方法しかないと思いこんでいたものです。 大使館でこの方法を教えてくれることが少ないのは、聞き方が悪いからです。 「在留資格認定証明書交付申請を頼む人が日本にいないし早く日本へ行きたいので、短期滞在ビザ(又はビザ免除)で入国してから日本人の配偶者等への在留資格変更許可申請ができるか?」→答えはノーに決まっています。だって、日本に住む目的と言っているのだから、短期滞在ビザでは【本邦において行おうとする活動が虚偽のもの】ということになります。 【出入国管理及び難民認定法第七条  入国審査官は、前条第二項の申請があつたときは、当該外国人が次の各号に掲げる上陸のための条件に適合しているかどうかを審査しなければならない。 一  その所持する旅券及び、査証を必要とする場合には、これに与えられた査証が有効であること。 二  申請に係る本邦において行おうとする活動が虚偽のものでなく、(以下略)】 「日本人配偶者の親族に会うために短期滞在ビザ(又はビザ免除)で日本に入国し90日以内に出国する予定です。もしも日本に入国してからやっぱり日本に住むことに予定が変わった場合、日本人の配偶者等への在留資格変更許可申請はできますか?」→答えはイエスです。入国時点では90日以内に出国する予定である、という点が重要なのです。 さらに、平成24年7月9日からは外国人登録制度がなくなりましたので、 短期滞在での住民登録は一切受け付けられなくなっていますよ。 住民登録ができるとした回答は誤りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスどうもありがとうございます。 短期滞在中の「日本人の配偶者等の在留資格認定証明書交付申請」は考えていませんでした。出国の可能性がそれなりにあるので、こちらにしたほうがよさそうですね。

  • 回答No.5
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

>入国直後(例えば、翌日とか数日後とか)に申請しても構わないのか、それとも数週間程度待ってからのほうがいいのかという質問意図でした(言葉足らずですみません)。 いえ、ほぼ理解してはいましたが、たまに「空港でできないのか」とか、挙句「日本に行く前に永住権は取れないのか」と仰る方までいますので、原則論を書きました。 数日あけても、1週間あけても何も変わりません。悪く取られることも良く取られることもありません。もし、入国当日に住民登録して入管に出向けば、相当に疲れるでしょうし、驚きを隠さない入管職員なら、「お疲れではないですか」ぐらいは言ってくれるかもしれない、というだけのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ありがとうございます。

  • 回答No.4
  • wellow
  • ベストアンサー率46% (892/1932)

おまけ。 >日本大使館のホームページは確認しましたが、短期滞在からの資格変更については触れていません。大っぴらには言えないということでしょうか。 各省庁からの出向者が多いという事実もありますが、在外公館は外務省の出店で、入管は法務省の出店です。在外公館で自主的判断で発給できる査証は基本的には「短期滞在」のみで、そこからの在資変更は法務省の管轄となります。 ですので、正解としては「うちの仕事じゃないから言えないし、うちが判断できることじゃないから書かない」です。 >直接の相談はまだしていませんが、短期滞在での入国を薦めることはないような気はします。 在米公館はまだまともな方ですが、「短期滞在とって上陸後は在資変更するつもり」と言えば、「うちの面子が立たないから短期滞在も出さない」とか「この国に戻ってきて、期限内に短期の滞在をしたという記録を見せにこい」という在外日本公館もこの地球上には存在します(私が知る例では二つの国ですが)。米国でも、あなたがた家族が性質の良い見識のある領事を絶対に引き当てるという強運をお持ちでないなら、わざわざトラブルの元を作り出しても得になることはないだろうとだけコメントしておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、勉強になりました。 大使館と話すときには迂闊なことをポロッと言わないように気をつけます。

  • 回答No.2

日本の在留資格に関する専門的な知識を持ち合わせていないので、適切なアドバイスは出来ないのですが。。。 日本の入国管理局のサイトの「各種手続き案内」の中に、「在留審査手続き」が載っていますので、これをご覧になると良いのではないかと思います。 URLを下記に添付しますので、参照して見て下さい。 <参照> ・入国管理局「各種手続き案内」:http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報ありがとうございます。このページは一応チェックしていたのですが、改めて詳しく見てみます。

  • 回答No.1

情報を追加してください。 奥様、お子様は日本であなたの戸籍に入っていますか? 奥様のアメリカでの滞在資格は? お子様はUSパスポートですか? 現地日本大使館には相談しましたか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

子供は日本の私の戸籍に記録されており、妻の名前も私の配偶者として戸籍に記載されています。 妻のアメリカでの滞在資格は学生ビザ(F1)です。 子供はアメリカ(と妻の母国の)パスポートもありますが、日本出入国は日本パスポートです。 日本大使館のホームページは確認しましたが、短期滞在からの資格変更については触れていません。大っぴらには言えないということでしょうか。直接の相談はまだしていませんが、短期滞在での入国を薦めることはないような気はします。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 短期滞在から在留資格変更の申請について

    短期滞在で入国したタイ人女性と婚姻し在留資格変更の申請をしました。入管に申請するとき短期だからかなり難しいと言われましたが申請は受理されました。その後1ケ月ぐらいして妻の名前ではがきで在留資格変更の申請についてお話があるので旅券と外国人登録を持って指定した日時に来てくださいとの事でした。もちろん私たちは幸せな結婚生活を送るために結婚し、たまたま外国人なので在留資格を取ろうと申請しています。短期滞在~は原則的に在留資格変更は不可と書いてありますが、これは理由になりませんか?また入管に行く当日は私も妻と一緒に行く予定ですが何か書類をそろえたほうがいいのですか?また入管の審査員は何をもとめているのでしょう?詳しい方や同じ状況になった方のお返事宜しくお願いします。

  • 韓国人の短期滞在について

    日本人の配偶者等の在留資格で日本に来ていましたが、離婚しました。 その後の在留資格のこともあり、カフェをはじまました。 そして今年6月配偶者等の在留資格の期限がきました。 もちろん更新はできないので、投資経営の在留資格を申請しましたが不許可でした。 現在、出国準備のための特定活動で在留しています。 7月下旬に出国しますが、すぐに日本に戻りたいのです。 韓国から日本に来るのはノービザで90日間滞在できると思うのですが?入国審査で問題なく90日間日本で滞在できるでしょうか?

  • 在留資格認定証明書交付と在留資格変更許可の違いは?

    在留資格認定証明書交付と在留資格変更許可の違いは? 彼が日本滞在中に入籍をし、日本人の配偶者のビザをいただきたく入国管理局に行って在留資格認定証明書の交付申請をしてきたのですが、もしかしてこのまま日本に居たい場合は変更許可をすべきだったのですか? もうすぐ観光ビザが切れるのですが、今からでも変更は可能ですか?それともまた始めから申請しなおしですか? 誰か教えてください!!お願いします!

  • 日本に短期滞在中に在留資格認定書を取得の方法を教えて下さい

    私は中国人で日本人の配偶者です、私の妹が日本に長く滞在したいのですが、何か良い方法はありますか? 調べた所、短期滞在中に、日本で就職する会社を探し 在留資格認定書を取得し変更を申請するらしいですが 具体的に、どの様な行動をすればいいのでしょうか? また、申請後、どのくらい日本に滞在出るのでしょうか?教えてください

  • 短期滞在ビザの配偶者ビザへの変更申請

    短期滞在ビザの配偶者ビザへの変更申請 ロシアの方を2年前初めて日本に呼び寄せ(知人訪問短期滞在ビザ)、その際日本で婚姻しました。 1年前に、日本に呼び寄せようと、在留資格認定証明書(日本人の配偶者)を取得したのですが、 私自身海外赴任が急に入るなどして、日本に呼び寄せず(赴任先で一緒に夫婦生活はしていました)、そのまま証明書有効期間が過ぎてしまいました。 数ヶ月前帰国のめどが立ったので、配偶者も一緒に日本へ帰国してもらいたいとおもいました。が、在留資格認定証明書は配偶者のパートナーである私の入国管理局への出頭が要とのこと、当時外国に位置していたため、物理的に出頭ができず、 結局、両親に頼み、すべての必要書類が郵便で揃う、短期滞在ビザの申請をしました。 短期滞在期限の3ヶ月が切れる1ヶ月前、配偶者ビザへの変更申請をしました。容易に変更できると思ったのですが、局員のかたから原則不可、などのことをはじめて聞いたので、無知さを痛感しているところです。 変更事由がおきた止むを得ない理由、という理由書には、以上かいたような状況を書き連ねたのですが、ネットなどで「短期滞在の変更申請」については、ビザが下りない場合も結構あるらしく、今少し不安になっています。 昨日、私が勤務中、配偶者が1人で住居にいたところ、入国管理局の方が立ち入り、写真撮影や質問、住居内の調査などをされました。 申請内容と現実との矛盾がないかチェックしにいらしたのか、と思います。突然でかなり驚きましたが、自分としてはこれで夫婦関係や文書上の虚偽は無いと、局の方に納得してもらえたかな、申請は通るかな、と素人判断で思っています。 とは言うものの結果が出るまで不安です。 どなたか、私のような状況にあった方はいらっしゃますでしょうか?

  • 日本での在留資格について

    今年結婚を考えてる人がいます。 外国人ですが日本で知り合い(大学院に留学してました)、現在は帰国して遠距離1年です。 今年結婚予定ですが、できれば日本で仕事がしたいみたいです。 ですが日本にいないため就職活動も難しく、結婚もどちらの国でしてどこに住むかまだ決まってない状態です。(現在はちゃんと仕事してます) お聞きしたいのは、就職活動のために来日するのは短期滞在ビザでも可能なのでしょうか? 履歴書は日本に来る前に送り、面接に・・・と言われたら一度日本に来て面接しようかと思ってます。 もし日本で無事仕事がみつかれば短期滞在から在留資格の変更をしないといけないですよね? 観光ビザで入国後、結婚して配偶者等の在留資格に変更することはできますか? 一度国に帰らないといけないのでしょうか? 資格が取れるまでは仕事ができないということですよね・・・ 彼氏は英会話教師はしたくないみたいなのですが、専門の仕事に外国人が就くために何か知ってたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 短期滞在から在留資格変更許可はもう無理なんですか?

    アメリカ国籍の夫は軍所属/母国ではない別の国にて勤務中でして、 私は息子と日本にある私の実家に居候させてもらってます。 夫の任期は今年7月までで、3ヶ月分の有給休暇を消化していなかったため4月頃には勤務終了しますが、7月には1度母国にて除隊手続きをしに行ったら一般人に戻ります。 さて、 その4月~7月は日本に来る予定です。 7月母国に帰ったら在留資格認定証明書取得と配偶者ビザ申請をしたいのですが、なんといっても滞在先がありません。除隊手続きは1日2日で終わってもビザ取得完了までの1~2ヶ月間までの滞在費もありません。 夫の実家はとんでもなく遠方ですが、頑張ってそっちに行ってもらってから各種手続きをするかどうか。それしかないのかなとも思いますが、 在留カードになった今は、少し前みたいに短期滞在から在留資格変更許可申請が認められるケースもあると聞いたんですが、今ではちょっと前より難しくなったのかなと見受けました。 何かしらアドバイスを頂けたら助かります。お願いします。

  • 日本で外国人と結婚する場合の在留カード

    現在、アメリカ人の婚約者と第三カ国で暮らしています。 1ヵ月後に二人で日本へ行き、(彼は90日のビザ免除で入国)婚姻届を出しそのまま日本に住む予定でいます。 そのときに、在留資格変更許可申請をするつもりで現在いろいろ調べているところなのですが、 入国管理局のHPに記載されている在留資格変更許可申請のための必要書類の欄に「在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書」と書いてありました。 在留カードのことを調べてみると、短期滞在の外国人には発行しないと書かれていて、私たちの予定では「婚姻→在留カード申請→在留資格変更許可申請」という流れでしたので、いくら婚姻したとしても観光ビザでは在留カードの申請はできないのでは?と思いました。 たとえ観光ビザであっても、日本人配偶者がいたら在留カードを発行してくれるのでしょうか? 在留カードのシステムはまだ新しいようですし、ネットで調べてもよくわからなかったので、ご存知の方がいらっしゃいましたらどうか教えてください。よろしくお願い致します。

  • 在留資格変更申請(日本人の配偶者等)の申請について

    韓国人男性と結婚して1年です。先月生まれた子供が一人います。 現在は韓国に住んでいますが、これから3人で帰国して 在留資格変更申請をしようと思っています。 子供は二重国籍で帰国前に領事館で出生届を出して帰ります。 旦那は90日の短期滞在で家族訪問?で入国する予定です。 私は韓国で仕事をしていなくて、日本に帰っても育児があるので仕事がしばらくできなさそうだし、 旦那も日本に行くときには無職の状態になります。 今はインターネットの就職求人サイトを見てWEB応募したり電話問い合わせしたりしていますが、 外国人でも応募などは可能ですが、在留資格の許可がおりたところでまた応募してください。と言われてしまいます。 日本に帰れば引き続きインターネットで探したり、帰国後にハローワークに登録して職探しをする予定です。 そして旦那も今回緊急の帝王切開になったりで少ない貯金を使ったりしたので貯金がない状態で 私も日本に貯金がない状態です。 そして私たちが交際したきっかけがインターネットからだったし、交際期間が短いほう(1年)だったせいもあって、入籍後1度在留資格認定申請をしましたが『日本人の配偶者等の活動をするものとは認められません』といった理由で不交付になった経験があります。 そこで今回申請するにあたっていくつか質問があります。 1、インターネットで検索してみると外国人の配偶者を短期滞在で入国させ在留資格変更申請をしている人も多い印象ですが、以前行政書士の方に聞いたら、やむおえない理由がない場合には原則認められないといっていましたが、今回私たちも3人で入国後に在留資格変更申請をする予定でいますが、認められないんでしょうか? 入国後に変更ではなくて在留資格認定申請をするべきでしょうか? 2、旦那の就職活動の状況の証明を提出するともっといいというようなことを言われたことがあるんですが、帰国前に応募したときのメールのやりとりなどをコピーして提出したほうがいいでしょうか? あと、ハローワークに登録したときの証明などもコピーしたりして提出するべきでしょうか? 3、2人ともが無職、貯金なしの状態なので生活面で問題があると思うんですが、私が身元保証人になれないので実家の母(工場勤務、月約14万くらいの収入)と親戚の叔父(郵便局員、収入額不明)が代わりに保証人になってくれ、在職証明書や所得証明書や納税証明書を出してくれるし、旦那が安定した収入ができるまで生活面で援助するといった文書を書いてくれるそうですが、(実際、帰国後はビザの許可がおりて旦那の仕事が決まりある程度安定できるまでは実家で生活し、母が生活費などは援助してくれると言っています) 申請人の夫婦が無職貯金なし状態なら無条件不交付の可能性が高いんでしょうか? 代わりに親族の身元保証人がいれば許可の可能性もあるんでしょうか?? それとも家族などに一旦お金を借りて自分の口座に入金して預金残高証明書を作ってる人もいるみたいですが、そんな方法をしてでも貯金があるように見せたほうがいいんでしょうか?? 4、配偶者ビザの申請は偽装結婚が多いのでとても厳しいと聞きますし、実際私たちも前回の申請で疑われたんだと思いますが、 今回の申請時には結婚して1年たっているし子供もいるので婚姻関係の継続は認められるから偽装結婚については問題ないんじゃないかと言われましたが、 質問書の中で出会いからのところに一緒に出す資料があまりなく、交際中の資料といえば、旦那がプレゼントを贈ってくれたときのあて先とかの部分のコピーとか、ほとんどスカイプで話をしてたので通話記録などがないですが、たまにメールやり取りをしてたのでそれのコピーや、あとは一緒に韓国にきたときのバスや飛行機の予約確認のメールや韓国での生活の証明となれば韓国での私の配偶者ビザのことが書いたパスポートの部分のコピーや旦那と義母と一緒に入った健康保険証のコピーや外国人登録証のコピーや、母子手帳のコピー、出生証明書や病院でもらった子供のアルバムや、 病院のホームページに私たちの子供の写真が載ってるのでその部分のコピーや、あとは家族写真くらいで、あとは交際中の様子を母とかに書面で書いてもらうとかしかないですが、これでも資料としての材料になるんでしょうか?? 5、ビザ申請の理由書は、そもそも新生児をつれてまで帰国するのが私が産後うつになってしまったみたいで実家の母や旦那のお義母さんともよく相談して日本に行くのが良いだろうとなったので帰国することになりました。 なので理由書には『相談して日本に行くことが良いとなって帰国し、日本で改めてよく相談し3人で日本で暮らすのが良いという決断になったから在留資格変更申請をした』というような内容でいいんでしょうか?? 結婚もして子供もいるのに貯金がないとか仕事がないとか計画性がなく考えが甘すぎることは十分わかっています。 それでも実家の母や旦那のお義母さんとも相談して日本で暮らすほうがいいという風になったので 3人で一緒に日本で生活がしたいです。 情けない夫婦ですが、回答お願いします。

  • 短期滞在ビザで入国した場合

     外国人が短期滞在ビザを現地大使館で申請する前に在日している家族が在留資格認定証明書を申請する。その人にビザが下りて入国し、日本滞在中に在留資格認定証明書がおりる。そして在留資格変更の手続きをするということは可能なのでしょうか? 短期滞在ビザは外務省の管轄であり、在留資格は法務省の管轄なので、同時進行は可能だと思うのですが、問題はありますか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 宜しくお願いいたします!