• 締切済み
  • 困ってます

日本での在留資格について

今年結婚を考えてる人がいます。 外国人ですが日本で知り合い(大学院に留学してました)、現在は帰国して遠距離1年です。 今年結婚予定ですが、できれば日本で仕事がしたいみたいです。 ですが日本にいないため就職活動も難しく、結婚もどちらの国でしてどこに住むかまだ決まってない状態です。(現在はちゃんと仕事してます) お聞きしたいのは、就職活動のために来日するのは短期滞在ビザでも可能なのでしょうか? 履歴書は日本に来る前に送り、面接に・・・と言われたら一度日本に来て面接しようかと思ってます。 もし日本で無事仕事がみつかれば短期滞在から在留資格の変更をしないといけないですよね? 観光ビザで入国後、結婚して配偶者等の在留資格に変更することはできますか? 一度国に帰らないといけないのでしょうか? 資格が取れるまでは仕事ができないということですよね・・・ 彼氏は英会話教師はしたくないみたいなのですが、専門の仕事に外国人が就くために何か知ってたら教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数130
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

まず、貴方たち二人は外国人なんですよね? そこをハッキリさせないと日本人の配偶者の資格 とかと言う答えになる可能性があるので no1さんは、かなりこういう問題に詳しいので 貴女、彼氏の国の情報を書いたほうがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>就職活動のために来日するのは短期滞在ビザでも可能なのでしょうか? 不可能です。入国審査で即入国拒否です。 でも婚約者訪問目的の短期滞在ビザで来て(入国審査での質問にはそう答えて)、入国後就職活動をするのは可能です。100パーセント摘発されませんから。もちろん、短期滞在の在留資格のまま就労は厳禁です。 >観光ビザで入国後、結婚して配偶者等の在留資格に変更することはできますか? 変更申請はできます。許可はおりることもありますし、おりずに母国へ一旦帰国して「日本人の配偶者等」の特定ビザを取得することを求められる場合もあります。あくまで変更申請はやむをえない事情があったときのみです。このやむをえない事情というのが解釈が定まりませんのではっきりは言えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

情報不足でした。申し訳ありません。 私は日本人で彼氏はセルビア人です。 彼氏の国から日本に来る場合は短期でも観光ビザが必要になります。 (ノービザでは入国できません) 婚約者訪問目的の短期滞在ビザを申請する時は申請時もその旨を告げた方がいいのでしょうか? 在留資格の変更の「やむをえない事情」というのはどういうのが当てはまりますか? 例えば結婚したからというのは大丈夫でしょうか? よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 短期滞在から在留資格変更の申請について

    短期滞在で入国したタイ人女性と婚姻し在留資格変更の申請をしました。入管に申請するとき短期だからかなり難しいと言われましたが申請は受理されました。その後1ケ月ぐらいして妻の名前ではがきで在留資格変更の申請についてお話があるので旅券と外国人登録を持って指定した日時に来てくださいとの事でした。もちろん私たちは幸せな結婚生活を送るために結婚し、たまたま外国人なので在留資格を取ろうと申請しています。短期滞在~は原則的に在留資格変更は不可と書いてありますが、これは理由になりませんか?また入管に行く当日は私も妻と一緒に行く予定ですが何か書類をそろえたほうがいいのですか?また入管の審査員は何をもとめているのでしょう?詳しい方や同じ状況になった方のお返事宜しくお願いします。

  • 在留資格認定証明書申請について

    現在、アメリカでアメリカ人夫と子供3人とで暮らしています。 自分の病気のことや子供たちの教育の事などを考え、日本帰国を考えています。そこで質問なのですが、日本から在留資格の書類を送ってもらって記入し、認められ、その書類をこちらの大使館に送り、審査され問題がなければ査証がもらえるみたいですが、その手続きに3~4ヶ月かかるとありましたが、急を要するので短期滞在で日本に入国し、入国してから在留資格の変更?を申請する方法もあるみたいですが、本当にそれが出来るものなのでしょうか?仮に短期滞在で入国したとしても家を借りる際などに外国人登録書なども必要ですよね? 在留資格認定証明書がないと外国人登録も出来ないですよね? どなたか詳しい方からの情報よろしくお願いします。

  • 在留資格変更:「短期滞在」→「日本人の配偶者等」

    日本人の配偶者の在留資格に関する質問はいくつもあるようですが、なかなか自分のケースに似たものはないので、質問させてください。 以下のような状況の外国籍配偶者について、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は容易・迅速に可能でしょうか? 私は日本人で、妻は外国人(アジア圏)。交際開始は10年以上前、結婚は5年以上前、3歳の実子(日本国籍あり)が一人います。ここ5年ほどアメリカに一家で滞在しており(私の留学)、妻はこれまで日本で生活したことはありません(短期滞在を除く)。 このたび私の留学生活が終わり、日本に家族で帰国します。そこで妻の在留許可を得る必要があるのですが、ビザ免除の「短期滞在(90日)」で入国し、「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請をするつもりです。 (在留資格認定証明書を取得する方法も知っていますが、時間的な制約により、ビザなし入国後の在留資格変更を第一に考えています。) 私は日本帰国後に求職活動をするので、しばらくの間は無職です。ただ、家族3人が当面生活するのに十分な資産はあります(1000万円超)。 また、アメリカ在住だったため、日本の住民票や納税証明などはありません。 結婚歴は長く、実子もいるので、偽装結婚でないことは明白だと思います。 質問: 1.このような状況で、「短期滞在(90日)」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更は許可されるでしょうか? また、許可にはどの程度の日数を要するものでしょうか? 2.申請は入国後すぐに可能なのでしょうか? それともある程度の期間をおいてからでなければ受け付けてもらえないのか? 3.在留資格変更申請後、許可が出るまでの間に、諸事情により妻が急遽出国しなけらばならない可能性があります。この期間の出国は可能なのでしょうか? (出国により変更申請は無効になるでしょうが、それを承知の上でなら出国可能なのか? また、出国したことによりその後の再度の在留資格申請等に影響があるのか?) よろしくお願いいたします。

  • 離婚後の在留資格変更と再婚

    彼女(フイリッピン人30歳)は昨年の8月に結婚して日本で「日本人の配偶者等」の在留資格を有しているのですが、4月に離婚(夫のDVが原因)してそのままの資格で現在に至っているのですが、この彼女と結婚を考えています。しかし日本では離婚後6ヶ月以内の結婚が出来ません。で、6ヶ月が経過するのを待っていると9月に在留資格の期限を越えてしまいます。日本人の配偶者等では更新が出来ません。今のままだといったん帰国しなければなりませんが、帰国せずに更新は出来ないものかと。また、短期滞在ビザに在留資格を変更して実質期間の延長とか出来るものなのでしょうか?前婚では子どもはいないし、婚姻期間が短いので「定住者」への変更も難しいようです。 どなたか良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 在留資格のことについて困っています

    去年、中国人男性と結婚しました。 年末に在留資格を申請し今年のはじめに許可を取ることができ、在留資格が切れるギリギリで日本に入国。外国人登録を行う前にいろいろな理由で主人は帰国。私たち夫婦はいろいろな事情でまだ同居までに至っていません。主人の在留資格が切れるのは来年の1月頃です。 質問なのですが、在留資格の期限が残っていて外国人登録を行っておらず、主人は日本での生活にまだ自信がないということ・主人が持っている資格が日本で生かすには新たに試験を行わなければいけないこと、日本語の勉強や試験の勉強をしなければならない為に持っている資格の怠慢が生じると言うことから本国に戻り定職に就く道を選びました。 再び、日本に来ると言うことで… そこでその行動から入国管理局に報告をしなければいけないのでしょうか? また、外国人登録は行っていませんが、在留資格期限内に再度日本に入国することが出来るのでしょうか? 今後、再度在留資格を申請をする時に影響は出るのでしょうか? 沢山の質問で申し訳ないのですが教えてください。 お願いします。

  • 再婚相手の子供の在留資格

    Aさん(世帯主)とBさん(配偶者)が結婚したとします。 二人とも外国人。 Aさんは就労ビザを持っています。 Bさんの在留資格は家族滞在です。 Bさんが短期滞在(90日間)で前婚の子供2人も招待しました。 身元保証人はAさんです。 Bさんの前婚の子供達はAさんによって養子縁組されていません。 課題: Bさんの子供達の在留資格を長期滞在へ変更したい。 調べたところ、唯一の方法は1年間の特定活動在留資格へ変更することですが、可能性はありますか。 変更の理由: Bさんの前婚の相手も再婚され、子供達を経済的にサポートしていない。 子供達はBさんのお母さんと暮らしていましたが、日本の一緒に滞在したいです。 ご意見、お願い致します。

  • 在留資格更新の際の源泉徴収票

    韓国人の友人が、日本のIT技術者の派遣会社に採用され、来日しました。IT分野では人手が足りないようで、とりあえず観光ビザで来日するように言われ、ビザが出る前から仕事をさせられました。 日本の大手企業のITプロジェクトの一員として働いていましたが、派遣会社は在留資格の申請を怠っていて、友人は一度韓国に帰って戻るなどして、半年近く短期滞在の資格で仕事をしていました。 去年の8月に在留資格「技術」は取得できたのですが、友人はその会社がもはや我慢できないらしく、転職を考えています。今年の8月に現在の在留資格を更新しなければならないのですが、その時源泉徴収票を提出しなければなりません。しかし源泉徴収票は、彼の在留資格が発給された8月からではなく、2月からの所得が明記されていました。 彼が転職をし、8月に在留資格を更新する時、去年8月に在留資格をとったはずなのに、2月から働いたことになっていることが入管にばれるとまずいのではないかと彼は心配していました。 私は彼を助けたくてもこういうものはまったく知識がないので行政書士に聞いてみた方が良いとしかいえませんでした。 入管は彼が在留資格をもらう前から働いたことまで源泉徴収票をチェックするんでしょうか。そもそも不法就労の時期だった時まで遡って源泉徴収票を出す会社も理解できません。

  • 在留資格に関する質問

    現在「人文知識・国際業務」という在留資格で日本の会社で仕事していますが、9月から香港支店に転勤することになります。彼は日本人ですが、現地採用で今香港の会社に勤めています。 来年1月に結婚する予定ですので(香港領事館のホームページを調べたところ、香港式の結婚になるようです)、しばらくの間彼と香港で暮らすことになると思います。私の日本での在留資格は来年3月で切れます。来年彼も私も日本に住んでないのですが、来るたびにビザを申請するより、やはり在留資格を取っておいたほうが便利だと思います。 来年今の在留資格を「日本人配偶者」に変更することができますか。ご存知の方、お教えください。

  • 在留資格『家族滞在』の適用範囲について

    在留資格について調べています。 『家族滞在』の在留資格がどの範囲まで適用されるのかわかりません。 出入国管理及び難民認定法の別表第一の四によれば、『家族滞在』は、 『就学』や『研修』の在留資格を持っている外国人の配偶者や 子供にも認められるように読めます。 ところがこれに対して、出入国管理及び難民認定法 第七条第一項二号の基準を定める省令には 『申請人が法別表第一の一の表若しくは二の表の上欄の在留資格、 文化活動の在留資格又は留学の在留資格をもって在留する者の 扶養を受けて在留すること。』 とだけ書いてあり、ここには『就学』と『研修』についての 記述はありません。 ということは結果的には『就学』や『研修』の在留資格を持つ 外国人の配偶者や子供には『家族滞在』の資格が認められない ということなのでしょうか。 仮に『就学』や『研修』の場合には『家族滞在』の在留資格が 認められないとするなら、法律で決められた資格の範囲を 省令によって狭めることになるのですが、このようなことが 認められているのでしょうか。 純粋に学問的な質問ですみません。でも気になるので。

  • 短期滞在ビザで入国した場合

     外国人が短期滞在ビザを現地大使館で申請する前に在日している家族が在留資格認定証明書を申請する。その人にビザが下りて入国し、日本滞在中に在留資格認定証明書がおりる。そして在留資格変更の手続きをするということは可能なのでしょうか? 短期滞在ビザは外務省の管轄であり、在留資格は法務省の管轄なので、同時進行は可能だと思うのですが、問題はありますか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。 宜しくお願いいたします!