• ベストアンサー
  • 困ってます

断熱材これで大丈夫でしょうか

建築条件付の木造在来3階建てです。建物の契約はまだです。 仕様書に屋根、外壁の断熱財はグラスウールで、厚さが50mmとあるのですが 妥当でしょうか。 床や天井の断熱材の記載がないのですが、断熱材入れるものですよね? どのくらいの厚さがあれば快適に暮らせるものでしょうか。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

「快適に暮らせる」というのが、人による差や気候条件などで変わってきますので、一概に決め付けられるわけではありませんが、最低、次世代省エネ基準をクリアすることは必要でしょう。 グラスウール10kを50mmでは、次世代省エネ基準を満たすことも出来ませんし、一般と比較しても最低レベルでしょう。 断熱材の材料コストそのものは、それほどしませんから(施工費の方が大きいはず)、断熱材とサッシの断熱性能アップをお勧めします。 性能アップ分のコストアップは、冷暖房費用ですぐ回収出来るだけでなく、快適性のアップにもつながります。 また、窓から冷えで足元が冷えますから、サッシの断熱性能は、非常に重要です(高性能サッシでも壁の断熱性能より一桁悪いです)。 東京のIV地域での次世代省エネ基準は、熱損失係数Q値2.7W/m2K以下、相当隙間面積C値5.0cm2/m2以下です。 例えば、 壁:グラスウール10k 100mm 天井:グラスウール10k 200mm 床:押出法ポリスチレン3種 50mm以上 で、サッシ(ガラス)の断熱性能も注意すれば、このレベルはクリアするものと思います。 本当に「快適に暮らせる」となると、次世代省エネ基準を上回るQ値1.5W/m2K以下、C値1.0cm2/m2以下くらいを目安とすると良いでしょう。この場合、 壁:高性能グラスウール16k 100mm 天井:高性能グラスウール16k 200mm 床:押出法ポリスチレン3種 90mm くらいで、サッシも断熱フレームにLow-Eペアガラス以上の断熱タイプ(熱貫流率2.5W/m2K以下くらい)が必要となるでしょう。 これくらいのQ値、C値ですと、東京の気候で、効率の良いヒートポンプ熱源(エアコンを含む)で全館24時間暖房がリーズナブルなランニングコストで可能になってきますので、どこも一日中寒くない家が実現出来ます。ヒートショックの死亡者数は、交通事故の死亡者数より多いので、全館24時間暖房は、決して贅沢ではないと思います。 全館の暖房コストは、(日射取得などと除けば)家から逃げる熱に比例しますから、(C値が十分小さければ)このQ値に比例することになります。 また、未だに関東以西の工務店・建築士などは、気流止めを施工しない(断熱材が効かなくなる、結露の元となる)、防湿気密シートを施工しないのを当たり前と思っているところが、非常に多く、細心の注意が必要です。「気密が悪い=隙間風」ということで不快ですし、壁内に水蒸気が入ると結露の元ともなり耐久性を著しく落とすことにもつながります。 それから、和室の畳の下の断熱材が無いとか、土間の断熱、気密断熱タイプの床下点検口や天井点検口を使っているかなども注意が必要です。 是非こちらをご一読ください。 http://www.ads-network.co.jp/advise/15.htm 断熱材の種類と厚さは、この住宅金融公庫の工事仕様書の7.9(断熱材の種類は、7.3.2)を参考にしてください(断熱以外も一通り読むと良いでしょう)。 http://www.itcprince.jp/17140653jikugumi.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。大変参考になりました。 サッシはアルミと樹脂の複合サッシ(居室のみですが)にする予定ですが断熱も等級を上げるように要請して見ようと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>サッシはアルミと樹脂の複合サッシ(居室のみですが)にする予定ですが リビング以外は単なるアルミサッシでは、後悔する可能性が非常に高いです。 すべてのサッシを断熱サッシ(熱貫流率が表示されているもの)にすることを強くお勧めします。 アルミは、非常に熱を伝えやすい物質です。すなわち、冬はガンガン冷えますので、不快なだけでなく、非常に結露しやすく、サッシ回りの木もカビたり腐ったりすることにも繋がります。 これで困っていたり後悔している人も大勢います。また、インナーサッシを検討する人もいるほどです。 一例ですが、下記をお読みください。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214108952 http://npo.house110.com/J110/txt2100/j2132.shtml 他にも「ペアガラス アルミサッシ 結露」でGoogleで検索すれば、たくさんの事例がヒットします。 後戻りは出来ませんから、単なるアルミサッシを使うとどうなるのかということを、是非とも知っておくべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すべての窓ということは廊下やトイレとかもですよね。 見積もりとってもらいます。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • ekka
  • ベストアンサー率31% (6/19)

まず、グラスウールの場合、厚さだけでなく密度も性能に影響しますから、その仕様も確認してくだい。密度が高い仕様でも、グラスウール50mmは薄いとおもいます。このような数値がでた時点で、私ならこの業者と契約するのは、かなり慎重に考えると思います。 天井、床に断熱材を入れるのが当然だと決めつけてはいけません。 屋根の断熱材の記載があるのなら、それは屋根断熱といって、その場合は天井には断熱材が無いのが普通です。屋根断熱は、勾配天井かロフトのある仕様に行われることが多いです。この場合でグラスウール50mmでは断熱材が薄くて、屋根下の階が暑くてたまらないという事になると思います。推定ですが、その業者はコスト的に50mm厚しか入れられないような構造になっているのではないかと思います。その場合なら、グラスウールではなく、ネオマフォームのような薄くても高性能の断熱材の使用を検討しましょう。屋根断熱は、屋根下で断熱材を支えなくてはいけないので、天井断熱に比べて施工にコストがかかりますので、理由もなく屋根断熱にはしないです。天井断熱であれば、天井裏にグラスウールを並べて置くだけですから、コストは低いですから。今回、あえてコストのかかる屋根断熱になっている理由は、隣家へ配慮等で建物の高さをできるだけ低くしたい事情があるのではないでしょうか。3階の隅のほうは天井が低く、屋根の頂点部のみが十分な高さのある、高さの低い変則的な勾配天井になっている建物をみた事があります。屋根の三角部分が3階部分の大半が収まって、3階の外壁が1メートルぐらいしかない、一見して2階建てみたいな。 床の断熱について、床下に断熱材を施工する方法の他に、基礎の部分に断熱材を貼り付ける方法もあり、後者であれば、床の断熱材はありません。 いずれにしても、断熱材はすべてぐるりと空間を取り囲まないと意味がなく、切れ目があればそこから熱が逃げますので、中途半端に施工された断熱材は全く意味がなくなります。断熱仕様によって住み心地が左右されますから、そこはしっかり確認してから契約しないと、後悔します。また、屋根と壁、床と壁の接合の部分ですきま風が入って断熱性が低下することはよくありますので、そこの構造についてもしっかり確認が必要です。 高い買い物ですから、契約は慎重に、疑問点は業者との間で十分議論をした上で契約しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ロフトはなく勾配天井でもないのですが、屋根の欄に断熱材の記載があるので屋根断熱なのでしょう。トップライトがある所があるので。 でも50mmではやはり薄いのですね。ネオマフォーム調べてみます。 床の断熱と共に業者に確認してみます!

  • 回答No.1

普通断熱材は外部に面する部分だけですがお客様の希望によりあちこちに入れる事も有ります、また厚みは色々有りますが50mmは違法では無いですが確かにもう少し厚い方が冷暖房の熱効率が良いと思いますが、但し、そのぶん追加料金が掛かりますので気おつけてください。床や室内とかに入れる場合は防音効果の為に入れる事が多いいです、屋根は絶対入れないと室内の熱効率がかなり悪いです。追伸:1F床下は郊外に建てる時には断熱材を入れると床下からの冷え込みが改善されます、全て追加だと思いますけど。注意:建てている時に監督さんや職人さんに色々頼むと後で追加料金が請求されますので注意して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

契約前に断熱のこと、きちんと話をつめていこうと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 仕様書の断熱材について

     宜しくお願いします 住宅を購入しようと検討しております 標準仕様書を読んでいたところ、断熱材の欄に 「屋根下天井及び外壁の内部にはグラスウール5D 充填」 と 記載されています。自分なりに調べても5Dなるグラスウールが見つかりません。 5Dとはなんなのでしょうか?また、屋根と外壁のみで、床の記載が無いのは、 床には断熱材が入らないということなのでしょうか? 宜しくお願いいたします

  • 長野市で建築、断熱材どうでしょうか・・・

    長野県長野市内で新築予定です。 先日仕様書のようなものをいただいたのですが、 そこに断熱材について書いてありましたが妥当でしょうか? 家は木造在来工法で述べ床40坪の総2階の家です。 営業さんは「高高の家です」(ナショナルテクノストラクチャー)といっていました。 仕様は次のとおりです。 ・外装:高性能グラスウール(16kg/m3) 75d ・天井:高性能グラスウール(16kg/m3) 100d ・床 :ポリスチレンフォーム 55d です。よろしくお願いいたします。

  • 換気と断熱材について(長くてすみません)

    来年の建築に向けていろいろ試行錯誤中です。こちらのサイトにも大変お世話になっております。  今予定中の家は、木造の在来工法です。 以下のように変更をしようと思っております。 外壁断熱材 t50 グラスウール10k→ t100グラスウール16k 天井裏断熱材 t100グラスウール 10k → t100グラスウール16k へ  1F床下(t30) 2F床下(t25)のサニーライトもそれぞれ倍の厚さに  変更後の見積書を見たところ高断熱仕様となっておりました。 素人考えで断熱材を多くすれば温かいか。。??という思い込みで多くしてもらいましたがどうなのでしょうか? 気密性は特にとっていません。 それに伴い、3種換気を1種熱交換型にとプランをだされました。 換気の機種は1でも3でも可ということでした。 どちらのほうがいいのでしょうか? わかりづらい文章で申し分けありませんが宜しくお願いいたします。

  • 断熱材について

    地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 断熱材について(新築です)

    このたび、新築することになったのですが、壁内等に入れる断熱材について教えて下さい。建築予定のHM使用では床(スタイロ 50mm)壁(グラスウール 100mm)1階天井(グラスウール 150mm)2階天井(グラスウール 100mm)です。当方山梨県ですがこのくらいで妥当なのでしょうか?また、屋根下(斜めのところ)の断熱は無しとの事です。ご指導お願いいたします。

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 陶器瓦屋根の断熱

    九州地方で木造在来軸組工法で2階建てを建築予定です。2階部分の3分の1ほどを梁が見えるような勾配天井、また小屋裏を物置として使う予定です。屋根・一階床がポリエチレンフォームA種50、壁・天井周り(外周)がグラスウール100 24K相当を使う予定なのですが、断熱材はコレでいいのでしょうか?ここでお勉強した通気工法で施工して頂く予定です。2階の天井がある部分は2重に断熱材が入るようですが、このような施工方法でいいのですか? 小屋裏と勾配天井の部分は夏暑くなると聞きますので、しっかり断熱したいのです。 またポリエチレンフォームは床には使って施工例はありますが、屋根にも有効なのですか?厚みはいかかがでしょう? よろしくお願いします

  • 外断熱の変則技、これってあり?

    現在、在来木造住宅を建築予定で、工務店と話している段階です。 私なりに断熱などは勉強し、外断熱でスッポリ家を覆った方が 結露しないし、長持ちするという理由が納得できたからです。(素材はネオマフォームです。) 三角屋根にするのですが、屋根まで外断熱にすると、屋根裏に逃げる熱が多くなるので、2階天井部分をグラスウールにして塞ぐ方が熱カロリーを考えるとよいと言われました。(2階床面積は25坪前後)。屋根の部分は多分断熱なしになるのだと思います。 熱カロリーという面では納得できるのですが、100年住宅を目指していますので、結露の面、天井部分の木材への負荷などがどの程度なのかが分かりません。 建築場所は北海道で、さらに雪が多い地域です。 よろしくお願いします!

  • 断熱材の厚みについて

    2×4で建築を予定しています。 業者に概算見積りをだしてもらい、家の仕様についても説明してもらいました。 断熱材の仕様なんですが、これで十分でしょうか? 地域はIII地域です。 外周壁  高性能グラスウール16K 90mm 屋根天井 高性能グラスウール16K 140mm 床下   スタイロフォーム 50mm 次世代省エネ基準に満たすには、天井は200、壁は100に したほうが良いのでしょうか?

  • 家の断熱材について

    初めての相談で、よろしければお知恵をお貸し下さい。 新築を現在建てているのですが、断熱材は、グラスウールかウレタンフォームかで 迷っています。 建築の方は、床は、ウレタンフォームで天井、壁は、グラスウールでグレードをあげるべきと 言われましたが、個人的にはウレタンフォームで全てやる方がいいのではないかと 思うのですが、どうでしょうか? よろしくお願いします。 ちなみに家は、在来工法で、今時めずらしく 生木使用です。