• 締切済み
  • すぐに回答を!

誤差率

振り子で実験をしたので、重力加速度の誤差率を求めたいです。 誤差率の式は|Δg/g|=2|Δπ/π|+|Δl/l|+2|ΔT/T|まではわかっています。 lは糸の長さ(m)で精度は0.001、でTは周期(秒)で精度は0.01です。何を代入すれば良いのかわかりません。複数回測定した平均値や標準偏差を入れればよいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数1
  • 閲覧数1914
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

ΔT/T=0.01,Δl/l=0.001ということですよね? πは定数で扱えれば、Δg/gは直ぐ求まりますよね? 誤差式は偏微分から得られた式なので、個人的には、||より全体を()^2で表現した方を使っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

違います。ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 誤差と最小二乗法

    単振り子の振れの大きさを小さくし、 振り子の長さLと周期Tを5通りほど計測しました。 そこでT=2π√(L/g)⇔g=4π^2L/T^2から 重力加速度を5通り求めました。 結果、どれも相対誤差0.3%以内で、 どれもマイナスの誤差になりました。 次にT=2π√(L/g)⇔T=(2π/√g)*√Lとし、 √Lをx軸に、Tをy軸にとり、(2π/√g)を傾きとするグラフを描きました。 ここで、最小二乗法よりグラフの傾きを求め、 そこから重力加速度gを求めたところ、 相対誤差が3%になり、さらにそれはプラスの誤差でした。 そこで質問です。 最小二乗法を用いるのは今回が初めてなんですが、 このように測定値を単体で考えたときと、 測定値をまとめて最小二乗法で考えたときとで、 こんなにも誤差が変わるのはよくあることですか? それとも計算に誤りがあるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 試行回数を増やせば誤差は減りますか?

    お世話になっています。 現在振り子を用いて重力加速度を求める実験をしているのですが、 実験結果の考察でどのようにしたら誤差を少なく出来るかを考えるのに苦労しています。 私は統計を勉強したことがないのですが、ネットで調べて ・実験結果の標準偏差を誤差とする ・T=2π√(l/g)より、仮にT又はlの誤差を0とおき、各成分のgの誤差への寄与率を求める とするのがいいようだということはわかりました(用語を間違っているかもしれませんが)。 さて、ここでlの誤差はlを長くすれば相対的に誤差が小さくなるのではないか(人間が物差しで長さを計る場合)と予想できました。 しかしTの誤差(ストップウォッチで計測)を減らす方法がわかりません。 試行回数を増やせばその平均が真の値に近づくことは感覚的にわかるのですが、理論的にはそうなるのでしょうか? そしてTの誤差を減らしたい場合試行回数を増やせばいい、と言えるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 計測工学 の問題

    計測工学 の問題 どのように求めればいいのか分かりません 教えてください。 単振り子の周期から重力加速度を求める測定で、 ある振り子の長さが L=92.95士0.1[cm]、周期がT=1.936土0 .004[s]である。このとき、重力加速度gの測定値と誤差を求めよ

  • 振り子

    振り子の公式は 振り子の1往復する時間を周期T(s) T=2π√(l/g)とう関係がありますが。 g(重力加速度) 例えばAの振り子で 糸の長さが20cm,重さ100gのとき lには0,2mを代入して gは9.8ですが。 重さをどのように代入するのか分かりません。 T=2π√(l/g) から l=0,2 g=9.8を代入をしたら T=0,89になりました

  • 振り子

    振り子の公式は 振り子の1往復する時間を周期T(s) T=2π√(l/g)とう関係がありますが。 g(重力加速度) 例えばAの振り子で 糸の長さが20cm,重さ100のとき lには0,2mを代入して gにはどのように当てはめるのか分かりません。

  • 誤差の算出方法

    大学の物理実験でボルダの振り子を用いて重力加速度の測定を行いました。 そのときに実験で算出された重力加速度の値と、重力の標準加速度(私は福岡在住なのでgF=9.79629)との誤差を[%]を使って出したいのですが、計算方法が分かりません。 簡単なことかもしれませんが、教えて頂ける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

  • 重力加速度の実験の精度向上について。

    先日、物理学の実験を行い、ボルタの振り子から重力加速度の測定を行いました。 周期の測定は、20周期ごとに時間を記録し、220往復行い、 その後120周期ごとにデータを整理し、周期の平均や標準誤差を出すという実験でした。 また振り子の長さ、おもりの半径は5回ずつ測定しました。 この実験の課題に 「測定精度を高めるためにどのような工夫をすればよいか、相対誤差を考慮し考察せよ」 というものがあったのですが、どのようなことを書けばいいかわからなく困ってます(x_x) 測定周期を短くするというものは、この課題の解答となるのでしょうか? また他にも何か、解答例がありましたら、教えてください。お願いします!!

  • 重力加速度の測定

    重力加速度を記録タイマーなど実験室にあるような実験器具を使わずに家で測定しようとしています。 以下の三つの原始的な方法で重力加速度を測定した場合、どの方法が理論的にもっとも正確に重力加速度gを測定することができるのでしょうか? (1)自由落下 部屋の中でh=2m程度の高さから小球を落下させ床に到達する時間tを測り、 g=2h/t^2より求める。 (2)斜面を滑らせる 何か(プラレールのレールや本)で長さdの斜面を作り、滑り終わる時間を計測し、 g=2d/(t^2sinθ)から求める。 (3)単振り子を用いる。 長さLのひもで振り子を作り、周期を測定し(10周期分はかって10で割る)、 T=2π√(g/L) より、gを求める。 いずれの方法でも数回繰り返して平均をとる。 自分的には、振り子が一番正確なのではないかと思います。(2)の場合は摩擦の影響があり、(1)の場合は空気抵抗が入るためだからです。

  • 物理学の重力加速度に関しての質問です。

    ボルダの振り子の実験に関する質問です。 50周期に要する時間 b1=112.94s b2=113.01s b3=112.96s b4=112.98s b5=113.23s 一回の平均周期T=2.26048s L=1.2674m の数値があり、重力加速度g=4(π^2)L/T^2をもとめるのですが、 b1~b5の最大最少からTの相対誤差を求め、さらにその値を用いてgの絶対誤差を求めるにはどうしたらいいか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 振り子の理解は小学5年では厳しいと思いますか。

     私は厳しいと思います。といいますのは,振り子の周期を表す関係式は   T=2π√(L/g)≒2√L T:振り子の周期(s),L:振り子の長さ(m),g:重力加速度(m/s²) で表され,平方根を含むからです。したがって,昔のように中学3年で学ぶようにすべきだと考えます。