• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜ物理学は難しいのか

なぜ物理学は難しいのでしょうか。以下私見: 振幅が小さい場合の振り子の周期 T=2π√(L/g) L:振り子の長さ,g:重力加速度 以上は振り子の等時性を示す式であるが,これを中学 3 年ならともかく,小学 5 年に課すのは拷問に他ならないと考える。

noname#157574
noname#157574

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数5
  • 閲覧数263
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1608/5879)

全く官僚が考えることです。 日本の学生の学力を上げるために何でも教え込もうとしているのでしょう。 小中学生はすばらしい記憶力を持っているので、何でも記憶させれば優秀な学力を持っているという結果が出せる。 テレビでもクイズで即回答できる人、記憶力が良い人が優秀な人として評価されるようですから。 これではじっくり考えて新しい発想で画期的な発明ができるような人は居なくなる。 日本の末期症状です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠にありがとうございます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

賢い小学5年生とおバカな小学5年生を同列に扱うことが問題ですよ。 駅前のECCだってそんな無茶しないのに、公務員による小学校教育なんとかなりませんかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なりませんねえ。

  • 回答No.3

式だけを覚えようとするから、物理が難しく思える。 理由と理屈をなぞりながら、自分で式を導くから物理は面白い。 小5で、物理の式だけを課されても、物理嫌いが増えるだけだと思う。 拷問だなぁ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

全くですなあ。

  • 回答No.2

物理科の学生です. 物理は学問の中で一番シンプルで簡単だと思っています. それはともかく. 「理由や途中経過ははどうでもいいから結果だけ知りたい」というせっかちさんには難しく感じるようです. 個人的には「水素と酸素を混合させて火をつけると爆発する」という事実のみを小学生に教えることの方が拷問だと思いますけどね.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • x530
  • ベストアンサー率67% (4457/6603)

小5に課したら異常&無理。 そして、拷問。 だって、学習指導要領では、平方根は中学3年で学ぶ単元です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あなたのおっしゃるとおり!

関連するQ&A

  • 振り子の理解は小学5年では厳しいと思いますか。

     私は厳しいと思います。といいますのは,振り子の周期を表す関係式は   T=2π√(L/g)≒2√L T:振り子の周期(s),L:振り子の長さ(m),g:重力加速度(m/s²) で表され,平方根を含むからです。したがって,昔のように中学3年で学ぶようにすべきだと考えます。

  • 振り子の重力加速度についてなんですけど…

    振り子の周期は、振れ幅、おもりの重さは関係なく、 振り子のひもの長さで変わってくると小5のとき習ったんですけど、 周期を求める公式には T=2π√L/G と、重力加速度が入っています 重力加速度というのはおもりの質量で決まるんですよね? 周期にはおもりの質量は必要なのか必要じゃないのか、 よくわかりません(; ̄O ̄) 物理に詳しい方、中二の自分にもわかりやすい説明で 答えてください(>人<;)

  • 計測工学 の問題

    計測工学 の問題 どのように求めればいいのか分かりません 教えてください。 単振り子の周期から重力加速度を求める測定で、 ある振り子の長さが L=92.95士0.1[cm]、周期がT=1.936土0 .004[s]である。このとき、重力加速度gの測定値と誤差を求めよ

  • 物理単振り子について。

    物理について。「単振り子の振幅が大きくなると復元力大きさはmg|sinθ|<mg|θ|となる。振動の周期は2π√(L/g)と比べてどうなるか。」 という問題で、解答は、「振幅が大きくなると復元力が弱くなるので微小振動の場合の周期より長くなる」とありますが、 解答の意味がわかりません。 (1)振幅が大きくなると復元力が弱くなるのか。 (2)また微小振動の場合の周期より長くなるのか。 (3)mg|sinθ|<mg|θ| がわかりません。よろしくお願いいたします

  • 振り子

    振り子の公式は 振り子の1往復する時間を周期T(s) T=2π√(l/g)とう関係がありますが。 g(重力加速度) 例えばAの振り子で 糸の長さが20cm,重さ100のとき lには0,2mを代入して gにはどのように当てはめるのか分かりません。

  • 物理の問題を教えてください.

    高校の物理の問題ですが,解答を教えてください. 導く過程も教えてもらえるとうれしいです. 1. 高温熱源の温度が200.00 C, 低温熱源の温度が50.00 Cのカルノーエンジンがある.このカルノーエンジンは1サイクルの間に高温熱源から50.0 kJの熱を吸収する. (1) このカルノーエンジンの熱効率を求めよ. (2) 1サイクルの間に, このカルノーエンジンがする仕事を求めよ. 2. スピーカーの振動板が単振動して音を出している。振幅が0.15 mの時, 振動板の加速度が標準重力加速度(9.80665 m/s2)を超える振動数を求めよ. 3.大きさが無視できる小さな球を糸で吊るした単振り子を作製した.この単振り子の周期を測定したところ, 2.20 sであった.これより, 振り子の長さをl求めよ.尚, 重力加速度は9.80 m/s2とする. 宜しくお願いします.

  • 振り子

    振り子の公式は 振り子の1往復する時間を周期T(s) T=2π√(l/g)とう関係がありますが。 g(重力加速度) 例えばAの振り子で 糸の長さが20cm,重さ100gのとき lには0,2mを代入して gは9.8ですが。 重さをどのように代入するのか分かりません。 T=2π√(l/g) から l=0,2 g=9.8を代入をしたら T=0,89になりました

  • 振り子の等時性についての直感的理解

    振り子はその錘の重さ、振幅によらず周期が一定となるという、いわゆる「振り子の等時性」について質問です。式を追いかければ当然そうなるのは分かるのですが、何故そうなるのか、小学生にも分かるくらい直感的に理解する良い方法は無いでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 一定の加速度で運動する振り子の周期について

    ひもの長さがLで振り幅が十分に小さい振り子が、水平方向に加速度Aで進んでいる状況を考えています。 重力加速度と振り子の加速度のベクトルの和をとって、それを見かけの重力加速度として考え、周期T=2π√(L/√(g^2+A^2))というのは分かります。 しかし、運動方程式を立てて周期を求めると、加速度がない場合と同じでT=2π√(L/g)になってしまいます。 運動方程式は、振り子の質量をm、ひもが鉛直方向と作る角をθ、最下点を原点として水平方向にx軸をとり、振り子の変位をx1、近似sinθ≒x/L、cosθ≒1を使って、 ma = -mg・sinθ-mA・cosθ   ≒-mgx1/L-mA a = -g/L(x1 + LA/g) a = -ω^2・xと比較して、周期はT=2π√(L/g)、単振動の中心はx=-LA/gになるのですが、どこが間違っているのでしょうか?

  • 振り子の等時性について

    振り子の等時性についての質問です。 振り子の振幅が小さいときに、単振動近似で振り子の長さによらず振り子の周期が一定だということまではわかるのですが、振幅が大きくて単振動近似が使えないときに、振り子の周期と振り子の長さの関係はどうなるのでしょう。 一応運動方程式をたてて計算してみたのですが、途中でどうしても積分が解けなくなってしまって……。 振り子の等時性は、単振動近似が使えないような振幅が大きい時でも、成り立つのですか?