• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

共培養による卵の体外成熟について

共培養で卵成熟を行った方にお聞きしたいことがあります。 現在マウスを用いて卵丘細胞と共培養して裸化卵子の体外成熟を行っています。ペーパーを参考にしているのですが、ペーパーでは成熟率が向上していると報告していますが、私がやると成熟率がまったく変化ありませんでした。 ペーパーでは卵丘細胞培養と成熟培養にTCM199を用いてますが、私の研究室には無く、お金も無いのでもともとあったαMEMで代用していました。 やはり培養液でそこまで結果に差が出てしまうものなのでしょうか。αMEMは汎用性の高い培養液なので大丈夫かと思っていたのですが…。 または、わたしの技術不足も考えられます。 もし似たようなことをされている方がいらっしゃいましたら回答いただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 生物学
  • 回答数4
  • 閲覧数459
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#160718
noname#160718

 10年ほど前まで牛の受精卵関係の仕事をしていました。  卵丘細胞と卵子の供培養は当時既に確立していましたから、「卵丘細胞との供培養によって卵子の成熟率が向上する」こと自体には、もはや疑いの余地はないかと認識しています。まあこの10年の間に反証を提示した論文がいくつも出てきていれば話は別ですが・・・  となれば、やはり最も疑うべきはやはりメディウムでしょうね。  牛の受精卵でもTCM199でしか上手くいかないというのも、やはりスタンダードになっていました。少なくともMEMでは卵子の成熟だけでなく受精卵の培養も上手くいったためしがありませんでした。  なので質問文を読んだ私の第一印象は、「MEMで上手くいくわけがないよな」です。  まあ、上手くいかない時は、まず「ペーパーのとおりにやってみる」のが基本でもあります。自分の腕やペーパーを疑うのはそれからですね。  ちなみにMEMでうまく培養できない細胞は山ほどあります。  というわけで、とりあえずTCM199を試してみることをお薦めします。  まあおそらくそれで問題解決、と予想しているのですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

経験者の方からのアドバイスとても参考になりました。 ウシの共培養系に関する論文はいくつか見たことがあり、いずれもTCM199を用いていましたが、マウスに関するものがあまり見つからなかったので(私の探し方が悪かったのかもしれません)共培養における基本的な知識が足りなかったようです。 単純な体外成熟を行っていたときはαMEMでも特に問題がなかったのでそのまま用いていました…。 細胞とmediumの相性ってかなり重要なのですね…。 ペーパー通りTCM199に変えて再チャレンジしてみます。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

条件がシビアであるということをNo1様もおっしゃっていることから、 質問者様も培地をかえることはわざわざ言わなくてもわかっていらっしゃると思います。 初代培養の場合、調べてみるとわかると思いますが、A細胞専用とあるくらいですから、そのくらい質問者様もわかっているかと。 培地を変えても、それだけで大丈夫ということは、実際にやっている方はわかると思いますが、そんなことはないのです。 論文上でやってあるということと、自分ができるというのにはかなりの距離があります。 そう考えてやっていくことをお勧めします。やってもいない人が「簡単だ」という雰囲気を出して述べるのはどうかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tatoo
  • ベストアンサー率53% (38/71)

かなり難しい質問ですね(汗 フィーダーでも細胞ですので、その活きの善し悪しで変わることはよくあります。 手技的な問題は「これ」とすぐわかるものはあまりにもクリティカルなことなので、すぐわかると思いますが、 同じ細胞を同じように飼っているように見える2人でも、実験がうまくいったり違う結果が出たりすることがあります。 ちょっとずつ違うのでしょうが、違いがわからないんですよね・・・ 他の実験でも、例えばPCRとかでも同じ薬品を混ぜているのにうまくいく人、いかない人がいるように・・・ ただ、ひとつひとつの作業を注意深く観察しながら、 うまくいったときはこうだった、とか 今回はこうだからこうなのでは、とか そうやって経験値をあげていくことが重要だと思います。 すみません、相変わらずアドバイスになっていません(汗

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いえいえ、とても丁寧な回答ありがとうございます。 細胞培養の経験がいままでなかったので要領が分からず非常に困っていましたが、回答者様のアドバイスがとても勉強になりました。 これから安定した結果が得られるまでもっと経験を積んでいくしかないですね。 いろいろと注意深く観察しながら実験を進めていきたいと思います。 お礼が遅くなって申し訳ありません。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • tatoo
  • ベストアンサー率53% (38/71)

生殖細胞を取り扱っていたこともある者です。 卵母細胞に限らずですが、初代培養は確立された細胞株に比べてテクニックを要します。 また、条件も結構シビアだったりします。 同じ培地でもメーカーが違っただけで細胞の様子が違ったりしたことがあります。 また、手技的な問題は結構重要で、うまい人うまくない人は明らかに存在します。 経験値によって、向上しますが腕はかなり影響すると思います。 また、論文によっては、結構一発勝負の結果で物事を言うものがあったりします。 本当か?ってこともあるので、論文の質を疑うことも必要かもしれません。特にIFが低い論文の場合は・・・ アドバイスになっていませんが、結構難しいということですね汗

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 なるほど、細胞培養は奥が深いのですね。細胞培養はそこまで数をこなしていないのでやはり腕に問題があるのかもしれませんね。あと論文を疑うのも必要ですね…。 再び質問で申し訳ないのですが、手技的な問題としてなにがありますでしょうか。 上手い下手によってfeederとしての機能がまったく損なわれてしまうことはあるのでしょうか。 度々申し訳ありませんが回答いただけるとうれしいです。

関連するQ&A

  • 卵子が多すぎる→未熟卵子体外培養?

    こんにちは。いつもお世話になっています。 自然周期での体外(顕微)受精に3度チャレンジしましたが、妊娠に至りませんでした。 そこで今回ショート法で誘発したところ、卵が17個できており、先生に「hcgを投与すると確実に卵巣が腫れるから、体内で成熟させることはあきらめて、IVM(未熟卵子体外培養)でやりましょう」と言われました。 しかし、調べてみると、私ぐらいの卵の数なら普通にhcg→成熟卵を採卵している方が多いように思うのですが・・・。 IVMに抵抗がある訳ではありませんが、培養が難しく成熟・受精ともに確率は高くないようなので、それならば多少の卵巣の腫れは覚悟の上でhcgを投与して頂いた方がよかったのでは、と思っています。 といっても採卵は明日の朝の予定なので、時すでに遅しなのですが…。 ちなみにIVM成功の実績のあるクリニックではありますが、私のようなケースは普通・妥当策なのでしょうか? お分かりの方がいらっしゃいましたら、ご教授よろしくお願い致します。

  • 体外受精について

    宜しくお願いします。 体外受精に来年よりステップアップする予定です。 ネットで皆さんがお話をしているのを見ていると、採卵したお話で、成熟卵、未熟卵、変性卵、空胞などを見ますが、 体外受精させるのは成熟卵のみでしょうか? もし未熟卵のみしかなかった場合、未熟卵は体外受精させずにキャンセルになるのでしょうか? それとも、未熟卵も受精可能で培養して育てるとかもあるのでしょうか? どうか宜しくお願いします。

  • 体外受精について

    体外受精について 体外受精について  人工受精で妊娠の経験がありますが、流産してしまいました。今月、体外受精にチャレンジし、今日、採卵をしました。卵子は、4こ摘出されましたが、2こが成熟卵でした。卵の数てきにも、妊娠は可能でしょうか? 移植までに生活面で気をつけることはありますか?

  • 卵子の単為発生について

    質問です。  体外成熟培養により得た成熟卵子をストロンチウムにより活性化させて単為発生を起こし、発生能を見ようとしています。 しかし、ストロンチウム+サイトカラシンB in CZB - Ca2+ free にいれると2時間ほどで大半の卵が死滅してしまいます。排卵卵子ではそのようなことが起きませんでした。 体外成熟卵子とはそういうものなのでしょうか? もし似たようなことをなさっている方がいましたらアドバイスをいただけませんでしょうか。お願いします。

  • 採卵したらすべて未成熟卵でした

    30代前半です。不妊治療歴は4年ほどになり、いよいよロング法での体外受精にチャレンジしました。 ≪D15の診察≫ D17の採卵予定だったが、1個以外卵が大きくなっておらず採卵予定日を伸ばす フォリチズムの量を増やし、D15・D16と注射を続ける。 ≪D17≫ 卵胞が26mmのものと、20mm超のものが3~4個見えたので、夜にHCGを打ち二日後に採卵する。    ≪D19≫ 静脈麻酔により採卵。6個の成熟卵が取れたと言われる。 しかしながら、D20の受精報告で、なんと6個が6個とも未成熟卵だったので、受精すらできなかったと言われました。まさかこんなことになるなんて思ってもおらず、ショックで仕方ありません。 先生からは、こんなことはとても珍しいので、驚いている。次回は違う誘発方法で。。。とも言われましたが、今はそんなことを考える余裕すらありませんでした。 卵胞は十分な大きさなのに、すべてが未成熟卵だったということはありえるのでしょうか? そして今まで妊娠できなかったのは、普通に排卵していたと思っていたけど卵が十分でなかったからなのでしょうか? 実は私は内膜が薄めでずっと気にしていました。それも関係ありますか? もう一つ質問は、またすぐに誘発方法を変え採卵した方がいいのか、それとも体質改善をしていい卵を作れるようになった方がもしかしたら妊娠できるんじゃないか?とも思えてしまっています。 いい卵子を作るような改善方法を知ってらっしゃいましたら、どうか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 初代細胞培養

    黄体細胞を初代培養したいのですが、組織を濾す金属メッシュ?(論文では80μ)を使うようです。 しかし、今の研究室では初代培養は行っておらず金属メッシュがないそうです。 一般的な分子生物・卵子を扱うラボにある代用品として、使えるものはあるのでしょうか??

  • 本日採卵したのですが、卵が3個しか採れませんでした

    私は27歳です。 今のところ分かっている主な原因は男性因子(精子が少ない運動率が悪い)と先生には言われています。 人工授精に4回失敗し、OHSSの兆候があった事も含め、方法としては、「クロミフェン5日間、隔日でHMGの注射を4本(簡易体外受精)」の方法で、本日採卵しました。 卵は15個位あったのですが、20mm以下のものも多く?3個しか採れませんでした。 ロング法などに比べて、簡易法だったのでそんなに沢山は採れないとは思っていましたが、まさか3個しか採れなかったという現実にショックを受けています。 また、培養士が言うには、成熟しているかどうかがまだわからないので、顕微受精できるかわからないとの事でした。 (精子の状態があまりよくないので顕微にする事は最初から決めていました) 成熟した卵にしか顕微はできないのは聞いていましたが、成熟しているかどうかは、採卵した当日すぐに分かるのではないのでしょうか? 他の方のブログなどを拝見していると、「○個とれて、うち△個が成熟してた」とか書いてありましたので・・・。 あまり良い卵じゃなかったので、にごしてそういう言い方をされてたのでしょうか・・・。 明日の正午に受精したがどうかの返事があるのですが、いまものすごく不安です。

  • 卵子の成熟度

    体外受精しました。 受精率が悪いと言われました。 今さらですが、もしかして卵子の成熟度が悪かったので受精率が悪かったのでは・・・と心配になりました。 最後のエコーで最大16ミリの卵胞がたくさんありました。でも11ミリ~13ミリの卵胞もたくさんありました。(4/9) 次の日の夜、HCG5000を注射しました。(4/10) そして4/12の朝8時に採卵でした。 一気に卵胞が同時に育つことはないのでしょうか? 理想は何ミリの卵胞がいくつできた時にHCG打つのが最適なんでしょうか? 理想があれば教えてください。

  • 体外受精での採卵、その他について

    いつもお世話になっております。 昨日、二度目の採卵に臨みました。 病院へ行くまでにまだ日にちがあるため、ちょっと疑問に思った事を 参考までにこちらで質問させてください。 1)採卵前のエコーでは10個ぐらい採れるかな?と言っていたのに、実際に採卵できたのは8個でした。 これは、空胞があったということでしょうか? 空砲の有無は確認した方が良いのでしょうか? 2)成熟卵の率は、平均的にはどれくらいなのでしょうか? 私の場合、前回は12個中6個が成熟卵で50%、今回は8個中6個が成熟卵で75%でした。 前回は明らかに成熟卵が少なすぎると言われたのですが、今回は、これが普通くらいと思っていても良いのでしょうか。 3)受精率は、平均的にどれくらいなのでしょうか? 我が家の場合、男性不妊のためすべての成熟卵を顕微受精させているのですが、前回も今回もすべて受精が確認できました。 受精率が良いということは、卵子や精子に特に問題はないだろう・・と思っても良いのでしょうか。 それとも、顕微受精すれば100%受精するのが当たり前なのでしょうか。 受精率というのはその後分割が進んだ状態で初めて判断するものなのでしょうか。 採卵の翌日に受精が確認できたくらいで喜ぶのはまだ早いのでしょうか。 4)これが一番疑問なのですが、採卵翌日の今日は、まだ黄体ホルモンの注射も飲み薬も服用していないのに、きちんと基礎体温が高温になりました(36.75℃)。体外受精で採卵した場合、黄体ホルモンが自力では出ないと思っていたので高温になるのが不思議です。 高温期は、胚移植後に飲み始める黄体ホルモン剤で高温が維持できるものだと思っていたのですが、間違いですか? ちなみに、採卵前に一つ二つ排卵してしまった可能性は無いといわれています。 どれか一つでも分かることがありましたら、ご回答を宜しくお願いいたします。

  • 体外受精について

    体外受精を検討しております。 現在通っている病院が以下のような考え方なのですが、これは正しい事なのか、 他の病院ではどのような考え方なのかを知りたくて質問致します。 専門の方、体外受精を経験された方、もしくは検討された方の体験談、 ご意見等をお聞かせ頂けたらと思います。 また、体外受精に関してお勧めできる病院(関東圏内)がありましたら 教えて頂けると助かります。 1.体外受精の成功可否は卵子の質で決まる 2.タイミング法や人工授精に比べ体外受精は(受精・着床に関して)運の要素が絡まない 3.卵子の状態が良ければ1度で成功する。(逆に卵の状態が悪ければ、何度実施しても無駄) 4.妊娠まで複数回体外受精を実施した事例があるが、これは設備や術者の技術的にレベルの  高くない体外受精の為、成功可否に運の要素が絡んでくるからである。  (複数回実施して成功した場合でも、正しいやり方であれば最初の1回目で成功していたはず) 5.排卵誘発剤を強めに使用して多数(10個以上)卵を採取する病院もあるが、これはたくさん  採取される患者にも負担がかかる。  多く取れれば成功率が上がるわけではないので、卵は1つ(多くても3つ)あれば十分。 6.成功率は、35歳で40%、38歳で10%、40歳を過ぎるとほぼ0