• ベストアンサー
  • 困ってます

隣の土地の整地での擁壁の設置について

 斜面に並ぶ未整地の住宅地です。私の住んでいる所の上の土地が整地されて分譲住宅が建てられることになりました。整地すると高さが約1m高くなりますので、境界に先方が擁壁をつくることになりました。  先方が言うのには、砂防法云々、、高さ約1.5mのコンクリート横の長さ約10mの壁を作る。そのために当方の土地も削らなければならない、迷惑をかけるのでうちの土地に水が流れる側溝を作ってきれいにしてあげるということで、承諾書を持ってきました。  考えてみると、擁壁には水抜きの穴が多数あいているのでおそらく水が流れるでしょう。その水を流すためにうちの土地に溝を作ると言うことですが、先方から出る水の処理はすべて先方の土地の中で行うべきではないでしょうか。先方の水の処理をなぜうちの土地でしなければならないかと思ったら、腹が立ってきました。  印鑑は絶対に押さない、擁壁からでる水の処理まで含めて、全部先方の土地の中で行い、一切当方の土地には手を付けない、水も当方の土地には流れないようにすることを主張しようと思います。そもそも隣に家が建つのに、なぜうちの印鑑が必要なのでしょう。  いかがでしょうか。アドバイスいただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数4823
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • junkg7
  • ベストアンサー率26% (90/342)

土留工事に於いて水抜きパイプは概ね2箇所/m2、必要に応じ配置する様になっています。 排水が隣地に流れる事は当然問題があります。 隣地側に排水溝を布設する事は擁壁設置側の横暴とも言えるでしょう。 高低差が1.5m程度であれば、湧水量も限られると思われます。 降雨時に飲み込めないのであれば、宅内の表面排水を検討すべきでしょう。 この様な問題を少なくする施工方法として、裏込砕石の中に湧水パイプを布設する方法があります。 通常の降雨程度であれば十分排水は見込めるでしょう。 但し、安全の為水抜きパイプは省略できません。 一般に言う大雨の時にはそれらから水が出ることはあるでしょう。 貴方様のご立腹はごもっともです。 どうしても排水溝を設ける時は擁壁所有者の敷地内に布設すべきです。 掘削工事は致し方ありませんが、基礎など埋戻す事により見えなくなる部分に於いても越境は許されない事をご認識ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。  最初から当方に排水溝を作る話を持ってくる業者なので、降雨対策も心配になってきました。大雨時に溢れた水が当方に床下浸水したら、、と心配です。 交渉時に聞いてみます。  もしさらにもめた場合にこういう事を専門家に相談するとしたら、実際にはどういうところに相談したらよいのでしょう。

関連するQ&A

  • 擁壁の水抜き穴について

    新築される斜面の下の方から「擁壁の水抜き穴を埋めたい」と言われました。 素人的に考えても埋める事はあまりよくないように思えます。 しかし、色々調べていると自然な水の流れはよいが、人口的なものはダメなようなことが書かれていました。 擁壁の下には側溝があり、境界線は側溝の真ん中となっています。この場合でも、排水することを斜面の下の方が拒むことはできるのでしょうか? 水抜き穴から多量に水が出て迷惑が掛かるようであれば、水抜き穴からパイプで側溝へ導けばよいのかなと思っているのですが・・・この場合でもだめでしょうか?

  • 斜面の土地の整地での擁壁の建造について

     斜面の上に土地と家屋を持っています。ひと続きの斜面の下の土地が業者に売れて整地されることになり、家に業者がやってきました。擁壁(崖崩れを防ぐ高さ約3メートルの垂直の壁)を作るにあたり、私の土地を境界から1メートル幅で深さ4メートルくらい削り、逆Tの字型のコンクリート建造物で垂直に壁を作り、私側の土地は再び埋め戻すという説明でした。逆Tの字の一部は私の土地の下に入り込むわけです。もちろん全額相手の負担です。  仮に埋め戻すにしても、私の庭の一部が傷つけられるわけです。理不尽な提案だと思います。すべて下の土地の中で壁を作ってもらうのが筋だと思います。自分の土地の中に相手の建造物が入っていれば、私側の土地の価値も減るかも知れません。  法律的には、斜面の土地を階段状に整地する場合、擁壁の作成方法、その費用負担、境界から壁面までの距離はどのように決められているのでしょうか。私の土地を削る法律的な義務がありますか。高圧的な相手ですがどのように断れば良いでしょうか。もめた場合には、どこに相談に行くとよいでしょうか。他に気をつけることはあるでしょうか。  よろしくお願いいたします。  

  • 擁壁の水抜き穴と側溝について

    前回も擁壁の件で色々教えていただきありがとうございます。 擁壁の水抜き穴の件で教えてください。 一般的に,家同士の境界で利用される擁壁には水抜き穴を付けずに,それぞれの敷地内で水はけを考慮して排水し,水抜き穴を擁壁に付ける場合は,水抜き穴から出てきた水を処理するために擁壁の下に側溝を付けるのが一般的なのでしょうか? 水抜き穴が擁壁にあるけど,流れ出た水は隣の敷地内に流れたままの擁壁工事は工法として、おかしいのでしょうか? 道路とかに面した擁壁の場合は水抜き穴だけで側溝などは付けないが,家同士の境界の場合は水抜き穴を付けた場合は側溝を付けるのが普通だと聞いたのですが・・・。 っというのも我が家の東側の擁壁が水抜き穴があり,側溝がついておらず,うちの庭にチョロチョロと水が流れてましたが,先日お風呂の栓が抜けたように大量の水が流れ出してきました。 このような工法が問題なら何とかしてもらおうかと思い,質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

2です。 当方、砂防法の規制区域内での設計、施工の経験が余り無く、この点は自信のある、お答えができません。申し訳ありません。ただ、本ケースで砂防法が関係するとは思いにくいのですが。http://www.tatsuwa.com/consulting/setsumei/h0030.htm 当事者間で、もめてしまった場合の相談先としては、 ・役所の宅地造成等や建築確認を扱っている部署があります。行政ですので、原則、民事間の調停はしない(出来ない)のですが、技術的なアドバイスは得られるはずです。 ・行政でも、民事介入が許される部署として、消費者センター等があります。 ・もっとも、民事調停、もしくは民事訴訟として弁護士に頼る手もありますが、先方の圧力は相当のものでしょうし、相当の示談金での解決を示してくるかと思います。 ※砂防法の規制区域内かどうか、それに基づく許可の要否は、所管の役所に問い合わせれば、答えてくれるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • kutugen
  • ベストアンサー率66% (76/114)

ANo.2の方と同意見ですが、一つだけ申し添えさせて頂きます。 >水も当方の土地には流れないようにすることを主張 「雨水も一切ウチの土地に流れ込む事は許さん」というお考えでしたら無理があります。 と、言いますのも民法には承水義務というのもありまして...  ・民法214条(自然流水の承水義務)    土地の所有者は,隣地から水の自然に流れて来るのを妨げることはできない。 直接、貴方の土地に雨水が流れ込む構造物を設けるとか建築関係法令に違反した施工を行ったとか、 そういった不法行為が無ければ雨水などの自然な流水は甘受する義務があるのです。 まあ、交渉戦術として最初は「雨水も一切ウチの土地に流れ込む事は許さん」と主張するのもアリかも知れませんが、 あまりに固執して相手を追い詰めれば訴訟という形で反撃されますので、ご注意を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。相手方は、、砂防法云々で隣接する土地所有者の承諾書の印鑑は必要と言いますが、そうなのでしょうか。別の隣接する土地の造成の時にはそんな書類は一切ありませんでしたが。

  • 回答No.2

その承諾書には、納得が行くまでは、絶対にハンをつかないべきです。 先方の言い分には、幾つか法に触れる部分があります。 建築基準法19条3項 建築物の敷地には、雨水・・排出し、または処理する・・・・施設をしなければならない。 通常は、隣地へ雨水等を流出させないようにしなくてはなりません。つまり、先方の土地内で雨水を処理し、下水なりに放流すべきなのです。 宅地造成等規制法 宅地造成する際の擁壁の構造、水抜き、雨水の処理について規定されています。同法施行令10条に水抜き穴、13条に必要とされる排水処理方法等が規定されています。同法では、適切な方法によれば隣地を介して、排水しても構わないと解せますが、一方、民法209条に隣地の使用請求というのが有ります。 要約すれば、土地所有者は、隣地の使用を請求できるが、隣地所有者の承諾を要する、です。 さらに、民法216条には、水流により自己所有地に被害をこうむった場合、または損害が及ぶ恐れのある場合は、適切な処置をさせることが出来る旨の規定もあります。 仮に、質問者様が、これら全てに納得されて、承諾したとしても、擁壁の水抜き穴は、早期に目詰まりを起こす可能性があります。その際の、土圧は、通常の土よりはるかに大きくなります。これも踏まえて、擁壁の構造計算が必要なのですが。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解説をどうもありがとうございます。  目詰まりのことや、構造計算、大雨の時の対策なども検討事項ですね。  まずは当方には溝を作らせず、相手の土地の範囲で水の処理をするように要求します。  砂防法云々の法律のために、当方の承諾書は必須だというのは本当でしょうか。

  • 回答No.1
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 基本的に宅造擁壁の前面排水は、擁壁の所有者の敷地内で収めるべきです。ただし、その排水溝の維持管理も擁壁の所有者側で行うことになりますが、そのためには隣地の敷地内に入る必要が出てきます。  その排水溝に土砂などが堆積して水があふれ出したとき、その土砂の除去などのために隣地に入り込まなければならなくなるので、その点について承諾を得る必要が出てきます。  次ぎに擁壁の施工時についてですが、設置するためには擁壁の前面側もある程度掘削しないと行けません。「そのために当方の土地も削らなければならない」と先方が言われているのもそういう意味でしょう。従って、「一切当方の土地には手を付けない」というのは不可能です。  又、「水も当方の土地には流れないようにすること」についても技術的に不可能でしょう。土中に浸透した雨水は速やかに排出しないと、その分増加した重量に擁壁が耐えられなくなり、擁壁の転倒などが発生する恐れがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土地の擁壁について

    造成地の擁壁についての質問です。 現在建築中なのですが、造成地に雨水が流れやすいように西から東へ全体的に傾斜がついています。 自分が買った土地が一番低い場所で、西側の土地の水が入り込んできてしまっています。 各土地ごとの境界(北と西側)に擁壁はなく水をせき止める方法がありません。 そこで質問なのですが、我が家の西側を購入される方の雨水が入り込んできそうなのですが、西側の方に擁壁(雨水が入り込まない程度の高さ)を作ってもらうことは可能でしょうか? 住宅屋さんに聞いたところ、土地の高さの高いほうが低いお宅に迷惑のかからないよう擁壁を作るのが住宅業界の暗黙のルールだとは言っていたのですが。 そんなルールあるのですか? はじめての書込なので、うまく表現できませんが教えてください。

  • 擁壁の水抜き穴の雨水の行方

    うちの裏の10~20mほどの小山の斜面に擁壁を作っています。 県が費用の大半を負担してくれます。 うちの土地は斜面の下からになります。 斜面の土地は他所の土地でしたが県に提供されています。 うちも側溝の幅を県に提供しました。 裏山の頂上には墓地があります。 擁壁には水抜き穴があります。 そこから出てくる水は裏山の雨水ということになりますが、 その水を側溝を引っ張ってうちの畑に浸透させるという話になっています。 基本的に自分とこの水は自分とこに浸透させるというみたいですが、 うちのケースはやむをえないのでしょうか? うちの前の道は細く排水設備はありません。

  • 宅地擁壁と側溝について

    今度うちの畑を地目変更して家を建てる予定をしていますが、そこで下の宅地と2m程度の落差があり、擁壁が必要です。 そこで擁壁を作った場合に壁に水抜き穴を設置した場合水抜き穴の真下に側溝を設けなければならないのでしょうか?もちろん擁壁は境界沿いに設置する予定です。 側溝を設置しなければならない場合その分擁壁を控えなければならないのでしょうか? もし側溝を設置してもその水を排水させる場所がありません。その水を流す為他人の敷地に側溝を設置して何十mを設置すれば可能ですが、現実的に無理です。このような場合どう対応すればよいでしょうか?

  • 擁壁の水抜き穴から水が常に出ています

    10年ほど前に父が土地を買ってそこに賃貸マンションを建てました。 その土地はもともと印刷工場がありました。 隣は畑で野菜を作っている土地があって、そこから1mくらいの高さで擁壁があります。 その擁壁の水抜き穴から水が、ほぼいつも出ています。 100m位東に川があり、すぐ北側は用水路があります。 水抜き穴から常に水が出ているので、今更なんですが、大丈夫かしらと思ってしまいます。 これはよくあることなんでしょうか? それとも、何かしら調べてもらったほうがよいのでしょうか。 よろしくお願い申し上げます。

  • 擁壁から雨水がしみ出ている

    9年前に斜面を造成して建てた家ですが 最近隣の擁壁と我が家の擁壁の隙間から 水が出ています。今までそんな事がなく 雨が降るとジメジメとしています。 山からの水の通り道が変わったのか 少し離れた水抜き穴からも今まで以上に水が出ています。 隙間から出ている水をどうにかしたいのですが...良いアドバイスをお願いします。

  • 【至急】擁壁の水抜きに関して

    はじめまして。 現在、高さ2メートルくらいの擁壁(うちの所有)の前に家を所有しているものです。 その擁壁の上の部分は、別の方の所有ですが、その擁壁の水抜き穴から出てくる雨水に困っています。 ・下に敷いている砂利は流される ・水抜き穴から土まで流れ出てくる ・水の勢いがひどいため、土がえぐられ、マンホールのふたまであいてしまう。 擁壁は、総長さ100メートルくらい(うちの家の所有の擁壁は15メートル)、高さ2メートルくらいあります。 被害は、うちを含め数件です。 どのようなことをしたら水抜き穴からの雨水を減らせるでしょうか? 擁壁の上の土地の所有者に、被害を訴えてはいますが、 こちらからも、こうしたほうがいいのでは…と、知恵をつけたいので、 ご教授願います。 なにかアドバイスをいただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 土地の擁壁について

    建築関係、土木関係、専門の方教えて下さい。 勉強不足で分からず、教えていただきたく、投稿しました。 よろしくお願い致します。 土地の擁壁に水抜き穴がないのは建築基準法に違反しますか? 擁壁は見えているところから測ると、高さ2mを少し切る高さです。 宅地造成規制法の適用がない区域です。 自治体で特別に何か規制されている地域でもありません。 県の担当課に問い合わせると「どちらかといえば違法で、是正はしてほしい」と言われました。絶対に直しなさいという強制力はないようです。

  • 整地料っていくら位かかるものでしょうか?

    整地料っていくら位かかるものでしょうか? 古い住宅造成地の1区画43坪の土地です。前の持ち主は家庭菜園として使用していたようで現在も作物と畝が残っています。ここに家を建てるにあたり事前に整地する必要が出てきました。土の搬入搬出は不要で、擁壁をいじる必要もないようですが、土の表面をならし、小木や生垣を処分する必要があります。処分する植物の量は10立方m程度です。この場合、業者に支払う整地一式の料金はどれぐらいでしょうか?

  • 擁壁が高く盛土が多い土地の購入検討について

     立地や眺望がよい事から建売住宅の購入を検討しているのですが、その土地は元々大きな斜面状の土地を段々に造成しており、購入を検討している号地については、南面に5m程度の擁壁をたて、擁壁付近は東西に2m~4m程度盛土をし、その他全体は約1~2mの盛土となっている模様です。  元々その土地周辺の土壌が岩盤質で、その号地は周辺を整地した時に出た土や砕岩を盛土しているうえ、改良材を加えてしっかりと転圧をかけているので業者の方は心配ないと言われます。  その盛量が多い事や場所による土台の深さが違う事による不同沈下や擁壁が高くその耐久性等を不安に思っています。  JIOの検査を終えているとの事ですが、可能であれば購入前には一度、個人的に表面波を使った地盤調査をしてみたいと思います。  前向きに購入を考えておりますので、何か不安材料を打ち消す方策等ありましたらアドバイスの程、よろしくお願いいたします。

  • 擁壁の所有者は誰?

    土地の値段をいろいろ見ていて住宅都市整備公団が造成した大規模の住宅地が目に止まりました。高さ6mもの垂直の擁壁が50mほど続いていて、その擁壁に5件並んだ敷地が面しています。そのうちの一区画です。この擁壁は誰のもので、誰が維持管理するのでしょうか? いつかはこの擁壁にも寿命が来ます。その時の擁壁の工事費は莫大です。そもそも自分の敷地に面するところだけ壊してやり直すこともできないでしょうし、かといって両隣と示し合わせてやり直すのも事実上不可能です。マンションのように全員が合意してやり直すというような法律の規定でもあるのでしょうか? 擁壁は少しだけ設計をかじったことがありますが、50mの擁壁を連続で打たず、伸び縮みを考慮して15mぐらいで一度切って打ち継ぐのは知っています。しかし敷地の区画ごとに切ってあるとは思えません。 この擁壁は一軒一軒が自分で建てた擁壁なら各々が自分で維持管理するのはわかりますが、事業者が大規模な宅地造成をした場合はこの擁壁は誰のもので、誰が維持管理するのでしょうか?