-PR-
解決済み

青色申告決算書について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.40100
  • 閲覧数618
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 81% (27/33)

確定申告の季節で、今必死に青色申告の決算をしているところですが、貸借対照表の記入の仕方でわからないところがあります。事業を起こすときに資金を自分の生活費から捻出しました。この場合、事業主からの事業主借となると思うのですが、青色申告決算所の貸借対照表を見ると、負債・資本の部の期首の欄の事業主借の欄には斜線が引かれてあって、記入できないようになっています。どうすればよいのかわかりません。
又、事業主借は年越しをすることができるのでしょうか。元入金とは何のことなのでしょうか。
勉強不足で質問の言葉も正確かどうか不安ですが、お分かりになる方がいらっしゃいましたら回答ください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 62% (18/29)

こんにちは。
起業されてから初めての申告と仮定して回答致します。そうでなかったらごめんなさい、補足なさって下さいね。
「事業を起こすときに資金を生活費から・・・」という、その資金(会社組織だったら資本金ですね、いわゆる元手です)が元入金なのです。
事業主借というのは家計から借りたお金(起業の時の元入金を除きます)、事業主貸だったら逆に家計へ持っていったお金のことです。
期首の事業主借の欄に斜線が引いてあるのは、決算(申告のための数字を決める作業。個人事業主なら12月31日が決算日です)の時に元入金に含めてしまうからです。つまり繰越はしないのです。
2年目のアタマ(期首)の元入金は、
起業時の元入金+初年度の事業主借-同じく事業主貸+初年度の利益(あるいはマイナスで初年度の損失)になります。
言いかえれば、初年度に、
起業の時に生活費から捻出した元手+その後に家計から追加で借りたお金-生活費として家計に渡したお金+儲かった分(またはマイナス損した分)
が2年目の期首の元入金です。
こんなところでいかがでしょうか?
お礼コメント
qtarou2001

お礼率 81% (27/33)

おかげさまで、何とか無事に確定申告を済ませてきました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-02 21:14:12
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 元入金とは、「資産」から「負債」を引いた事業主の本当の財産で、事業主借に相当するものです。 参考URLを見てください。 ...続きを読む
 元入金とは、「資産」から「負債」を引いた事業主の本当の財産で、事業主借に相当するものです。
参考URLを見てください。
お礼コメント
qtarou2001

お礼率 81% (27/33)

とても参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-03-02 21:15:31


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ