• 締切済み
  • すぐに回答を!

就職氷河期世代が生まれた原因は?

多少誤差があるとは思いますが特に1971~1981年生まれの人達が酷い氷河期だったと思います。 それに比べて今は超売り手市場であり学生によっては3回生のうちに5社くらい内定を貰い就職活動を終えていたりすると聞いたりもします。 ただ生まれた時期が10年違っただけでこの違いは何なんだろうと思います。 この原因って人から聞いた感じでは以下の2点が大きいのかなと思わされました。 (1)バブル崩壊のツケ (2)団塊の世代が多すぎたから 私は突っ込んだ事はわかりません。 わかる方教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数1429
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.10
noname#94334

高度成長があったから見比べる おれはこうだったのに なんでおまえはこうじゃないのかと。そこでズレている 世代間の感じ方の差異だな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 就職氷河期って・・

    来年、就職をひかえているものです。活動していて、疑問に思ったのですが、 就職氷河期と呼ばれていた時代(過去10年くらい)に就職状況にあまり影響がなく 新人を採用していた業種というのはあったのでしょうか? 私は電気電子の学科に所属していますが、例年90%前後の内定になっています。 先輩たちに伺うと、エネルギー関係(関西電力など)や電気電子系の業種は 氷河期の時代でも需要はそこそこあったみたいなんですが・・・

  • ゆとり世代は氷河期世代より平均所得が高くなる?

     現在30代のいわゆる氷河期世代は新卒時に就職難だったため、収入が低いとよく言われます。いっっぽう今の20代は就職が楽で、'05-'09年卒あたりは内定率が高く売り手市場とも言われました。その後リーマンショックで氷河期再来がありましたが、最近の'12-'15年卒あたりは就職状況が良くなっているようです。  ということは今後10年ほどしてゆとり世代が30代に入れば、現在の30代に比べて平均所得が高くなるのではないでしょうか?  

  • 就職氷河期のなかでとくに悲惨だった年はいつですか?

    知人は2003年の春に新卒の就職活動をしてたのですが、 銀行の不良債権などが話題になり、大手銀行でも株価が急落しつぶれるんじゃないかと言われ、その年に日経平均株価が史上最安値を更新し、業績悪化で大手企業も採用を手控え、非常に採用予定者数の枠が小さかったそうで、10月の大卒内定率も60%程度というきわめて深刻な年だったと言っていました。その人はなんとか就職できたのですが 就職氷河期のなかでもおれが就職活動してた年が一番最悪だったはずだと言っていました。 他にもいろいろ複数いつの年が悪かった・・などとよく聞きますが とくに状況が悪かった年はいつなんでしょうか?

  • 回答No.9

一番の理由としては、企業の計画性が皆無だからです。 結局、バブル期にやたらと人材を取り、崩壊後、今度は人あまり。そのため、新卒採用を控えました。そして、再び景気が回復基調になり、また、団塊世代が退職を迎えた昨今、新卒採用を激増させました。 日本で新卒一括採用が主流なのは、「社員の年齢構成を偏らせないため」などと言われていますが、実際には全くのウソです。 ただ、ここにはさらに、政治や労働団体の問題が加わります。 労働団体は、この時期、何をしたのかと言えば、「今いる正社員の保護」を中心に求めました。そのため、余計にこの世代の若者が正社員になることが難しくなりました。 また、この間、政府もまた、派遣業の解禁などを行いました。正社員になれなかった若者は、食べるために、ここに登録しました。しかし、これにより、企業としては安く便利な労働力が手に入るため、余計に新規採用が控えられるようになったのです。 昨今、言葉の定義すら知らないくせに、「ニートやフリーターはたるんでいるから」と言う自称・論者がいますが、そもそも構造的な問題があります。 しかも、政府などはその問題について未だに自覚していない面があります。例えば、政府が作っている「若者自立塾」などは、「若者の根性を叩き直せば良い」と言う妄想によって運営されています(実際、ある調査によれば、ここの塾生で就職できたのは8%に過ぎません) 第一の原因は、企業の計画のなさでしょう。しかし、それを労働団体、政府などの無知がより悪化させたことは無視できないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
noname#57957

少し前に人材派遣のグッドウィルで仕事をした時のことです 同じ職場に派遣された方が丁度その年代で大卒なんですが、そんな話題になった事があります この世代の方にとっては出会い頭の事故と言うか運と言うしかありません 徐々に景気が後退したのではなくまさに急落だったので信じられない状況だったそうです 景気と言う自分の努力ではどうにもならない世界に翻弄されたといっていました たまに正社員の募集があっても最終学歴を高卒にしないと採用されないとかの話も聞きました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • saiver
  • ベストアンサー率25% (17/68)

私 もろ氷河期世代です 一番大きいにはやっぱ1でしょうね 学校に来る求人票が半分以下になってましたし、 うちの学校に来るほとんどが飲食業ばっかりでした。 でも、その中でも一番の被害者は短大、4大卒の女性達でしょうねぇ 4、5社落ちるのは当たり前で私の知り合いは大学卒業したあと 就職決まらなくてさらに専門学校へ行きました。 回答になってなくただの愚痴ですね、すいません。、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • jamiru
  • ベストアンサー率5% (170/3044)

1:人材の有効活用がアホだった。 この頃の人事の話を聞くと、新入社員をコレクションのように自慢しあってましたから。 こんな人事をおもちゃにしか思ってない連中がいるから。 官僚も人事権をおもちゃにして支配していますからね。 不況になると不平不満分子が増えてきますからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

> (1)バブル崩壊のツケ バブル時代、各地に新しい工場や支所を立ち上げると共に、国内だけでやっていたところも海外に進出しようとしました。 これらの事業拡大に伴い、大量の人員を入社させました。 その後バブルが崩壊し、新しく作った事業所などは閉鎖し、海外事業も放棄しました。 これに伴い、そこで働いていた人員等を再配置しようとしましたが追いつかず、かなりの人員を辞めさせたり子会社等に出向させました。 今居る人員でも多すぎる状態なので、新規採用はほとんど行いませんでした。 > (2)団塊の世代が多すぎたから 団塊の世代はこれから大量に定年退職していきます。 現在最低限の人員でやっているのに、ベテランが大量に辞めていくのですから、そり補充が必要です。 ベテラン一人は新人二人分くらいの仕事ですから、新人を辞めていく人数以上とる必要があります。 また、ベテランは高給ですから、新人の方が人数が多くても安くなる場合もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

まさにその世代ですが、一言でいえば「運が悪い」に尽きるのではないかと思います。 まず、この世代は第二次ベビーブームの最後くらいにあたる世代です。ですから、前提として「絶対数が多い」というのがあります。そのため、この世代(客観的にいうためあえて「わたしたち」という表現は使いません)の不運の最初が「受験戦争」でした。 絶対数が多いため大学に受験生が殺到しました。ですから、この時代は今より各大学の偏差値が5~10は高かった(安定して高い超難関大学は除きます)のです。日本大学が偏差値60くらいの学校になっていましたからね。どのくらい受験戦争だったかというと、専門学校さえ人気の専門学校は難関だったくらいです。今は専門学校が受験生を落とすなんて考えられないでしょ。 この世代のさらなる不幸は、ちょうど中高生のときにバブルがまさに頂点に向かおうとしていた頃だったということです。当時の大学では、就職なんて楽チンの極みでした。どのくらい企業が学生をちやほやしたかというと、卒業旅行の費用を内定先の企業が持ったり、新入社員研修を海外でやったりというくらいです。最近の就職戦線も売り手市場といわれていますが、こんなバカなことをやる企業はさすがに滅多にありません。 ですから、この世代は「とにかく大学に行きさえすれば内定が山のようにやってきて人生ウハウハ」と散々たきつけられたのです。ですから、2浪して大学に進学する人も珍しくありませんでした。実はこの選択が後のさらなる不幸を呼ぶのです。 この世代が大学生活を終えようとした頃、世間はバブル崩壊の真っ最中にありました。人件費コストに悩んだ各企業は、対策として「新規採用を控える」という選択をしました。そのため、ちょうどこの世代が大学を卒業する頃、就職市場は氷河期に入ったのです。 なにしろ人数の絶対数が多いのに、就職先の絶対数が絶望的に少ない。ですから、多くの人たちが就職できずにフリーターにならざるを得なかったのです。 ですから、この世代は「フリーターはモラトリアム人間だ」といわれるのがとてつもなく腹が立つのです。別に就職したくないからフリーターになったんじゃありません。就職先がなかったのです。 団塊の世代の問題が出てくるのは最近です。なぜなら、就職氷河期世代はいわゆる「団塊ジュニア」で、多少の誤差はあれ、就職氷河期世代の親が団塊世代なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • mat983
  • ベストアンサー率39% (10265/25670)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B1%E8%81%B7%E6%B0%B7%E6%B2%B3%E6%9C%9F (1)1990年1月より株価の暴落が始まり。 (2)人口が多い第二次ベビーブーム(団塊ジュニア)世代が大学を卒業。 この2つが重なった事が原因です。 企業業績が悪化しもたつく間に、大量の就職者があれば、当然、就職できない新卒者が大量に発生します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

時代が遡りますが昭和40年代の高度成長期の後半、団塊世代が就職期を迎える頃には青田買いといわれて売り手市場でした。 そうやって社員が増えた頃にオイルショックが日本を襲い就職氷河期がありました。 同じようにバブル期にはとにかく人が足りないということでやたらに社員を採用しまくった時期です。 その後バブル崩壊によって人が余っても簡単に首を切れないので新卒の採用を控えざるを得なくなったわけです。 今回の売り手市場は段階の世代に大量採用した社員がごっそり抜けるためにとにかく人手がいないということでしょう。 企業のほうにも計画的な採用ができないという落ち度がありますが日本の労働に関する法律がとにかく社員という既得権者に手厚く出来ているので駄目な社員の首を切って定期的に最低限の新卒を採用するという柔軟性にかける面が有るのも一つの原因でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#58692

まずはバブル崩壊のツケが大きいですね。 失われた10年はやるべきことをせずに とにかく企業が生き残るために息をひそめていた時期です。 日本中が縮こまっていたといえるでしょう。 今までなら、多少の不景気でも 年齢の不均衡を極力減らすために、そこそこの人数を とっていた企業でさえとらなくなった。 正規雇用を極力減らして、派遣社員やアルバイト・パートで 凌ごうとする環境が整ったこともあるでしょう。 実は派遣業法の改正も大きな要因だと思います。 この時期の一番の被害者は終身雇用や定期昇給が続くものと信じて、 長い期間のローンを組んだ中高年層でしょう。 借金が残って、首を切られたもの、給与を激減されたもの、 高い自殺者の割合を見ても、ホームレスに多い層を見てもあきらかです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 就職氷河期について

    とても恥ずかしい質問をします。 下記のコピペがいまいちよく分かりません。 -----------------------------コピペ----------------------------- 【これから真の就職氷河期がやってくる】 新卒求人倍率 1992 2.5 ←バブル崩壊 1993 2.0 ←バブル崩壊 1994 1.6 1995 1.2 1996 1.1 ←大手金融機関の破綻 ----------------------------------------- 2008 2.2 ←サブプライムローン問題 2009 2.1 ←リーマンブラザーズ破綻 2010 1.6 ←今ここ(過去15年で4番目に良い超売り手)★ 2011 0.8~1.2(予想) ←現在の大学3回生☆ 2012 0.7~1.1(予想) ←現在の大学2回生☆ 2010年3月卒業予定の大学生・大学院生に対する求人倍率は1.62倍(超売り手) http://mainichi.jp/select/biz/news/20090414k0000m020036000c.html マスコミの煽りも虚しく、10卒の有効求人倍率は過去15年で4番目に良い数字だった。 しかしこれは団塊世代退職補填のタイミングが重なったからであり、さらに補填は今年で完了したため、来年以降は厳しくなるだろう。 ☆公務員に関しても団塊世代退職の補填は今年で終了するため、来年の公務員試験は驚異的に難化する可能性が高い。 ----------------------------ここまで---------------------------- 倍率というのは低いほどいいんですよね? この就職氷河期がくるという年度の予想倍率が0.8~1.2なんですが 1倍程度ならほぼ全員が受かるということではないのでしょうか。 バブル崩壊の年度でも倍率2倍とたいして高くないのも気になります。 詳しくお願いします。

  • 就職氷河期に就職活動をされた方に質問です

    今就職活動をしているものです。 専門学校の2年生で3月から活動し始めました。 今まで5社程面接を受けましたが面接に慣れていなくて緊張してしまい印象良く受け答え出来なかったり、ようやく面接に慣れてきて印象良く出来でも企業が求める人物像とは違い(体育会系の女子が良いなど)不採用だったりと精神的にもへこたれてきました。 そして気づけばもう7月です。もしこのまま就職できなかったとしたら…との不安がいつも頭をよぎります。 そこで質問です。 ●就職氷河期に就職活動をされた方は何社ほど動きましたか?そしていつ頃内定が頂けたのでしょうか。 ●このまま就職できなかった場合卒業した後看護学校へ行く事も考えていますが、その場合看護師としての就職状況は厳しいのでしょうか?(年齢などの条件で引っかからないか) (看護が厳しい仕事で生半可な気持ちでは出来ない事は承知の上です) 女子の就職は厳しいと両親から聞いていましたが本当だなとかみ締めています…。

  • 就職氷河期で内定が取れない学生にも原因があるのか?

    もう3年生の就職活動が始まっています。 就職氷河期と就職内定率の話題がニュースや新聞等で話題になっていると思います。 「不況が悪い」「採用を抑制する企業にも問題がある」「学生の実力不足」など、社会、企業、学生それぞれに問題があるから就職内定率が悪くなっているのだと思います。 あえて学生に問題があるとしたらどのような事だと皆様は考えていますか? 自己分析や業界研究をやり過ぎているのかなと思ったりします。それによって自分の可能性を狭めていると思います。「適職」を意識しすぎるのかなと思います。学生の周りも「適職」に付く事を推奨していると思います。自分に合っている、合っていないの100か0で考える傾向が多いのかなと思います。大卒の3年以内の離職率が4割近くになるそうです。自己分析や業界研究の割りに離職率が不況でも変わらないような気がします。自己分析や業界研究を十分やっても駄目なのか、不足しているから駄目なのか分かりません。 中小企業には不況にも関わらず応募する人員が少なくて困っている企業があると聞きました。学生が中小企業に目を向けないのも原因だと思いますか? 応募不足で人材が確保出来ない企業が不況下でもあるのは本当なのでしょうか?

  • 就職氷河期以降、就活経験のある大卒女子に質問です

    民間企業で人事を担当しています。 就職氷河期といわれるようになって以降、みな、判を押したように、紺色のスーツで採用試験に臨むようになりました。 たまにグレーの人もいますが、それ以外はほとんど見かけません。 私の会社では、TPOに合ってさえいれば、スーツの色は紺色やグレーでなくても採用しますし、むしろ教科書通りの服装、受け答えにうんざりしている部分もあります(かといって、他の色なら採用ではありませんが) 今回は、就職氷河期といわれるようになって以降に就職活動をした経験のある、大卒女性に絞ってアンケートします。 (1)紺・グレー以外のスーツで、民間企業の就職活動を行ったことはありますか? (2)紺・グレー以外のスーツで受けた採用試験で内定を貰った経験はありますか? (3)他の受験者で、紺・グレー以外のスーツを着ていた人をどのくらい見かけたことがありますか?

  • 買い手市場の時に就職活動をした事

    最近就職活動で「売り手市場」というニュースをときたま目に致します。私はこの時非常に悔しく思います。理由は、私は超が付くほど買い手市場の時に就職活動をして、物凄く嫌な思いをしたからです。なかなか内定を貰えず、やっと貰えたと思ったら、家族に「大学まで出てなんでこんなへんちくりんな企業しか内定を貰えないんだ?人に聞かれたら恥ずかしいから企業名を答えるな。」とまで言われ、就職祝いも貰えずしばらく絶縁状態でした。大企業はおろか中小企業の内定も容易でなかったです。 その反面売り手市場の時に就職活動した人間が本当に恨めしいです。これからどんどん人口も減少していくわけですから就職活動も楽になると思います。 就職だけでなく進学もかなりしんどかったですし、結婚も男性が圧倒的に多い世代なので男性は完全に買い手市場です。 悪い事をしたわけでないのにあまりにも怒り心頭です。反対にこんな状況で得する事は何か一つでもありますか? こんな時代に産んだ親を恨む事さえあります。

  • 今年新卒で就職活動しているのですが・・・

     今年新卒で就職活動をしています。ゲーム業界にどうしても進みたいので、ゲーム業界中心に就活しているのですが、20社以上受けて一社も内定が取れていません。今超売り手市場と今は言われているのですが、ゲーム業界は採用数が少ないから内定がとれないのでしょうか?教えてください

  • 就職がないといいますが・・・。本当に無いと思いますか?

    最近は就職が売り手市場で雇用は増えてると聞きます。 しかし、私も就職氷河期時代でしたが、結構雇用はあったように 思います。確かに今よりかは厳しい時代でしたが。 実際、就職氷河期時代の人達は今も就職に困ってるのですか? テレビとか見てると、卒業後就職するが数ヶ月で退職とか、学生時代に就職活動せずにあえてフリーターになる。 そういう人が今就職に困ってるだけのように感じますが、実際どうですか? 結局我慢できないかったとか、自分のしたい仕事じゃなかったという人が退職してるだけではないのですか? だって街とか歩いてると、社員募集とか選ばなければたくさんあると 思うのですが。 みんながみんなそうとは思いませんが。実際に就職活動したのに出来なかった人もいると思うのですが。 どうでしょうか?

  • 就職氷河期世代でよかった事は何ですか?

    この世代に生まれた事を恨んでいますので・・・。

  • 就職氷河期世代の現在

    おはようございます。 2005年に大学を卒業した男性です 卒業後はフリーターで生計を立てています 皆さんの周りにいらっしゃる就職氷河期世代は 現在何をされているのでしょうか? 大半の方はどこかしらに就職されたのでしょうか それとも未だにフリーターか派遣社員でしょうか 専門学校に通い直した方もいらっしゃるのでしょうか。 また、私は現在28歳なのですが・・ この年齢まで職に就いていない人間は会社から見たら どう評価されるのでしょうか? 外資大企業の取締役様に私の先生がいらっしゃるのですが 「どんな理由があろうとも30歳でフリーターは社会的に許されない」 と忠告を受けています。 また、「どんな事になろうとも決して諦めてはならない、 継続しなさい」とも言われています。 毎日暗い部屋で一人になって将来が不安で震えています カウンセリングにもかかっているのですが、 カウンセラーからは専門学校を薦められています。 現在は何かしらの役に立つかと思い、簿記の資格を取るために、 専門学校のo原に通っています、諦めるつもりはありません。 不安定でちょっと何を言いたいのかわからなくなりましたが どなたかアドバイスをいただけないでしょうか・・ (外資にいる先生からは、 私と先生の関係は縁であり、人脈と言う、うちに面接を受けに来れば 入社させてくれると言われていましたが、私は二浪一留した 出来損ないのフリーターですので、スペック的に無理です 先生は当時は人事のお仕事をされていまして 子供の頃の私を中国古典で言うところの賢者と 呼んでいたからお声がかかっていたのですが、残念な事に 今の私には色々事情ありまして、何の力もありません・・)

  • 就職氷河期世代は可愛そうではない

    就職氷河期時代は既に20年前のことであり、いまだに'竹中平蔵が悪い'とか'時代を背負わされた'等、言っている人達が信じられません。20年間一体何をしていたんだって話です。 氷河期世代である自分は決して社会的、経済的に成功した人間ではないですが、現在それなりに(国外で)楽しく生きています。今後やりたいこともあるし、マネープランもあります(最近は給与を使い切ってますが)。 しかし、僕の氷河期に対する意見は毎度理解されないんだなと(写真)。どう思われますか。