• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

増資に関する会計

  • 質問No.3934559
  • 閲覧数189
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 1% (4/211)

株については全くの素人です。アホな質問かもしれませんがお教えください。
(1)株式会社の資本金の金額というのは、発行株式の額面金額の総額になるのでしょうか?例えば、もともと資本金1000万で1000株の株式会社が増資することで1株につき3万円で100株発行した場合の資本金の総額は1100万円で、資本準備金などが200万円となり、資本金額は額面金額と同額となるのか?又は資本金が1300万になるのか?又はどっちでもよいのか?
(2)増資の際の発行株式が、有利株式などの特殊な株式だった場合、特殊な仕訳をする必要があるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 61% (401/654)

(1)について
http://www2.ttcn.ne.jp/~mkikuchi/syouhoukaisei.htm
商法改正 平成13年10月施行
2.株式単位
 改正前商法において、会社設立時の株式の発行価額は5万円以上であったが、商法改正により、発行価額に関する規制が廃止された。これにより、額面株式の存在意義がなくなったため、額面株式制度は廃止され無額面株式となった。

制度が廃止されているので次のところで勉強してください。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaisya/index.html

(2)について
種類株式として区分して経理します。
種類株式について
http://www.tabisland.ne.jp/explain/jigyo2/jigy2_06.htm

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31981149
詳細は、何か本を購入してください。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 57% (1219/2120)

株式を発行した場合、原則として払込全額を資本金に計上します(会社法445条1項)。ただし、その半分までを資本準備金に計上することが出来ます(同条2項、3項)。

また、額面株式制度は既に廃止されているため、株券に額面が表記されていたとしても、現在では、金額表記部分は意味を持ちません。

したがって、次のようになります。

(1)1株につき3万円で100株発行した場合
この場合、300万円を資本金に計上するのが原則となります。また、150万円までを資本準備金に回すことが出来ます。
よって、加算後の資本金は、最高で1,300万円、最低でも1,150万円(この場合、資本準備金が150万円)となります。

(2)増資の際の発行株式が、有利株式などの特殊な株式だった場合
有利発行をした場合も、同様です。すなわち、払込全額を資本金とするのが原則、ただしその半分までを資本準備金に計上できる、となります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ