• 締切済み
  • すぐに回答を!

サラリーマンの妻で年収80万の個人事業主

サラリーマンの妻です。夫の扶養家族です。 昨年から個人事業主になり、昨年の収入は80万弱でした。 収入は100%、A社というひとつの会社からの報酬です。 A社は源泉徴収をしていません。 1 上記のような場合やはり確定申告は必要でしょうか? 2 また、個人事業主の場合「所得証明書」は確定申告の写し以外にはありえないんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2253
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.4

「内職」などの家内労働者であれば、おっしゃるように所得は15万円となりますから、確定申告の必要はなく、ご主人の控除対象配偶者になることができます。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2005/taxanswer/1810.htm ご主人の控除対象配偶者になれるのは、次のURLのIVの2の(1)の4にあります。 http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2007/mokuji/02/01.htm 所得証明として確定申告書の写しが必要なのであれば、確定申告を行えばよいです。(税金が掛からないので期限を過ぎた今から行ってもペナルティはありません) その場合に、次の用紙に記載して確定申告書Bとともに提出すればよいでしょう。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/09.pdf ※なお、このようなサイトはどのような回答があったとしても、誰も責任を取ってはくれませんので、その点だけはご注意下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 個人事業主とサラリーマン

    主人の確定申告についてです。 5年ほど前より、サラリーマン(A社)兼個人事業主(B社)をしています。 B社は当初、いくらくらいの収入があるかわからなかったので青色申告の申請をしてあり、青色のメリットもない収入ですが、一応毎年青色申告をしています。 B社は請負なので源泉税を徴収されての収入、経費は相応に使いますので、毎年確定申告後には税金が還付されています。 そして、今年度なのですが、B社の収入が全くありません。 しかし、B社の仕事はしていますので経費としての出費はあります。 前年度までは、多少なりともB社の収入があったので、個人事業主として申告することに問題を感じなかったのですが、今年度はB社の収入がないので、「サラリーマンが架空の会社を申請して、経費を計上して税金逃れをしている。」って勘ぐられるのでは? なんて、考えてしまっています。 このようなケースで経費を計上、青色申告するのはおかしい(いけない)事でしょうか? 詳しい方、教えて頂けますと助かります。 宜しくお願い致します。

  • 古物商と個人事業主

    古物商と個人事業主 会社員ですが、副業で個人で古物商取引を始める事になりました。(会社からOK頂いています。) 私は個人、お客様は法人の取引です。 副業ですが対外的にも税法的にも個人事業主申請すべきか悩んでいます。 1:先に古物商を個人で取った場合、後に個人事業主申請した後は古物を取り直す必要があるのでしょうか? 2:会社員でありながら、個人事業主になれますか? イメージとしては会社で源泉徴収をし、更に確定申告する流れかなと考えていますが 一度確定申告をし、翌年の会社の税金は、全体収入で変わるものなのでしょうか? 3:副業だった古物の所得が会社の所得を超えた場合どうすべきなのでしょうか?

  • 個人事業主の源泉徴収について

    はじめまして、起業して1年が経ちました。 前年の確定申告は税務署の方に丁寧に教えていただき、迅速に済ませることができました。 今年になって、新しいクライアントができたのですが、その企業は私からの毎月の請求時に源泉徴収をしていません。 企業の規模によっては、個人事業主から源泉徴収をしなくてもいい場合もあるのでしょうか?それともどの企業も源泉徴収は必須で、その企業が忘れているだけでしょうか? おそらくその企業は個人に支払ったことがないのかもしれません。私が自分で納税する分には構わないのですが、ちょっと仕組みが知りたいです。年度末になって、その企業から「源泉し忘れていたので、その分を振り込んでください!!」といわれるのも面倒ですので・・・。 どなたか個人事業主に対する企業の源泉徴収の仕組みについて教えていただければと思います。 宜しくお願い致します。

  • 回答No.3

税務署に開業届を提出したのでしょうか? 開業届けを提出し、青色申告の届出をしなかったのであれば、先の回答者の方のとおりになるでしょう。 開業届を提出せず、いわゆる「内職」のような形態のものでしたら(質問の内容からこちらに該当するような気がしますが)、実際の経費でなく、給与所得者に準じて65万円の控除が受けられますので、収入から65万円を控除した金額で確定申告の要・不要を判断することができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

開業届けは出していません。 仕事を頂いている会社の社長さんに「事務所を構えるぐらいの規模じゃなければ届けは出さなくていい」と言われました。 なので「内職」にあたると思います。 「内職」の場合は65万円控除なんですか! ということは私の場合80万の収入なので、所得が15万になるので申告しなくていいということですか??

  • 回答No.2

そういうことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>夫の扶養家族です… 税法上、夫婦間に「扶養」はありません。 税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。 夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。 「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。 しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。 「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 万円以下であることが条件です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm 38万円を超え 76 万円以下なら「配偶者特別控除」です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm >昨年の収入は80万弱でした… 「収入」はどうでも良いです。 「所得」はどのくらいになりますか。 【事業所得】 「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm >上記のような場合やはり確定申告は必要でしょうか… 「所得控除」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm の額の合計が、「所得」を上回らない限り、申告・納税は必須です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm もう少し平たい言葉で言うなら、もらったお金から仕入と経費を引いて、38万円以上残ったら、税金を納める必用があるということです。 しかも、38万円以上あれば、夫は配偶者控除を取ることができません。 >収入は100%、A社というひとつの会社からの報酬です… どのようなお仕事か存じませんが、報酬という言葉から想像すると、所得控除額が所得額を上回るとは考えにくいです。 これが昨年分の話であれば、申告期限は過ぎていますので、「延滞税」がふくらまないうちに早急な対応が求められます。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm また、夫が会社員等で、年末調整で配偶者控除を受けていたとしたら、夫も確定申告をして配偶者控除分を返納する手続きが必用です。 こちらも期限が過ぎています。 税務署から追求されてからだと、夫の会社での立場が悪くなります。 自主的な対応が望まれます。 >個人事業主の場合「所得証明書」は確定申告の写し以外にはありえない… 市町村役場の税務担当窓口で『所得証明書』を発行してくれます。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧なご回答、ありがとうございます! どうやら「給与所得」と「事業所得」がごっちゃになっていたようです。例えば私がパートなどで収入が80万円ならば税金がかからず配偶者控除を受けれるけれど、個人事業主である場合は収入から経費を差し引いた所得が38万円を超えると確定申告をして納税する義務があり、夫も配偶者控除を受けられない、ということであってますか??

関連するQ&A

  • 個人事業主の確定申告について

    本業で会社経営しており、そちらは税理士にお任せしています。 それと別に副業で個人事業主(ネットビジネス等)を行っており、その確定申告(青色申告)について質問です。 副業の申告書の中に、本業で得ている報酬(源泉徴収票)を盛り込む必要はありますか? 勉強不足ですいませんが、よろしくお願いいたします。

  • 個人事業主が個人客とやり取りした際の源泉徴収は?

    個人事業主が企業と取引した際には源泉徴収を後日もらうと思いますが、 個人のお客様と取引した際には源泉は発生してないですよね? 確定申告の際に、経費を含めて税金を調整すると思いますが、 個人客が多い場合には、経費がいくらかかっていても 確定申告で支払わなきゃ行けない場合の方が多いですか? 教えてください、よろしくお願いします。

  • 個人事業主の源泉徴収と確定申告について質問です。

    基本的な質問で申し訳ありませんが、個人事業主で、報酬は源泉徴収されています。 起業1年未満の昨年の確定申告はマイナスの赤で、源泉徴収分が還付されました。 今年度は、所得税を納めるようになるかと思いますが、この場合、源泉徴収後の収入から経費を差し引いた分に対して、税額を計算するのでしょうか?源泉徴収されているのにさらに所得税を納めるというのが理解できないでおります。 源泉徴収後の収入に対して所得税がかかるということでよろしいのでしょうか。 昨年は、赤であったため源泉徴収分が還付されたと考えておりますが、いまいち仕組みがよく理解できません。申告して所得税を納めればまた源泉徴収分が還付されるのでしょうか? 以上ご回答を頂ければ幸いです。

  • 個人事業主の事業廃止って?

    法人ではなく、屋号があるわけでもなく、仕事場は自宅で、お店ではない、しかし個人として契約で仕事をとるために確定申告(白色)が必要。そんな意味での個人事業主にとって事業廃止とは何をもっていうのでしょうか? 年の途中までしか仕事がなかった場合はどう考えたらいいでしょうか?収入のない月でも仕事を得るために経費をかけ事業は継続していたとしていいのでしょうか? 途中、源泉徴収のある給与収入を得た場合でも個人事業は継続中としていいでしょうか? 事業主控除は年290万円ですが、年の中途において事業を開始した場合や廃止した場合は月割計算となっています。つまり、事業が継続中であったかによって事業主控除も必要経費をみれる月数も変わってきます。 そもそも事業廃止とは、届け出をしている法人や青色の人だけのことと考えていいのでしょうか? もともと、白色確定申告者が個人事業主なんて気持ちの問題でしかないようですが。

  • 個人事業主のアルバイト所得

    個人事業主で青色申告をしています。 現在2箇所でアルバイトをしており、25年度の源泉徴収票をもらいました。 2箇所とも源泉徴収税額は0円です。 2箇所の金額を足すと41万ほどなのですが、確定申告しなければいけないのでしょうか? 源泉を引かれていないという事は、申告しても納税はあっても還付はないという事ですよね? よろしくご回答をお願いいたします。

  • 個人事業主の学生と、親の扶養控除に関する質問です。

    個人事業主の学生と、親の扶養控除に関する質問です。 私は学生で個人事業主(業務委任契約)の仕事をしておりました。 年末には確定申告をして、源泉徴収分の還付を受けていました。(今まで2回です) ところが最近親の会社に税務調査の知らせが来たらしく、親の扶養控除が受けられ なくなるかもしれないので、所得証明書を提出する必要があるそうです。 私の場合、 1年目は収入が38万以下だったので基礎控除のみの確定申告で還付を受けました。 2年目は収入が38万以上だったので勤労学生控除を申請し、源泉分の全額還付でした。 こういった場合は、親の扶養控除からはずされてしまうのでしょうか。少し不安です。 給与所得者の場合であればいろいろ見つかるのですが、私の場合少し特殊なので困っています。 よろしくお願いします。

  • 個人事業主で給料として報酬をもらった場合・・

    個人事業主として去年開業しました。 Aという会社から仕事をもらって、去年はA社のみから報酬を頂いていたのですが、仕分けなどで分からなくなってしまったので教えてください。 売上げ ¥220,000 交通費    ¥800 に対して入金されてきたのは ¥219,406 という金額でした。 それを 売掛  ¥218,012 売掛      \594 交通費    \800 と仕分けていたのですが、年明け早々にそのA社より源泉徴収票が届き、給料・賞与としていくら、源泉徴収税額いくらという内容でした。 入金されるのは事業用の口座なのですがこの場合、入金されてきた金額は 事業主借 ¥219,406 という仕分けでいいのでしょうか? それとも 事業主借 ¥218,606 立替金(?)    ¥800 となるのでしょうか? 教えてください。 それと素朴な疑問…というか、無知で申し訳ないのですが前述したとおりこのA社のみの報酬しかないので、確定申告時は事業所得は¥0、給料いくら・・・となると思うのですがこれは特に問題はないのでしょうか?(何か突っ込まれたりはしませんか?)

  • 個人事業主への外注工賃

    白色申告の個人事業主です。2回目の申告でわからないことだらけです。 個人事業主のデザイナーに外注をお願いしました。その方への支払い時には源泉徴収税を引いた金額を振り込んでいます。確定申告の収支内訳書・外注工賃にあたると思うのですが、その金額は源泉徴収税を引いた振り込み金額を記載すればいいのでしょうか?それとも源泉税を引く前の金額なのでしょうか? どなたかよろしくお願いします。

  • 個人事業主について

    職業はアルバイトの歯科医師です 給料は複数の病院から受け取っています。 今までは、自分で源泉徴収をそれぞれの病院からもらい確定申告をしていましたが、友人が「個人事業主になり青色申告をしたほうがお得だよ」とのことでした 今まで何人かにそういう話は聞いたことがあるのですが、そのひと達は勤務先の院長に協力してもらい給料を人材派遣料としてだしてもらわなければいけないとのことでした でも、今回の友人の話によるとe-taxで申請するため院長には協力してもらわずに、人材派遣料と勝手に申請すればいいのでは?と言っていました ちょっと分かりにくくなってしまいましたが、 個人あての給料を勝手に人材派遣料としていいのか? もし個人事業主になるなら、これから勉強していこうと思っている段階なので誰か分かりやすい回答をよろしくお願いします。

  • サラリーマン&個人事業主&アルバイトの確定申告

    現在、 ・サラリーマン ・個人事業主 ・アルバイト の内容で仕事をしており、この状況での確定申告についてお伺いしたいと思います。 ▼サラリーマン 支払金額 約380万円 ▼個人事業主 2015年3月に開業届けを出して事業スタート 2015年12月末の時点で赤字でした。 ▼アルバイト 2015月5月より開始、源泉徴収表での支払金額は96万円 質問として、 青色申告にて申告書Bにある「収入金額等の給与」と「所得金額の給与」の欄に記入する 数字はサラリーマン、アルバイトの支払金額の合計を記入するのでしょうか? 個人事業主の事業は赤字のため、給与としての収入はまったくない状態です。 ※赤字のため、銀行からの借入金を返済するためにアルバイトをしているしだいです。 なお、個人事業主で行っている事業の売上と経費についてはネットのクラウド系確定申告 ソフトを利用しておりますが、給与の入力欄は手動で入力が必要となりますが 何せ初めてなもので書き方がわからず、サラリーマン業の関係上、平日に時間が取れず 確定申告の相談にも行けない状況です。 不足しております情報がございましたら追術いたします。 何卒お力添えいただければと思います。 よろしくお願いいたします。