• 締切済み
  • 暇なときにでも

再々3原色について

 舌っ足らずな質問で失礼しました。意図したことが伝わらなかったようです。  3原色の各色というのは、例えばRedは650nmで、Greenは600nmで、Blueは450nmというように(数値はまったくでたらめです)、単一波長なのかということです(ナトリウムランプとか、レーザー光のような)。たったそれだけの質問だったんですけど。すみません、詳細な解説をいただきまして。  なぜこのような疑問を持ったかというと、色の混合を純粋に異波長同士の混合としてとらえた場合、どうなのかなと思ったものですから。  例えば、単一波長の赤(650nmとします)と単一波長の青(450nmとします)を混ぜると、なぜさらに波長の短い紫(400nmとします)になるのかな・・・と。  考え方が根本的に間違ってるのかも。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数8
  • 閲覧数165
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.8
  • baihu
  • ベストアンサー率31% (114/357)

かなり前のご質問ですが、まだ締め切っていらっしゃらないので書きます。 私も(おそらく)monmonさんとまったく同じ疑問を持ってまして、先ごろ 以下のサイトに行き当たり、ほぼ解決しました。ご案内します。 私の疑問は次のようなものでした。 ・光の色は波長(と強さ)だけど、合成した光の色が別の色に見えるのはなぜ?  (調和平均とかになるのか?) ・もしそうならなんで赤紫なんて色が見えるのだ? 私の理解では、こんな風に解決しました。 ・合成波をそのまま見ていると考えたところが間違い。 ・ヒトの視細胞はたまたまある特定の波長近辺に反応するようにできていて、  その反応するレンジ幅に重複がある。 こんな単純なことでした。(^^;;; お役に立てば幸いです。

参考URL:
http://dog.intcul.tohoku.ac.jp/hobby/furu-color/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

何度も出てきて申し訳ありません。詳しいメカニズムは分かりませんが、カメラが、心理現象の入る余地がないものか、というと、完全にそうとは言い切れないでしょう。カメラは、人間の目に仮定されるメカニズムを応用したもので、人間の目にとって色彩が現れるような仕方で記録をする道具です。 ですから、或る風景と、写真が同一の色彩であると認識できるのは、人間の目と同じメカニズムを持った動物だけです。他の動物が写真を見ると、わけのわからん砂模様にしか見えない可能性もあると思います。 それと、目の細胞については、本当に各々の色を識別する細胞が決まっているのかについては、反論というか、説明できない事態もあります。網膜の色を識別する錐体を損傷した人の場合、なぜか、明るさを識別する部位であるはずの桿体が、代替機能を持つということが確認されたりしているため、全体的な関係性に依存するというゲシュタルト的な考え方もあります。(ややこしくして、すみません) さらに、なぜ、ヤングの三原色説が、特に優れているかというと、単純に、RGBのそれぞれに対応する細胞が、デジタル的なONとOFFによるものではないからです(それでは組み合わせが異様に少ないですよね)。完全に一定の波長と同調しなくても、程度によって、さまざまな、同調ぐあいがありうるという点が優れているため、多くの色彩が再現可能なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 私のつたない質問に何度も真摯にお答えいただき、本当にありがとうございます。また、nag3さん他のみなさんにもこの場を借りて感謝いたします。  ますますこんがらがってきて、自分でも一体何が知りたいのか整理がつかなくなってきました。お教えいただいたHPや参考書などでもう少し自分なりに勉強してみたいと思います。また出直します。  で、最後っ屁の疑問。  太陽光をプリズムに通すと、いわゆる虹色に分光されますが、分光されたうちの一つの色をさらにプリズムに通しても、もはや分かれないというようなことを、何十年か前の中学だか、高校だかで習ったように記憶してます。では2回のプリズムを通して、もはや「分かれなくなった色」を写真に撮った場合でも(フィルムカメラでもデジカメでもよい)、やっぱり3原色に分解されるのでしょうか。  その色が3原色のうちのどれか1色だったら問題はないでしょうが、3原色以外の色だったら(例えば紫。別にこの色が好きというわけではなく、最初からの行きがかり上)、この色を再現するには3原色に分解されなければなりませんよね。プリズムでもう分解できなかったはずの色が、フィルムやCCDでは分解できる?・・ 何とも不思議です。  以上、悶々、問々、monmon   でした。

  • 回答No.6
  • rockey
  • ベストアンサー率0% (0/5)

  う~ん・・・。何をどう答えたらいいのかな? 益々分からなくなってしまいました 新しい学説でしょうか、設問が難しくて、多岐に跨っているので、一つ一つ順序よく 紐どいてみましょう。答えそのものは他の方が専門的に尚克つ分かりやすく提示してしてありますのでお判りのことと思います。

参考URL:
高校物理、中学理科

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

違う波長の光を2つ混ぜても、別の波長の光になるわけではありません。 人の目への刺激として、別の波長の光を見たのと同様の刺激になるだけなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

はいはい。またも私です。残念ながら、カメラのメカニズムについて知識はないのです。 すみません。 しかし、三原色に対応した3層のフィルムを使って、白の場合には、3層全てが反応する、緑の場合は、緑の層の薬品だけが反応して、他の2層の薬品は反応しない。などとして、いるのかな?と推測しています(自信なし)。この辺で、面白いHPを見つけておいたので、ご参照ください。ここに出ている参考図書を、読んでみるのもいいかもしれません。 なお、カラー写真を発明したのは、マックスウェルです。

参考URL:
http://www.sfc.keio.ac.jp/~t99406ys/media/media.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • nag3
  • ベストアンサー率28% (103/361)

再再再登場nag3です。たとえば、CCDですがRGB各色しか通さないフィルターを付けた物を3個用いて色分解しているのがいわゆるカラーCCDです。なのでやはり、紫はその各フィルターを透過した光のレベルの組み合わせです。本当の紫の波長は写りません。なぜか、写しても人間には見えないからです。もし写真に写っても見えません。紫の写真を最大に拡大するとシアン・マゼンタ・イエローの点々が並んでいるでけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • nag3
  • ベストアンサー率28% (103/361)

再再登場nag3です。単一波長の紫は人間の目では見えないと思います。余談ですが、たとえばWINDOWSの画面のプロバティーの中のデザインでたとえばタイトルバーの色を変更するのにその他を選ぶと左からレッド・イエロー・グリーン・シアン・ブルーの後ご指摘の紫その後ピンク・オレンジと続きますが、右下にそれぞれの色に対応したRGBの各値が出ますよね。その時カーソルを紫の所に持って行くと、画面上ではたしかに紫なのですが、RGBの値をみればその割合で紫に見えているにすぎず、実際はRGB各色を別々に認識して頭で組み立てて紫と認識していることが解るとおもいます。要は色を混ぜるということは、Rを反射するものとGを反射するものを混ぜた結果シアンと認識しているというようなだけで、識別細胞はやはりRとGしか認識していないのです。この認識出来るRGB各色は単一波長です。追記になりますが、波長が短くなれば、数値は上がります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

「色の混合を純粋に異波長同士の混合として」は、決してとらえられないからです。 赤+青=紫というのは、足すたびに輝度が減少する、減法混色といって、カラーテレビに使われている加法混色とは別のものです。加法混色の場合、人間の網膜の、全く同じ部分に、複数の色光が入射されるため、刺激が増し、明るい色になると考えられます。 しかし、カラーテレビの場合、各点ごとに、違う波長が得られます(緑と青と赤の波長が点ごとに得られるだけです)。しかし、人間には、識別できないほどの細かさであるため、知覚現象としては、波長とは関係のない「色」というものが生じます。物理現象としての波長と、心理現象としての色は、全く別物になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

つまり、単一波長の「純粋紫」と{赤+青}の「ニセ紫」は心理現象で同一に「見えてる」ということなのでしょうか。 話は飛んで、では逆はどうなんでしょうか。つまり、「純粋紫」を写真に撮ることを考えます。カラーフィルムなり、CCDに露光された単一波長の「純粋紫(400nmとします)」は、RGBだかCMYだかに分解されてその後、合成されて「ニセ紫」に再現されることになるのでしょうか。とすれば、400nmの波が別のもっと長い波長の波(原色)に、「自動的」に分解されるというのがどうしても理解できません。 「純粋紫」と「ニセ紫」が心理現象で同一だとしても、「純粋紫」→「ニセ紫」に移る過程には人間の心理現象は関与しておらず、あくまでも物理的過程だと思うのです。

関連するQ&A

  • 複数の波長で色を作るには

    光学について質問させていただきます。 光は基本3原色を加法混合させて様々な色を作り出しますが、当然この3原色にも波長が存在します。ここではCIEの規定に沿って、赤(700nm)、緑(546.1nm)、青(435.8nm)で話をさせていただきます。 この3つの波長で色を作りたいのですが、例えば白色に見えるようにするには、3つの光を均等に混ぜ合わせれば、PCでは白になりますが(8bit表記でRGB=255,255,255)、波長ごとの光のエネルギーを均等に混ぜ合わせても水色になり、白色にはなりません。 調べたところ、白色電球の分光分布のグラフを見ると、長波長のものほど比エネルギーが高くなっていました。 なぜ、白色光を作るのに長波長ほど高いエネルギーが必要なのでしょうか。また、このエネルギーを求める方程式などはあるのでしょうか。これらのことは何を調べれば(勉強すれば)出てくることなのでしょうか。 以上のことについて教えてください。

  • 錐体の感度

    視覚の事でお伺いしたい事があります。 S錐体、M錐体、L錐体、それぞれの波長の感度を S錐体:400~500nm M錐体:500~600nm L錐体:550~650nm と言われますが、 もしS錐体が無いとしたら400~500nmの光は見れないのでしょうか? それとも、このような数字で分かれてる訳じゃなく、 400~500nmの波長は、感度は落ちるが他の錐体がカバーしているのでしょうか? もう一つ質問があります。 ちょっと話はずれるのですが、ある本で 「すべての色は、光の三原色といわれる赤、緑、青の三つの光の組み合わせで作られています。」 とあったのですが、これは正しいのでしょうか? 光の三原色はTV等の光で、自然光にはそんな区切りは無いと思うのですが・・・ ただ、これを書いた人が立派な肩書きの人だったので気になってしまいます。 以上、ご回答の程宜しくお願い致します。

  • レーザの半値幅の波長変換

    すみません基本的な質問かもしれませんが、例えば波長780nmの半導体レーザでこのレーザの半値幅(周波数表示)が100MHzだった時、これは波長表示に変換するとどれくらいでしょうか?またその計算のしかたを教えてください、お願いします。

  • 水素分子の連続スペクトル

    分光について勉強しているものです。 質問が見当外れだったら申し訳ありません。 現在、水素ガスとヘリウムガスを混合放電して ある特定の波長帯を観測しています(667nm、706nm、728nm付近)。 ヘリウムガスだけの場合では、ヘリウム原子の励起スペクトルが 綺麗に観測できます(667.8nm, 706.5nm, 728.1nm)。 ですが、水素ガスの割合を増やすと728nmの付近にだけ 連続スペクトルが観測されます。 これは、水素分子の回転スペクトルなのでしょうか? そのような波長があるのでしょうか? もし、水素分子の連続スペクトルに波長帯があるのであれば教えてください。 お願いします。

  • ruby 正規表現の日本語とアルファベット

    プログラミング言語rubyの正規表現について質問です。 大学の授業でrubyをやっているのですが、 下記の文字列をパターンマッチさせる方法がわかりません。 日本語とアルファベットが混ざっているときに どのような正規表現のパターンを作ったらよいかわかりません。 「|」はただの文字として扱いたいです。 1行でひとかたまりです。 どなたか教えてくださいませんか。 よろしくお願いします。 ↓ネタ|ネタのローマ字表記|皿の色|値段  の順に並んでいます。 生うに|namauni|gold|420 甘えび|amaebi|red|120 さわら|sawara|green|180 ねぎとろ|negitoro|green|180 さんま|sanma|green|180 納豆巻|nattomaki|red|120 いくら|ikura|blue|240 とり貝|torigai|gold|420 こはだ|kohada|red|120 つぶ貝|tsubugai|green|180 たらこ|tarako|red|120 赤貝|akagai|blue|240 ひらめ|hirame|gold|420 サーモン|salmon|blue|240 しまあじ|shimaaji|blue|240 中とろ|chuutoro|gold|420

    • ベストアンサー
    • Ruby
  • 回折限界

    幅200nm、高さ200nm、周期400nmの溝構造に対し 斜め上方から波長337nmのレーザーを照射したとします。 回折限界を考えると、337nmの波長の光は 溝と溝の間(200nm)には入り込まないと考えられます。 (この場合、近接場光は考慮していません) ここで質問なのですが、溝と溝の間の部分の 337nmの波長の光はどこにいったのでしょう? 溝の上の部分に当たった光は吸収、反射や散乱が考えられますが、 溝と溝の間は物質は無いため、吸収、反射や散乱はないと考えられます。上記のように溝と溝の間にも入り込むことができないはずです。 どのような理解をすればいいか分かる方がいれば ご教示ください。

  • ◇電磁波と音波の波長と周波数について

     最近、レーザー光と電動歯ブラシを使う機会があり、疑問に思ったので質問します。  レーザー光を発射する機械であれば、例えば775nmの波長のエネルギーを出力するエネルギーの振動数は、それが電磁波のエネルギーであるとすれば1秒間に30万km進むから 30万km÷775nm≒387GHzとなります。しかし、音波のエネルギーとして考えると340メートル÷775nm≒439MHzとなります。おそらく前者だと思いますが。  又、1分間に2万回振動する電動歯ブラシは、1秒間に約333回振動するので333Hzです。  そのとき、そのエネルギーを音波として考えると340m÷3333≒1で、波長は約1メートルの長さになると思いますが、振動させるエネルギーを電磁波として考えれば、光を始めとする電磁波は1秒間に約30万km進むと思いますので、30万km÷333≒900km の波長となると思います。  どちらなんでしょうか?

  • 植物の葉は何故、緑色を嫌うのでしょうか?

      植物の葉は、緑色です。 これは、植物の葉が、緑色を反射・散乱していることを示しています。 言葉の、遊びかもしれませんが、緑色を嫌っているとも、とらえることが出来ると思います。 可視光線 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AF%E8%A6%96%E5%85%89%E7%B7%9A 紫 380~450 nm 青 450~495 nm 緑 495~570 nm 黄色 570~590 nm 橙色 590~620 nm 赤 620~750 nm となっています。 つまり、緑 495~570 nmの電磁波を反射・散乱している事を示していると言えるわけです。 そこで、疑問なのですが、植物の葉は、どうしてこの波長の電磁波を反射・散乱しているのでしょうか? 葉緑素が、原因という事が考えられますが、しかし、これでは回答になっていません。 結局、葉緑素が、なぜ、495~570 nmの電磁波を反射・散乱しているのか?と疑問がすり替わったに過ぎません。 根本的に、この波長を反射・散乱するメカニズムを説明しないといけないと思います。 この疑問に、答えていただける方、回答・説明お願いします。  

  • 人の知覚にとって「紫色」とは?

    以前、このSiteで教えてもらったのですが、人の視細胞(少なくとも中心は)が、RGBに対応する3種類の錐体からなるそうです。 しかし、もし短波長側に対応した錐体が「青」に対応していると仮定すると、400nm~450nmまでの光は「青」にしか見えず、波長が紫外領域端400nmに近づくにつれてどんどん「暗く」なるだけのように思えました。長波長側も同様です。 しかし、マンセルの色立体や色環図などでお馴染みのように、色相は、赤~赤紫~紫~青紫~青と、切れ目なく連続しています。 あるSiteでは、眼の3錐体を「赤、緑、紫」と説明していましたがこれもよく考えると合理的とは思えません。 ■人の知覚にとって「紫色」とは何なんでしょうか?眼の3錐体モデルで説明してください。 ■レーザのような単色光と、広帯域に広がる連続スペクトラムの場合で各々説明してもらうと助かります。「その辺が鍵かな」とチト思ってますんで...。

  • 和訳について、ご教授お願いします。

    和訳について、ご教授お願いします。 Twenty of the 40 patients received i.v. injections of hematoporphyrin derivative (5 mg/kg), the other 20 had injections of porfimer sodium (Photofrin, 2 mg/kg). An argon dye laser (630 nm wavelength, 200?300 J/cm2) was used for light irradiation in 24 of the 40 patients, a diode laser (Diomed, 630 nm wavelength, 100?200 J/cm2) in the other 16. 40人の患者のうちの20人はヘマトポルフィリン誘導体(5mg/kg)のi.v.注入を受けました。他の20人はporfimerナトリウム(2mg /kg)の注入をしました。アルゴン色素レーザー(630nmの波長、200の300J/cm2)が、40人の患者に照射され、他の16人はダイオードレーザー(Diomed、630nmの波長、100の200J/cm2))、ほかの24人は、小さい照射のために使われました。 日本語がうまくまとめられません。よろしくお願いします。