• 締切済み
  • 暇なときにでも

ふたたび3原色について

そもそもRGB、CMYのそれぞれの原色って波長が一定(単色)なんでしょうか。もしある幅のある波長域だとしたら、その幅は? そしてなぜその幅なんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数3
  • 閲覧数100
  • ありがとう数15

みんなの回答

  • 回答No.3
  • nag3
  • ベストアンサー率28% (103/361)

再登場nag3です。少し補足です。なぜRGBの一定の波長かというと、単に人間の目の細胞がレッド、グリーン、ブルーそして光を識別(色の識別は出来ない)するだけの4つの細胞しか無いからです。先に述べさせていただいたように、その組み合わせでいろんな色を識別しているだけです。要は人間にしか通用しない人間本位の単位です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • nag3
  • ベストアンサー率28% (103/361)

RGBとCMYはそれぞれ対応していまして、可視光線(透明、白い物からの反射では白)からレッドを引くとシアンに見えます。同様にグレーンを引くとマゼンタ、ブルーを引くとイエローですが、それは完全に原色を差し引いた場合です。ですので、レッドを完全に吸収する物体はシアンに見えますが、レッドを半分だけ反射する物質はシアンに少し赤みがかかります。全部吸収する物質は黒です。逆にいえばシアンはレッド光を吸収する物質です。このように、RGBどれか一つだけを完全に吸収されたのが色の原色です。しかし、世の中の物質はいろんな組み合わせで吸収しその度合いもさまざまですのでいろんな波長がある訳です。結論から言って、光の原色Rが抜け落ちた色の原色はシアン(グリーン+ブルーの混ざった色)ですが、これは、目の色識別細胞がグリーンとブルー別々で認識して脳内でシアンとして組み立てて認識しているだけです。と言う訳で長くなりましたが、波長が一定なのはRGBの光の3原色だけです。CMYは複合です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#9414
noname#9414

そもそも、RGBというのは色の3原色を、Red、Blue、Greenの3色で表現して、 CMYというのは色の3原色を、Cyan、Magenta、Yellowの3色で表現するもの だったはずです。 ですから、原色が違うのですから、幅のある波長域ではなく、まったく異なる 波長の色を使用して表現しているはずです。しかし、それぞれの原色の波長は ある一定の幅(その色の表現できる幅)を持っているのも確かなはずです。 そこら辺は、物理か何かの参考書の「光/音」の分野を見れば、載っている はずです。それは、ご自分で探してみてください。 間違いがありましたらご指摘ください。 ではでは☆

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 光の三原色と色の三原色が異なるのは何故ですか?

    光の三原色と色の三原色が異なるのは何故ですか? 光でも色でも、目に入るときは、一定の波長を持った光線として入ってくるのだから、同じになるような気がするのですが、何故違うのでしょうか? 例えば、赤、青、黄の絵の具から反射で出てくる光線は、赤、青、黄ではないのでしょうか?

  • 光の三原色の疑問

    光の三原色は赤(波長: 625-740 nm)       緑(波長: 500-565 nm)       青(青紫)(波長: 450-485 nm) ですが(1)なぜ赤色だけ波長が長いのでしょうか? (2)原色とありますが赤は625-740 nmのどこが原色なのでしょうか?この波長内でも場所により緑よりの赤とかはあるのでしょうか?教えてください

  • 波長からRGB変換

    ある波長(または波長域)の光の色をディスプレイ上で再現するとしたら、 そのRGB値(またはCMYなど)はどのように求めればいいのでしょうか。 そもそも機械的に算出できる数式などあるのでしょうか。 どなたかご存知の方、ご教授下さい。

  • 美術で習った三原色とプリンタの三原色が違う?

    学校で色の三原色(減法混色)を習いました。 RBY(真っ赤・真っ青・真っ黄色)の三色があれば、白と真っ黒以外の色を作れるということでした。 でも、プリンターやコピー機の三原色は違いますよね? インクタンクを見たらCMY(明るい青緑・暗いピンク・イエロー)と黒になってました。 調べたら、RBYは旧来の、CMYは最近訂正された三原色だそうです。 RBY・CMYとも、それぞれ黒と白以外にも表現出来ない色があることがわかりました。 絵の具やインクだと、色の材料になっている物質の性質や、描く紙の特性のせいで、三原色+黒だけでは、人間の目で見える全ての色を補うことができない…らしいです 私も、ポスターカラーの三原色で混色表を作るという課題をやりましたが、上手く出来ませんでした。 結局、出来る限り多くの色を、必要最低限の原色で作ろうと思ったら、最低でもRBYとCMYの両方が必要ということでしょうか? RBY+CMY→RMBCYの五色といった感じで (&黒&白も)

  • 光の3原色はどのように決められたのでしょうか?

    光の3原色の元になる「赤緑青」の波長は、それぞれ正確に決められているのでしょうか?もし、決めれているとしたら、その波長は具体的にいくつですか? また、どのような理由で、その波長に決められたのでしょうか?視覚細胞の感度とかに関係あるのでしょうか?

  • 光の三原色について

    赤・橙・黄・緑・青・藍・紫と光の波長は短くなります。 つまり、それぞれの色に応じた波長があるということですよね ところが、色はRGB三色の光で表現できるといいます。 光と光を混ぜても波長が変わるわけではありませんよね。 単一波長波は、プリズムで分光されませんよね。 一方RGB混合色は同じ色に見えてもプリズムで分光されますね。 ということは、人間はRGBの強弱で脳内変換して 色を認識しているということなのですか? 分かりやすく解説お願いします。

  • 3原色の波長について

    ひとの色感覚はそれぞれ、B:450nm,G:530nm,R:565nmの感度ピークを持つ錐体細胞の3刺激を合成して認識しているといわれています。 ここで疑問があります。 錐体の感度ピークの波長は光の3原色とは異なります。たとえば、Rの565nmはスペクトル上の色としては赤ではなく、黄緑です。 光の3原色の波長はそれぞれいくつで、どの様に決定するのでしょうか。

  • 三原色について

    加法混色の三原色がRGBなのは、人間の目の錐体細胞がRGBそれぞれに反応する特性があると言うことに起因しているのでしょうか?それはなんとなくわかる気がするのですが、減法混色の三原色はなぜCMYなのでしょうか?RGBそれぞれの補色だからなのでしょうか?それとも一番明度の高い黄色を採用しなければならないからなのでしょうか? 要は減法混色というとすぐにCMYKと思い当たりますが、それはどのような理由で、どのような必要性によってCMYが選ばれ、それがどこかに明確に規定されている(反射率などにより)ものなのかを疑問に思い質問させていただきました。

  • 光の三原色と色の三原色について

    光の場合、赤色の波長のみが反射して人間の目に映るので、赤く見えると思うのですが、絵の具の赤色もその反射で赤く見えるのならば、絵の具の場合のような、色の三原色である赤・黄・青の三色を混ぜると黒くなってしまうのに、光の三原色である赤・緑・青色を混ぜると白くなって見えるのはおかしく思うのですが。 絵の具の赤色と光の赤色とは違うと思わなければならないのでしょうか。

  • 再々3原色について

     舌っ足らずな質問で失礼しました。意図したことが伝わらなかったようです。  3原色の各色というのは、例えばRedは650nmで、Greenは600nmで、Blueは450nmというように(数値はまったくでたらめです)、単一波長なのかということです(ナトリウムランプとか、レーザー光のような)。たったそれだけの質問だったんですけど。すみません、詳細な解説をいただきまして。  なぜこのような疑問を持ったかというと、色の混合を純粋に異波長同士の混合としてとらえた場合、どうなのかなと思ったものですから。  例えば、単一波長の赤(650nmとします)と単一波長の青(450nmとします)を混ぜると、なぜさらに波長の短い紫(400nmとします)になるのかな・・・と。  考え方が根本的に間違ってるのかも。