• 締切済み
  • 暇なときにでも

ニュースで言われる「~地区」って何?

 大災害、例えば大地震や噴火、洪水などで広域大災害が発生した場合に、ニュースなどで 「~地区は壊滅的な被害を」「~地区が孤立して」「~地区には避難命令が」 などと 「地区」 という言葉が使われています。ニュースを通して、いわば傍観者的に見ていると何も感じないわけですが、昨今の防災意識の高まりに乗じて、ふと自分の身に置き換えて考えてみると、この「地区」という言葉がしっくり来ません。  そもそも 「地区」 という言葉を、現実の日常生活の上で聞いた事が一度もありません。私の住んでいる 「地区」 は何「地区」なのかわかりません。もし東京大震災が起って、このあたりが火の海になったら 「何地区」 が火の海と言われるのかもわかりません。それはつまり、勤務先で羅災して、各地の状況が伝えられ地得る時に、どの地区を言われれば自分の所なのかわからない事を意味します。  この 「地区」 というのは、いったい何なのでしょうか。どうやって指定され、どこが決め、どうやって確認すればいいのでしょうか(区役所で聞けば教えてくれるとは思いますが、それ意外に、例えば看板や何らかの地図など身近なもので…)。みなさんは、自分の住んでいる所が何地区かご存知ですか? また、普段その「地区」という言葉を現実に聞く事があったり、使ったりする事があるでしょうか。災害の時しか耳にしない「地区」という物について教えていただければと思います(検索しても一般的な言葉過ぎてうまくヒットしません)。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数74
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
  • E-1077
  • ベストアンサー率25% (3255/12614)

 No3さんに同様ですが、  たとえば東京でも「多摩地区」とか使いますよね。23区内でも細かく言えば台東区を台東地区とも呼べるのです。  行政の区分ですよ。何県何郡何町大字○○字○。そのうちの大字の次に来るのが「地区」と区分されるのです。  一般的には知られていませんが登記簿上ではものすごく細かく何番地何号の何までありますからね。  多分に「地区」で検索すると同和問題などに引っかかるので、旨く答えが導かれないというケースはありますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • こんな場所に家建てて売るなよ!!! 

    広島の災害、 土砂災害、ほんとうに恐ろしいですね。地震災害と違うのはほんの100m離れている場所では何の変わりもない町並みが先週のままにあることがすごくショッキングというか、違和感があります。 で、現場の画像を見てしまうと、おいおい、これ、山を切り崩して出来た土地に家建てて売ってたんだろ!! いいのかよ? 奴らに責任はなにもないの? でしょ? 日本各地でも土砂災害の危険性のある地区が消防で調査しているとかニュースで流れていますけど、 「おいおい、こんな場所に家建てるなよ」っていう場所ばかり。 まあ、建てるのも勝手だし、買う人も勝手なんだろうけど、それ、許しちゃって、今になって大災害、なんて、それ、いいのかなあ?

  • ただちに健康に影響はない

    今更ですが、去年の震災後に某官房長官が言っていたあの言葉についてです。 私は当時、テレビが見られる状況ではなかったのでリアルタイムな反応はわからないのですが、あの発言にはどんな意図があったのでしょうか? 関係ない話になりますが、どこかの広場で不発弾が発見されて付近の住民が避難する事態となったニュースを見たことがあります。 こういう時「爆発する危険もあるが、100%ではないのですぐに避難する必要はない」 とは言いませんよね? そう考えると、未曾有の大災害、原発の異常事態にも関わらず「ただちに影響はない」って… 意味がわかりません。住民を被爆させたかったのでしょうか?

  • 国際緊急援助隊の受け入れ

    阪神淡路大震災の時もそうだったと思いますが、海外からの救援隊の受け入れが 遅いと思います。 このときは、確か、援助を断ったケースもあるとかニュースであったような 記憶があります。 一刻を争う地震などの大災害で政府の海外からの救援隊の受け入れが今回も 時期を失って遅くなってしまうのではないかと思えてなりません。 日本が要請しなければ、相手国は日本へ救援に行けないみたいですが、 日本はアメリカや一部の国を除き、救援隊を申し出ている国(50カ国以上)にもっと 積極的に迅速に受け入れるべきではないでしょうか? 遅いと思うのは自分だけなのかもしれませんが、政府は見栄とか、 単に危機管理ができない無能なのか。 被害状況が把握出来ていないとかで。 海外の援助隊を受け入れるのは、そんなに難しいことなのでしょうか?

  • 回答No.3

「地区」というのは便利な用語で 市区町村のような行政単位とは異なる水準の地理的区分に用いられています。 災害報道などで耳にする「地区」は 町村に含まれる大字(おおあざ)や字(あざ)に相当する 集落を指して用いられることが多いようです。 合併によって生まれた大きな自治体の中の 旧市町村区分を指して用いられることもあります。 逆に東京の城東地区,城南地区,三多摩地区などのように, 市区町村よりも大きな地域を指して用いることもありますね。 地区の区分けは目的によっても変わってきます。 たとえば災害の際に特定の広域避難場所への避難が指定されている地区だとか, 高等学校受験の際の学区だとか,広域清掃組合の管轄範囲だとか, いろいろな線引きがありうるわけです。 災害に関わる地域区分を気にされているようですが, それについては地元自治体のホームページで確認なさってください。 都市部の場合,小中学校の学区や町内会を単位として 広域避難場所の範囲が決められているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • pon-san
  • ベストアンサー率45% (169/371)

明確にルールが決まっていないと思いますが、災害を想定した場合の被災や避難の際に誘導しやすいよう地域を区分したものが地区だと思います。小学校の学区や消防団の配置などに利用されますね。(災害でたとえれば洪水に弱い地区に住んでいれば、その地区内ならどこでも洪水に弱いと言うこと。) 広域では複数の自治体を含めた地域を指し、市町村区内であれば町内会とほぼ同義です。これは災害対策基本法に基づき自主防災組織の単位として町内会が位置づけられているから。普段意識しないのは常時利用される機会はゴミの収集日ぐらいなものだからでは? それから蛇足ですが日本の自治体が出す指示に「避難命令」は現在はありません。避難準備情報、避難勧告、避難指示の順で危険が迫っており避難を呼びかけますが無視しても罰則はありません。(でも安全のため、情報が来たら素直に従ってね。)強いて言えばさらにその一段上に「警戒区域の指定」というのがあり、これは指定されている地域から出ないと罰則があり拘束されたりします。これが実質的な「避難命令」です。一般的には原発事故や火山の噴火など根本的にその地域にいたくてもいられないところが指定されますけどね。発令されるはずのない「避難命令」が来てから避難しようなどと思っていると逃げ遅れる可能性がありますから注意しましょう。予想以上に多いんですよ、そういう人。理想は避難勧告の発令時点でもうすでに避難が完了していることなんですけどねぇ・・・。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E4%B8%BB%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%B5%84%E7%B9%94

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • usokoku
  • ベストアンサー率29% (744/2561)

近所で報道されたときには 町内会・自治会名 集落名(合併で消えた旧村名) 学区名(小学校に通学する範囲の小学校の地名、ただし合併前の小学校だったり、分校だったりするときもあります) 路線パス名(廃止されている場合もあります) のどれかです。便宜上の分類なのでその場でその場で変わるときがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ニュースの内容が分かりづらいので説明お願いします

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121110-00000001-sasahi-bus_all 上記URL先のニュースなのですが(ニュースというよりは情報ですが) 後半の「横浜市の児玉……」以降は分かるのですが それ以前の部分に分からないところがあります。 47歳の主婦は、働いていた会社を妊娠を機に退職、8年のブランクを経て肩慣らしで行った データ入力のアルバイトで一緒になった主婦が 「今日は3時間やったから、お米が買えるわね」という言葉に衝撃を受けたというのは分かるのですがその後が分かりません。 その後の一段落「主婦パートの現実~復帰を果たした」までは、 「今日は3時間やったから…」と発言した方のお話なのでしょうか? それとも47歳の主婦の話でしょうか?(説明されている経歴を見る限り、後者のほうかとは思うのですが) 47歳の主婦の話だった場合 自分は復帰のための肩慣らしで、そのデータ入力のアルバイトを請け負ったのに その人は生活費の足しにするために請け負ったような発言をしたからでしょうか? それともデータ入力という言葉でくくっていますが データ入力とはいえ、かなり難しい知識や技術を必要とするもので、 パート感覚の主婦でさえ、このレベルのものができるの?というような衝撃なのでしょうか? 分かりづらいというか、理解しきれないニュアンスだったので質問します。

  • 法曹3者の方に聞きたいのですが。

    勉強しているときに嫌な言葉をよく習いますよね。 例えばcatastrophe(災害)とか収賄罪(197条)とか・・。 自分はこんな言葉を習うたびにこんな言葉を使う日が無くなれば・・。 と切に思ったりしますが、現実にある以上、また勉強の目的である以上知っていかなければなりません。 そして、勉強していく上でよく人間の負の面を勉強する機会が多いのですが、 人間の負の面をよく勉強することは、結局は何のためなんでしょうか? これは、どういう風に思って乗り越えたらいいでしょうか? 少し文脈が硬くなってしまったのですがよろしくお願いします。

  • あなたなら誰を助ける??

    あなたなら誰を助ける?? 災害などが起きると女、子供、高齢者が優先されます。 若い男は一番後回しです。映画やドラマだけかもしれませんが。 ちなみに私は高齢者は一番後回しにしたほうがいいと考えます。 理由は若い男は大切な労働力であり、復興作業に必要だからです。 それに未来もあるからです。 もしあなたが助けるとしたらどの順番にしますか? 災害状況は津波や火災、地震などおまかせします。 未婚者は結婚して子供がいることを前提にお願いします。 a 自分 b 夫/妻 c 自分の子供(赤ちゃん~高校生くらいまでと考えてください) d 自分の親 e 自分の祖父母(まだいると考えてください) f 兄弟、姉妹 最初に助ける人はかならず助かります。 2番目に助ける人も90%以上、高確率でほぼ無傷、かすり傷で助かります。 3番目に助ける人は50%(助かった場合軽傷、完治します、命に問題なし) 4番目30%(助かった場合骨折など、数ヶ月程度で治ります) 5番目10%(助かった場合重傷で、後遺症の可能性もあります) 6番目0%(残念ながら絶対に助かりません) ちなみに私は現実的に c,a,b,f,d,eの順です。 普通の人は死にたくない!と思うでしょう。 たぶんいざとなったらかっこよく自分は最後でいい!なんて口で言えても おそらくできないでしょうから。こうなりました。 子供と妻/夫どちらを優先するかは私はまだ未婚ですが所詮他人だ! と言う意識があるからかもしれません。 あとは男なんで今後の経済力や大災害の場合その後の治安悪化も考えられるので。 年齢と性別もお願いします。

  • 日本は滅亡するべきだと思いませんか?

     東北大地震の時は余震の影響もあり、心身に影響が出てしまったものです。  でもそれ以上に絶望感を感じていることがあります。それはこれだけの大災害が起きたというのに私利私欲に走る人があまりに多いという現実です。  具体的に説明しますと、これだけの放射能漏れを出しておきながら自分の給料を心配する電力会社の社長や、今後の生活の不安と不自由な避難所暮らしにあえいでいる被災者に目もくれずに権力闘争に明け暮れてる政治家を見ていると絶望感に襲われるのです。  俺たちはこういう人間の私服を肥やすために働いていると思うと情けなくなってきます。  だから極端な話、復興してほしくないのです。なぜなら、またこういう人達が相変わらずのさばるだろうから。復興に費やす国民の熱意をこういう人間に利用されて食い物にされると思うと、いっそまた同じような国になるなら滅びてしまえばいいとすら思っています。  皆様の意見を聞かせてください。

  • 危険予知の想定は、万全と言えますか?

    何げなく見ていたニュースなので、ソースの提示出来ない事は、ご勘弁願います。 地震予知における表層の活断層は、調査が容易であり、表層から少し深度部はレーザーでズレを確認出来るとの事ですけど、深度が高いズレは中越地震に代表されるように、予測が難しく日本全国でM7以上の地震が起こっても不思議ではないとの事でした。 また、異常気象の原因として、ラニーニャやエルニーニョ現象が、その原因とされていますが、太平洋の海面温度が例年に比べ4度から5度高く、偏西風の蛇行の幅や振りが例年に比べ異常という事です。 日本の夏は、豪雨災害が連続して起こりました。 今まで経験した事のない事で、直ちに命を守る行動を取ってください、という言葉が使用されました。 調べてみると、気象予報は過去の記録を参考にして、予測されている訳であり、新たな地球環境の変化による異常気象は、ある程度の予測は出来るものの想定外になる事の方が多いらしいです。 原発の安全基準は、世界的にも厳しいみたいですけど、いっそM9~10に耐えられる構造や、突然深度活断層が敷地内でズレる事を想定して、宇宙ステーションの如く地震時にボタン一つで宙に浮けるような作りになっていたら、何十メートルの高さの津波でも安心出来ると思うのですが、現代の最先端の科学をもってしても、富士山の噴火や地震予知や異常気象の予知を、正確に予測出来ない。 また、放射能を完全に無毒化出来ない今、危険予知や対策は万全と言えるのでしょうか? 現在の安全基準を凌駕するような大災害が起こったら、またまた想定外で済まされてしまうのでしょうか? それとも、そんな大災害は起きる事はないのでしょうか?

  • 瓦礫拒否の四国県は南海地震災害の支援はどうする

    四国4県のうち、特に香川県と徳島県は東北被災地の、放射性物質に問題ない岩手や宮城の瓦礫にさえ受け入れに強い拒否を示しています。しかし四国は、南海地震が予想されており、南海地震発生により大津波で大被害を蒙った場合、東北の被災者の支援を拒否していながら自分達の被災時には、全国からの支援を求めるつもりなのでしょうか?それならば、あまりにも図々しく身勝手な思いがします。東北の被災者への瓦礫処理の支援を行ってこそ、相互助け合いで、自分達の大災害の場合も、支援を受けられる立場にあるでしょう。 四国のこうした県以外の道府県やその他の市自治体、特に政令指定都市も同じ立場でしょう。瓦礫を拒否するエゴ丸出しの一方で、自分達が現実に天災事変で大被害を蒙ったとき、全国民に食料やボランンティアその他の支援を求めることに恥かしさを感じないでしょうか、また、全国民はこうした他人の被災に冷たい態度をとる瓦礫拒否県や自治体に対し、大災害時の支援をどう考えるのでしょうか? 今後、瓦礫拒否の道府県や主な市の自治体をリストアップし、意見を聞いてもみたいとも思いますが、皆さんはどう考えるでしょうか?

  • スーパームーン・月

    今月3月20日にスーパームーンが、見られたそうですが、スーパームーンについて気になるサイト情報が、書いて有ったので、本当か嘘か詳しく教えて下さい。 内容:スーパームーンの前後には地球に大災害が起こると有り、半信半疑で、見ていましたが、良く考えたら3月11日(スーパームーンの9日前)に東北・関東大震災が、有りました。サイトでは、今まで、スーパームーンが、来る前・来た後の災いが載ってました。この情報は、本当でしょうか偶然でしょうか。自分的には、言葉で『ムーンパワー』と有るので、本当だと思うのですが、もし本当で有れば次の『スーパームーン』が、恐ろしいです。でも、綺麗http://m.news.ameba.jp/20110310-246/?guid=ON 後、月(満月)に関して日本で一番大きく見える所って何処ですか。(満月は、お月見の日の満月) なんか地表近くの月が、大きく見える様なんですが・・・ (マンガ『宙のまにまに』に書いて有りました)

  • 管総理は、なぜ、マニフェストに固執するのか?

    皆さんのご意見を伺いたいのですが、昨日の管総理の国会答弁を伺うと、震災復興より、民主党マニフェストが、優先するような発言に、終始していたように思います。 何党の党首が、首相であっても、この大災害での、緊急事態であれば、災害前に、策定したマニフェストより、日本自体の復興が優先すべきと、私個人は、思うのですが、民主党にとっては、自分達の政策が、今年度、実現できないのは、悔しいかもしれませんが、日本経済が存在して、初めて、マニフェストの新規事業が出来るのですし、経団連も、法人税減税は、中止しても良いとか、高速道路無料化や、子供手当なども、一時、震災復興するまで、延期したり、中止しても良いとの世論があるなかで、なぜ、こんなに、ばらまきマニフェストに、固執したいのでしょうか? 予算関連法案や、減額補正予算など、新たな政局を、作って、政治をもてあそびたいのでしょうか? 何はともあれ、福島原発の早期終息と、震災復興を、優先しない限り、ただでさえ、関東地区で、計画停電など、個人生活や産業生産に、ダメージを与えている現実があるのですから、マニフェストの実行延期で、それら当面の生活に直結する問題が、早く片付くなら、マニフェスト政策を、一時、棚上げしても、原発問題、電力問題、震災問題を、優先するのが、当たり前で、マニフェストが、それより、大事だと国会議事録に残るような発言をする気持ちが、わかりません。 皆さんは、どう思われますか?

  • 岩手大槌町の消防団11人死亡・不明について

    ヤフーの今日のニュースのところにこのニュースが載っていました。 大きな被害を受けられた大槌町の、消防団の方々のニュースです。 団員の方々は誰1人として津波から逃げず、町民の方々を何とか早く避難させたいと、半鐘を鳴らし続け、津波に飲まれた方もおられるそうです。 涙が止まりませんでした。 私の主人も、消防団の一団員です。 年度変わりということで、つい最近まで新団員の勧誘を、早めに仕事を切り上げることが出来た団員が集まって行っていました。 毎年のことで、聞くだけの私も腹立たしいのですが、大学を卒業する頃の年齢の若い子を勧誘に行くと、必ず親が出てきて、「留守です。」「仕事が忙しいので。」などと言われ、本人に会うことも出来ないまま仕方なく帰ってくることばかりだそうです。 それが何十軒も続くのです。 中には、「暇人が集まって勝手にやってるだけでしょ」と言われる方も少なからずおられるそうです。 しかも、以前火事を出し、消防団のお世話になった家の人でさえ、いやみを言ってきたそうです。 主人は市区町村役場勤務ということで、強制的に入ってるだけだよーとは言っていますが、団員としての責任感は強く、決して暇なわけではありません。 他の団員の方も、忙しい仕事を切りをつけて集まって、なんとか活動が成り立っているのです。 サイレンが聞こえれば、休みの日だろうが、仕事中だろうが、朝だろうが、昼だろうが、夜だろうが、夜中だろうが、食事中だろうが、お風呂中だろうが、何をも差し置いて、消防情報ダイヤル(どこどこで建物火災、などとアナウンスが聞けるダイヤルです)に電話し、自分の担当している地区の火事、事故などであれば飛んでいき、2次災害が起きないよう、消防署の方が帰った後も何時間も残って気を配らなければなりません。 何か行事(夏祭りや餅投げなど)があれば、警備として出ていき、全員が安全に帰るのを見届けてから片付けをし、やっと帰ってこられます。 台風などの災害時は、電線が切れたり、木が倒れて道路が不通になってしまうなど、予想もしない事態が起こるため、もちろん出動します。 火災予防運動の放送も、「うるさい!」と何度も言われるそうです。 家族を置いて、出動するのです。 家族の心配もしながら、任務に当たるのです。 自身の危険ももちろんあります。 前述のように、嫌なことも散々言われ続けます。 大変であることは確かです。 本当にお留守なのかもしれません。 お仕事がお忙しいのかもしれません。 それでも、何回お願いに上がっても、親しか出てこないというのは、おかしいとは思いませんか? 今年は、主人の弟と、はとこを何とか説得し、もう1人友人も入ってくれましたが、主人は「また幽霊団員かな・・・」と言っていました。 主人は、どの地区も、ちょうどゆとり教育が始まった頃の若い子だから、面倒なことはやりたくないんだよ、もう入ってくれる子がいなかったら、うちの分団も解散かな・・・と言っていました。 みなさんは、災害時の消防団の活動をご存じないのでしょうか? 消防署の方々だけで活動されていると、勘違いされているのではないでしょうか? 特に、若い男性の方々、消防団が勧誘に来たけど、めんどくさそうだし、断ったという方、恥ずかしくはありませんか? 自分の住んでいる地区を守るのです。 とても誇りに思うのが普通ではないですか? 私は病気持ちで、家事育児などはほとんどできませんが、消防団として任務を果たしにいく主人を、頑張って!と気持ちよく送り出します。 はっきり言って、不安です。 特に災害時、火事、事故など、もしものことがあった時、病気で何も出来ない私と小さな息子、どうやって生きていこう、と考えずにはいられません。 それでも、主人は困っている誰かのために1分でも1秒でも早く出動していくのです。  彼の背中を押すのは、妻である私の仕事です。 主人は私の誇りです。 皆さんはどう思われますか?

  • 小論の添削をお願いします。(グローバリゼーション)

    テーマ「グローバリゼーションがもたらす弊害について」 世界が一体化し、すべての国が豊かになるわけではない。 先進国は経済が活性化し、貿易も盛んになる。 一方で発展途上国では、失業率が高まり貧困に苦しむ人がいる。 地球が一つの単位になる、世界都市などといった上辺だけの言葉が存在しているが、現実では貧富の差が拡大している。 先進国の人々は、この現状を重く受け止めるべきだ。 自分達の利益だけでなく、世界中の人々が豊かに暮らすための方法を真剣に考えていく必要がある。 似たような小論のテーマをよく見かけるのですが、いまいち上手く書けません… さらに、200字でまとめなければならないので、言いたい事をズバッと書けるようになりたいです(*_*) 良ければ皆さんの考える「グローバリゼーションの弊害」についても、意見をお聞かせください。