解決済み

護身術はじめようと思っています

  • 暇なときにでも
  • 質問No.383158
  • 閲覧数129
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

今、アメリカ中西部で、留学していますが、英語にも、なれてきたので、又、部活もないので、護身術を始めた方がいいと思っています。

クラスを選ぶのにどんな事に気をつけたらいいのでしょうか。

武道を教えているところで護身術を教えているところもあります。 見学させてもらったけど、いまいち、と言うところばっかりでした。 

授業料は、日本よりかなり安いので、その点は気楽です。

よろしくお願いします。

なお、私は21の女性です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 63% (4601/7273)

餅ベタです!<g>

私の回答を見ているので、私のバックグランドは説明する必要ないですね。

護身術は「自分を世界で一番大切なもの」と言う根本的観念から出来ています。 貴方の人生を悪い方へ変えるものすべてをあなたの敵とみなさなければなりません。

ここでは、銃での殺人だけで、年に12000件起こります。 これは週に250人もの人がアメリカで銃で殺されると言う事です。 信じられない事ですね。 でも、統計を見ればすぐ分かる事です。

逃げる? とても銃から逃げる事は出来ません。 ナイフの時もあるし、バットかもしれないし、又、素手かもしれないし、又、目的がお金であるかもしれないし、あなたの体かもしれない。 お金をやれば大丈夫だ、なんていっている人がまだいることに対し残念に思えて仕方ありません。

護身術は護身術です。 精神的な意味でも体力的意味でも、護身ということを中心に習わなくてはなりません。 たしかに、「使える」武道をやっていれば、ある程度応用が利きます。 もっとも、ルールでがんじがらめになった試合を目的にした、また、昇段テストのための練習を積む事を「武道と呼んでいるもの」では護身術として通用しません。

また、柔術、合気道的な相手の体の一部に長い間(一秒でも長い)くっついている技は120キロの男には通用しません。 

護身術を空手と分けて教え始めてから、10年ほどになりますが、現実の基づいた護身術を教える先生に付く事はどんなに大切な事なのか、知っているつもりです。

また、その先生が女性か、体の小さい男性と言う事も大きな選択理由として覚えておいてください。 運動神経の発達した先生ではダメ、体が大きい筋肉質の先生ではダメ、つまり、あなたの状況がわかり、今もっている力をどのように向上していけるかを熟知している先生ではなくてはならないということです。

使えない護身術教室は長続きしません。 教えられない先生は一発で馬鹿にされます。

技と言う物だけでなく、精神的トレーニング(mental training)を重視した先生につくことも重要です。 つまり、金的(分かりますね、この言葉)や目は確かに急所です。 それを急所ですと言うだけではトレーニングにならないのです。

どうしたら、精神的にまず相手にすきを作らせ、精神的に自分を反撃に持っていけるかということですね。 非常に難しい事なんです、金的や目を反撃すると言う事は。 

精神的誘導、ストレス下での平常心、反撃技の最大有効率の向上など、教える事はたくさんあります。 数回の講座では、知識としての護身術は分かるけど、心身が動かないと言う事になります。

40キロも満たない女性が120キロの大男に負けない護身術はここでは要求されます。 

護身術とは聞こえはいいかもしれませんが、相手に怪我をさせる事なんです。 怪我をさせるだけの体力も作らなくてはなりません、でもそれはほんの一部の事であって、精神的なトレーニングが一番大切とされいます。

また、その状況に入り込まない事も護身術でもあるし、危険をいち早く感じる能力も護身術です。

また、相手が前にいるときには逃げる事は出来ないと言う事が前提になっていなくてはなりません。 逃げる事自体が非常に難しい事なんですから。

いろいろな授業を見せてもらい、上のこと(ほんの一部ですが)を教えているかを見てください。

避けるべき教室にもう一つありました。 技として、こう来たら、こうやり、こう来たらこうするとと言うような教え方をする先生は避けなくてはなりません。 ただそういう教室にいる生徒立ちは満足している人たちが多いと思います。 なぜかと言うと、覚え易いからなんです。 はっきり言って、自分を守れると誤信してしまっているのですね(でも、気がつかない)。

でも、何でもありの攻撃に対して(甘い言葉でナンパして来るときもあるし)、規則的な攻撃はないんです。 あっても、その数は人間では数え切れません。

あ、もう一つあった。 個人指導は避けてくださいね。 少なくとも3―4人の生徒が一緒いる授業を受けてください。 個人指導で問題がおきていることが思ったより多いですから。

これで、いいかな。何分にも、簡単に説明できる代物ではないので、心配しています。

Fちゃんを最後に守るのはFちゃんしかいません。 意味のある護身術で、よりやんちゃなFちゃんを守ってください。 (かわい子ちゃんは大変だね。<g>)

分からない点があったら、又補足質問してください。
お礼コメント
noname#17701

きてくれましたね。 今ね、ちょっと、頭がカッカしていたの。 でも、餅ベタさんの真実味のある言葉が、思いやりのある言葉が、私をいつもの私にしてくれました。

あのね、この週末、アメリカ人の友達とその子(女の子だよ、心配しなくてもいいよ)の家に帰ったの。 イリノイ州のすごく上のほう。 Rで始まる町だよ。 となりの州のBと言う町もすぐとなり。 なぜ、この事言っているのかわかるよね。 多分、私の言っている事、確かだと思う。 (笑) そうだよね。 スワットで教えているのはそのBの警察だね。 すばらしい先生だって、聞いた。 ganbatteruyoって、名前だけじゃなかったね、そこのお母さん、よく知ってたよ。 目がうっとりしてた!(笑)又、増えたよ、餅ベタさんの事、、、な人。 (笑)

餅ベタさんの言っていること、いつも、奥深い。 説得力がある。 さっきも書いたけど、警察に行ってきた。 餅ベタさん程じゃなかったけど、同じような事をチラッと言っていたよ。 だから、言っている事、分かるような気がします。 わかるまで、何回も読み返しますね。 

護身術って、腕力だけじゃないんだね。 危険距離に入る前に危険を感じる能力、って本当にすごいと思う。 それさえあれば、戦う必要ないし、レイプされると言う事もないわけだ。でも、それが出来るまでは、他の護身術を使わなくてはならないっていうことですよね。 何十年もかけなくてはならないという事はないということですよね。 一つ重要な事を知っているだけでも、知らないより、絶対有意義だと言う事ですね。

意味のある護身術で、私を自分で守れる自分を作り、より意味のある人生(この言葉、日本にいた時は使ったこことなかった)を作っていきたいと思います。

いつも、私(だけでなくみんなの事だね)の事を親身になって、考えてくれてありがとうございます。
投稿日時 - 2002-10-21 14:41:16

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.9

ベストアンサー率 26% (26/99)

flowerdayoさん
>今になって気がつきました。 私の質問が、はっきり護身術、習いたい~
 あ、ようやく判りました。が、ここで一つ護身術と言う言葉について。
護身術って言葉は近年新しく出来た言葉です。なにげに護身術って言葉を
使ってますがこれほど、教える所によって意味合い?が違うものもありません。これは、どこまで護身?の意味の取り合いが違うからです。
例として(私の師は護身術とは言った事ありませんが)純粋な武術として(し合として=しはあのしです)の方法を学ぶ時があります。が、自分も刑務所あるいは死の覚悟がないとするな!!する覚悟がないと逃げろ!!って言われています(が、3回喧嘩売られたらかえって言われてます・・・)。こういう所では護身術=訂の言い言葉(相手にしない?)なのです。
だからflowerdayoさんの場合喧嘩に使えるって言った方が日本人にはいいかも。

>だから、もう少し、真実性のあるアドバイスを聞きたかったんだと~
さて、体系だった所で喧嘩に使える見分け方は・・・、これで合ってるかどうか判りませんが、組み手の練習を多く練習している所で、
1)フルコンで顔面あり、グローブ可
2)防具フル装備でもちろん顔面ありで、グローブなし
です。これは、個人の胆力を鍛えるもので、顔は体の中でもっとも急所のある部分で耐久力を鍛える必要かあるからです(力の受け流し方でもいいですが)。この部分にこだわってるのには空手で顔面なしで組み手をやっている所があるからです。
教える実力にかんしてはflowerdayoさんは幾らか分かってるようですので言う事はないでしょう。しいて言うなら幾つも技を教えるような所は避けるべきでしょう。
お礼コメント
noname#17701

voicesさん、意味のあるアドバイス、ありがとうございます!

そうなんですね。 喧嘩に勝てるだけの実力を持たせる事によって、自分を守れるって言う事ですね。 もちろん、私は喧嘩をするためじゃないですが、レイピストは女性と喧嘩をするわけですからね。 違うか、私が売られた喧嘩をするのか。 売られたら、逃げられないです物ね。

いい事聞いた! 防具で固めた相手を、グローブ無しで、相手の体のどこでも打たせてくれる教室ですね。 相手は防具に固められているわけだから、本気に殴ってもいいんだ。 そして、教える人はそれが効いたかどうか、わかるんですね。 効かなかったら、それを練習する。

そうですよ。 そのようなアドバイスを聞きたかった。私も見ましたよ。 顔は当てたらいけない、又、こちらはグローブをつけている。 それを見たとき、おかしいなと思いました。 でも、そういうもんかと思っていました。

ありがとうございました!!!
投稿日時 - 2002-10-22 17:34:34
  • 回答No.8

ベストアンサー率 27% (44/162)

こんにちは。No1です。
正直あなたの返答はショックでした。

私も米国に長期滞在し、ヨーロッパにも長期間滞在した経験からの回答でした。

実は私、以前プロのキックボクシングや総合格闘技で生活していたので、
その見地からの回答でした。
私自身米国に住んでいた時は、トラブルには一切関わらないよう心がけて
生活してましたし、いくらプロ格闘技をしていてもイザとなれば逃げるが
勝ちと考えています。

只私が言いたいのは、トラブルからはスグ逃れろというものです。
私は高校の頃柔道で全国大会で準優勝しましたが、ある時、当時の女子
柔道チャンピオンらと合同練習をした所、女子チャンピオンが名も無き
高校の名も無き1年生(男子)にガンガン投げられて負けてました。
正に手も足も出ない状態でしたよ。
男女の力の差と云うのは大きな開きがあるとこの時ばかりは驚きました。

心からエンジョイして下さいと言ったつもりですが、伝わらなかった様で
残念です。
お礼コメント
noname#17701

又、回答をいただいて嬉しく思います。

あなたにもGさんにも、気を悪くさせてしまって、大変申し訳なく思っています。

でも、私としては、感謝と同時に、あなたが言われたように、男女の違いがあるからこそ、自分を守る事を習いたいのです。 又、それをやって、成功した人の話も聞いているのです。 

そして、その習う事について、どんな事を注意して教室選ぶべきかを知りたかったのです。

一応、警察の方で、いろいろ現実的な情報をいただいていますが、もっと欲しかったのです。 警察では、はっきりと逃げられないから、護身術を習わなくてはならないといわれていたのです。

また、ここの生活をよりエンジョイしたいから、習いたいのです。 泣いて、日本には帰りたくないのです。

分かってください。 

私としては、G-さんの怒る理由が分かるのです。 彼の肩をもつとか言うのではなく、体の一部に砂をつけるしかないといわれては、困るのです。

でも、回答してくれた事に関しては感謝していますよ。 ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-10-22 17:08:10
  • 回答No.7

ベストアンサー率 63% (4601/7273)

Gです。

皆さんは、アメリカは危ないところだと漠然と知っているようですが、もう少し詳しく知ってもらいたいと思い、又書かせてもらいますね。

レイプは警察に連絡されない犯罪としてよく知られており、はっきりしない件数は分かっておりませんが、届けがあった数から、何らかの推量は出来ます。

つまり、30件の一件は届けられるとして、アメリカ国内で3秒以内に1件、起っていると言う事が分かります。 20件に一件とすると、2秒以内に一件となります。

これは、届けられた物だけでも、40秒ごとに一件届けられていると言う事です。 とんでもない数のレイプが起って老いるということなんです。 確かにアメリカは何十倍の広いです。でも人口は2.5倍の違いしかありません。 つまり、人口から見ると、自分にも起る可能性の高いことはお分かりだと思います。

これに、強盗、暴力を含めると、とんでもない可能性とないます。

Fちゃんが真剣に米国生活を楽しむためには、必要と感じるのは当然のことと思います。起った後から後悔してもどうなる物ではありません。

日本では、この護身術の認識が低すぎるのです。 武道と護身術の違いが分かっていません。そして、レイプされてから、問題となる、しかも、日本文化の中で、公にすると言う事は、アメリカよりかなり少ないといえるでしょう。

ですから、余計にマスコミも問題としない。 悪循環になっているのです。

護身術は何年もかかりませんよ。 護身術はセロから初めて、完璧になるまでの工場しかありません。 誰も、完璧な護身術を持とうとは思っていません。限りなく完璧な物に近づくというだけなのです。

今、問題になっているスナイパーの問題も、100年護身術を訓練しても、防ぐ事は出来ないでしょう。 殺される可能性を低くする事は出来ます。 それが、護身術なんですね。

ですから、下のようなアドバイスは;
****
女性が男性に 襲われて、もうどうしようも無い時、砂を掴み自らの股間になすり付ける(これは股間が紙やすり状になり挿入を防げる)とか最後の最後にする無駄な抵抗くらいしかないですね。
****
はFちゃんの「幻想」以上の回答者の護身術の知識・経験にまったく基づかない「幻想」、それ以外のものはありません。

なぜ、砂を使うという思いがあれば、こんなばかばかしい、自分の体も傷つけるような事が、最後の最後の無駄な抵抗とするなら、なぜ、回答者は、目にさすりつけると言う事ができるということのほうが、やりがいがあると、思えないのでしょうか。

また、護身術の中には、レスリング(アマレス)の有効に使える技の観念は必ず教えます。レイプは寝技になる可能性が高いのです。

#5の方は武器を、という提案をなされいます。 これが大きな社会問題となって、拳銃問題の正当化する意見なんですね。 拳銃の管理さえしっかりして、責任のある使い方さえすれば、拳銃は今のところ一番有効な自己防衛機器(武器としてなく)とされています。

それと同時に、精神トレーニングを十分していなければ、恐怖感に負け、間違って、無実の人を殺す事にもなるのです。 もちろん、このことはどんな武器としてもいえることです。 

私も、スワットの関係上、拳銃を保持し、練習をしています。

護身術の必要性、有効性に対しての知識/経験無しで、必要性を感じている女性に対して、軽い気持ちでアドバイスする事は、あまりにも配慮無しとしか考えられません。 女性が持つ、恐怖感は、知識・経験のない、男性にとっては、分かるわけがないのです。 (男性が金的をやられたときの痛み、女性の出産苦痛/幸福感もしかりです)。 その恐怖感を感じられない人が、護身術は何十年もかかるとか、趣味として習ったら、なんて無責任な事を言う事になってしまうのは残念としかいえません。

かなりきつい事を言ってしまいましたが、Fちゃんのことを考えれば、このくらい言っておかないと、又いつ、とんでもない回答がアドバイスとして書かれてしまうか思ってしまうので、書かせてもらいました。

また、気を悪くなさった方には、大変悪い事をしたと思いますが、これ以上、うまく書けない自分が残念と思います。 申し訳ないです。
お礼コメント
noname#17701

嬉しいです。 こんなにも、真剣になってくれている人がいるなんて。

この統計の事も、警察で聞いて知っていました。 だから、真剣に習いたいと思うようになったのです。

私のために、「きつい事」を言って下さって、本当にうれしい。

もう少し開けておきますので、又何かありましたら、書いてくださいね。
投稿日時 - 2002-10-21 15:08:46
  • 回答No.6

ベストアンサー率 26% (26/99)

flowerdayoさんが何を目的として学ぼうとしているかで変わってきますね。
いくら日本が治安が悪くなったとは言えアメリカのそれとは違いますし・・・
実の危険を感じて始めようとするのであれば実戦をうたい文句に色々宣伝を
している(実際に対人のトレーニングあるいはシ合をしている)ところが
いいと思います。アメリカはその辺がかなりシビアですのでまず間違い無い
でしょう。念のためこの事ははっきりさせた方が良いでしょう。アメリカは
訴訟国ですので道場主もその辺は中途半端にできないはずですので。

で、武術が好きで学ぼうとすると先程書いた事は少し変わります。
武術家の中には殺し合の術として選んで教えてるか生徒は取らない人も
いますので。私の経験からすると試合(文字道理の試し合い)をしない所の
方が良いように思われます。なぜって?それはルールに縛られない自由な
技を習う事ができるからです。

ちなみに見学した時どの辺がいまいちって思いましたか?
武術の練習って普通の人が見て判らない所が色々あるものですから。
追記:私は洪家拳を学んで10年以上になります。
補足コメント
noname#17701

今になって気がつきました。 私の質問が、はっきり護身術、習いたいんだ、とは書いていなかったんですね。 まだ、そうしようかと考えていただけみたいでした。

護身術の必要性を身にしみて、感じてしまったのです。 だから、もう少し、真実性のあるアドバイスを聞きたかったんだと思います。

今では、「習いたい」のではなく、習わなくてはならないと思っています。

Gさんのように経験のある人、女性の方であれば余計いいのですが、ご回答いただければ幸いです
投稿日時 - 2002-10-21 14:57:19
お礼コメント
noname#17701

御礼が遅くなりましたが、ありがとうございます。

いろいろ考えて、武道と言う形で流行りたくないと思うようになりました。

私にとって、武道は興味ありません。 

いまいちといったのは、私が犯罪者となったときの攻撃に対しあくまでも体力てきに、また、習っている技に忠実すぎて、精神的な向上を目指していない(つまり、教えてくれていなかった)と言う事です。

いろいろ、護身術に対して知るようになって、教える先生の教える実力の程度が分かるようになったみたいです。 つまり、分かるように教え、向上するように教えてくれない先生はどんなに段数が高くても、私にとっては、教えてもらってもどうしようもない先生と思うからで、武術の練習の意味合いが分かると言う事ではありません。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-10-21 14:55:01
  • 回答No.5

ベストアンサー率 28% (15/53)

自分を守ることは、何十年練習しなければ護身術にはなりません。

する・しない・両方を考えると習っている方が焦る気持ちが少しましと思います。

護身の為には武器を扱う武術が良いと思います。
趣味の為に始めるのが良いと考えます。
お礼コメント
noname#17701

御礼が遅くなりましたが、ありがとうございます。

でも何十年も待てない。 護身術が出来る人がすべて何十歳以上とは思えません。

武器の件は、いろいろ問題があるようです。 また、使い道がないとも言われました。

趣味の為に始めるって言うわけには行かないのです。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-10-21 14:47:29
  • 回答No.3

ベストアンサー率 39% (167/419)

こんばんは!
少林寺拳法をやってます。
実際に習ってみると、確かに護身術としてはかなりおすすめできるのですが、アメリカにあるのかどうか。

ですので、護身術を選ぶ際のポイントをちょっとご紹介したいと思います。

1.相手のパンチやキックが自分に届くか届かないか(距離)を見極める方法を教えてくれる。(間合いということ。)
2.体のかわし方(よけ方)を教えてくれる。
3.大声(気合い)を出す練習ができる。(気合いで相手も一瞬ためらいます。)
4.相手への急所攻撃を教えてくれる。(目、鼻の下、みぞおち、股間など、急所の場所と攻め方。)

これらは少林寺拳法の基本でもあります。
たぶん他の護身術にも共通する部分があると思いますので、少しでも参考になればうれしいのですが。
お礼コメント
noname#17701

御礼が遅くなりましたが、ありがとうございます。

護身術の奥の深さが分かり始めました。 生身の人間からの攻撃を受ける事は難しい事は確かでしょうが、自分を守らなくてはならない状況に受けて立たなくてはならないときがあるかもしれないし、負けて、一生、苦にしたくないと感じるのです。

教室を選ぶさいの要点をリストしてくれてありがとうございました。
投稿日時 - 2002-10-21 14:10:59
  • 回答No.2

ベストアンサー率 31% (22/70)

まず#1に関して。

>残念ですが、映画の様に女性が男性をパンチやキックでねじ伏せる事は、
>絶対出来ません。

女性であっても、フルコンタクト空手やキックボクシングなら、ある程度熟練すれば、一般の男性はかないません。
理由は。キックボクシングや 実戦空手は、蹴りやパンチに関して実用的、合理的に技を習得するからです。(2,3年程度まじめにやれば)訓練で筋力もある程度は自然につくので、そのぐらいの筋力と、技があれば、正面から、普通の男が来るぐらいなら、なんとか対応できるぐらいには十分なり得ます。
勿論、刃物をもった男とか、不意に襲ってきた時なんかは、時と場合と(本人の実力)次第であって、難しいかもしれませんが…。

{女性で、健康的に、(そして)ついでに護身術を…ぐらいであれば}
「どうせ体動かすなら、なんか護身的技を身に付けたいわ」とお考えであれば、合気道か、少林寺拳法をオススメします。
両者とも、護身がメインであり、自ら積極的に攻撃をしかけるような技の習得はしません。他の格闘技に比べて激しくはないし、大きな怪我や、顔に怪我する心配は無いので、女性でも安心してできる格闘技の部類に入ると思います。
(ただ、アメリカによくあるかは不明ですが…。)

護身術や武道ではないですが、
レスリングなんかも、女性が行うのには良いと思います。
お礼コメント
noname#17701

御礼が遅くなりましたが、ありがとうございます。

護身術の奥の深さが分かり始めました。 生身の人間からの攻撃を受ける事は難しい事は確かでしょうが、時分を守らなくてはならない状況に受けて立たなくてはならないときがあるかもしれないし、負けて、一生、苦にしたくないと感じるのです。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-10-21 14:08:54
  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (44/162)

こんにちは。遠いかの地で私の回答が読まれる事うれしいです。

さて、護身術ですが、いざとなった場合女性と男性は力の格差が
あまりにもあり過ぎて頼りになりません。
ですから、精神修養として又、スポーツとして楽しまれた方が
いいと思いますよ。

こんな見地から和気あいあいとやっている所がいいでしょうね。

本当の意味での護身術とは、今その危険に晒されている場所から
一刻も早く逃げることです。決して闘うことではありません。
残念ですが、映画の様に女性が男性をパンチやキックでねじ伏せる事は、
絶対出来ません。

しかし、いざとなったら倒された時に地面の砂を掴んで、相手の顔に
投げつける。とか、ココで書くのは気が引けますが、女性が男性に
襲われて、もうどうしようも無い時、砂を掴み自らの股間になすり付ける
(これは股間が紙やすり状になり挿入を防げる)とか最後の最後に
する無駄な抵抗くらいしかないですね。

別に意見を言うつもりはありませんが、凄く危険一杯が米国に住む
flowerdayoさんに、護身術についてヘタな幻想を持って欲しくなかった
もので・・・。

きっと人生に大きな影響を与えるであろう米国留学を楽しんでください!!

人間30になると説教臭くなりますね。ついこの間まで20歳だったのに・・。
気をつけよう・・・・。
お礼コメント
noname#17701

御礼が遅くなりましたが、ありがとうございます。

ごめんなさい、でも、あなたの言っている事がなにか間違っているように思えてなりません。

米国留学を楽しむために護身術を習いたいのです。

先日、警察を見学してきました。 そこで、護身術の大切さを知らされたのです。 また、経験者(レイプされた人たち)からの意見で、護身術の必要性が高いということと、逃れた人たちの意見から、精神的護身術で、大男にも勝てるといっていました。

また、危険な状況である事に気がつくことも、護身術のうちだと。

回答してくれたことは大変ありがたく思いますが、下手な幻想と言われては、貴女自身の護身術の必要性、有効性を知っておられないように思われます。 あなたこそ、自分を守ると言う事に対し、危険性を感じずに、平和な人生の幻想に生きているのではないですか。

砂をつけてやれないようにするですって? あなたという男性は女性をなんと思っているのですか。 そんな事やったら、「こん畜生!」といわれて、半殺しになるだけです! そんな事も分からないで、口だけの「米国留学を楽しんでください」もないです。

あなたが、チンピラがいつもいるところに毎日行かなくてはならない状況だったらどうしますか? スポーツとして、何かおやりになりますか? 

ごめんなさい、21の私が30の人に生意気な事を言ってしまって。 でも、うそはつきたくない。
投稿日時 - 2002-10-21 14:03:25
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ