• ベストアンサー
  • 困ってます

of much の用法

英文を見ていてよく分からない語順だったので質問させていただきます。 They happened to be of much the same opinion. 「彼らはたまたまほぼ同じ意見だった。」 という文ですが、"of much"について 自分なりに考えたのですが・・・ 1.ofは前置詞でmuchは名詞。全体が形容詞となってopinionを修飾する。 2.ofは前置詞でmuchはopinionを修飾する形容詞。全体がbe動詞の補語になる。 どちらが正しいのでしょうか? much of はよく見る語順なんですが、be動詞のあとにof muchと来られても意味がわかりません。 回答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数571
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

be of the opinion (that) ~で「~という意見・考えである」という意味になります。 この of は of importance などと同じで,名詞を形容詞的に変える役割を果たします。 be importance だと「重要性だ」ですが,of をはさむことで 「重要だ」となります。 be the opinion だと「主語が意見そのものだ」ですが, of がはいると,「意見的」すなわち「意見を持っている」という感じになります。 日本語の文法にあてはめると,be of 名詞で,形容動詞「きれいだ,立派だ,重要だ」のようになります。 be 名詞は「学校だ」のような「名詞+だ」です。 the がつくのは「何か特定の意見」でないと,「主語は~の意見である」と言う意味がないからです。 したがって,be of the same opinion (as ~)で「(~と)同じ意見である」という意味になります。 the same「同じ」は,exactly のような語で強調すれば「まさに同じ」という感じですが,much では「同じ」程度を強調することはあり得ず,感覚的には「ほぼ同じ」という意味になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • of much use...

    NHKラジオ英会話講座より I've accumulated a ton of pennies and nickels. They won't be of much use to me in Japan. ・・・・、日本ではあまり私の役に立ちませんから。 (質問)前置詞[of]の前に[be]動詞があります。[of]の前は名詞が来るものと思っていましたので戸惑っています。[of much use]で「大いに役に立つ」と丸暗記するところでしょうか。[of]の前に動詞が来るパターンは結構多いものでしょうか?お伺いいたします。よろしくお願いいたします。以上

  • 前置詞ofの必要性について

    They happened to be of the same opinion. これでofの用法は何なんですか?このofの必要性 がどうしても感じられません。無くては駄目なんでしょうか?

  • muchの修飾について

    The structure of Spanish is much like Italian. この英文のmuchは"like Italian"を修飾してるように見えますが、muchは動詞を修飾し、副詞や形容詞を修飾することはできないのではないでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

be of というのは have で置き換えることが出来ます。また、much the same は「(質について)ほぼ同じ」 という表現があるので、 They happened to be of much the same question.の訳は 「彼らはたまたまほぼ同じ意見だった。」でいいですね。語のかたまりをmuch ofで考えるのではなく、be of/ much the same で考えれば、すんなり答えは出ます。ついでながら、ofはもともとhaveの弱形だったので、所有や所属に関する訳が多いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 前置詞+名詞の固まりについて、教えて下さい。

    前置詞+名詞の固まりについて、教えて下さい。 He waited for me. は前置詞forと、名詞meが合体してfor meで、頭の中ではひとつの補語(形容詞?副詞? )に考えますよね? 前置詞+名詞は、文中でも正式に形容詞や副詞の扱いになりますか? つまり、この文でwaitを修飾する副詞があった場合、普通の動詞を修飾する副詞の位置は、動詞(+目的語、補語)の後です。しかし、この文には頭の中では補語と考えたfor meがあります。 動詞を修飾する副詞の位置はどこになりますか?waitの後ですか?補語と考えたfor meの後ですか?

  • so much の意味と文法的役割が分かりません。

    There is no creature with which man has surrounded himself that seems so much like a product of civilization, so much like the result of development on special lines and in special fields, as the honey-bee. <私の訳(不完全ですが)> 人間が自分自身の周囲に置く生物で、ミツバチと同じ様に、文明の産物と同量に見え、特定の方面や特定の分野に関して発展した結果と同量に見える生物はいない。 <質問> 上の文章のso much like a product of civilizationとso much like the result of development~の so muchの意味(訳)ですが、アンカー英和辞典によると 1)形容詞:それと同量の→The house burned like so much paper. 2)副詞:それだけ→If you can come with me, so much the better. と書いてあり、1)の「形容詞:それと同量の」で訳せるように思いまいしたが正しいでしょうか? また、likeは前置詞だと思いますので、「like 名詞」は前置詞句で、seemの補語になっている、で良いでしょうか? so much=形容詞とすると、「形容詞は、前置詞句を修飾できない」と思うのですが、 正しくは、「形容詞は、前置詞句を修飾できる」のでしょうか? so much~as the honey-beeで、原級のようにも思うのですが、自信がありません。 私が知っている構文は、I spent as much money as Tom.です。 as much 前置詞句as は可能なのでしょうか? どうぞよろしくお願いします。   

  • 英語の文法についておしえてください

    英語の文法についておしえてください 1) 句について   you need not fear a dog an a chain < an a chain は形容詞句   the book on the desk is mine < on the desk は前置詞句 なぜ両方前置詞句にはならないのでしょうか? あと句は本には8種類あると書いてあるのですが名詞、 形容詞、 副詞句のことしか説明してません 文章を解読する時には動詞、形容詞、名詞、副詞、前置詞、句、節、修飾語などと翻訳する前に 考える必要があるのですか? 2) he is to blame( 彼は責められるべきだ) <to blameは形容詞句の不定詞句の補語   Her dream is to be a designer(彼女の夢はデザイナーになることだ) <to be a designerは名詞句の不定詞の補語 名詞句は主語、目的語、補語の役割があり、形容詞句は名詞、代名詞の修飾と補語の役割がある 不定詞は名詞のとき(~すること)、形容詞のBe動詞+to不定詞の時は予定(~することになっている)義務(~しなければならない)可能(~できる)意図(~するつもりである)と訳すように習いました がなぜこれが名詞句の補語でこれが形容詞句の補語かがわかりません designerが名詞 blameが動詞だからですか? それとも私が名詞、動詞、形容詞、副詞の区別ができないからこんな変な質問をしてしまうのでしょうか? 私は副詞と形容詞の区別がはっきりできません 一応本などには副詞はほとんど形容詞にlyをつけたもの、名詞にlyがついてあるものは形容詞でもたまに同じ形で文に出てくる時はその文章で判断すると書いています その文章に出てくるときの判断が出来るようになるためには単語に意味を覚えるしかないのでしょうか? 結局は英語は文法をするより単語とイディオムを覚たほうがってことですか? 3) he works hard to support his old mother(彼は彼の母を養うため一生懸命働く < to support his old mother は 副詞句の修飾語なのでしょうか? 私にとってほとんどが修飾語に思ってしまって区別ができません 一通り基礎は私は出来ると自分で思ってるのですが文を品詞、句、節の主語、目的語、補語、修飾語などと説明をすることができません このようなこともあって長文を読んでいる時さっぱり理解不能になってしまいます 力を貸してください お願いします

  • 副詞の位置

    only a few people quite a few people much the same condition これらは(1)the much same conditionではなく(2)much the same conditionとなっている、つまり「副詞+冠詞+形容詞+名詞」の順になっていますが、なんだか変な感じがします。 副詞が形容詞を修飾するときは形容詞の直前に置くのが普通だから、(1)のような順になるのが自然な気がするんです。 もちろん「形容詞+冠詞+名詞」の順になるものもありますが(all the peopleなど)、これは副詞でなく形容詞だし、「副詞+形容詞+冠詞+名詞」の順になるものも(so beautiful a girlなど)ありますが、(2)のような語順になる例は文法書にも説明がのっていませんでした。 これは特殊な例なのでしょうか? もしそうなら、他にもこのような語順になるものはあるのでしょうか。 ・・などと言ってきましたが、何か私が副詞について勘違いをしているような気もします。 どなたかご指導のほどよろしくお願いします。

  • 目的語について

    目的語というのは、動詞の動作の対象となる名詞です。 私がわからないのは、形容詞の目的語、前置詞の目的語がわかりません。 前置詞は名詞の目的語を伴って、形容詞句・副詞句になります。形容詞も後ろに名詞?を伴って動詞を修飾?するようです。 なぜ、前置詞、形容詞の後ろにくる名詞が目的語といえるのでしょうか?  あと、「形容詞も後ろに名詞?を伴って動詞を修飾?するようです。」という文章は間違ってますでしょうか?

  • 過去分詞と不定詞の用法の扱い方について

    こんにちは。 先日、動名詞と現在分詞について下記(http://okwave.jp/qa/q6938828.html)にて 質問させて頂きました。その関連で過去分詞と不定詞について質問させて下さい。 まず、過去分詞の用法は、 ・受身の働き ・完了の働き ・副詞・形容詞の働き ・分詞構文 の4つですよね。 be動詞がつかず、また分詞構文のように、過去分詞の直前に","が無い場合の過去分詞は、 必ず形容詞・副詞の役割をするんでしょうか?そして、直前の単語にかかるんでしょうか? 形容詞・副詞のどちらかというと、修飾候補が多すぎて悩んでしまいそうです。 見分ける方法はありますか? また、不定詞については、 ・不定詞の名詞的用法 (つまり、主語・動詞の目的語・前置詞の目的語・補語という役割を持つ?動名詞と同じ訳し方をすればいいという事ですよね?) ・不定詞の形容詞用法 ・不定詞の副詞用法 があると思いますが、例えば前置詞の目的語に不定詞が来る場合、 of to~という構造もありうるという事ですか? また、形容詞・副詞用法が別々にあるので、これも修飾候補が多すぎて悩んでしまいそうです。 2つの用法を見分ける方法はありますか?

  • drunk

    You can not be caught drunk in charge of a hot air balloon.についてです。 caughtの後に”drunk”と言う過去分詞が来ておりとても変な感じがします。過去分詞と言う事は形容詞で形容詞なら補語になるか名詞を修飾するはずなのにこの”drunk”は名詞を修飾していなければ補語でもないみたい??? ”drunk in”は前置詞として考え、”drunk in charge of a hot air balloon”全体で副詞句として捉え”酒を飲みながら熱気球運転中に”と考えてよいでしょうか? ”drunk”の捉え方をご教授願います。

  • in need の使い方について

    For the sake of children in need, we cooperated to collect donations. in need は、形容詞だと思うのですが、 形容詞は、「名詞+形容詞」の語順で名詞を修飾することはあるのでしょうか? 私の知っている文法では、「(冠詞)+形容詞+名詞」の形で、形容詞は名詞を修飾すると覚えています。 かといって、in needが文全体を修飾していたり、動詞を修飾しているようにも見えないので、 副詞的に使われているようみも見えません。 よろしくお願い致します。

  • very と much が修飾するのは、

    very と much は両方とも副詞であり、 veryは副詞・形容詞を修飾し、muchは主に動詞を修飾すると知りました。 I like dogs very much.そこでこの文では、muchはlike(動詞)を修飾して、 veryはmuch(副詞)を修飾しているという解釈であっているのでしょうか?

  • much more の品詞

    much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。