• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

給与所得のある個人事業主は所得控除をどちらで受けるべき?

現在個人事業主でして、来月から派遣社員としても働きます。 よって今年度は事業所得(個人事業分)と給与所得(派遣分)がある形になり、来年確定申告をするわけですが、その場合の所得控除(給与所得控除ではなく、扶養控除や配偶者控除などの控除)はどちらの所得に対して計算すべきなのでしょうか? つまり事業所得の控除とするのなら来年の確定申告の時に用紙に記載し、給与所得の控除とするのなら、扶養控除等異動申告書や保険の控除&配偶者特別控除を申請する用紙(正式名称を忘れました。。。)に記載し派遣会社に提出するということになろうかと考えていますが、どっちでやればよい(=得?)のでしょう? ※確定申告の理解が乏しい為、おかしな推測かもしれませんが、確定申告するのならどっちで控除を行っても結論は同じってことだったりしますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4902
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>確定申告するのならどっちで控除を行っても結論は同じってことだったりしますか… 結論を先に言えばそのとおりです。 給与所得も事業所得も合算して税金を計算する「総合課税」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm の一部門です。 給与所得と事業所得その他の所得 (分離課税となるものを除く) を全部合算した数字を「合計所得金額」 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm#aa1 といい、合計所得金額が税金を計算する元になるのです。 >つまり事業所得の控除とするのなら来年の確定申告の時に用紙に記載し、給与所得の控除とするのなら… 小学校の算数です。 一つの式で複数の計算をするとき、加減算だけであれば順序を入れ替えても、答は同じになります。 乗除算であれば順序入れ替えはできません。 年末調整でも、税率のかけ算がありますが、確定申告では税率のかけ算部分をいったんご破算にしてしまいます。 その上で加減算部分をやり直し、再度税率のかけ算をします。 >扶養控除等異動申告書や保険の控除&配偶者特別控除を申請する用紙(正式名称を忘れました。。。)に記載し派遣会社に提出… 確定申告で控除するほうが、必要な書類の数は少なくて済みます。 国民年金と生命保険類の『控除証明書』が必要なだけであって、『扶養控除等異動申告書』も『配偶者特別控除』も書類などは提示も提出もいっさい必要ありません。 なお、会社で給与に「家族手当」などが上乗せされるとしたら、年末調整に配偶者控除等を申告しておく必要があるすも知れません。 そのあたりはそれぞれの会社の対応次第ですので、これ以上の言及は控えます。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、よく分かりました。 >確定申告で控除するほうが、必要な書類の数は少なくて済みます。 >国民年金と生命保険類の『控除証明書』が必要なだけであって、『扶養控除等異動申告書』も『配偶者特別控除』も書類などは提示も提出もいっさい必要ありません。 そういうことですね、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書について

    フリーでカメラマンをやっています。 生活費がたりず 給与所得者としてレンタカーの仕事をしていました 2か月前に レンタカーの会社を辞め ほかの会社にうつりました(カメラマンは続けています) その 会社からは 日当として支払いを受けています その会社から 先日 “給与所得者の扶養控除等(異動)申告書”という用紙が届きました これは やはり 提出するものなのでしょうか? 日当として支払いを受けているので 給与所得者というところにも違和感があったのと 前年までは どちらの会社(写真の仕事とレンタカーの会社)からも 12月に源泉徴収票 (カメラマンの方は  報酬 料金 契約金及び賞金の支払い調書)という用紙が送付されてきました それに沿って、カメラマンとしの収入は 事業(営業)所得、 アルバイトの方は 給与所得として 所得税の確定申告をしていました、(税務署の方から そのような書き方で良いといわれました) これで 一枚の確定申告書で すべての所得 扶養控除や 配偶者控除 等を 記入して 提出していました。 扶養控除も 配偶者控除も受けられていました 来年も確定申告で 配偶者控除 扶養控除等記載する予定ですが  それでも “給与所得者の扶養控除等申告書”を提出しなければならないのでしょうか? また 日当としての支払いを受けていても 給与所得者として処理してよいのでしょうか? 長文で申し訳ありません。どなたか 分かるかた教えていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします

  • 事業所得と給与所得の併用

    一昨年ある会社に正社員として入社しましたが以前より個人事業として不動産仲介業を行っており青色申告をしていました。入社した会社の年末調整では保険料控除や配偶者・扶養控除の申告をし、個人事業の青色確定申告では青色基礎控除のみを申告しました。個人事業所得はいつも赤字のため(必要経費等の帳簿つけは行っています)、保険料控除および配偶者・扶養控除等は給与の年末調整のほうへ記入しています。これでいいのでしょうか?そもそも会社に入社する時点で何かの手続きが必要だったのでしょうか。給与所得の税のがれのため事業所得の赤字を利用していると判断されるのではないかと心配です。

  • 「給与所得者の扶養控除等申告書」について

    3月まで正社員で働いていましたが、退社しました。 8月は1ヶ月間、アルバイトで働くことになっています。 9月から、派遣社員として働く予定です。 アルバイト先から「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出するように言われたのですが、 この場合「給与所得者の扶養控除等申告書」は それぞれの会社(アルバイト先、派遣会社)にそのまま提出すればよいのでしょうか? 確定申告は必要になりますか? 提出することで、または提出しないことで、面倒なことになるのではと危惧しています。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

確定申告の理解が乏しい為、おかしな推測かもしれませんが、確定申告するのならどっちで控除を行っても結論は同じってことだったりしますか? そのとおりです。確定申告するのなら、どちらで控除を行っても結論は同じになります。事業所得は収入から必要経費を差し引いた金額が事業所得になり、給与収入は給与所得控除を引いた金額が給与所得となり、両方を合算した額が、一年間の所得となります。この所得から基礎控除、配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除等の控除を差し引いて課税所得となり、課税所得に税率を掛けて税額を算出します。ですから、どちらにしても結果は一緒です。ただ、扶養等の控除がある場合に給与の方に出しておかないと、毎月の源泉税額が多くなることはあります。しかし、確定申告すれば還付はされます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >ただ、扶養等の控除がある場合に給与の方に出しておかないと、毎月の源泉税額が多くなることはあります。しかし、確定申告すれば還付はされます。 と、いうことになるわけですね。よくわかりました!

  • 回答No.2

確定申告の理解が乏しい為、おかしな推測かもしれませんが、確定申告するのならどっちで控除を行っても結論は同じってことだったりしますか? そのとおりです。確定申告するのなら、どちらで控除を行っても結論は同じになります。事業所得は収入から必要経費を差し引いた金額が事業所得になり、給与収入は給与所得控除を引いた金額が給与所得となり、両方を合算した額が、一年間の所得となります。この所得から基礎控除、配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除等の控除を差し引いて課税所得となり、課税所得に税率を掛けて税額を算出します。ですから、どちらにしても結果は一緒です。ただ、扶養等の控除がある場合に給与の方に出しておかないと、毎月の源泉税額が多くなることはsります。しかし、確定申告すれば還付はされます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

扶養控除等異動申告書などの書類は 源泉される税金の合計と年間の税金との 誤差を発生しない為のものと思われます。 先に書類を提出したから年末時に選択とはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 給与所得者の扶養控除申告書について。

    1つバイトをしていまして、年35万程度です。 最近年末までの短期バイトをしようと思い、給与所得者の扶養控除申告書の提出に困っています。25万程度の収入予定です。 1)給与所得者の扶養控除申告書についてですが、2箇所に出してはいけないとの事なのですが、もし出せばどうなりますでしょうか? 2)また、後者のほうに出さなければどれほど影響がありますでしょうか? 3)確定申告等発生しますでしょうか? 教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

  • 給与所得者と個人事業主の家計の配偶者控除について

    私は給与所得者、主人は個人事業主です。 昨年以来の不景気で主人の収入が激減しております。 今年の確定申告の折税務署より「奥さんの扶養に入れば」といわれたらしいのですが、後日税務署に問い合わせたところ扶養に入れないといわれてしまいました。 配偶者控除と配偶者特別控除の違いもあまりよくわかってないのですが、主人が提出した申告書Bの(9)欄の金額がいくら以下なら控除は可能なのでしょうか?わかりにくい質問で申し訳ございませんが宜しくお願いします。

  • 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書につきまして

    私は、会社勤めをしておりますが、今回、平成24年度分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の提出を忘れてしまいました。 以前までは、年末調整の際に給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を提出し、確定申告はしていなかったのですが、今回のような未提出の場合、確定申告をしなければならないのでしょうか。 どなたかご回答よろしくお願いいたします。

  • 給与所得と事業所得がある場合の配偶者控除

    主人がサラリーマン、私がSOHOとアルバイトを掛け持ちしています。 配偶者控除が受けられるかどうか教えて下さい。 私の給与収入が80万円、事業所得が8万円あります。 給与収入80万ー給与所得控除65万=15万円 給与所得15万円+事業所得8万=13万円 で、38万円以下のため、配偶者控除は受けられるという計算で合っていますか? また、主人の会社に所得証明書を提出しなければいけないので、金額は少ないですが、確定申告をする予定でいます。 今年出産したのですが、医療費控除の申請は、私の確定申告時に合わせてではなく、主人の名前で別に申告する、でよいのでしょうか? ご存じの方教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 給与所得扶養控除申告書の2ヶ所での提出について

    現在学生で、アルバイトを掛け持ちで2つしています。 A社は4年間務めている所で、昨年末に今年度分の「給与所得扶養控除申告書」を提出しました。 B社は昨年12月からはじめた所で、その時点でこちらはサブ的な稼ぎになる予定だったので「給与所得扶養控除申告書」は提出しませんでした。 そして今年に入り、A社の不況とB社の繁忙期が重なって、ほとんどB社でしか働かなくなってしまいました。 現在はA社2万、B社14万くらいの稼ぎになっています。 そこで問題なのが所得税なのですが、既に提出してしまった「給与所得扶養控除申告書」によりA社が主たる事業所になっている為、B社の給料から所得税が驚くほど天引きされてしまいます。 そこでB社の社長さんが「B社を主たる事業所に変更できないか」とお話を持ってこられ、私がA社に相談してみることにしました。 そこでA社の社員に相談したところ 「主たる事業所の変更をするなんて聞いたことがない」 「それなら一度うちを止めるしかないのではないか」 と言われました。 そして、 「A社的には別に構わないので、「給与所得扶養控除申告書」をB社でも提出すれば良い。」 「最終的に2ヶ所から源泉徴収表を貰って確定申告すれば大丈夫。」 「学生で親の扶養に入っていて103万円以内しか稼がないつもりなら(一応そのつもりでいます)、別に2ヶ所で甲種になっていても所得税が戻ってくるタイミングの話だけだから問題無い。」 という話をされました。 前置きが長くなってしまい申し訳ありません。 1.扶養内(103万円未満)で働くのであれば、A社が言っているように、本当に「給与所得扶養控除申告書」を2ヶ所に出してしまっても大丈夫なのでしょうか? 2.「給与所得扶養控除申告書」を2ヶ所に出すことは原則では禁じられていますが、これをおかす事による罰則・追徴金などは無いのでしょうか。 3.現在22歳で、市県民税も払っているのですが、「給与所得扶養控除申告書」を2ヶ所に出すことによって計算がややこしくなったりはしませんでしょうか。 どなたか一つでもお分かりになる方、教えていただけましたら幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 給与所得と事業所得の確定申告

    現在会社員をしながら、個人事業主として副業も営んでいます。 確定申告も近づき、確定申告書Bの作成で悩んでいる点がございましたので、質問させていただきます。 個人事業主で稼いだ分の事業所得を確定申告する際、私のように会社でも給与を得ている場合は、「事業所得」と「給与所得」を合算して確定申告すると思います。 その際に様々な「控除」項目がありますが、青色申告控除以外の控除を行っても良いのでしょうか?(例えば基礎控除、社会保険料控除など) 会社の給与の中に社会保険料控除が含まれていますし、年末調整を行ったさいにいくらか還付金も戻ってきましたので、これらをさらに確定申告の際に控除すると、2重に控除を行ってしまうような気がするのですが。 やはり、「事業所得」と「給与所得」を合算しての確定申告の際は、控除は行わずに申請するものなのでしょうか? どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示お願いいたします。

  • 給与所得と事業所得の扶養控除について

    昨年までは、元夫の専従者として給与所得だけでしたが、離婚後は自分が担当していた家業の一部分が事業所得となりました。しかし離婚の際や後の手続きなどに追われて自分だけでの開業届けを出していません、何ヶ月以内でしたら申請可能とかあるのでしょうか? そして、それだけは子ども三人は食べさせてゆけない状態だったので給与所得も得るようになりました。今年度中は、給与所得の方で扶養控除申請しましたが、来年度からどちらにしようか?判断に迷っています。(給与所得と事業所得の両方がある場合、扶養控除が適応になるのは片方だけですよね?その場合は、どちらで控除したほうが良いでしょうか?来年度からの参考させていただきたいのです。給与所得300万円。事業所得は当面、事業の維持だけになってしまい、ほぼ赤字状態ですが、落ち着いたら本業にしたいので今は赤字でも維持していこうと考えていて青色申告にしたいと思っています) 本当は、税務署にいって確認すべきなのですが、給与所得のあるほうで来年度の扶養の申請をどうするかって確認されてしまっているし、なんと言っても離婚に関わる手続きで経験してしまった事なのですが、役所には、何度も足を運ばなければ用が足りなくなる事が多く疲れきってきたところでして。。。これ以上休みを取ると給与もなくなってしまうので、どなたか教えていただけたありがたいのです。よろしくお願いします。

  • 給与所得と事業所得がある場合の扶養と、確定申告は、必要か?

    今年給与所得74.8万、事業所得28万 合計所得102.8万ほどの所得があります。扶養控除内かと思いますが、事業所得部分の確定申告はする必要があるのでしょうか。もし、必要ありの場合、いくらか支払いが生じるのでしょうか。計算方法なども教えていただけると助かります。ちなみに、合計所得が、110万ぐらいだった場合上記と同じ質問の内容で教えてください。あと、103万未満で抑えるのと、110万の収入とでは、何がどう違うのですか。よろしくお願いします。

  • 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書について

    年末調整の際、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」が税務署から送られてくると思いますが、後者の保険料控除に関してのものは平成18年度と記載されてますが、前者の扶養控除申告書に関しては平成19年度となってます。18年度もあるのでしょうか?何故19年度できているのでしょうか? 疑問です。どなたか教えてください。

  • 給与所得と事業所得

    給与所得は収入から給与控除、扶養控除などの控除された額に税率をかけて税金が算出され、事業所得は収入から経費を差引いた額に税率をかけて税金が算出されますが、控除後にかける税率は給与所得も事業所得も同じでしょうか?それとも違うのでしょうか?