• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

保険の転換はしたほうがよいのか?

夫の保険の転換を勧められています。結婚して妻を持った割には保障が少なすぎるのだそうです。いくつかプランをもらったのですがその中で理解できない点があります。 勧められているのは堂々人生の10年更新型 71歳終身移行保険です。 プランナーさんによると、特約にインカムサポートと、保険料払込免除特約をつけてるので終身移行をできるだけ先にしたほうがよいとの言われました。 私は、現在の61歳払込満了のほうが将来年金生活になって保険料を払うのは難しいのでいいのではないかと漠然と思ってしまいますが、上記の特約をつければなぜ終身移行を先にしたほうがよいかいまいち理解できず、困っています。 説明を受けている間はわかったような気になっていて、転換したほうがよいと本当に思っていたのですが、この不安で悩んでいます。 このまま転換をせず今のままがいいのでしょうか? アドバイスをお願いいたします。 夫の年齢は31歳です。 現在   パスポートU 15年更新 60歳払込満了(平成11年加入) 終身保険 100万円 定期保障特約 300万円 特定疾病保障定期保険特約 300万円 障害保障特約 300万円 障害特約 1000万円 災害入院特約 5000円 疾病特約 日額5000円 です。現在保険料5570円                 次回更新時 8528円 考えれば考えるほど分からなくなってきました。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数267
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • su-siba
  • ベストアンサー率66% (169/256)

質問者さんがとても見過ごせなくて,投稿(回答)します。 >実は月曜日までに返事をしないといけないので、提示された >プランで決めてしまおうかと思っていました。 月曜日までに返事をしなければならない理由はなんですか? 別に,堂々人生は過去何年にも渡って販売しているわけですし, 仮にそれに加入できなかったとしても,他の保険会社に加入すれば 良いわけで,保険への理解もしていないのに急ぐ必要はないと思い ます。 確かに,保険料が契約年齢によって決定されている都合上,誕生日 までに契約した方が保険料が安いわけですが,それを気にして, 一生涯に渡り,質問者さんの不利益な保険を継続するのであれば, 無意味です。 全体的に,質疑を見ていますと,私の意見ではありますが, 質問者さんが理解して契約するのではないのであれば,堂々人生へ の契約(転換)は一切お薦めできません。 そもそも,「転換」とは,保険会社のなにかの制度の一部と誤解 されていると思いますが,ただ単純に,  (1)「今の保険の契約を中途解約する」  (2)「新しい契約に新規加入する」 という2つの行為をするだけです。 「転換」という行為が,契約者(=質問者さん)に何かの手助け をしてくれるというものではありません。 さらに,質問者さんの保険に対する理解度についてですが,  (1)ガンで死んだら,保険金はいくらになるのか?  (2)がん以外の病気で死んだら,保険金はいくらになるのか?  (3)災害(地震等)で死んだら,保険金はいくらになるのか?  (4)交通事故で死んだら,保険金はいくらになるのか?  (5)入院日数の限度は何日か?  (6)保険料は何歳まで払い続けるのか? ということについて,9年近く加入してきた質問者さん自身が 今,どこまで理解しているかどうか,を私は知りたいです。 今の保険の契約内容を充分理解して,家族にでも説明できるほどで なければ,「堂々人生」を勧誘に来た営業員に,逆に理解できる まで説明させるべきです。 自分でお金払っている自分の生命保険ですから,「契約内容がよく わからない」ではもったいないではありませんか。 質問内容には,今の保険料は何歳まで支払い続けるのか,書かれて いませんが,仮に終身払いであれば,今は良くても,70歳,80歳の 年齢まで,保険料が支払える定期収入(毎月の給料)があるご職業 なのでしょうか? 保険会社の営業員の給料は,質問者さんが毎月支払う保険料から 出ていることをよく考えて,勧誘に負けず対抗するべきです。 今の保険が理解できて,それでも,質問者さんのニーズに足りない のであれば,初めて他の保険を検討するべきなのです。 私が思うに,第一生命ではなく,他の保険会社の保険を検討して, 次のような条件で今の保険と比較し,そちらがよければ, いっそのこと親身にアドバイスしてもらえる保険会社に 乗り換えたらいかがでしょうか?  (1)終身保険は500万円程度   (保険料支払は60歳まで)  (2)定期保険は2000万円程度   (子どもが生まれてから成人するまでの期間)  (3)医療保険は入院日額5000円~10000円程度   (入院限度日数は120日で,終身保障。保険料支払は60歳まで) 毎月支払える保険料は,家計の規模(給料の規模)にもよりますので, 保険の保障額は多ければ多いほど良いのですが,毎月支払額との相談 で決めれば,あっさり決まると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。 ご指摘のとおり、月曜日を過ぎると保険料が上がるからそれより前に契約をと言われ、あせっていました。 少しのお金をケチってあせって契約する事で大きな損をするところでした。 今回は一度お断りしようと思います。 まず、現在の保険内容をしっかり理解して、その結果それでも新しいプランがいいと判断できたらにします。そうはならない予感がしていますが・・・。 その場合でも今契約するより数百円高いだけの話ですから勉強代だと思ってその時はその時で納得できるでしょう。 回答者様のご回答を読んでいて、保険を考えると言う事は、今後の家庭の生活および経済設計を考えていくことなんだなあと感じました。 いい機会ですから、夫とともにしっかり考えようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 転換を奨められています。

    7年前に入った保険の転換を奨められています。 夫の保険(本人型)です。 子供無し(今後も)夫婦二人。 現在の保険内容 第一生命 わんつーらぶU(10年更新) 死亡保障 定期 900万      年金払定期 120万×10回      特定疾病保障(特約)「シールド」1000万 終身保険 100万 医療保障       障害特約 500万      疾病障害特約「リライ」 500万      災害、疾病入院 どちらも日額5000円      成人病特約 日額5000円 保険料(団体扱い)月11952円 奨められているのは 堂堂人生(10年更新) 定期保険800万 年金払い定期 240万×5 特定疾病保障保険(定期)「シールド」 300万 障害保障特約「スーパーリライ」 100万 特定状態収入保障特約「インカムサポート」 (10年有期年金)年額100万 終身保険特約(生存給付金に対応する部分) 15万円 終身保障 86.41万円 入院時保険料相当額給付特約 月額 18000円 障害特約 500万 総合医療特約 日額5000円 成人病特約/生活習慣病特約 日額5000円 保険料(団体扱い)16212円  転換のメリットはあるのでしょうか? 「予定利率」は現在が2.9%、転換後は1.65%。 希望は現在の保険継続で定期2000万、終身300万に変更。(しかし終身を増やすのは更新時しか出来ないと言われました。しかもかなり支払いは増えると) 「以後の保険料はいりません」は今の保険に付加できるらしいけど(インカムは付加できないらしい)この特約はつけたほうが良いのでしょうか? もうすぐ40才になので今が最後のチャンスのような気もします(健康体です、今は) *別にがん保険に入っていて、そこからも疾病日額5000円でます。

  • 保険の転換について

    現在保険の転換を進められています 現在32歳独身女性 21歳(平成8年)に契約 契約内容は 定期保険付終身保険 終身120万円 定期保険特約2880万円 傷害特約300万円 入院保障特約5日目~5000円 退院給付25000円 女性医療特約3000円 手術保障特約5万~20万 終身部分以外の特約は15年で更新 あと4年で更新 終身は払い込み期間が40年 現在の月々の支払いは9527円 毎年配当タイプ 保険会社の方がいうには今の保険は入院が5日目からだし 更新時には保険料が高くなるので いまのうちに転換して毎年見直し可能な保険に したほうがよいとしつこく進められています 更新までまだ4年もあるし今転換なんてするべきなのでしょうか?

  • 生命保険の見直しを迫られています。

    今入っている生命保険の更新がせまり、2~3日中に 手続きするようにと新しい商品を勧められています。 現在、38歳の会社員(独身)です。 現在の保険: ■パスポート21 定期保険特約付終身保険 15年更新型※平成4年に契約。 死亡・高度障害保障3000万、終身保障300万 災害割り増し特約1500万 傷害特約500万 災害入院特約1日5000円 疾病特約1日5000円 ※終身に移行は55歳 月々の保険料 現在13009円->更新後15806円 勧められている保険: ■堂々人生 5年毎配当付更新型終身移行保険 10年更新型※69歳終身移行 死亡・高度障害時2300万 (一時金1100万+年金として240万×5年) 終身保障:299万 *3大疾病などになった場合 シールド特約300万 傷害保障特約200万 インカムサポート100万×10年 ペイサポート月16000円 新総合医療特約1日5000円 新生活習慣病特約1日5000円 特定損傷特約10万 となってます。※月々の保険料 14238円 月々の保険料は若干安くなりますが、10年後の更新時は 倍以上になってます。あさってまでに返事してと期日が 迫っています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

保険会社の定める所定の状態(がんや要介護、疾病障害状態など)に なった場合、以後の保険料払い込みが免除される払込免除特約。 確かに61歳までより71歳まで保障が続くほうがありがたいですが、 免除されるような状態になって何十年も生きることはあまりないと 思います。 それに勧められているのは10年更新型。私が他社ですすめられた保険は 更新後の保険料はほとんど二倍でした。今後の更新回数を考えると 転換した場合、71歳までとても続けられないと思います。 月曜までに返事、とのことですが、どんな保障が本当に必要か 考えてから入らないと、お金がもったいないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 回答ありがとうございます。  そうです、71歳終身移行型に違和感を感じて指摘したところ、プランナーさんは71歳まで保障が続くほうがいいでしょう、長生きされる方が多いですからと言われてそうかあと思って説明から帰ってきたのですが、確かに免除される状態で何十年も生きることは考えづらいですね。  将来の保険料を見ても、とても続けられない金額で、それについても保障の減額で対応していくと提案を受けましたがそれでも高額でした。  夫は、この季節残業が多く将来や健康に不安を感じる時期であり、いろいろ不安になって会社に訪問されるプランナーさんの提案に乗り気になったようです。私自身も不勉強で、もう少しでうっかり契約するところでした。  もっとよく考えたいと思います。  ありがとうございました。

  • 回答No.1

初めまして 二児の母です。 私も 一時期 保険にははまってしまいました。 主人も第○△命の保険に加入しています。 終身保険部分が少ない気がします。 200万は欲しいかなぁ。って感じです。 なので、主人の終身部分は520万です。 若干多いな。とは思いましたが、若く加入しているので主契約(終身部分は8500円程度です) 15年更新型、死亡・高度障害1500万。 災害死亡2000万。 入院は5000円、障害保障特約 500万。 で11,862円を毎月支払っています。 実母を入院、他界で経験しましたが、終身部分は100万では足りないですし、 入院は5000円では足りません。 なので、医療保険(他社外資系)で加入しています。 定期部分は 県民共済や国民共済でどぅにでもなりますが、 終身部分は どぅにもならないので、 60才払い込み済み、終身保険部分を増額された方が良いと思います。 予算もあるでしょうから、他の特約部分を減額して調整してみる方が良いと思います。 こぅ言っては、セールスれでぃさんに失礼かと思いますが、 結果的に、知らないとそのまま加入させられてしまう って事になりかねます。 ちゃんと納得出来るプランを出して貰い 更新した方が良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 実は月曜日までに返事をしないといけないので、提示されたプランで決めてしまおうかと思っていました。 新しいプランで違うのは、インカムサポートが10年間100万円がついている点と払込免除特約がある点がこれまでと違う点です。 それ以外は今までと変わっていないようです。 プランナーさんは夫が亡くなるより寝たきり10年の方がきついとの見解らしいです。 ご意見を参考にもう少ししっかり考え質問してみようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 出産後の保険の見直し

    こんばんは、30代の一児の主婦です。 保険の外交員がきて、「転換による保険の見直し」をしませんか? と新しいプランを提示しましたが、なんだか値段が高いだけで、納得いきません。 現在の保険は 第一生命 テンダーU 15年更新型 60歳払込満了 終身保険 100万円 定期保険特約 800万円 特定疾患保障定期特約 300万円 障害保障特約 300万円 (定期保険トータル 1400万円) 入院 日額5000円(5日以上の入院で) 保険料払込免除特約 なし この保険は23歳から入っていて、38歳に更新です。 提示された保険は 第一生命 堂堂人生 10年更新型 更新型終身以降保険 終身保障 135万円 定期保険特約 1000万円 特定疾患保障定期特約 300万円 障害保障特約 300万円 入院は日額 5000円 となって、もちろん保険料は上がっていました。 出産前は働いていましたが、現在は専業主婦です。 仕事は始める予定ですが、生活は主人の収入で成り立ちます。 正直、現在の私に死亡保障1700万円は必要ではないと思います。 また、「更新型終身移行保険」になると、現在の終身保険が消えてしまう可能性があるとも聞きました。 【質問1】テンダーUのままで終身保険を100→200万円くらいにアップした方がいいのか? ちなみに終身保険の支払期間は終身ですが、これを60歳払込に変えることは可能なのでしょうか? 【質問2】定期保険特約はどの程度削るべきか? 【質問3】医療保険を新たに入ろうと思っています。 定期型 ガン保険 入院日額10000万円 (差額ベット代や託児所預入費用の補償などもあり) ガン保険よりも、他の病気にも対応する医療保険にした方がいいのか? 解約するのはもったいないような気もするし、でも他の保険に入った方が、私にあっているなら変えてもいいと思います。 どうか、アドバイスお願いします。 

  • 生命保険の見直し

    今主人が入っている生命保険の更新がせまり、 新しい商品を勧められています。 主人は36歳のサラリーマン、妻、子供(園児2人)の 家族構成です。 現在入っている保険は、「パスポート21」で平成7年に契約。主な内容は 死亡保障2000万、終身保障300万、 入院保障は5日以上から一日5000円 あと特約として「シールド(定期型)」が500万ついてます。 終身に移行するのは65歳からです。 勧められている保険は、新「堂堂人生」(10年契約) 死亡の場合は一時金1000万+年金として200万×5年 (合計2000万) 3大疾病などになった場合 インカムサポート300万×5年 保険料払込免除特約付 入院保険は1泊2日から5000円/日 75歳から終身保障218万となってます。 月々の保険料はほとんど変わりません。 が、10年後の更新時の保険料は倍違ってます。 あさってまでにどうするか返事してくれ!と 生保レディーに言われています。 更新すべきか、転換すべきか、よきアドバイスを お願いします。

  • 夫の生命保険の更新時期が近づき、悩んでいます。

    夫(42歳)の生命保険の更新時期があと約2年後となり、 私としては、死亡保障を減額して更新すればいいかな と思っていたのですが、生保の担当者から転換を勧められています。 わかる範囲で詳しく書きますので、 考えられるメリット、デメリットを教えてください。 現在の契約 主契約  5年ごと利差配当付更新型終身移行保険   1650万+500万×5年間   (生存給付金22万) 特約   5年ごと利差配当付特定疾病保障定期特約 200万  5年ごと利差配当付障害保障特約 100万  無配当災害入院特約 100万  無配当疾病特約 日額5千円  無配当成人病特約 日額5千円  無配当特定損傷特約 5万円  リビングニーズ、保険料払込免除特約 10年ごと更新 払込満了74歳(終身保障 約194万) このまま更新すると24,887円で、保険料が高くなるので 主契約を1千万+200万×5年間位にして、 特約部分も多少の見直しを考えています。 住宅ローンの団信に加入、 学資保険も総額260万ほど加入しているので、 死亡保障をこのように減らしてもいいと考えています。 転換で勧められている中で、一番良さそうなのは下記のものです。 主契約  5年ごと配当付終身保障 200万  (払込満了は80歳) 特約  5年ごと配当付定期保険特約 500万+330万×5年間  5年ごと配当付特定疾病保障定期特約 200万  5年ごと配当付障害保障特約 100万  新入院特約 日額1万円  特定損傷特約 5万円  入院時保険料相当額給付特約 21,000円  リビングニーズ、保険料払込免除特約 転換を勧められている保険の保険料は18,546円です。 主契約の予定利率が、今、入っているものは2.15%で、転換後のものは1.65%になるようです。 また、今の保険は『利差配当付』とありますが、新しいものは『配当付』です。違いがあるのでしょうか。 保険会社の担当者では利害が絡むので、なかなか本音は聞けません。 アドバイスをお願いします。 

  • 生命保険の転換について

    私の夫が入ってる生命保険についてです。 数日前に ニ○セイさんからお電話を頂き 新しい保険の事で説明しなければならないっと言うことで 家に来られたのですが、説明を聞けば  以前から入ってる終身保険(重点保障プラン)から 今に合った良い保険へ転換しませんか。との事でした。 担当の方はよくして下さってるので 本当にこちらの方が良いと勧めて下さっているとは思うのですが ネットで調べると、この様な転換には否定的に書かれているのが多いので ウチの場合はいかがなものか教えて下さい。 【家族構成】  夫(38才)妻(38才)子ども(15、10、8才) 【現在の保険】  平成4年7月契約 定期保険特約  2850万円 終身保険  150万円 新災害入院特約 5日目から  5000円 新入院医療特約 5日目から  5000円 43才で定期保険特約 更新  53才 終身保険払い込み満了 新災害入院特約、新入院医療特約 80才特約満了 保険料  12688円 43才更新時  17505円 【勧められている保険】 定期保険特約  2300万円 終身保険  100万円 3大疾病  200万円 病気による身体障害  200万円 要介護状態  200万円 特定損傷特約(骨折など) 一回5万円 成人病で入院(5日目から) 5000円 通院特約(入院後)  3000円 けがで入院(1日目から) 10000円 病気で入院(1日目から) 10000円 ガン入院特約(1日目から)10000円 10年後に更新 終身保険 終身払い込み 保険料14327円 更新時(49才)32256円 損害保険は他でも入っているのですが、 医療保険は入院時に1万円はほしいと思っています。 その損害保険も解約しようかと思っているので その分を保障充実したの保険料値上げ分にまわすほうが良いのか それとも転換せず他の医療保険に新たに加入した方がよいのか 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 転換とは?

    お世話になっております。53歳母の保険を見直し中です。 ニッセイ終身保障 ふれ愛家族 H12年契約 主契約:終身保険 200万(15年払込満了) 生活保障特約:年金年額200万 10年満了確定年金 新傷害特約:500万     入院特約:5000円/日 (特約の払込期間、保険期間:10年払込10年満了) 主契約について うち契約転換特則の保険金額 851200円  返戻金表1年:485900円 5年:716800円10年、20年、30年と記載せれています。保険金額14620円/月(うちわけは書かれていない) この保険について質問なのですが(1)転換金は終身の部分にあてられているのですか? そうだとすると、終身の保険料は比較的に安い?今支払っているのは、主に特約部分の保険料が占めるということ? (2)((1)の考えでよければ)特約を解約して終身のみにできますか? お願いします。

  • 生命保険の見直しについて(転換など)

    15年前に加入し放置したままだったニッセイの生命保険が更新時期なので見直しを考えております。 30代 独身 女性です。結婚の予定はありません。 <現保険> 月額8,500円  主契約(終身保険)  300万円(死亡・高度障害)  定期保険特約    1,700万円(死亡・高度障害)  災害入院特約 日額 5,000円(入院5日目から)  入院医療特約 日額 5,000円(入院5日目から)  通院特約      3,000円  積立配当金 200,000円(適用年利率4.00%) <勧められた保険 生きるチカラフラウEX> 月額11,000円  医療保険終身   主契約(終身保険) 10万円、新災害入院特約   日額5,000円    新入院医療特約  日額5,000円、がん入院特約   日額5,000円  3大疾病定期特約  300万円、疾病障害補償定期特約200万円、介護保険定期特約  500万円  新障害特約     500万円、特定障害特約     5万円、女性入院特約  日額5,000円  通院特約    日額3,000円、短期入院特約  日額5,000円 見直しに当たり、こちらでいろいろ過去の質問を見ました。 何点かわからないところがあるので、教えてください。 ・「予定利率」とは、「適用年利率」のことでしょうか? ・ニッセイには「基本転換方式」で設計書を提案されていますが、こちらで過去の質問を見ると  「転換」はしない方が良いという方ばかりです。  現契約から「生きるチカラ」に転換することで、過去の積み立て分?を充当するため、  当面は保険料が抑えられるけれど、その後は更新ごとに保険料が上がっていくと考えてよいのでしょうか?  (提案書には、10年後の保険料は生きるチカラは15,000円となっています) ・私の場合、現契約の主契約300万円部分のみを残し、医療保険は他の保険会社を検討する方が良いのでしょうか?  独身ですので、死亡保険金は必要ないと考えているため、  配当200,000円の4.00%程度の利率で、主契約を持ち続けている価値があると思えないのですが、  それでも「転換」はしない方が良いのでしょうか?(考え方が間違っていますか?) ・提案書を見ると、現契約の主契約300万円部分は 払込期間が「60歳」、保険期間が「終身」となっていますが、  これは60歳まで現状どおり保険料を払い込めば、終身の保障があるということで良いでしょうか? 当初は、勧められるがままに 入院時の保障の手厚い「生きるチカラ」にしようと思っておりましたが 現在は、3大疾病、介護などの定期特約は必要と思えないので、転換をしない方がお得なのであれば、 主契約のみを残し、アフラックの「レディースEVER HALF」やアリコの「すこしであんしん終身医療保険」の払い済みタイプなどとの組み合わせを考えています。 長文の上、無知な質問ばかりで申し訳ないのですが、皆様のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いします。

  • 転換による保障見直しの必要は?

    41歳 自営業をしております。現在加入の保険に付きまして、担当の保険 外交員さんが、転換による保障見直しを、盛んに勧めに来られています。 あと更新まで約3年ありますが、現時点で保障見直しを行うと、次の契約 に大変に有利との事で頻繁に契約の変更を勧めに来られています。 保険契約の内容に大変に疎い故、 保険料を余計に負担しても有利なものか 現時点での見直しが必要か否かをお教え下さい。  現在契約中の保険 堂々人生・らぶ 契約時 平成12年 契約年齢35歳 〈期間満了は終身保障以外は45歳〉定期保険特約5850万円・年金払定期 保険特約 (15回)年額250万円・特定疾病保障保険(特約) [シールド] 500万円 ・障害保障特約[スーパーリライ] 500万円 ・(生存給付金に 対応する部分)89.2万・終身保障488.78万円 終身・傷害特約500万円 ・災害入院特約 日額 5000円 ・疾病特約 日額 5000円 ・成人病特約・生活習慣病特約 日額 5000円 ・介護特約500万円  ・特定難病特約[難病サポート] 5000万円 ・ 特定損傷特約[アクセル] 5万円 【保険料 月額 22710円】 転換後の契約 THE・真打ち [B型・120日型] 期間満了は、終身以外は52歳 ・終身保険10万円終身・年金払定期保険特約 (10回)年額 240万円 ・逓減定期保険特約<基本保険金額> 2200万円・特定疾病保障保険(特約) [シールド] 100万円 ・障害保障特約[スーパーリライ]100 万円 ・特定状態収支保障特約[インカムサポート](5年有期年金)年額100万円 ・ 終身保険特約250万円終身・入院保険料相当額給付特約[ベイサポート] 月額30000円・傷害特約 500万円・総合医療特約 [わんつーメディカル] 日額5000円 終身・成人病特約・生活習慣病特約 日額 5000円 終身 ・ 特定損傷特約[アクセル]5万円 【保険料 月額 27810円】

  • 主人の医療保険更新について

    はじめまして 現在主人が入っている生命保険の更新がせまり、 新しい商品を勧められています。 家族構成は 夫42歳サラリーマン、妻、子供(小学生2人)のです。 現在入っている保険は、「パスポート21」で定期保険特約付終身保険(60歳払済)です。 (平成4年に契約) 契約内容は 主契約 死亡(高度障害)300万 特約 各15年満期 定期保険特約3200万、傷害特約 500万 災害・疾病入院共に5日目から1日5000円です。 勧められている保険は、5年ごと利差配当付更新型終身移行保険 「堂堂人生」(10年更新)で75歳で終身移行となっています。 1日目からの入院保障やシールド・スーパーリライ等の多くの特約 3大疾病などになった場合のインカムサポートや以後の保険料免除等 医療保障内容は充実しており、現在の保険と比較しても絶対お勧めと セールスレディーの方は言われますが、現在の保険料(14,488円)よりも高くなります。 更新したと考えれば同程度なのですが10年、20年後の 更新保険料や75歳終身移行を考えるメリットばかりとも思えません。 1日目からの入院保障がある保険やがん保険にも加入していますので、 (3大成人病に対する保障等はありませんが) 保険料のほとんどを占める定期特約を解約して、死亡保障は外資系 の保険で補う等も検討しています。 更新・転換を含めアドバイスをお願いします。

  • 保険の減額について教えて下さい。

    夫の生命保険のことなのですが、 更新型の保険に入っています。 次の更新で、保険料が倍になります。 他の保険と死亡保障がだぶっており、 死亡保障を減額したいと思っています。 (現在の死亡保障)        終身保険     100万円 生活保障特約   200万円(10年間毎年) 定期保険特約   300万円(一時金) 3大疾病保障   300万円(一時金) 疾病障害保障   300万円(一時金) (見直し後の死亡保障) 終身保険     100万円 生活保障特約   100万円(10年間毎年)半分に減額 定期保険特約     0万円(一時金なし) 3大疾病保障   300万円(一時金) 疾病障害保障   300万円(一時金) と言うプランを提示されたのですが、このプランでいいですか? 変わった部分は、生活保障特約200万円(10年間毎年)が 半分に減額。定期保険特約300万円(一時金)は、 0になっても大丈夫でしょうか。 死亡保障のトータル金額の減額は、これでいいのですが、 減額部分の金額の組み合わせがこれで、いいのか悩んでいます。 更新は、まだまだ先なのですが、現段階で減額するのは、 どうなのでしょうか。更新まで待つ方がいいのかよく 分かりません。 あと、妻の死亡保障は、一般的には、どのくらいあれば いいですか?保険の事は、よく分からず保険料が多くて 困っています。教えて下さい。

  • 転換の手続きをしましたが・・・(第一生命)

    No.1927751でお世話になった者です。現在32歳女性 ●現在の契約(契約年齢25歳):保険料毎月:7291円 第一生命・テンダーU(15年更新型、60歳振込満了)・死亡・高度障害時:1500万円・終身保険:100万円・定期保険特約:800万円・特定疾病保障保険:300万円・障害保障特約:300万円・障害特約:200万円・障害入院特約 日額:5000円(継続5日以上の入院)・疾病特約 日額:5000円(継続5日以上入院)・女性医療特約 日額:5000円(継続5日以上入院)・通院特約 日額:3000円・特定難病特約:300万円・特定傷病特約:5万円・リビングニーズ特約 特約は40歳満期 ●転換をすすめられた契約(契約年齢32歳):保険料 毎月:13526円 私の華道(20年更新型、80歳振込満了)・死亡・高度障害時:2170万円・終身保険:10万円・定期保険特約:1000万円・年金払定期保険特約(5回)年額:200万円・特定疾病保障保険:100万円・特定状態乳乳保障特約年額:60万円・入院時保険料相当額給付特約[ペイサポート]月額:15000円・障害特約:100万円・傷病障害特約:100万円・総合医療特約 日額:5000円(※終身、継続2日以上入院)・女性医療特約 日額:5000円(※終身、継続2日以上入院)・女性特定治療特約:100万円・特定傷病特約:10万円・保険料払込免除特約・リビングニーズ特約 特約は52歳満期 月々の支払い保険料は払っても一万までと言ったら、差額の3526円は、一年間自分(担当者)が持つと言われました。自分の査定に響くのでそうして欲しいとの事。その代わり、一年経ったら、死亡保障を減額したりして保険料を9800円くらいにしますと言われました。果たしてこれはお得なのでしょうか?今はやはり十分な医療保障があれば良いと考えております。保険料が上がらないものに新規加入した方が良いでしょうか。

専門家に質問してみよう