• 締切済み
  • すぐに回答を!

生存給付金定期付終身保険。53歳満期で54歳で死亡したら?

生存給付金定期付終身保険に主人が入っております。 利率は3.75です ○終身保険         100万 ○定期保険特約      2300万 ○生存給付金付定期保険特約 100万 ●傷害特約         500万 ●災害入院特約       5000円 ●疾病特約         5000円 ●成人病特約        5000円 ●通院特約         3000円 子どもが生まれたのですが、主人の53歳の払い込み満了時にはまだ、子どもは学生です。 もし、54歳で夫に死なれた場合、2500万は、もらえないということになりますよね。 一番お金が必要な時なのに・・。 この、定期保険特約を延長する事はできるものなのでしょうか? 保険会社は本人でないと教えられないという話ですし、主人は海外に単身赴任していて、 なかなか聞くことができません。 医療の特約の方は、80歳までは継続できるようなのですが、 昔入った保険なので、いったい現在の医療にどこまで通用するものなのか?? 言われてままにはいってしまって放っておいてしまって後悔してます。 5年ごと利差配当付き更新型終身移行保険 というものに転換しろ、と山の様に見積もりを、貰います。 これにした所で、さっぱりこちらのメリットがわからないのです。 今転換すれば、死亡高度障害の時の保障が長くなるのでいいのかな? とも思うのですが・・。 今、本を読んで勉強中なのですが、なかなか、思った事が書いてなくて、 是非教えていただきたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数694
  • ありがとう数18

みんなの回答

  • 回答No.4
  • 3000
  • ベストアンサー率31% (11/35)

更新は出来るんじゃないでしょうか。 更新とは今の保障を54歳以降も継続したい場合に 今までの月々の保険料の2倍くらいの保険料を支払うようにすれば 現在の保障が継続出来ると思いますよ。 (保険会社へ確認を必ず一日でも早くして下さい) 正直5年ごと利差配当付き更新型終身移行保険への転換は しない方がいいと思いますよ。 保険会社は利率の低いものに変えたいだけだと思います。 転換しても保険料は変わりませんので意味もないですね。 転換するくらいなら、他の保険に加入し直した方が良いと思います。 アリコ、プルデンシャル、ソニー生命のしっかりとした対面によるコンサルティングを受けて見直した方がいいですよ。 びっくりする位 違いがありますので。 ちなみに、海外の単身赴任先で病気や、ケガで手術、入院等をした場合場合 給付金は請求出来るんでしょうか? 海外は日本国内と違って健康保険がないと思いますので 治療代等は日本と比べものにならない位 掛かります。 そんな時医療保険から給付金が下りたとしても ほとんど 役に立たないと思います。 単身赴任期間が長ければ長いほど 現在ご加入の医療保障部分への 保険料の支払いはもったいないので、お考えになられた方がいいですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生存給付金保険って得ですか?

    30才主婦です。21歳の時から掛けている生存給付金付定期終身保険について解約するか悩んでいます。 3年で20万生存給付金、死亡保障2500万、終身100万で、ガン保険などはなし 医療特約などが5か目から5000円などで、時代遅れの感があり金額も月1万5千円で、少々金額を減らしたいと考えています。 ですが、9年掛けていて、もったいない気もします。(給付金<支払った総金額)しつこく転換も勧められてます。 (1)終身100万円を払い済みにするのは得か? (2)更新も1回で、6年後に17000円弱51歳から6000円なので、このまま払いつづける。 (3)医療保障を別の保険会社で、かける (4)しつこく転換を勧められるのでこのまま継続は無理 (5)減額を申し出る。 (1)は解約の場合です。 子供は今のところ一人です。高額保障は61歳までです。 大変、自分勝手な質問ですが、昔の保険ということでかなり迷っています。資料請求などをして勉強していますが、どれも結局は同じのような気がして分からなくなっています。ちなみに転換はしないことに決めました。 どうかアドバイスよろしくお願いします。

  • 生存給付金付定期保険

    10年前に親が加入させてくれた明治安田の生存給付金付定期保険の見直しを考えています。 年払い89008円で保険期間20年です。ちなみに独身女性30歳。 契約内容は、 <保険金の内容> 主契約 死亡保険金    250万円 定期保険特約I 死亡保険金 750万円 傷害特約 災害死亡保険金  200万円 災害割増特約 災害死亡保険金 300万円 <給付金の内容> 主契約 生存給付金 今までで50万円、残りは満期時に60万円(全て預けたまま) 傷害特約・・・ 入院保障特約・・・ 手術保障特約・・・ 簡単に書くと入院5日目から日額3000円等です。 終身の医療保険に別途加入を考えており、この保険は如何したものかと考えております。 今日、コミュニケーションセンターに問い合わせし、特約を全部解約した場合の保険料を聞いた所、57,148円/年との事でした。 単純に計算すると、残り10年で571,480円払うと60万円もらえ、その間の死亡保障が250万円ある、という事になるので、全て解約せずに特約のみ解約しようかと考えているのですが、この計算は間違っているのでしょうか? ちなみに、これ以外に年金保険に加入しており、10年後以降に万が一の事があった場合、200万円以上の返戻金があるので、この定期保険を続けるなら、終身死亡保険は加入しないでもいいかなぁと考えています。  

  • 終身保険+生存給付金付定期の更新、解約について

    こんにちは。母の保険の更新について質問させてください。 母は45歳のときに加入、60歳で更新、70歳までが払込期間です。終身保険(500万)に定期保険特約(2000万)、生存給付金(5年ごとに20万ずつ)、医療特約等が付いたものです。来年60歳で更新となるのですが、保険料が一気に2万円から3万円へ上がります。定期保険料のUPがほとんどです。迷っているのは解約するか保障を減らすかです。 まず、生存給付金つき定期保険特約のことですが、『5年ごとに20万円ずつ受け取れ、据え置くと(今の所据え置いています)、払込満了時には200万が受け取れる』と書いてあります。これも配当金のように情勢により左右するものなのか、それとも確実に受け取れるものなのでしょうか? 私としては、全て更新時に解約して、医療保障の充実した新しい保険に入ろうかと考えました。配当金も、加入時の案内書を見ると予想額は、『70歳の時点で約300万』となっていますが、平成16年時点ではたったの9万円、この年の配当金は0円でした。 でも、よく『バブル時に入った貯蓄型の保険の解約は損になることが多い』と言われるので迷っています。でも、この時点で予定利率の高いことのメリットが良く分かりません。返戻金が高いということでしょうか?それとも保険料が安いということでしょうか。 入り続けるのであれば、終身保険だけ残して70歳の時点で据え置いた200万と配当金を受け取ろうかなと思っています。払込満了時返戻金については配当金などの報告書に書いていなかったのですが、これは問い合わせないと分からないでしょうか? どちらにしても単体の医療保険には入り、終身保険にくっついている医療特約は取ってしまうつもりです。子供2人とも独立していますので、定期特約も外そうと思います。 長くなってしまいましたが、解約はしない方がよいでしょうか?他に良い案がありましたらアドバイスをお願いします。

  • 回答No.3
  • ucosmos
  • ベストアンサー率63% (107/168)

walwalさん 現在ご加入の保険は、第一生命のものですね。 転換を勧められている保険は、「堂堂人生」。 私は、ご主人が現在ご加入の「生存給付金定期付終身保険」の詳細を知りませんので、ある程度推定で申し上げる部分があることをご了承ください。 >この、定期保険特約を延長する事はできるものなのでしょうか? 正確には、保険会社にご確認いただくのが一番ですが、おそらく 延長はできないものと思います。 >医療の特約の方は、80歳までは継続できるようなのですが、 >昔入った保険なので、いったい現在の医療にどこまで通用するものなのか?? 医療特約を80歳まで継続するためには、 53歳の保険料払込満了時に、一括して数十万円~百数十万円を一括払いする方法、 または、 年払いで、年間数万円~十数万円を80歳まで払い込み続けて継続する方法、 が考えられます。 いずれにせよ、その時点の保険料水準(保険料率)での、53歳の年齢で計算された支払い保険料が適用されます。 また、「いったい現在の医療にどこまで通用するものなのか」についてですが、 医療保険は、治療目的で入院した場合には給付金が支給されるでしょうから、「入院一日5000円」の支給は問題ないと思います。 ★さて、このようなことを踏まえてどのように対応するか、ですが、 まず、転換を勧められている保険について、「さっぱりこちらのメリットがわからない」のであれば、加入しないことが賢明です。 わからないものにお金を払うのは、お金をドブに捨てるのと大差ありません。しかも、下手をすると、1千万円を超えるお金を。 現在の保険(生存給付金定期付終身保険)は、予定利率から推定すると、今から14年ほど前(平成6年~7年頃)に加入した保険であると思います。 walwalのご主人の状況等が分かりませんので、私の勝手な推定を交えて書いていきます。 ご主人:37歳、お子様 0歳 現保険加入:23歳(H6年)、払込満了:53歳(H36年) 払込満了時のお子様の年齢:16歳 現保険の特約の更新がある場合とない場合とで考えてみます。 ○現保険の特約の更新:H21年(加入から15年後)である場合 特約の更新時には、その時点での年齢で保険料が計算しなおされます。 ですので、特約更新が1年後であれば、現時点で新しい定期保険に加入するのと、保険料に大きな差はありません。(保険期間15年とすれば) だからといって、保険期間を延ばす目的で「転換」はオススメしません。 現保険の保障額を減額して、全く別会社の新しい保険に加入する方法もあるからです。 例として、 現時点で、必要な保障期間・保障金額の定期保険に加入。 その直後、現保険の保障額を、限度額まで減額(おそらく、終身保険・定期保険あわせた保障額1千万円程度までか) さらに、更新時に、限度額まで減額(終身保険・定期保険あわせた保障額2~3百万円程度までか) また、医療保険については、現保険の見直し時に、現保険特約を解約し、新しい保険に加入することも考えられます。 ○現保険の特約の更新がない場合 53歳までの死亡保障を、現時点で新たに加入するよりも割安な保険料で得られています。 この保険は、53歳まで限定の保障として必要な分だけ残しておくことが考えられます。(但し、減額は、終身保険・定期保険あわせて1千万円程度が限度だと思います。保険会社にご確認を。) 例えば、お子様中学生までの教育費充当のため、など。 そして、新たに必要な保障期間・保障金額の定期保険に加入。 医療保険部分については、前記と同様。 ★生命保険での、保障期間・保障金額をお考えになるにあたって、 こちら http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4110009.html での私の回答をご参考に。 ★生命保険全般についてお考えになるにあたってのご参考に、 http://www.saveinfo.or.jp/life/hoken/seiho/index.html ★医療保険について考えるにあたってのご参考に http://health.nikkei.co.jp/ins/point/index.cfm ★最後に、「保険会社は本人でないと教えられないという話ですし、主人は海外に単身赴任していて、なかなか聞くことができません。」 ということですが、 質問事項を書面にし、ご主人の署名・捺印をして、保険会社に渡して、その回答も書面でもらうようにしたら如何でしょう。 質問内容は、奥様が聞いてほしいと思っていることを、電子メール等でご主人に送り、ご主人に確認してもらったうえで、サイン等をしてもらったものを、郵便で返送してもらう。 もし、必要があれば、その書面の中に、「この質問に対する回答は、書面で、○○週間以内(○月△日まで)に妻walwalに渡してください。」というような一言も加えてもらう。(締め切りを設けることは必要です。下手するとほったらかしにされる可能性もありますので。) 少し時間は掛かるかもしれませんが、確実な回答をもらえると思います。 以上ご参考にしていただけると幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • stingy
  • ベストアンサー率37% (144/379)

転換の見積もりは本人以外に持ってくるのに、知りたいことは教えてくれない。 善い会社ですね。とっても。 定期保険特約は自分が昔入っていた保険では延長できませんでした。 医療の方は延長可能だけど、年払いで 保険料はその時にならないとわからないとのことでした。 お手元に約款はありませんか?あれば載っていると思いますが。 参考に日本生命の場合  http://www.nissay.co.jp/okofficial/kojin/syouhin/seiho/shiori/ikiru/pdf/01-159-161.pdf  第5条2(1)に該当します。 3.75の100万だと、自分なら 払済みにして、定期と医療は別途単体商品を検討します。多分。 払済み(ハライズミホケン)についてはこちら  http://hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9543.htm 払済みにした場合の金額は、本人にしか教えられないと言われそうですが 転換を勧めてくる営業員には調べられるはずです。 (払済みにできない場合もあります。) 転換の見積もりに保険料の内訳が載っていると思います。 加入時の年齢・主契約の払込期間がわかりませんが 終身100万に対する保険料合計は45万ぐらい? 転換したら65万位はすると思います。 この差額を大きいと思ったら転換は止めたほうが良いでしょう。 かといって、最近の物価の上昇を考えると老後の100万の価値は? 自分は、来月の150円より今日の100円のほうが重要(な貧乏人)なので 保険料が惜しいと考えます。 さりとて早急にお金(解約金)が要るわけでもないので、できれば[払済]に変更。 解約して貯金するよりは、払済みにして解約返戻金を増やすほうが高利回り(なはず)ですし。 払済みにできない場合は終身はそのまま、定期は最低まで減額し他の特約は解約です。 医療保障は絶対、「特約ではなく単体で」と思ってます。 (なので転換後の保険内容には興味ありません) 定期保険も健康なうちに、80歳まで更新可能な(か全期型の)単体商品に変更。 と、勝手なことを考えてしまいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

終身が100万まので、100万は確実に貰えると思います。しかし、転換し、終身がなくなったら、一生涯の補償が無くなるのと一緒です。 終身はそのままで、定期保険の延長も可能かとは思いますが、保険料の大幅な上昇は避けれないと思います。 入院が5000円は少ない気がします。現在の医療保険は日帰り入院からカバー出来ますが、昔のままだとしたら5日目から支払いで4日目まではもらえない保険もまだ多く残っているかと思います。どこかア○ラックとか割安なところで、終身で5000円くらいプラスで掛けてもいいとは思いますが、海外出張している方だと、加入が難しいことがありますので、いろいろな保険会社を取り扱っている代理店で確認してもらうといいかも知れません。今の保険証券や見積もりを持って、保険会社ではなく代理店等に行けば、代わりに説明してくれるとは思いますよ。 利率がかなりいい保険だと思うので、すべて解約はもったいないと思いますので、今の保険に+アルファで足りない部分の保険に入る、という考え方が1番お得だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 第一生命「コーラス」生存給付金定期付保険の解約について

    はじめまして、35歳・独身女性です。 若い時に言われるがまま入った第一生命の保険を、この歳になってようやく見直すことにしました。 結婚予定もないため死亡保障は必要ないし入院等の保障を手厚くしたいと思い、他社の終身医療保険とガン保険を現在申し込み中です。 審査が通り次第、以下の保険を解約する方向で考えています。 ■保険名 第一生命「コーラス」生存給付金定期付保険 ■保険の内容(カッコ内は保険料) (1)主契約(終身) 1,000,000円(840円) (2)特約(定期保険特約) 18,000,000円(4,230円) (3)特約(生存給付金特約) 1,000,000円(3,159円) (4)特約(疾病特約) 5,000円(1,000円) (5)特約(傷害特約) 1,000,000円(44円) (6)特約(災害入院特約) 5,000円(345円) (7)特約(女性特定疾病入院特約) 5,000円(490円) (8)特約(通院特約) 3,000円(405円) ■保険金額 月払い 10,513円 ■契約期間等 (1)保険契約日 平成7年 (2)主契約:終身、特約:保険期間15年、平成22年更新 (3)契約年齢 22歳 そこで質問なのですが、 (1)色々検索していたら「この時代に入った終身保険はお得だから残した方が良い」という話も聞いたのですが、どうなのでしょうか。 100万あれば葬儀代程度になるかなと思うのですが、個人年金に入っているので、その死亡給付金が出れば残す必要もないでしょうか? (2)生存給付金付定期保険特約に入っていて、保険料が3,159円/月かかっています。次の給付まで1年半ほどあるのですが、今解約すると殆ど返還金はないのでしょうか?次のを貰ってから解約した方が良いでしょうか? (3)そもそも主契約だけ残して後は全て解約できるのでしょうか? 第一生命の窓口にも行くつもりですが、圧倒されてしまうんじゃないかと心配で・・・(担当の方は苦手なので、出来れば会わずに解約したいんですが) その前にこちらでアドバイスを頂いて、ある程度意志を固めたいと思っています。 長くなりましたが、どうぞ宜しくお願いします。

  • 給付金付終身保険について

    保険の見直しを考えております。 現在の保険は、生存給付金付き終身保険、契約年齢時25歳20年払い。 5年ごとに15万、4回の生存給付金。 死亡保険は500万円、入院特約は、差額ベッド代5日目より5000円(124日迄)、通院特約一日1000円(30日迄)。 手術代、10万~25万。 この保障で、月額約15000円。 ちょっと保険料が高いような気がしており、見直しをすべきか、このまま継続していくべきか考えております。 良いアドバイスがあれば、よろしくお願いします。

  • 第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険の契約更新について

    1.現在、加入している保険内容 1)第一生命(コーラス)生存給付金付定期保険特約付・終身保険 (1)主契約 2,000,000円 (2)特約(定期保険特約) 16,000,000円 (3)特約(生存給付金特約) 2,000,000円 (4)特約(傷害特約)  5,000,000円 (5)災害入院特約   5000円 (6)疾病特約 5,000円 (7)女性特定疾病入院特約 5,000円 2)契約期間等 (1)保険契約日  平成4年(更新年が平成19年) (2)保険種目   30年払済み (3)主契約  終身 (4)契約年齢  23歳 3)保険金額 (1)団体払い保険料 月額13,602円 (2)年払い保険料  年額159,032円(現在はこちらを選択している。) (3)解約返還金額 166,800円(15年)365,600円(25年) また、現在の保険料159,032円×3年-200,000円(生存給付金)-33,360円(3年分の解約返還金)=243,736円(3年分)=81,245(1年分)=6,770円 と考えておりますが、仮に更新したとするとかなり保険料が上がるのではないかと推測しおります。25000円前後でしょうか?もしかすると予定利率も違うのでもっとでしょうか? 今後、月々の支払いを1万円前後の負担に抑えたいと考えています。特約等の変更をして保険金額を下げるべきなのか、それとも主契約の終身保険のみをのこして、職場の会社割安?の保険に入るのがいいのか考えているところであります。 現在のまま、契約内容を変更せずに更新した方が得なのか判断付きかねるところであり、先日、現在の第一生命の担当者は、現在の保険を下取りにして新しい契約を勧めてきました。内容についてはよく覚えていませんが、こちらの希望する趣旨に反しており、とにかく契約をお願いしますというような、イメージしか残りませんでした。保険外交員は自分の利益にならないことは勧めないのはわかります。それではこちらにとってメリットもありません。ご教授下さい。

  • 生存給付金?満期保険金?

    初歩的な質問で恥ずかしいのですが、郵便局の学資保険などで高校や大学に入学前に生存給付金としていくらかくれるものがありますよね。 例えば満期保険金が500万で生存給付金が50万を2回もらえるとすると合計600万もらえるのか、それとも50万×2=100万に400万で合計500万なのかどちらなんでしょうか よろしくお願いいたします。

  • 定期保険特約つき普通終身保険の更新にあたり

    平成1年11月に契約年齢19歳(女性)で千代田生命の新医療保険付幸福の保険「リベラルメディカプラン」(新医療保険:主契約・入院給付日額5000円、死亡保険金額50万、特約・通院給付3000円、がん5000円、長期入院あり、毎期払込保険料6952円)(普通養老保険:主契約・満期100万、特約・定期保険900万+傷害500万、毎期払込保険料4590円)に30年払込・30年満期で契約してましたが、千代田生命の破綻により、エイアイジー・スター生命に保険が引き継がれ、平成7年2月に同社との保険契約を次のように結びました。 【現在】契約年齢24歳(転換前契約からの振替、充当額191618円) リビング・ニーズ特約付 新医療付生涯保障プラン プリEX Hiメディカル クラブデビュー(特定疾病保障定期保険)(新医療保険) (普通終身保険) 主契約(終身/60歳払込) 死亡保険金額1,999,991円(内・転換部分 521400円) 特約(平成22年1月31日保険期間満了日/15年払込) 定期保険 19,999,409円(内・平準払部分14,785,909円+転換部分5,213,500円    傷害 500万円 (特定疾病保障定期保険) 保険金額 300万円 (新医療保険) 主契約 入院給付金日額 5000円、看護給付日額 5000円、手術給付 あり、死亡保険金額 50万円 特約 入院初期給付 3万円、女性疾病 日額5000円、長期入院あり、通院給付 日額3000円、高度先進医療(10年満期)500万円 毎期払込保険料 普通終身保険5199円+特定疾病保障定期保険1056円+新医療保険3547円=合計9802円 【更新案】 同額更新モデル 病気による死亡・高度障害のとき 2374万円 災害による死亡・高度障害のとき 2874万円 更新後の保障内容 保険期間  保険金額(日額) 保険料 主契約      終身    941797円  1401円 定期保険特約(平準払)15年  1930万円  6446円 傷害特約     56年     500万円   220円 三大疾病定期保険 15年     300万円  2130円 新型医療保険(新医療保険から)15年5000円 2410円 新型通院特約   15年     3000円   816円 新型女性疾病特約 15年     5000円  1160円 長期入院特約   15年     5000円   265円 新型入院初期給付特約15年   30000円   315円 ★更新後保険料 15163円 ※定期保険特約(平準払)15年を500万円に減額更新すると10387円(他は同条件) 更新にあたり同額モデル等では保険料が1.5倍に跳ね上がってしまうので、医療保険は手厚いまま、独身なので死亡保険料は下げたいと考えています。独身で仕事も派遣ということで少しでも貯蓄に回したいので保険の無駄は極力排除したいです。また、エイアイジー・スター生命も経営的に厳しそうなので、他の保険会社も検討したいと思いますが、20年以上入っていた保険なので他社に乗り換えるのもどうかと思い、皆様からアドバイスをいただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 定期保険と終身保険について

    お世話になっております。 結婚して、夫婦の生命保険の見直しをしております。 ほぼ、決まったのですが、私は独身時、担当者に医療、癌保険は定期保険を薦められ加入しておりました。 偶然主人も同じ保険会社の加入者なのですが、主人は終身保険に入っており、今回の見直しで私のも終身に変えることになりました。 定期の場合、1泊2日から入院給付金が出る。終身は8日以上の入院に限ると言うデメリットはあったものの。定期保険は更新があり、値段が上がるデメリットがあります。一生涯安心と固定価格をと考えた末終身に決めました。 ただ、最近、資料やテレビなどで、定期を強く薦めるように感じています。 保険の担当者曰く、終身の方が担当者にとってはいいそうですが、今の世の中と将来性を考えると定期を薦めると言われています。でも、その説明がいまいちわからないのです。この場をお借りして、どなたか簡潔に教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 生命保険の見直しについてアドバイスお願いします。

    40歳サラリーマンです。 契約内容確認活動で生保の営業の方から転換を進められました。 独身時代に契約した保険です。 6月に結婚し、妻と2人の子供が家族となりましたので保険の見直しを考えております。 皆様のアドバイスをお願い致します。 平成11年12月契約(31歳時)に契約した終身保険です。 ○ニッセイ終身保険(重点保障プラン) ・生活保証特約       120万(年間)x10年 ・新生存給付金付定期特約  100万 ・定期保険特約      1000万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 100万 ・疾病障害保障定期保険特約 100万 ・介護保障特約       120万 ・特定損傷特約         5万 ・新成人病入院医療特約  5000円(5日目から) ・通院特約        3000円 ・新災害入院特約     5000円(5日目から) ・新入院医療特約     5000円(5日目から) 保険料が¥13,961 47歳時更新(15年)で保険料が¥27,355 今回、下記保険への転換を勧められています。 ○ニッセイふれあい家族EX ・生活保証特約       220万(年間)x10年 ・定期保険特約       200万 ・終身保険         200万 ・3大疾病保障定期保険特約 200万 ・疾病障害保障定期保険特約 200万 ・特定損傷特約         5万 ・新災害入院特約α    7000円(1日目から) ・新入院医療特約α    7000円(1日目から) ・がん入院特約     10000円(1日目から) 保険料¥13、980 50歳更新(10年)で保険料が¥27,814 他に下記のガン保険に加入しています。 ○スーパーがん保険 特約MAX 主契約2口 終身 ・診断給付金   200万 ・入院給付金     3万 ・在宅療養給付金  40万 ・通院給付金     1万 ・死亡給付金   300万 ・死亡払戻金    30万 特約MAX184日 疾病入院給付金    5000円(1日目から) 手術給付金   5.10・20万 災害入院給付金    5000円(1日目から) 保険料¥4、915 生保の営業は、転換しても「予定利率は良くなる」とか「200万位の終身の 予定利率を気にしてもねえ」等と言葉巧み?に転換を勧めてきます。 気になっているのは、今現在の保障だと入院が5日目からの支給となっている部分と死亡保障が2700万な点です。 何分、勉強不足で保険に関しては無知なので、アドバイスいただけたら ありがたいです。 宜しくお願い致します。

  • 定期付終身保険についておしえてください

    定期付終身保険には「全期型」と「更新型」があるときくのですが、それぞれの特徴やメリット・デメリット、おすすめはどっちなどわかればアドバイスお願いします。保険商品の知識があまりないので、そのへんを含めてよろしく願いします。

  • 定期特約付終身保険の転換について

    生命保険の契約転換について質問させて頂きます。 保険外交員より下記のような内容で契約転換の提案を受けています。 当方、35歳会社員(年収税込360万円)、家族構成は妻30歳(主婦)、子供2人(1歳、来年出産予定)です。持ち家購入等の予定はありません。 【現在の契約】21歳(平成7年)契約 定期付終身保険  主契約(終身保険) 120万円(払込期間61歳) 特約(定期保険) 2,880万円(20年更新、61歳払込満了 以下同じ) 特約(災害割増) 1,500万円 特約(傷害) 500万円 特約(通院) 5日以上継続入院後の通院 日額3,000円 特約(災害入院) 入院5日目から日額5,000円 特約(入院医療) 入院5日目から日額5,000円 ○保険料 現 在(21~40歳) 11,500円/月      更新後(41~61歳) 21,062円/月 【転換提案】35歳契約 主契約(終身保険) 100万円(終身にわたり払込) 特約(定期保険) 1,900万円(15年毎更新 以下同じ) 特約(三大疾病保障定期保険) 500万円 特約(介護保障定期保険) 500万円 特約(災害割増) 1,500万円 特約(傷害) 500万円 特約(総合医療) 入院1日目から日額10,000円 特約(がん入院) 入院1日目から日額10,000円 ○保険料 (35~49歳) 15,200円/月      (50~65歳) 40,643円/月 子供が大学を卒業すると仮定して22年後、57歳まで3,000万円の死亡保障があれば十分かと考えています。提案されている医療特約には惹かれますが、更新後の保険料については支払いできるのか不安も残ります。外交員は転換のメリットを強調するばかりで、このまま転換しない方がよいのか?転換して新しい保険に入った方がいいのか?または他にお勧めの方法などございましたらアドバイスをお願いいたします。

  • 定期保険特約付・終身保険の更新について

     主人の保険のことで悩んでます。  10年前に入ってるので、保険利率はまだよいときのために、そのまま更新した方がよいかなと考えたり、転換もしくは、他社で新しく契約した方がよいのか?保険内容は以下のとおりです。また、現在ギリギリまで貸し付けをして、配当金もひきだしてます。  主人は40才(3月で41才) 会社員  妻  38才 専業主婦  子ども二人 8才と6才  持ち家(ローン残り9年)  保険 主契約 180万円 終身     特約 定期保険特約 43,200,000円        家族定期保険特約(妻型)基準100万円                  死亡時 300万円     傷害特約(本人・妻型)500万円     災害入院特約( 〃 ) 5,000円     疾病特約 ( 〃  ) 5,000円     成人病特約       5,000円     長期入院特約      5,000円        65才払い済み     保険料     現在   更新後     終身保険   1,362円→ 1,771円     定期保険特約 10,501円→18,144円     その他の特約 4,086円→ 4,948円     合計    15,949円→24,863円