• ベストアンサー
  • 困ってます

美学について教えてください

私は哲学は勉強したことがないのですが考えていて疑問に思っていることがあります。 私は美しさというのは理論を越えたところにあるのじゃないかと思っています。 美意識には個人差がありますよね。時代や、文化、個人の経験や性格が影響してきます。でも反面誰にでも理解されやすい美というのもある。幾何学的美などです。ただし感じる人が数学を理解していなくても、イメージの場合ぱっと見て美しいと思うことが可能です。これは、たとえそのイメージの背後にある論理を理解していなくても、パターンを認識した結果とは言えないでしょうか。 そこから考えると、私たちが容易には解釈できない美にも何らかの論理があるという可能性があります。実際アイコノグラフィーなどの勉強はそれを解明するのが目的なんだと思いますが。 で、話は飛びますが、人間の脳のうちで、論理を司る部分というのは表層だけですよね。あとは深層心理です。数学はたとえばその論理の代表のようですが、本当に数学の得意な人はイメージで数学を捉えていたりしますよね。3桁の掛け算を一瞬で説いてしまう人が頭の中に数字を3次元の形として思い描いていたり。そこまで極端ではなくても、寝ているときに答えがひらめいたという数学者も多いし、紙の上の論理ではないところ、数記号や文字ではない、脳のもっと深いところでの真理探究というのは存在すると思うんです。 私はそれが美の背景じゃないかと思うんです・・・つまり人間の真理探究の欲求が、理論を越えたところに現れると、美しさとして受容されるんじゃないかなあと。 そういうことを書いた美学の哲学者がいたらぜひ教えてください。哲学者じゃなくて芸術家でもいいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数111
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>美意識は理論を超えたところ 私の見解では、超えたところではなく、別物だと思います。 論理とは、理性が世界を認識するための形式です。 真理探求は我々が元来持っているものではないと思います。理性の表象システムが関係し、真と偽が誕生したと思います。 あと「深層心理」とは、意識を中心とした考えで、意識の愚かさを象徴するものです。 我々はまさに生きるために、その能力を開花させてきたのである。要するに、真理探求には不向きである。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに、偽は人間の創ったものの中に存在しますね。 その能力というのは、深層心理の能力ということでしょうか?生きるために必要な能力というのは、真理探求と矛盾してしまうのですか? 私はわりと直観力というのを信じている気がします。理性で研ぎ澄まされた論理は根本がまちがっていても、惑わされます。間違わないためにはぼやけた真実で全体像を把握しつつ少しずつ細かいところを論理で埋めていくほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか。たとえば数学で証明をするような場合ですね。でももっとすべてのことについても言えると思いますが。 貴重なご意見ありがとうございます。もしよかったらもっと教えてください。

関連するQ&A

  • 【アメリカの哲学者のチャールズ・サンダース・パース

    【アメリカの哲学者のチャールズ・サンダース・パースの】「探究の論理学」という書籍を探しているんですがどこで買えますか? Amazonでチャールズ・サンダース・パースと検索するとパース・ジェイムズ・デューイという人が出て来ます。別人ですよね? どこに探究の論理学という本があるんでしょうか? 和訳されてないのでしょうか? 探究の論理学は書籍名ではなく何かの章、項目にあるのでしょうか?

  • 哲学、数学、芸術の関係を教えてください!!

    哲学、数学、芸術に何か関係ってあるんでしょうか?「哲学、数学、芸術について」という課題が出たのですがお手あげです。関係でも共通した部分でも何でもいいです。何か教えて下さい!とりあえず、哲学=あらゆる事柄についてその真理を探究し、命題として表すこと。数学=現象を数字あるいは文字で表し数式化すること。芸術=感情や世界を芸術的手段をもって表すこと。というところまで考えたんですけど、まだ全然って感じで。三つに共通しているのは「真理の探究」のような気もします。因みに授業内容は科学的思考、知的学問、命題、論理、分類、同値関係などです。

  • コペルニクスの言葉ですが;;;

    (さような意見をいだいている私は、直ちに罰せられなければならないと言って騒ぎ出すであろうことを、私はよく存じております。けれども私の意見は、他人の判断を考慮してしないという点で私の満足しているものではありません。) また哲学者の仕事は、神が人間の理性に許したもうた範囲において、あらゆる事物について真理を探究することであるから、その思想は愚人の判断に従うべきではないと思いますけれども、正義と真理に全く反する意見は避けるべきであると信じます。 以上はコペルニクスが 著書(天体の回転について)の冒頭で、ときのローマ法王に宛てて書いたものですが さっぱり意味が分かりません;;; 外国人なのでなるべく分かりやすく説明していたたけないでしょうか?! 特に(さような~ものではありません)が理解できません;;; お願いします!!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

美っていうと感動を連想します。 例えば美しいと感じるのは美ですが、人間の肉体でも女性の肉体の美は曲線で、男性の肉体の美は筋肉みたいな感じ? 馬の美は速く走ることだったりする。 視覚以外だと、例えば、誰かが 「2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31・・・」とぶつぶついっていたとします。 意味がわからないし、なにいってんだろうコイツくらいなのですが、それが素数であるとわかると「こいつすごい」と美を感じたりする。 法則をそこに見出すと、美しい旋律が存在するとわかり、美になる。 ピカソのへんてこりんな絵。 これは法則があるらしいです。 その法則に沿って見れれば、とてもおもしろいらしいです。 こっちの絵は法則が見出せない、こっちは法則通り、だとデタラメなので、旋律は存在せず、美じゃないが、どれも法則に沿って描かれていたら美になるんじゃないかと。 それが見つかったとき「おお」って感動して感動=美になるんじゃないかと。 ただし、ピカソの絵を普通に見てもわからないらしいです。 ある一点をわざと消すかなにかすると、見えてくるのだとか。 白い紙にAって文字が無数に打ってあって、意味わかんない ですが、離れてみるとモナリザの絵だったりする。 すると「おおお」に変わるんですね。 まだら模様をよく見ると、熱帯雨林とその動物が描かれていたりする。 カオスの中にちゃんと形があり、法則さえつかめば、存在しないと思っていたものが、存在するとわかったりする。 科学ってそうやって、存在するのに存在を知らないで使えなかったものを、発見により取り出して使うってことじゃないかと。 漢方なんかも、やっていくうち この薬草だと熱が下がるとか、なんとなく経験から昔から使っていたものが、現代ではその薬草に含まれる成分を調べることができ、解熱作用の成分が含まれているとわかったりして、あてずっぽじゃなく、確かに昔の人はどうして効くのかは知らなかったが、その効果を期待でき利用していたとわかる。 理由はわからないが取り出しに成功して使っていたってわけですよね。 人の利益になると美で、人に悪影響を及ぼすと害。 でもどんな食べ物にも副作用がある。 だから、少しづついろんな種類を食べたほうがいいってわけですね。 美も使いようによっては害になり、モロハの刃ってわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

美は感動、そうですね。美しさにはいろいろな種類がありますが、根底にあるものを少しでも理解していれば、新しい美を創りだす手助けになるかと思って質問させていただきました。 結局は個人的見解に過ぎないのですが、自分なりの考えがあって創作すれば、たとえ背後の論理を説明しなくても作品に説得力が生まれるのではないかと思います。 いろんな方のいろんな意見が聞けて大変参考になりました。 どうもありがとうございます。

  • 回答No.6

>確かに、偽は人間の創ったものの中に存在しますね。 A書籍「行動を説明する」の表象システムを読んで頂けると幸いです。 >その能力というのは、深層心理の能力ということでしょうか? A深層心理とは私は知らないので教えてください。 意識については書籍「ユーザーイリュージョン」を読んで頂けると幸いです。 >生きるために必要な能力というのは、真理探求と矛盾してしまうのですか? A真理を探求して頂いているなら分かると思います。 意図性に関しては書籍「ヒトはいかにして知恵者となったか」 私はわりと直観力というのを信じている気がします。理性で研ぎ澄まされた論理は根本がまちがっていても、惑わされます。間違わないためにはぼやけた真実で全体像を把握しつつ少しずつ細かいところを論理で埋めていくほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか? A何が正しいとか無く、自由だと思います。 たとえば数学で証明をするような場合ですね。でももっとすべてのことについても言えると思いますが。 >数学は数学を証明出来ません。「ゲーデル」か「ショーペンハウアー」の著書をお読みください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

沢山の書籍を紹介してくださってありがとうございます。「ヒトはいかにして・・・」のほうは大学の図書館にあるみたいなので早速読みたいです。nisekantさんは進化論に興味をお持ちなのでしょうか。 カントも時間をかけて読んでいきますね。たぶん解説書なども必要になるだろうし。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.5

数学や言葉を越えた何かを探求したら、宗教になってしまい、哲学とはまた別モノの思想と考えるしかありません。美とはそれだけ捉えがたい真理であると直感で思うこと意外の何ものでもないと、考えてしまえばそれまでのことです。直感という認識で考え続ける他はありません。プラトンは哲学者であるから数学というツールを採用して説明しようとしたのです。すべてが数学で定義できるかどうか考えていたかはわかりませんが、数学は単純な定理から複雑な理論を導き出す確かさがあります。 >信じている気がします >ぼやけた真実 「あたし達の直感です!」これで通じ合う人間社会も怖いですからね。 人間の共通言語として数学や言葉を活用しているのが、哲学の限界と言えば限界かもしれませんが、宗教的な思想にならないために"直感"を普遍的な言葉で解釈しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>数学や言葉を越えた何かを探求したら、宗教になってしまい そうかな?と考えてみたんですが、確かに私の言ってることはかなり観念的でへたするとチベット密教みたいなところに行き着くものかもしれないですね。 >「あたし達の直感です!」これで通じ合う人間社会も怖いですからね。 直感で通じ合うというのは言葉でコミュニケーションをとるよりずっと難しいと思いますが。テレパシーのことじゃないですよね?直感と言ってだめならひらめき、とか・・・。それをそのまま論理を通さず形にしたのが芸術かなと私は思っています。 私自身は無宗教ですが、宗教的思想でもおもしろければありかなあ。 ご回答どうもありがとうございました。

  • 回答No.4

追加 真理探求ではなく、意図性だと思います。これは、ダーウィンかカントの書籍を読んで頂けると幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

質問者さんの言っていることは、いわゆるプラトンのイデア論です。プラトンがイデア界という目には見えない世界(美を含む)を定義/哲学するのに使ったのが数学であり、美とは何かを考える際によく引き合いにだされる観念論です。 「座標(点)に距離はあるのか?」といえばありません。「直線というものは点が並んで形成され」そして「面は線がならんで形成され」ますが、目に見ている直線も面も距離が存在しない点です。つまり目に見えているモノは、見えない何か(イデア界)から生じた影ではないかというような理屈。 観念論否定の哲学も多いですが、美を考えるにあたってプラトンは外せませんので、ひととおり勉強しておくと、美術も数学も面白くなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

イデアの概念は、つまり数学の範囲をでないということなんでしょうか?私が観念論を肯定するとしたら、そこは人間の頭ではとうてい理解できないものが沢山あるような気がします。 プラトンはそうは思っていなかったのかな?これから調べてみたいと思います。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.1

 美しさとは理論を越えたところにあるというのは多いに賛成です。  ですが、美意識に個人差があるとmd198さんもおっしゃっているように、私は幾何学的美についてはあまり美しさを感じません。  好きや嫌いではなく、美しいという事とは別のものだと感じてしまいます。  サンローランやディオールに美しさを感じますし、森瑤子さんなどの作家さんの文章の中にも美しさを感じますが、幾何学的なものにはピンときません。単なる柄、図形でしかないという認識です。  美:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね・・・単なる図形に美をみるかは人によりますね。 たとえば中国の詩では、対になる句が多いですよね。ひとつの行で用いたテーマ(色や季節など)を、次の行などで反復するというような・・・私はそこになんとなく数学的なものを感じます。 ただ、分析はできないけど美しいものも沢山あって、それらがなぜ美しいのかを考えるのは野暮かもしれませんがおもしろいですね。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 本を読んでも"自分"を保てますか?

    哲学や学問は世界を探求した結果がまとめられたようなものですよね。 それを自分に取り込めば、世界への理解がインスタントに得られ、 生活に役立ったり、よりよく生きることが出来るようになったりします。 しかし、そういった哲学や学術の本を読んでしまったら、 読まなかった以前とは思考や思想が変わってしまったり、 もし同調などしてしまったら、"自分らしさ"なんて消えてしまうのではないでしょうか? 例え上手く付き合ったとしても一度読んだものは忘れることは出来ないわけで、 『影響されなかった』と言い切ることはできないですよね。 哲学の本などは特に価値観や思考に直接関係するようなものばかりで、 もし影響されやすい人なら、本の内容そのままの思想に乗っ取られ、 作者のレプリカみたいなモノになってしまったりするんじゃないのでしょうか? もちろん、内容すべてに同調することは殆どないと思いますが、 その本の一部でも吸収してしまったら、もう読んだ人は"天然もの"じゃないですよね。 色々な本を読んで、自分が最も共感できる者を択一する…。 一見、オリジナリティ・個性をを保持したままのような感じがしますが、 実際はただの寄せ集め…ちぐはぐな存在でしかないのではないでしょうか。 彼が後に本を出したとして、その内容はしょせん過去の本からの引用…。 何百年後に評価されるような事はあるのでしょうか? 古今東西の哲学書を読んだ哲学者より、 森の中で生まれ育った人間の方が、よっぽど斬新で有意義な本を書くのではないでしょうか? 科学の分野で古い理論や最新の理論を読んだとしても、 それは過去、或いは直近での「事実」を読んだに過ぎず、 今や未来での「真実」を追求するのに何か役に立つことはあっても、 それ自体が「真実」に影響を与えることはないと思います。 (世界は平らだといっていた時代があったから、いま地球が丸い、というわけでないように) ところが哲学…思想や思考に関するものには「真実」がないですよね。 あるとしても個人のセンスに依存しているわけで…。 そうすると過去の本を読むことは、いたずらに自分を汚すようなものじゃないんですか? 科学が研究して真理を求めるように、人は経験し自らの思想思考を育む。 なのに本を読んで、こりゃあいいやって傾倒したら、 それは真実が変わってしまったかも知れないってことですよね。 20世紀には沢山いい哲学者がいたようですが、 21世紀にも、後世で「すごい人だね」と言われるような人は現れるでしょうか? 哲学-学者は哲学者になりうるのか…。 オリジナリティに溢れる哲学者はどこから来るのか…。 どうお考えになりますか?

  • 『攻殻機動隊 S.A.C』シリーズの主題

    要するに「<私>の指示理論」(<私>だけに限定したバージョンの指示の理論)だろ? となると分析哲学の問題圏だから、これを探求するには論理学をやるほかない。 命題論理→一階述語論理→高階述語論理→様相論理→現代形式論理 ここまでは必要となる。 ところが、制作陣たちの脳では論理学を理解できないから、あのようにファッション化だけが目立つ残念な作品になってしまったと。 そういうことですわね?

  • 数学者は不完全性理論をどう考えているんでしょうか?

    ある数学の教師に、クラスの友達が 「先生はなんで数学みたいなめんどくさいもんをずっとやってられるんですか?」 というような質問を冗談半分に言ったところ、 「数学だけが真理を表せるからだよ!真理の探究が面白いんだ。ふふん!」 というような内容の回答を少し自慢げに返しました。 このやりとりは結構前のことなんですが、先日「不完全性理論」というものがあると知りました。 そこで、このやりとりを思い出したんですが、その先生は不完全性理論についてどう考えているんだろうと疑問に思いました。 自分は数学は不変のものを表せるものだと思ってたので驚きました。 それに同じく、証明等に人生を費やす数学者の方たちはこの不完全性理論とどう向き合って数学に身を寄せているんでしょうか? 自分は数学に全く詳しくなく(むしろ不得意)、不完全性理論についてもただかじっただけなのですが、気になりました。 アンケート的な質問かもしれませんが;;

  • 非英米系哲学研究者の胸中について。TT

    こんにちは。 この質問でお尋ねしたいことは、 (1)非英米系哲学研究の学者の方々が研究としてなさっていることとはどんなものであるのか?真の学問?それともただのお勉強? (2)自然科学化された哲学に対して何を思いつつ自らの研究をなさっているのか? (3)哲学科の学者は、数学や論理学をどのように受け止めているのか。 (4)学問としての哲学にはどのような道が残されているのか? といったことです。 20世紀を経て今の哲学には自然化の波が押し寄せ、認識論が自然科学の学問に下るのではないかという悲壮的なムードが漂っています。 英米系の人たちは、最先端の論理学や数学を駆使して、伝統的な哲学に対して次々と否定的な評価を下しています。 さて、このような情勢の中で伝統的哲学を専門とする学者の方々は、どのような思いでご自分の研究をなさっているのでしょうか? また伝統的哲学に含められない哲学であっても、論理学の色が薄い哲学者(浅薄な知識ですので的確ではありません。フッサールやガダマー、デリダやレヴィナスなどでしょうか)を研究されている学者の方々は何を思って研究をなさっているのでしょうか? 近代やそれ以前の哲学者を専門とされておられるような大学の先生方のなかには、「大学教授のやっていることはお勉強に過ぎない」と卑下される方もいらっしゃいますが、なかには哲学者としての矜持をもって取り組んでおられる方もいらっしゃいます。 しかしながら、数学者や論理学者らがもっている道具を持たずして、今後の哲学を切り開いていくことは難しいのではないでしょうか…?そういった道具を身に着けずにができることと言えば、もはや昔の哲学者のお勉強に過ぎないのではないでしょうか…? いかがでしょうか?TT 例えばフッサールの生活世界に論点を当てて論文を書いておられる研究者、アクィナスにおけるなんとかとかいうラテン語の単語について論文を書いておられる研究者、こういった方々は、英米系の論理ワールドを見て何をお思いになるのでしょうか? それでもなお哲学者だという矜持を持てるとしたら、それはなにに依っているのでしょうか? お願いします。

  • 【哲学を知った所で人間は何を得たのでしょう?】

    【哲学を知った所で人間は何を得たのでしょう?】 フランシスコ・ベーコンはこう言った。 「 海のほか何も見えない時に陸地がないと考えるのは決してすぐれた探検家ではない 」 と。 要するに人間の真理は観察ではなく自分の経験でしか得られないと。 で、自分の経験は他人の経験ではないのであなたの経験が全ての真理ではないと。 歴代の哲学者は人生の真理を追いかけたが矛盾というか誰にも否定されない真理を解き明かすことが出来ないまま月日が過ぎた。 ソクラテスは「汝、自身を知れ」と言った。 ソクラテス以前の哲学者は1つの答えを出そうと必死に答えを探していたが、 ソクラテスはその人生の真理を見つけたという人物にその答えに対する疑問を投げかけて、ついに真理を見つけたという人物は言葉に詰まって自分が自分のことを良く分かっていなかったと悟り 「無知の知」 自分のことを自分が1番分かっているようで実際は自分自身の問題についての結論を自分で出した回答も答えが間違っていることは多く 自分のことが分かっていないことを知っている人の方が人生の真理に近いと説いた。 で、また月日が過ぎて、 デカルトが現れた。 デカルトは「我思う故に我あり」という矛盾がない答えを出した。 人生の真理の答えは我思う故に我ありという結論で決着が着いた。 けど、 人生の真理の答えが我思う故に我ありという矛盾がない答えだったと答えが出て納得がいかない人が 人生の真理は分かったがなぜ生きているのだと生きている意味を知りたがるようになった。 人生の幸福である。 人生の目的を人生の真理から人生の幸福へと興味が移っていった。 アランは「幸せになろうとしない限り、絶対に幸せにはなれない」と言った。 幸福だから笑うのではなく、笑うから幸せなのだと。 ショーペンハウアーは「富は海水に似ている。飲めば飲むほど喉が乾く」と。 要するに人生の真理はデカルトの結果で結論が既にもう出ていたってこと。 あとの時代の哲学者は人生の真理の追加要素に過ぎない。 で、人生の真理はデカルトの我思う故に我ありで決着が着いたがその人生の真理を知ったところで何を得たのでしょう?って話です。 人生の答えが哲学で分かったが分かったところで何も人生は変わらない。 人間は得たのに変わらなかった。 哲学で何を得たのでしょう?

  • 1920年代ころに、相対性理論に反対した有名な哲学者は誰でしたか

    1920年代に、アインシュタインの相対性理論が広く普及したとき、相対性理論に反対した哲学者が多くいたと思いますが、 大変有名な哲学者で、相対性理論に激しく反対した人がいたように聞いた覚えがあるのですが、誰だか忘れてしまったので、名前をご存知の方は教えていただけないでしょうか。 ただし、アンリ・ベルグソンではございません。

  • フォーカシングについて(心理療法)

    こんにちは。 私は、自らの精神的な悩みから フォーカシングという心理療法を 受けようと考え、 関連書を読んでいるのですが、 創始者が哲学者という事もあり、 理論的な面が難解で理解ができません。 そこで、このフォーカシングを 理論的に理解できる本を教えてください。 ちなみに哲学に関して私は全くの素人です。

  • フォーカシングについて

    こんにちは。 私は、自らの精神的な悩みから フォーカシングという心理療法を 受けようと考え、 関連書を読んでいるのですが、 創始者が哲学者という事もあり、 理論的な面が難解で理解ができません。 そこで、このフォーカシングを 理論的に理解できる本を教えてください。 ちなみに哲学に関して私は全くの素人です。

  • 現代哲学者たちは、ウィトゲンシュタインの私的言語批判をどのようにとらえているのでしょうか

    先日、ウィトゲンシュタインの「哲学探究」とその研究書を読み、深い感銘を受けました。中でも私的言語批判が興味深かったです。 それを読んでいると、最近の脳科学で取り上げられるクオリアが思い浮かばれました。現代の哲学者、科学者たちは、しきりに意識を科学的に描写する用語として、クオリアという用語を取り上げます。しかし、ウィトゲンシュタインからすれば、クオリアという概念は、科学用語と心理学用語の使用範囲の混同によってうまれた、誤解の産物ということになってしまいます。 現代の哲学者たちは、この批判をすでに乗り越えているのでしょうか。それとも、無視しているのでしょうか。ご回答お待ちしています。

  • ほにゃらか形而左右学 数学

    1)「自然は数学で書かれた偉大な書物である」と。(ガリレオ) 2)「自然は数学で出来ている」がや。(何処かで聞いたような) 1)から2)の帰結が肯定されそうですが、 1)では、自然に対する敬意と謙虚さを保持して、 その上で、自然を体系的に観察するには数学が有効である、 と、述べるに留まって、否定の必要はあまりなさそうですが、 2)では、自然を単なる対象として、数学で理解できる、といった 断定的な意図が見受けられます、つい、否定したい誘惑に駆られます。 1)から2)への論理的誤謬について、ご指摘下さい。(誤謬の有無を含む) さらに、 1)ついて、ではそれ(数学で理解するのが容易)は、なぜか? このことを問題にした哲学者や資料があれば教えてください。 結局、2)だから、1)だという事になりそうで、混乱しています。 テストもレポートの予定もありませんし、私見も混入していますが、 宜しくお願いします。