• 締切済み
  • 暇なときにでも

数学者は不完全性理論をどう考えているんでしょうか?

ある数学の教師に、クラスの友達が 「先生はなんで数学みたいなめんどくさいもんをずっとやってられるんですか?」 というような質問を冗談半分に言ったところ、 「数学だけが真理を表せるからだよ!真理の探究が面白いんだ。ふふん!」 というような内容の回答を少し自慢げに返しました。 このやりとりは結構前のことなんですが、先日「不完全性理論」というものがあると知りました。 そこで、このやりとりを思い出したんですが、その先生は不完全性理論についてどう考えているんだろうと疑問に思いました。 自分は数学は不変のものを表せるものだと思ってたので驚きました。 それに同じく、証明等に人生を費やす数学者の方たちはこの不完全性理論とどう向き合って数学に身を寄せているんでしょうか? 自分は数学に全く詳しくなく(むしろ不得意)、不完全性理論についてもただかじっただけなのですが、気になりました。 アンケート的な質問かもしれませんが;;

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1837
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#130082

私は素人ですが。 不完全性定理は、ある意味で、「『数学が自己矛盾を含まないことを数学的に証明することはできない』ということを、『数学的な方法で厳密に証明した』」ようなところがあります。学問の中で、この学問でどこまでできてどこまではできないか、をその学問自身によってはっきり示せたのは数学だけではないでしょうか。この意味で、たとえ、知性に限界があるにしろ、その限界はどこにあるのかを知性で知ることができる、という意味で知性の勝利とも言えます。それに、ゲーデルの扱ったのはあくまで形式化された数学の部分であって、数学者は理屈や形式だけで数学をやっているわけではないです(一流の数学者の「正しさの感性」のようなものの鋭さは人間離れしてます)。 実際に数学を使う立場では、そのぐらいの範囲の数学は十分信頼できる程度に厳密化されていて、この定理があったからといって、2+2=4だったのが、ある日突然、2+2=5になってしまうわけではないので、数学の厳密性への不安は必用ないと思います。 むしろ、不確定性原理を持つ量子力学が物理学を発展させたように、ゲーデルの不完全性定理に用いられた考え方やテクニックなどは数学の更なる発展(集合論などだけでなく、コンピュータ科学への応用も著しい)に大きく寄与したと思います。 出典があいまいなので申し訳ないのですが、私の記憶では、この分野の世界的権威であってゲーデルの友人でもあった竹内外史教授は、ゲーデルの不完全性定理について、これは集合論にとって新しい公理を探求することがどれほど大事かということを明確に示した、とどこかで書いてました(教授にとっては「偉大」などという言葉ではとても表現できないほど素晴らしい定理らしいです)。 この定理を、いくら公理を付け加えても所詮不完全なんだ、と考える人もいれば、この定理によって集合論をやっていれば研究のタネに困ることは絶対にないことが保証された!と喜ぶ人もいる、ということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • …本当に俺数学者になれるの…?(T T)

    ど~も~!!数学者目指してる大学生ですっ!! …と威勢よく出たのはいいのですが。 最近試験が近くなって、はっきり言ってなんかパニクってマス。 なんかこのままでは留年かも…。 それだけならまだいいのですが、こんなので本当に数学者になれるんでしょうか…。もぅ何かすんごい不安です。いつも意地でもひねり出してる自信がどこへやら…。 大学の数学が高校と違うと言うことはわかっていますし、今授業を受けて実感しています。ちょっと雰囲気が変わりましたが、今の数学の作業は嫌いではありません。むしろ哲学的な雰囲気をかもし出しているところが気に入ってます。…でもいかんせん成績自体がどうにも振るいません。理論は全然わからないわけじゃないのですが、どうも演習問題がへたくそです。時間もっとくれたら理解するまで根気よく読んでやるのに…もう自分の才能のなさが憎いです。数学以外の道は多分私にはありません。背水の陣どころか、水溜りの上に浮いてるちいさな浮島に一人追い込まれている心境です。 質問です。こんなのが数学者になれるんでしょうか。きつい言葉を求めてるわけじゃないんですが、事実があるなら嘘偽りなく伝えてほしいです…。経験者以上の方に回答お願いします。

  • 数学の魅力とは?

    私は数学が好きです。今はガロア理論や、トポロジーに興味があります。自分にとって数学の魅力は、 1.独特の難しさ 2.独特の美しさ 3.問題を解いたときの達成感 4.真理の不変性 です。そこで数学が好きな人に質問です。 あなたにとって数学の魅力とは何ですか?

  • 20歳から数学者

    質問があります。 今私は浪人生です。中学受験をして偏差値70程の(いわゆる御三家とか言われる程凄い学校ではありません)学校に合格したものの、入学後一ヶ月で不登校になり、それからずっと不登校で、漸く17歳の時に高卒認定(旧大検)を取得するも、大学受験現役当時、右肩を骨折し、一浪するなら、と海外留学を目論むも、留学先へ渡航し一ヶ月もしないうちに父の癌が発覚し、保険に入っていなかったため、金銭的事情から、日本へUターン、その時には既に10月で、自分の望む大学への受験準備は間に合わず、二浪を選択するも、モチベーションが全く上がらず、何もしないまま今年の受験になりました。 身の上話はこんなトコロで、話をもとに戻すとこの歳から高等数学(大学課程の数学)を初めて、果たして物になるものなのでしょうか?第一線で活躍している、数学者の人たちは遅くとも、20代後半で花開くと言われ、そして、実際に高名な数学者の華々しい成果を見ると若干20歳程で、博士課程レベルの数学を物にしています。勿論その人達が一握りのなかの一握りの天才であることは知っていますし、自分がそうなれるだなんて夢にも思っていません。 しかし、確かに若さというものが数学を探求する上で欠かせないことは間違いのないことだと私は考えさせられました。前述のとおり私はまだ浪人生で、入試に必要な分野しか知りません(実を言うと微積分学については大学の内容を勉強しました。)普通の理系の人たちと比べても2年遅れています。その20歳の時の2年の遅れが大学で数学を学ぶ上で致命的なのではないか、だから今から数学科に入っても、遅いのではないか?数学史上の稀な遅咲きの数学者の偉人は知っています。しかしその人達は史実で知られてる天才であって一般例ではありません。しかも、そのような偉人でも高齢で数学を勉強して陽の目を浴びた人は自分が知る限りでは数少ない例です。 20歳で高校数学+αしか知らない、今年から大学課程の数学を学ぶ。 これはハンデキャップになるのでしょうか? 再度身の上話を交えながら質問の意図を明確にしたいと思います。 もともと、私は数学には興味がありませんでした。 しかし、17歳の時出会った、数学の予備校講師との出会いによって私の数学に対する味方はまるで変わりました。私が最も勉強をした時期、それは中学受験まで遡るのですが、数学と云われると私にとって、それは中学受験の算数でした。それは非常に直感に頼るもので、あいにくそう言った直感の働かない、馬鹿な私は中学受験当時算数が大嫌いで、算数の問題パターン全てを丸暗記して、自分の志望校に合格したほどでした。だから、高校数学もそういった自分には向いていない、パズルを一瞬で解くような才能が必要なのだろう、そう考えていました。 とにかく高校数学を学ぶ際、私を担当する先生を苦労させました。 自分の教科書を見ると、どこどこが曖昧だ、とか、それは一般的ではなくて、この時は成立しない、だとか、厳密ではないとか注釈や二重線が大量に入っている程で重箱の隅をつつきまくっていました。 なので、担当する先生にそういった質問をぶつけると、それは大学で詳しくやる、だったり時には、根拠もなく、お前の考えは間違っている、と言われ、それでも僕はじゃぁ僕が間違っている根拠を説明して下さい、と引き下がらずまるで授業は成り立ちませんでした。ひとつ、疑問や矛盾を見つけるとそれを解決せずには先へ進めませんでした。 その時現れたのがその自分を変えた数学の教師でした。 数学科を卒業し、二十数年高校の教員をしていた方でした。 その先生は能率などまるで無視し僕の質問に厳密に厳格に答えてくれた上で 僕に様々な書籍を紹介してくれました。それは、大学以降で学ぶ数学の概要や現代数学の発展の歴史であったり、僕にとって非常に刺激的な物でした。そこで初めて、数学の構造性、形式性、そして数学という学問自体がそれを問題としていることを知り、興味関心は収まりがつかないほど膨れ上がり、数学科を志望することに決めました。 その先生は僕の事を非常に高く評価してくれていて大学への進学という関門によって君の才能が詰まれるのはあってはならない事だ、と言ってくれます。その先生は非常に変わった先生で通勤時間に小さなメモ帳にびっしりと数式を書き詰めて、独自の定理を証明していたりするのですが、たまに、僕にそのメモ帳を見せてくれて、意見を聞かれることがあり、何が書かれているか、半分分からず理解できる範囲でこうなのではないか、と意見を述べたところ、後日、君のおかげで証明できた、君に言われなければ、きっと発見することが出来なかった、と言われます。統括して、その先生いわく、君の厳格さや厳密さ、執着心が大学の数学を学ぶときに頭角を表さない筈がない、らしいです。 他にも、東大の博士課程の物理の先生に、君は努力を続ければ、研究者になれる才能がある。 と言われたり、中学、高校も行っていないのに、1年も掛からず物理の全範囲を終えた、僕の教えている生徒の中では一番優秀だ、とも言われました。 さて良い側面ではその様に私は評価されます。 然しながら自分では何故その様に評価されるのか理解に苦しまざる負えない理由があります。 第一に私の入試問題上の数学の成績は努力相応のもので、雷鳴が如く瞬時に天命を受けたかのように入試問題をとく様な所謂、ステレオな数学の秀才、ではないからです。自分はじっくりゆっくり考えるのが好きで、確かに解けるけど、制限時間がなぁ、ということがよくありますし、なんというか生まれついてのおっちょこちょい(実は自分はADHDでアスペルガーです。)で、10回に6回計算ミスをするものですから、非常に注意深く検算をして時間を食います。世間一般にイメージされる数学の秀才と言えば、よく黒板なりノートに凄い勢いで式を書いてますよね? 灘や開成といった超名門校の生徒の高校時代の逸話を聞いても、自分の数学の問題を解く姿勢、速度とは一致しませんし、その辺の学校の数学な得意な生徒、とくらべても劣っていると感じるくらいです。それから物理の勉強に関して言っても正直僕は上辺だけの理解だと思っています。正直言って勉強の時間さえ取れば、上辺だけの理解なら1年と言わず3ヶ月もあればこなす自信があります。裏を返せば、教科書レベルの知識を単純に掠めとって、章末問題を解く程度であれば本質を理解せずとも解くことが困難でないということで、物理の先生が指摘する優秀さ、に疑問符がつきます。 他にも多々理由はあるのですが、評価されるにはそれなりの理由がありますから、自分が全く才能が無いとは思いませんが、果たして、物理や、ことさら、数学の先生が言うほどのものか、学者を目指せる程、目指さないのが勿体ないほどのものか、全くもって疑わしくてなりません。特に数学の先生からの評価は買い被りではないかと思うほど凄まじい物です。 似たような質問は件の数学の先生にも物理の先生にもぶつけましたが 数学の先生からは高校数学なんて単に容量の良さだからね、大学での数学を解けるための必要条件でも無ければ、十分条件でもないよ。物理の先生からは君のいう上辺だけの理解を大半の生徒がしている、君のいう本質的な理解をしている生徒や、理解しようという姿勢のある生徒は中々いないよ、そういう君の姿勢を評価しているんだ、との事でした。 皆さんは冒頭の質問も含めて、どう感じられますか?または考えますか?

  • 回答No.5
  • tomtom_
  • ベストアンサー率39% (43/110)

数学者です. ゲーデルの不完全性定理について,不完全なことを完全に証明できる,数学はやはり究極の学問だと思っています. よく誤解されますが,不完全性定理は「全ての数学が不完全」ということを証明したわけではなく,「ある条件の下では,完全な証明は不可能である」ということを証明したものです. 物理数学,例えば一般相対性理論など,多くの場合は「ある条件」というのが「証明が正しい」方に揃っていて,証明を完成することができることが多いです. 結局,アンケートのお答えとしては,「ゲーデル先生が数学の限界を示してくれたおかげで,より厳密に緊張感を持って証明問題に取り組むことができる」と思っています. ゲーデル先生は不思議なブラックホールを発見するなど,アインシュタイン先生とも交流が深かった人でしたが,若くして餓死してしまいました.論文を読んでいると,その先で何を証明しようとしていたかがよく分かります.現代の数学者は,それを解き明かすべく,約100年前に生きたゲーデル先生の後を追っています.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

参考URLでもみてください。 別に不完全性定理があるからといって数学者は何も気にしないと思いますよ。ANo.2でしっかり説明されていますが。 僕はコンピュータ屋ですが、不完全性定理と関連のある「停止性判定の不可能性」という話があります。 平たく言うと、コンピュータにプログラムを実行させて停止するか、無限に計算し続けて止らないか、プログラムを解析して判断する一般的な手段は存在しない、というものです。 http://www15.ocn.ne.jp/~rodinia/Wiki/GoedelandTuring.html こういう定理があるからといって、プログラムを書くのが嫌になったりはしませんね。 なお、代数を含まないほど小さな公理系では、不完全性定理の適用外だったはずです。

参考URL:
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/fukanzen.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

>不完全性定理によって解けない定理であるか確かめるのが不可能という事が証明されているのでどうしようもないんです。 削除されるのはわかってますが 解けない定理=証明されない定理であるのを確かめるのは 一般には不可能ではありませんし, (不可能なものもあるかしれないが, つねに不可能であるとは限らない) 不完全性定理は不可能だと主張しているわけではなく, 単に「存在」を示しているだけです. 例えば・・・ZFからはZornの補題は証明できませんが, 証明できないこと自体は証明できます. Zornの補題は選択公理と同値で ZFは選択公理とは独立ですので. また,連続体仮説なんかはZFCからの独立性が証明されています.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>このやりとりは結構前のことなんですが、先日「不完全性理論」というものがあると知りました。 多分「不完全性定理」の間違いです. 1930年くらいにゲーデルって人が証明してしまった定理で, ややこしいことに「完全性定理」というのもあったりします. #ちなみに,2006年はゲーデル生誕100年で, #ゲーデル関係本が多く出版されてました. まじめに説明すると,本の一冊やそこらのネタになるので きわめて大雑把かつ数学用語なしでいきます. 1900年あたりに一度数学が全部ひっくり返るような 大騒ぎがあったんです. ぶっちゃけた話,それまでは. ある意味「なぁなぁ」でやってたところを どんどん突っ込んでいったら, 恐ろしく単純で,それゆえに強力な 理論的な破綻が起きてしまいました (破綻の内容に興味があれば 「ラッセルのパラドクス」とかでググってください). それで,「それじゃああかん!」ということで いろいろな人がいろいろなことを考えて, 「公理論」というので,数学を構築しなおそうじゃないか という話ができてきました(いわゆる「ヒルベルトのプログラム」). 公理がきちんとしていれば, 破綻なく(「無矛盾」), 数学を「完全に」構築できるはずだ! というわけです. 「公理論」というのは「本当に必要なごく小数の 議論の根源となる規則だけを証明なしに認めて, それをベースにして数学をつくろう」という考え方です. 公理論で構成されているもので一番有名なのは, 中学校で習う平面幾何(ユークリッド幾何)です. ゲーデルって人は,まず「一階述語論理の完全性定理」というのを 証明しています.これは,きわめた乱暴にいえば,。 普通に「任意」とか「ある」とか「ならば」「かつ」「または」とかを 使って論理を作る分には「ま,問題なし」というものです. ところがですね・・・・ 「不完全性定理」というのは その「おっけー」な論理に「数の構造」をいれたとたんに, 無矛盾であるならば「証明も反証もできない定理」が存在する というものなんです.つまり「どうやっても完全にはできない」. つまり「ヒルベルトのプログラム」, 「無矛盾で完全な公理系をめざしてがんばろー!」 が駄目になっちゃうのです (ゲーデル自身は最初はそうは思ってなかったようですが, ヒルベルトと一緒に研究してたノイマン(コンピュータでも有名な あのノイマンです)はすぐに「あ,おわった」と思ったらしいです). どんなに一所懸命がんばっても「公理論」では 「どんな数学の定理でも証明できる!」というのは幻想にすぎない ということがわかってしまったんです. >自分は数学は不変のものを表せるものだと思ってたので驚きました。 べつに数学が不変とかそういうこととは無縁なんです. 数学(というもののある側面)は,前提条件をきめて それによって導かれるものを探すというものです. したがって,前提条件さえ満たされれば, 導出されるものは不変(普遍)です. 不完全性定理は,何もかも導けるわけではなく, 漏れが必ずあるということを主張します. ただし,不完全性定理も数学の定理ですので 当然,「不完全性定理の前提条件を満たす範囲」での話です. >証明等に人生を費やす数学者の方たちはこの不完全性理論とどう向き合って 不完全性定理とはまったく無縁に研究している人が大多数です. もちろん,根本的なところには不完全性定理とリンクする 部分はあるのですが,あくまでも「前提条件」を定めて 「何が導けるか」というのがメインです. ものすごく階層化されているので, 不完全性定理とかその周辺を意識することは多くはないのです. また,不完全性定理などとモロにリンクする分野(いわゆる 数学基礎論)なんかでは ・公理系から導けない定理とは具体的には何? ・導けない定理があるなら,それを導くには  どういう公理を新しく作ればいいの? ・逆に公理から何を外すと,何ができなくなくなるの? ・有名な定理を証明したいんだけども,何の公理が必要なの? ・公理の同士にはどういう関係があるの?もしかして  余分なものを公理に中にいれてない? なんてことも考えられてるみたいですよ. もちろん「不完全性定理」そのものの証明なんかも いろいろ構築されているようです. 有名で重要な定理は複数の証明があるものです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 180915
  • ベストアンサー率16% (3/18)

数学者ではありませんが… 不完全性定理によって解けない定理であるか確かめるのが不可能という事が証明されているのでどうしようもないんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数学基礎論の質問

    いま大学生で、数学基礎論に興味があるのですが、自分が通っている大学に数学基礎論の分野の人がいなくて疑問が解消できず困っています。 そこで論理学と結び付きが強い情報系の准教授がいるのですが、その人に数学基礎論についてや、ゲーデルの不完全性定理について質問したいのですが、この分野の先生に聞いても大丈夫なのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 数学は永遠の真理ではなく頭の良い人の面白パズル?

    数学に関するエッセイを読んでたら、「数学は頭の良い人が面白パズルを作ってわいわい遊んで そのうちいくつかが現実の自然界の物理的現象にあてはまって、上手く説明できたら儲けもの」と いう趣旨の発言を見かけました。 これまで私は「数学は永遠の真理の神秘的な探究である」と素朴に思ってたので、 パズル的数学観には違和感を覚えました。 現在の数学界ではどちらの見方が主流なのでしょうか? 数学本体の質問とはちょっとズレるんですが、よろしくお願いします。

  • 【フェルマーの最終定理】専門の数学者を御教え下さい

    早稲田大学理工学部の名誉教授・足立恒雄氏の以外に【フェルマーの最終定理】が御専門の数学者の先生を御存知ならば、どうか御教え下さい。承認の為に【私が既に発見してある簡易解法】を見て頂きたいのです。東大と東大院の数学科を出られた地元・和歌山大学の数学者・田川教授に拠ると【東大や東大院を出て居ても、専門が違うと全く判らない】のが【フェルマーの最終定理】なんだそうです。田川教授は【フェルマーの最終定理】と聞いただけで【鬼門だ】と直ぐ電話を切ったり、田川教授に何度か電話した時は、大変でした。東大や東大院の数学科を出て居ても、それ程に【震え上がる難問】なんだそうです。ところが、私は過去【7科目一括受験】時代の公認会計士試験の受験生をして居た時期が相当に永く在り、電卓が全く叩けないので受かりませんでしたが【覚える事の多い会計士試験に比べれば全くの楽勝】であって【理系大学数学の初歩を使って解いてあるので】幾ら同じ会計士試験の受験生でも【一般の文系大学卒の方々には到底、解けない】問題ですが、私は或る程度の理系大学数学を自分で勉強して知って居たので、それ程に難しい問題ではなかった次第です。私の質問欄・冒頭の質問通り、同じ慶應義塾・出身のYahoo智恵袋の職業回答者に何千件と威力・脅迫他のネット犯罪被害に遭い、現実に昨年春には母校・開成学園に脅迫状まで投函されているのですが、その犯罪被害に遭って検察特捜部に何度も修正版の解法・確定日付冊子を入れて在ると、早稲田大学・名誉教授の足立恒雄氏に説明した所、怖れて返事が来なかったので、承認に関して、他の相談できる数学者の先生を探して居る状況です。

  • 美学について教えてください

    私は哲学は勉強したことがないのですが考えていて疑問に思っていることがあります。 私は美しさというのは理論を越えたところにあるのじゃないかと思っています。 美意識には個人差がありますよね。時代や、文化、個人の経験や性格が影響してきます。でも反面誰にでも理解されやすい美というのもある。幾何学的美などです。ただし感じる人が数学を理解していなくても、イメージの場合ぱっと見て美しいと思うことが可能です。これは、たとえそのイメージの背後にある論理を理解していなくても、パターンを認識した結果とは言えないでしょうか。 そこから考えると、私たちが容易には解釈できない美にも何らかの論理があるという可能性があります。実際アイコノグラフィーなどの勉強はそれを解明するのが目的なんだと思いますが。 で、話は飛びますが、人間の脳のうちで、論理を司る部分というのは表層だけですよね。あとは深層心理です。数学はたとえばその論理の代表のようですが、本当に数学の得意な人はイメージで数学を捉えていたりしますよね。3桁の掛け算を一瞬で説いてしまう人が頭の中に数字を3次元の形として思い描いていたり。そこまで極端ではなくても、寝ているときに答えがひらめいたという数学者も多いし、紙の上の論理ではないところ、数記号や文字ではない、脳のもっと深いところでの真理探究というのは存在すると思うんです。 私はそれが美の背景じゃないかと思うんです・・・つまり人間の真理探究の欲求が、理論を越えたところに現れると、美しさとして受容されるんじゃないかなあと。 そういうことを書いた美学の哲学者がいたらぜひ教えてください。哲学者じゃなくて芸術家でもいいです。よろしくお願いします。

  • ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について

    ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について ゲーデルの不完全性定理の対象となる数学は『公理系Nが無矛盾である』が前提です。ユークリッド幾何学は 一階述語論理で表されることが出来る自然数の部分集合であって、ゲーデルの不完全性定理の対象である 公理Nの無矛盾である 論理の対象になってないとなり それ以上のユークリッド幾何学の論理的理解が進みません。そこでゲーデル理解を拡張して『公理系Nが無矛盾ではない』として不完全性定理を理解すると(須田隆良氏、中西章氏など) (1)ゲーデルの第一不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが 公理系Nにおいて、「公理系Nにおいて命題は証明可能である。」という命題も、「公理系Nにおいて命題は証明不可能である。」という命題も証明不可能である (2)第2不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが その無矛盾性を証明できない となります。これらはゲーデル不完全性対象から外れておりますが、対象外のユークリッド幾何学を理解するには都合がよい と思うのです。 (2)によりユークリッド幾何学の公理の無矛盾性は証明できない。 (1)によりユークリッド幾何学の未定義領域(非ユークリッド幾何学、虚数、無限遠点とか)は 公理系Nにふくまれ 多くの証明できない命題があることになります。もちろん 公理定義内では完全性理論は保証されています。 なぜ このようなユークリッド幾何学に こだわる かと申しますと 世の中の 論理(数学、哲学、論理を用いた論文 など)は ユークリッド幾何学的なものが 圧倒的に多いと思うのです。これら論文は ほとんどは一階述語理論で表され かつ ゲーデル不完全性定理 対象論理ではないのです。それら論文の特に(2)に関わる自己証明は出来ない ということは重要であると思うのです。もちろん 自己証明が出来ないと言って間違いとはなりません が 常に 冷静に謙虚に 主張理論の原点を見直すことに 繋がっていると思うのです。勿論、論理構成が出来ていないシロモノは 論外であります。    以上のように理解しているのですが、ユークリッド幾何学にまつわるゲーデル不完全性定理の場外理解は問題ないでしょうか。諸先生のコメント頂けましたら幸甚です。

  • 数学における内容的真理?と構文について

    再質問になります、ご容赦ください。 数学の質問になっていないかもしれません、自分としては真剣なのですが、単なる言葉遊びと見えてしまったら申し訳ありません。 ゲーデルの定理の解釈の文脈などで数学における内容的真理は構文的な公理と推論規則だけでは表現しきれないと言われることがあると思います。 しかし、フォーマル(数理論理の立場)には数学は記号変形のみを対象とするのではないでしょうか? つまり、記号変形のみを対象とするのであれば、どうして内容的真理があるということや内容的真理と構文論間のギャップがあるとわかるのでしょう。 これらはどの視点、観点から言えることなのでしょうか、恐らく、上でいうような内容的真理というものも異なる構文規則によって指定された文字列のことと思っているのですが、ならばどうやってその間の関係を考えることができるのでしょうか?(つまり、ただの文字列で内容は副次的なものとするとそれが表していること同士の関係を考えることなどできないのではないでしょうか) 厳密な数学の議論を日常言語に引っ張られて行ったせいで発生した擬似問題だと思うのですが、結構悩んでいるのでこの分野に詳しい方、教えて頂けるとありがたいです。

  • 数学が好き(得意)な方へ質問です

    初めに、アンケートの要素が大きく削除の対象となる質問かもしれません。 (アンケートのカテも考えましたが数学が得意な方が集まるこちらでお聞きしたみたくてこちらにさせていただきました) もし途中で削除になったらすみません<(_ _)> 私(30代後半)は子供のころから算数(数学)が苦手でした。 主人は中学までは数学が好きだったそうですが高校から難しくなりだんだん好きではなくなったそうです。 家の息子(現在中1)は小さい時から計算が好きで幼稚園ぐらいからお絵かきするより数字のマグネットで計算を楽しむようなちょっと変わった(?)子でした。 (算数嫌いだった私から見たら不思議な存在) 先日塾の先生との面談で「数学に関していうと全く問題なくてむしろ他のみんなにスピードが合わなくて一人だけ先のプリントを用意しているんですよ」 「5年に一人ぐらいはいるんですよね~」と言われました。 褒めていただいたのはうれしいです。 前置きが長くなり申し訳ありません。 数学が得意な皆様に質問です。 小さい時から算数(数学)が好きでしたか? (数学のどんなところが好きですか) 回答者さまのご両親もやはり数学好きですか? 息子はこれからも数学好きでいるのかな? 誰に似たんだろう?なんて考えていて質問したくなってしまいました。 息子が好きな理由は難しい問題が解けるとすっきりするだそうです。 (これがまた算数で挫折した私には理解しがたいのです) お暇な時にでもが回答ください

  • 数学者ってどんなのが・・・。

    数学者ってどんなのが・・・。 あれ、 題名から分からない文章になってますが・・・。 私も分からないんですが・・・。 なんか 数学者って・・・・・・。 えっと Q1どこでも数学の事しか考えてないんですか? で・・・ Q2部屋の片付けって上手なのかな? それから・・・ Q3何食べやがる?++++ そして Q4ドジだったりはしない>?かな??? んで Q5どうして数学者になるのか、理由。は? それでぇ・・・・ Q6何が1番好きなのか、(何でも可。)??? えっと Q7学生の頃ってちゃんと宿題してた?勉強してたかなぁ? でさ・・・ Q8PC好きなのかな?マサカ夜中にやってたりとか・・・。、 んで。。。 Q9自分の事数学者って分かってるのですかな>>? サイゴだけど・・・ Q10なんで私は数学者の事ばっかり聞くのかわからん。。。 えっと 答えるなら (下)コピーしたほうが楽ですよ。 Q1どこでも数学の事しか考えてないんですか? Q2部屋の片付けって上手なのかな? Q3何食べやがる?++++ Q4ドジだったりはしない>?かな??? Q5どうして数学者になるのか、理由。は? Q6何が1番好きなのか、(何でも可。)??? Q7学生の頃ってちゃんと宿題してた?勉強してたかなぁ? Q8PC好きなのかな?マサカ夜中にやってたりとか・・・。、 Q9自分の事数学者って分かってるのですかな>>? Q10なんで私は数学者の事ばっかり聞くのかわからん。。。 コレをコピーして答えた方が賢いかも。 まあ、わからない分には「わかりません」って書いていただければ結構です。 10問答えれる人は数学者しかいないような気が・・・。 ではでは、 回答待ってます。

  • 数学者

     数学者に関しての質問をします。 1・数学者は(相対的に)変人が多いのでしょうか?  グリゴリー・ペレルマンなどは変人だと思うのですが、汗。 2・数学者は仕事をしているのか(何で食べているのか)?  秋山仁などは仕事を沢山持ってますが、普通の数学者なら、汗。

  • 数学者について

    数学者と呼ばれる者はいったいどんな仕事をしているんですか?よろしくお願いします。