• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

数学は永遠の真理ではなく頭の良い人の面白パズル?

数学に関するエッセイを読んでたら、「数学は頭の良い人が面白パズルを作ってわいわい遊んで そのうちいくつかが現実の自然界の物理的現象にあてはまって、上手く説明できたら儲けもの」と いう趣旨の発言を見かけました。 これまで私は「数学は永遠の真理の神秘的な探究である」と素朴に思ってたので、 パズル的数学観には違和感を覚えました。 現在の数学界ではどちらの見方が主流なのでしょうか? 数学本体の質問とはちょっとズレるんですが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数360
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#221368

>数学本体の質問とはちょっとズレるんですが、よろしくお願いします。  このような質問は哲学板とかにするよりも、ここの方が適切な気がしたので、自分なりに応えます。ただし自分は本職の数学者ではありません。数学を日常的に使ってはいますが。 >「数学は頭の良い人が面白パズルを作ってわいわい・・・  現在の数学の方法論の特徴をついた比喩で、嘘ではないと思いますが、この側面ばかりが強調されるのは、一種の誤解だと思います。 >数学は、永遠の真理!  誤解ではないし、本当の事だと思いますが、やはりこの特徴だけが強調されるのは、自分としては嫌です。何故なら、永遠の真理は数学だけではないからです。物理理論も理論の適用範囲内なら、永遠の真理と言えるからです。適用限界を定める物理的仮定を前提として、数学的に演繹された結果が物理理論だからです。これが永遠の真理である事は、数学基礎論が不完全ながら保証してくれます。  ヒットするかわかりませんが、「公理的ごみ屑」で検索してみて下さい。上記は、無目的な数学へ誘導し、「公理的ごみ屑」に陥る考え、というのが自分の「偏見」です。物理理論を考えるとわかると思いますが、物理は非常に合目的的な理論です(動機が鮮明)。数学もそうだ、というのが個人的な感触です。  という訳で自分なりのエッセイ(プロパガンダ)を一つ。   ・数学理論にも、動機や目的はある。   ・なので、数学は一種の自然科学であり工学だ。   ・本来の自然科学や工学と違っているのは、扱う素材だけ。   ・研究行為としては変わらない。  どうか、本職の皆さんの怒りを買いませんように・・・(~~);。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「公理的ごみ屑」に似た、abstract nonsense(抽象的ナンセンス)というのは 耳にはさんだことがあります。 真理といって、公理化を推し進めすぎるのも良くないぽいですね。 回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 「SNSの物理的インフラの改良」の意味を教えて下さい!

     グーグルが試験的にSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)を閉鎖したことに関して、会員の技術コンサルタントは、以下のように発言したそうです。 『 同サイトへのアクセス数は300万ほどに達していた。(Orkutの開発者たちに)必要なのは物理的インフラの改良だろう。 』  1)『物理的インフラの改良』とは、どういう意味で言ったのでしょうか?ご意見など御座いましたら、アンケートしたく思います。  2)私の持論ですが、「SNS」は、あくまでも限定されているサイト(ニッチなもの)で、創設から数年が面白いのであり、紹介制とはいえ、会員の人数が永遠に続けることを予想させるSNSは、長い目で見ると価値がないのではないかと考えます。  まだ「SNS」という言葉自体、一般ユーザーには聞きなれない言葉だと思いますが、これからどのようなSNSサイトがピックアップされていくと思われますか?SNSの将来に関してのご意見をアンケートしたく思います。  

  • 働かざる者食うべからずは 永遠の真理ではないか?

    働かざる者食うべからずは 永遠の真理ではないか? この真理が破られれば社会はおかしくなると思いませんか? 労働せずに金を得て、敬意すら払えない連中が社会を牛耳っている実態。 これが資本主義社会の終着点なんでしょうか?

  • 数学の面白話といえばなんですか?

    数学の本のコラムにかかれるような面白話知りませんか? もし知っていたら教えてください。 数学者や数学のトリビアを聞かせてください。 お願いします!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4353)

まずエッセイという点から… エッセイを読むのは一般人です。 ですから難解な数式や専門用語はなるべく少なくします。 その代わりに例え話が多くなりますが、例え話が下手だとそれが陳腐に思われたり、誤解したりします。 またエッセイは売るために書きます。 ですから筆者はどこかに現行体制に対して批判的になることが多いです。 そうしないと、(エッセイを買う)読者にウケないからです。 ですからエッセイをそのまま鵜呑みにはできません。 しかし質問者さまの考えにもおかしな点と、間違いがあります。 おかしな点としては… “永遠(の真理)って何?”ですね。 言葉にするとあまりに簡単ですが、いったいそれって何でしょう? もし内容を記述することに成功したとして、何人の数学者が同意するでしょう? まぁ真理の探求法として、“頭の良い人が面白パズルを作ってわいわい遊んで”も含まれてもいいと思いますしね。 次に間違いです。 それは確かに「知的探究心」が発端になることもあるでしょうが、“箱にどうやってミカンを詰めたら効率的か”など「実益」から発展することもありますし、他の分野での必要性として「ツール」として産み出されることもあります。 しかしこれらすべて、数学の本質であると思います。 質問者さまは数学に崇高さを押し付けています。 どちらが主流かは本職の方に委ねたいとは思いますが、数学に限らず多くの基幹学問が“実用性”を超えるレベルになって、それらをブレンドした枝葉の学問が実用性を探求しています。 つまり「実用性は二の次」という点では、質問者さまもエッセイも言っていることは同じだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 数学には用具的な部分もありますね。特に数値解析や統計学はそんな雰囲気が濃いですね。 >質問者さまは数学に崇高さを押し付けています。 これはごもっともです。ご指摘ありがとうございます。 あまり崇高さにとらわれず、数学を楽しみたいと思います。

  • 回答No.1

エッセイなら,好き勝手なことが自由に書けます.良くも悪くも・・・. 数学は,エッセイで書き終えられるほど,軽いものではありません. 「数学は永遠の真理」とでも言うべきものでしょうね!! エッセイなどに,惑わされないで下さい.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

エッセイは息抜き用に楽しんでいます。 いろいろな考えが垣間見られて面白いですよ (^^)

関連するQ&A

  • 大学の研究の在り方について

    以前、 「大学の研究は、何に役に立つのかわからないものが多いが、それで良いのか?」 と別の質問投稿サイトで質問したところ、 「今は何の役に立つかわからないものでも、例えば、100年後に大いに役立つ可能性がある。実際、ニュートンの万有引力がそうだ。大学の研究で重要なのは、『新規性と独創性』だ。今、何の役に立つのかに焦点を置くのは返って危険である。」 との回答があったのですが、これは工学研究にも言える事なのでしょうか? 確かに、数学や物理学の場合は、真理を探究することが最も重要だということが納得できますが、工学の場合は、そうではなく、やはり人の役に立つ研究をすることが最も重要だと私は思うのですが、、、 wikipediaで「工学」を調べてみても、「人間の利益となるような技術を開発したり、製品・製法などを発明したりするための事柄を研究する学問」とあります。 ということは、やはり工学においては、「何の役に立つかわからない工学研究は、たとえ新規性・独創性があってもほとんど無意味である」と言えないでしょうか? 過去の工学研究において、その時に何の役に立つかわからない研究成果が、後に大変役に立ったものがあるのでしょうか。

  • 時間と空間━その2

    http://kikitai.teacup.com/qa3586268.htmlにおいて、 himara-hus様とHusky2007様から、教えていただきました。有難う御座いました。  長く締め切らないままに地方に出かけるわけにいかないので、お礼と共に締め切りました。 《戴いたお教えの要約1.》:物が無ければ、空間があることもわかりませんし、物も何も無ければ、空間が仮にあっても意味が有りません。時間が無ければ、物があることもわかりませんし、何も無ければ時間が有っても意味が有りません。 《このお教えへの再質問》:客体物や事象があることがわかるかどうか、意味があるかどうかではなく、そういうものがなくても、  (1)時間とか空間とかはありうるのか。  (2)時間と空間は客体物や事象の存在形式なのか、それとも知覚や経験側の形式なのか 《戴いたお教えの要約2.》:空間と時間は物質の容器というようなものではない。そのようなものは存在しない。物質の存在形式の反映である。であるしかない。相対性理論的認識が絶対的な真実かどうかを問うのは余り意味がない。物理的・科学的認識の確かさを更に、理論的・実験的に探求すれば良い。 《このお教えへの再質問》:  (1)日本語の語義的質問ですが、『反映』というのは、光が『reflect』している『状態』という意味なのか、『存在性格の見え方・側面』ということなのでしょうか。  (2)相対性理論的認識も絶対的認識も、このことでは私には関心のないことなのです。ですからこのこと問題にしてお教えを乞うてはいません。  私には、物理であろうと科学であろうと、宗教であろうと、信仰であろうと、真理であれがいいだけのことです。  そういう脈絡の中で、  (2)-1客体物質や事象の起源や基盤というのは、今後の限りない探究でしょうか? 探究のゴールというものはあるべきものと、予測しておいででしょうか?  (2)-2客体物質や事象の存在の開始する以前というのは、探究の対象問題にはなりえないのか、しないのか。 (意味のない事というのだと、それは何にとっての意味がないのかの問題となると存じます。意味や価値・目的性、ないし何かの有用性は別の事だと存じまして?)

  • ゲノム情報はタンパク質だけではない??

    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4938994.html 5月7日 tk-kubota さんの質問、「DNAについて」の回答の中に、No9 otx さんの回答がありました。読ませて頂いたとき、簡潔で解り易い説明の上手さに感動して、思わず[参考になった]に1票を投じました。そこで、本題の質問ですが。 その回答の最下段に、 >その設計図には「共同して人間という個体を維持していこう」とも書かれています。 一方、そこから少し下のNo5 prumin さんの回答 (上から4行目)に、 >DNAに書き込まれているのは主としてタンパク質の設計図です。タンパク質は体を形作るほか,生存に必要な化学反応の触媒として働いて… 、とあります。 これまでの私の認識では、ゲノム情報はタンパク質などを作る物理的情報と理解してきました。でも、この「共同して人間という個体を維持していこう」は、タンパク質を作るとは別の「細胞どうしの意思の疎通」と私には思えるのですが、そのような見方は間違いでしょうか? (1) このような物理的にタンパク質を作るものではない情報をゲノムに書き込むことや、ゲノム情報によってそのような表現ができるのでしょうか? (2) それとも、タンパク質は物理的形質だけに影響するのではなく、種類によっては細胞どうしで意思の疎通が図れるようなタンパク質があるのでしょうか? (3) 上の(1),(2)は私が気づいたものですが、これら以外の要素が関係しているのでしょうか?  (4) もしも、ゲノムでこのような表現ができるとすると、他にもそのようなものがあるのでしょうか? たとえば、物理的形質の違いではない動物種によって異なる「動物的本能」のようなものが、ゲノムによって表現できるとか…? 質問の趣旨は、ゲノムで物理的タンパク質を作る以外、細胞どうしの意思の疎通のようなことができるか否かということです。素人のような質問で恐縮です。教えて頂きまして、これまでの私の認識を改めようと思います。回答はotx さんに限定するものではありません。どうぞよろしくお願いします。

  • 数学のパズル

    あるIQテストの問題です。 一定の規則にしたがって並んでいる数列。 次に並ぶのは何? 1、0、-1、0 答えとその理由がわかる方、お願いします。

  • 人を憎んではならない、なぜならばそれが真理だから?

    人を憎んではならない、なぜならばそれが真理だから? 人を憎むことの利点欠点限界盲点とは? 哲学カテゴリー皆さんの ご回答のほど、 お待ちしております。

  • パズル得意な人教えてください。

    虎 馬 蛇 龍 羊 牛 鼠 兎  兎の隣には一つスペースがあり干支の順に並べるスライドパズルなんですがどうしてもできません。 順番は、 鼠 牛 虎 兎 龍 蛇 馬 羊 と並べなくてはいけないんですが私には無理です。 できる人いますか?

  • 数学ゲーム・パズル

    魔方陣や数の石垣などの面白い数学パズルやゲームを教えてください!特に中学一年~二年生くらいに解ける問題をお願いします!!

  • 数学で頭のいい人に質問なんですが・・・・

    中学校で習う素因数分解の計算なんですが 9991を素因数分解するのですが 答えは103×97になります 地道に素数で割っていけば出てくるのですが、『もっと早く計算する方法』があるというのですが分かりません 友人がこの問題を出してきたんですがどうしてそうなるのかを教えてくれません どなたか私に分かりやすく教えてくださる方はいますか よろしくお願いします

  • 頭のいい人でないと数学はむりでしょうか

    中高年です。電気主任技術者試験にチャレンジします。この試験はしかし数学のかたまりです。あたまの程度は大学のときからわかっていますがほんとうに数学はあたまのいい(できる人)ひとでないとマスターは不可能でしょうか。代数・幾何で一問2時間もかかっています。微積分とかラプラス変換とかフェリエ級数とか本当にできるんでしょうか。あたまのいいひとでないと無理と思いますが。どなたか勇気をください。おねがいします。 コツをおしえてください。なんせあたまがわるいんです。

  • (^_^.) 数学がよくできる人って、ほんとうに頭がよい人??

     数学をべんきょうすると、ものの見かたが単純で、ひとりよがりで、心のせまい人間になるような気がするんですが……  たとえば数学では、X、Y、Zと、三つくらいの変数と、いろんな記号をつかって、あれこれ式を変化させるようなことをよくやりますが、世のなかとか、大自然というものは、とても三つくらいの変数で表現できるものではなく、まあ、変数は無限にあるというのがほんとうのところじゃないでしょうか?  一つのゲームとして、変数を少数にしぼる……そうでないと数学というゲームが成立しない……それはそうかもしれませんが、変数の少ないことが視野の狭さにつながって、たとえば“企業の利益を最大に-----”という単純で利己的な方程式のために、有害物質をどんどん海にたれながし、世界じゅうの海底をヘドロで埋めつくすようなことを、結果的にやりかねないんじゃないでしょうか?  生態系への影響という、とても重大な変数要因を無視したために-----  ちょっとおおげさかもしれませんが、私はいまどきの人間がおちいっている数学信仰のようなものを捨てないかぎり、人類の未来はないのじゃないかなあ、とかんがえてますが、どうでしょうか?  まあ、適当につかえば、数学的なものも有効であるとは思いますが-----  わたし的にいえば、数字とか記号とかをいろいろ小手先でいじくりまわして、りくつみたいなことをこねくりまわす感じの数学というものは、どうも好きになれないんですが……