• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

C型肝炎ペグインターフェロン入院時注意すること

昨年末急にGPTが上がりその後慢性化、現在100前後です。(強ミノ定期注射中)インターフェロンは副作用が怖く仕事も忙しく考えていなかったのですが、ウイルスの型が2型のため主治医より挑戦する価値があると強く勧められ入院申請しました。ベッドが空き次第入院予定です。今はすぐに退院できて、その後も週1回の来院注射なのでそう負担にならないとの説明を受けました。私は入院ということ自体初めてなので、不安で仕方ありません。ペグイントロン開始時注意することをお教えいただけらお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数332
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

入院といってもインターフェロン導入なのでそれほど心配しなくていいです。血液検査と、注射、内服薬とそれに付随する指導などを受けることになりますが、とくに制限はありませんので自由にしていてかまいません。 どうしても初めての場合熱が出たり、それが数日続くこともあります。その場合少ししんどいかも知れませんが、解熱剤などで対処可能です。また、次回には軽くなることが多いです。 副作用は、抑うつ、自殺企図、間質性肺炎などが有名ですが、初期症状に気をつけていれば大丈夫ですし、血液異常についても採血で把握できます。 また、レベトールという飲み薬を併用することになると思いますが、催奇形性があり、珍しく男性も避妊に注意が必要な薬です。そのあたりも含め入院中に細かく指導があると思いますのでよくわかるまで聞いてください。 ウイルス量やジェノタイプによりますが、うまくいけば大変効果の高い治療法です。是非がんばってください。 pdfですが、患者向けの資料がありましたので参考にどうぞ。

参考URL:
http://www.c-kan.net/professionals/material/files/ir_heiyo.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。 ネット上に、いろいろな情報はありますが、 体験者や専門家の方から直接ご回答をいただけると、勇気が出、安心感が生じます。 とても感謝しております。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • C型肝炎キャリアでインターフェロン

    C型肝炎のキャリアです。先日病院で血液検査しました。GOT、GPT共に正常値でした。医師の説明によると放って置く訳にもいかないので入院しインターフェロン治療した方がよいとのことです。まだ慢性肝炎でも発症したわけでもないし、治療したとしても30%の確率と聞きます。キャリアの段階でインターフェロンすべきでしょうか?副作用も強いらしく不安です。アドバイスよろしくお願いします。

  • C型肝炎について教えてください。

    45歳既婚女性です。昨年、献血をしました所、日赤からC型肝炎の抗体が陽性だったと通知がきました。GOT28 GPT36です。 私立病院に通知を持って再度検査をしてもらった所、ウイルスは、しっかりいるそうです。量も多いそうです、超音波の結果は脂肪肝が見られて他に異常はなかった見たいですが慢性肝炎と診断されました。 でもタイプが2型だそうでインターフェロンが効き易いし年齢的にも受けた方がいいと勧められましたが私立病院ではインターフェロンは行ってないので他の病院に紹介状を書いてもらい今日行ってきました。 また、血液検査、超音波はするのですが(今日は血液だけ採ってきました)結果は3月初旬に出るそうです。 先生が2型なので通常48週(1年)の投与だが貴方の場合は24週(半年)で大丈夫、インターフェロンをするなら肝生検もしないでいいと言ってましたがどうなんでしょうか? それと血小板数が20万なので貴方の場合はF1(軽度の肝炎)とF2 (中度の肝炎)の間くらいだと言われました。 インターフェロン投与の前に副作用を調べる為に10日~2週間の入院は必要と言う事と慢性肝炎は胃と食道静脈瘤にも病気が隠れてる場合があるので、その検査もすると言ってました。 インターフェロンは副作用も強いし治療費も高いし主婦としては2週間の入院も考えてしまいます。 でも命には変えられないので治療を受けるつもりではいますが・・・。ウィルスは本当に消えてくれるのだろうか? 費用はどの位掛かるか?副作用はどうなのか?経験者、または詳しい方ご教授下さい。

  • 私の旦那の事ですが夫は12年前に慢性のC型肝炎を発症していて

    私の旦那の事ですが夫は12年前に慢性のC型肝炎を発症していて 即、入院とインターフェロンの治療を宣告されましたが本人が入院を嫌がり 今も特に治療もせずウルソとその日の気分で強ミノ注射のみで12年間ほったらかしにしています。 10年以上特に治療もしていないのでこの先が心配です。 たまたま最近、血液検査をしたのですが数値も190ほどあるみたいです。 お腹もたぬきみたに大きく夫に治療するように勧めていますが断固として入院しません。 もう時おそしで肝硬変になっていないでしょうか?? 専門家の方や詳しい方がいたら教えてください。 よろしくお願いしますm(__)m

  • C型肝炎治療中

    昨年秋の健康診断で肝機能の値の異常があったので、 血液検査をしました。その結果、C型肝炎と診断され て一月中旬から2週間ほど入院をしました。 ペグインターフェロンとレベトール併用療法で治療を していますが、たいした副作用もなく、今後の治療に 明るさが見えていたところ、白血球や血小板の減少が 数字として表れていました。 主治医の先生はすぐにレベトールの服用を中止するよ うにとのことでした。 完治を目指す気持ちとして、インターフェロンを使っ ているのであれば初期に当然起こる副作用と考えます が、主治医の先生のご判断は正しいのでしょうか?  今後に不安を感じています。 三週目 白血球 3.1 血小板 9.4

  • C型肝炎について

    自分は、C型肝炎と診断され、今度入院することになりました。型は、2a型らしいです。また、2aにはペグインターフェロン(:ペガシ?週に1回うてばいいらしい)が80パーセントぐらいの確率で効果があるそうです。2週間ほど入院し1年間ぐらい週1回、注射を打ち続け、経過を見るそうです。肝炎と診断されたのは、10年以上も前なので、いろいろ調べ、どういうものなのかはたいてわかっているのですが、そのペグインターフェロン(まだ新しい??)副作用について詳しく知りたいです。医者に聞いても、高熱が出て、血小板が減ります。以前の薬よりはだいぶ楽になったから・・・・ぐらいのものでした。ま、それはそれで納得するのもいいのですが、その1年間経過を見る中で、私生活にどれほど影響があるのか、また、具体的に他にどんな副作用があるのか、詳しい方、経験した方がおられるのであれば、アドバイスをお願いします。

  • リバビリン&インターフェロンの治療中の方いませんか?

    ずっと心を痛めている者です,相談に乗ってください。 父が10年前からC型肝炎の治療を受けています。原因は最近大きく報道された輸血からの感染です。 以来、ずっと治療を繰り返しています。 今年に入ってからも2度目のリバビリン、インターフェロンの治療をはじめています。 1週間の入院後、通院にて1週間に1度、注射をしています。投与後どんどん血小板の数値が下がっています。 これも主治医の先生と相談の上、お薬の量を調整しながら2ヶ月が過ぎました。 やはりインターフェロンの投与後は微熱や関節痛等の副作用に本人は大変辛そうです。 予定では1年の治療を考えていますが、これから1年間はずっとこのような感じが続くものなのでしょうか? 投与後のGOT,GPTの数値は正常値に近くなりつつありますが、見てるだけで涙が出てきそうなほど辛くなります。 こんな父になんとかしてあげたいものですが、結局治療を施していただくのはお医者様です。それさえもはがゆい想いになります。 インターフェロン等の治療を経験された方、どういう経路で終了しましたか? どんな副作用に悩まされましたか?今後軽快していくものなんでしょうか? 宜しくお願い致します

  • C型肝炎無症候性キャリアですが治療の開始時期は?

    半年前にキャリアであることが判明しました。女です。 でもその間の検査では3回の血液検査でGPTは20,16,19, 20で正常値でエコーも問題なしでした。 感染経路は不明です。現在40代半ばですので昔の注射の 使いまわしではないかと思います。  ウイルスタイプは1b型で、半年前のウイルス量は350で 最近また検査したら250でした。  担当医師はインターフェロンは一度はやった方がいい、 と言っていますがどのような時に開始するのがいいのでしょうか。それとも数値が基準値内の間は、様子を見ていた ほうがいいのでしょうか。また、無症候性キャリアのうちに開始したほうが副作用が軽い、ということはありますか?血小板は22万で白血球数は5000です。  とりあえず3ヶ月ごとの血液検査をしていくつもりでは ありますが、根本的に不安をなくすためにも早く治療を始めたい気もしていて迷っています。

  • C型肝炎の末期の治療でペグインターフェロンとリバビリンの併用という治療ってどう...

    C型肝炎の末期の治療でペグインターフェロンとリバビリンの併用という治療ってどうなんでしょうか。 70歳ですが、C型肝炎末期でアンモニア数値が高くて再入院したら、肝臓が破壊されてきてるといわれました。最後の望みの治療として、まだ認可の下りてない1度の注射で1万5千円するものを使いたいといわれました。過去にインターフェロンを2度注射しても、効果がなくて途中で治療をやめた経緯があります。医者は長い間診てもらってた先生(長年の父の主治医)が、入院患者を担当できないポジションになったとかで、その先生の後輩(教え子?)に今回の入院から変わりました。薬の名前は聞きにくく確認してません。 末期の肝硬変に、この治療ってありえるのでしょうか・・・?1度目の注射のあと、ひどい不眠や全身のかゆみや、今までに無い倦怠感(だるさ)がありました。 そうでなくても、体力が弱ってるのに・・。とても心配です。 この注射の少し前には、プロヘパールという錠剤の服用も始めています。その後輩の医者がいうには、自分の患者にはいくらか効果が出たとのことですが、どんどん悪くなる一方で、その後インターフェロン治療を始めました。 しかも、はじめる前には、もともとの主治医に、電話で確認を取りたいのに、連絡が取れないと言い、他の医者とも相談して、使用するからと言われました。 ひどい不眠を起こしたために、かゆみをとめて眠れるようになるという注射を打たれたのですが2日間も起きません。 これって、治療がおかしいのではないでしょうか・・。

  • インターフェロン治療中 AST(GOT)ALT(GPT)上昇について

    C型慢性肝炎 1型 高ウイルスをインターフェロン+リバピリン治療中です。 48週注射の予定です。肝生検はしていません。 注射をする度にAST(GOT)ALT(GPT)が上昇しています。 ウイルスを排除しようと肝臓の細胞を壊してる為に(ALT)が上昇していれば問題ないのです。 1週間→ AST(GOT)85→121→139→125→140 ALT(GPT)93→127→140→132→148 ウイルス量(HCV-RNA定数量) 6.4→5.4→5.2→3.3(2月3日~3月3日) 48週中7回目の注射が終わりました ウイルスが完璧に減るとALTは、下がるのでしょうか? 主治医の話では、後2週でALTが下がならければ薬を変えると言われました。 インターフェロン治療中の方で同じ様な数値の方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

  • 自己免疫性肝炎と治療薬(ウルソ)について

    私は16歳ですが自己免疫性肝炎を患っています。 入院中は強ミノで治療していました。 今ではGOT、GPTも下がってきているので退院し、ウルソ錠の100mgを1日毎食後に2錠ずつ飲んでいます。 ですが、ウルソを飲み始めてから、入院中にはなかった37℃以上の微熱と、膝の関節痛が1週間続いています。 次に診察を受けるのは1週間後なのですが、すぐに病院に行くべき症状なのでしょうか? それともよくある症状で、心配することはないのでしょうか? 回答よろしくお願いします。