• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

この極限は一体?

  • 質問No.3080578
  • 閲覧数355
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 62% (10/16)

an=(1・3・5・7・9…(2n-1))/(2・4・6・8・10…2n)とする。
liman(n→∞)とlimΣan(n=1→∞)を求めよって問題です。
liman(n→∞)は、an=(1-1/2)(1-1/4)(1-1/6)…((2n-1)/2n)と表せるので、
(1/2+α)^n<an<β^nとおける。(0<α<1/2、α+1/2<β<1)
はさみうちの原理よりliman(n→∞)=0
困っているのはlimΣan(n=1→∞)のほうです。
どうやら無限大になるようですが証明できません。
第n項までの和はΣan=(1/2{2-(1/4{2-(1/6{2-(1/8{・・・{2-(1/2n)})とかけるのですがここからどうしたらいいか…
色々やっているうちにbn+1=2(n+1)bn+1・3・5・・・(2n+1)というあまり意味のない漸化式が出てきたり…(ちなみにbnはΣanの分子です。)
f(n)<Σanとなるような無限大に発散するf(n)を見つければ解決するんでしょうか?誰か教えてくださいm(__)m

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 48% (203/415)

全てのnに対して「βは(1-1/2n)<β<1を満たす定数」というものは存在しません。
実際に、0<β<1の定数βに対して lim (an/β^n)=∞ as n→∞となります。
anの0に収束する早さは指数関数に比べてずっと遅いです。
∫sin^(2n+1) x dx<∫sin^2n x dx<∫sin^(2n-1) x dx 積分範囲は0からπ/2まで
を利用すれば
√(2/((2n+1)π))<an<√(1/(nπ))
が導き出せます。括弧が多いですが、厳密わかるように多くしました。
和が発散することもこの評価から出る筈です。
補足コメント
angrox

お礼率 62% (10/16)

積分って応用範囲が広いんですね。
不等式の評価も和の評価も積分で出来るとは…
回答ありがとうございました。
投稿日時:2007/06/17 21:35

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 53% (253/470)

Σa(n)の発散はガウスの判定法からわかります。
a(n)/a(n-1)=1-1/2n
より発散が分かります。

ガウスの判定法とは、
a(n)/a(n-1)=1-p/n+(1/nより高位の無限小)(n→∞)
なるとき、p≦1なら発散、p>1なら収束というものです。
ここでは、級数Σ1/n^pとの比較から収束・発散を考えています。
(上ではp=1/2に相当するので発散)
ガウスの判定法を使うのは、2項間の比が1になってしまって、等比
級数との比較ができないときなどです。このとき、さらに2項間の
比を展開して、級数Σ1/n^pとの比較をしようというものです。
お礼コメント
angrox

お礼率 62% (10/16)

回答ありがとうございます。
ガウスの判定法は参考書にのってなかったので気付きませんでした。
ダランベールの判定法を使ったら収束か発散か不明だったので困っていました。
この問題が解決してよかったです。
投稿日時:2007/06/13 21:46
  • 回答No.1

ベストアンサー率 48% (203/415)

βは何でしょうか。ひょっとすると1-1/(2n) のことでしょうか。
だとすると
lim (1-1/(2n))^n→e^(-1/2) as n→∞
ですからはさみうちでは証明できません。

an=2/π∫sin^(2n)dx 積分範囲は0からπ/2
が成り立ちますから、これを活用しましょう。和も評価できます。
お礼コメント
angrox

お礼率 62% (10/16)

回答ありがとうございます。βは(1-1/2n)<β<1を満たす定数と書けば問題なかったですね。
積分は思いつかなかったです。確かに(sinx)^nの有名な定積分に似ていますね。和の評価はan=2/π∫sin^(2n)dx 積分範囲は0からπ/2
を単純に足せばいいんですかね?
投稿日時:2007/06/13 21:37
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ