解決済み

育児の放棄について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.297009
  • 閲覧数46
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

http://channel.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20020621/20020621a4670.html

母親に実刑判決がくだったようですけど、父親はどうなんでしょう?

この事件についての忌憚のないご意見を聞きたいのでなんでもいいから教えて下さい お願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 6% (25/359)

父親も親なのにね。
逃げたら責任からも逃れるんかいなと思ってしまいました。
感想でした。
お礼コメント
noname#3298

ありがとうございます。。
本当、父も親ですよね。
先ほど別のところから入手した情報ですが父親も公判中ではあるみたいです。
結果はどうなんでしょうね。
投稿日時 - 2002-06-24 10:52:10
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 24% (17/69)

自分の命をかけて産んだんだからね~・・・
殺せる人の気が知れない・・・

でも、育児ノイローゼって、旦那のせいでもあるんじゃないですか?

育児って一人じゃ絶対やりきれない!ってくらい大変です。

きっと、もとから弱い人間なら旦那が協力してくれないと、おかしくなっちゃいますよ!
お礼コメント
noname#3298

回答ありがとうございます。

家事(悪くすると夫の相手)、子育て、人によっては仕事・・・自分の事なんか考える暇もなく、どこへ行ってもストレスの発散などできずグチャグチャになるのは誰だってある程度ありますよね。
昔とは社会事情が違って女性はストレスが増え、解消する術はあまりないので、特に弱い人でなくてもノイローゼ気味になることあるんじゃないでしょうか、って私は思います。
あるいは社会で、まるで男のように振る舞わされてそれが社会では一人前である、といった環境ですごしたら、世間でいう母性はセクハラの一種になりかねないのでできるだけ出さない様にしているうちに子供に対する愛情など消えてしまうのかも知れません・・・自分の場合は男のように振る舞わされるうちに消えたタイプです。今は独身ですが、今後子供を産み育てる事は無理だな、と感じています。私はもっと残虐に殺してしまいそうで恐いです。
最近、人様の子供をみてもものすごく嫌だし、男と恋愛なんてもってのほか、という状態です。別にビョーキではないと自覚してます。
同じ人どれくらいいるか知らないけど・・・変な事かいてしまいました。
投稿日時 - 2002-06-25 10:25:07
  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (37/133)

 なんか最近の20代の若い母親(いわゆる「ヤンママ」)は、本当に望んで出産したのか、
それとも「下ろすことが認められないから嫌々ながら出産したんじゃないか!?」どうか、
とても疑わしい節があるような気がしてならないです。

 どうも最近の女は「子を産めばすぐに母(父)親になれる」という、
根底から間違った認識しかなく、子供の数年後先のことを全く考えないがために、
あのような事件になったのではないかと思います。

 どんな理由であれ、一度産んだ以上、最後まで育てるのが親として当然のことで、
仕事やノイローゼを言い訳に育児を放棄するなど、全くもってけしからんことであり、
実刑になったとはいえ懲役2年だとは、殺人よりもずっと軽く、理不尽この上ない判決で
こればかりは不当な判決だといいようがないと思います。
お礼コメント
noname#3298

回答ありがとうございます。
稚拙・脆弱な精神では人の親になるのは難しいんですね
本当、子供は育てるのが親の義務、だったみたいです。私も最近知りました。本当に義務だって事を・・・・
投稿日時 - 2002-06-24 10:58:08
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ