締切済み

溶存酸素濃度の式

  • すぐに回答を!
  • 質問No.2969101
  • 閲覧数2730
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (1/1)

DO(mgO2/l)=チオ硫酸ナトリウム×ファクター×1000/酸素瓶の内容量-1×0.2

なのですがなぜこういう式になるのですか?
とくに0.2をかけるのはなぜでしょうか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

 ここで説明し始めると、800字で書きつくせなかったため、
 ウインクラー法をキーワードに検索してみてください。
 原理から方法まで墨から墨まで分かります。

 ちなみに0.2とは

 「25mmol/L チオ硫酸ナトリウム溶液1mL の酸素相当量(mg)」

 私もこの実験やったのですが
 上の酸素相当量は滴定する試薬の一般的な量だそうです。
 あまり深くは考えるなと私の指導教官が・・・。
お礼コメント
hiro-date

お礼率 100% (1/1)

ありがとうございます

あまり深くは考えなくてよいみたいですね^^
投稿日時 - 2007-05-07 23:39:37
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ