• ベストアンサー
  • 困ってます

不動産買い替え検討中で頭が混乱・・・

カテ違いならすみません。 注文住宅を建てようと計画しています。 新築や中古の建売住宅やマンション購入はある意味一括して考えられるので分かりやすいのですが、注文建築で条件無しの土地で建物を土地の仲介業者と全く関係のない業者に発注する場合、土地の仲介業者と建物の建築をお願いする会社と住宅ローンを申し込む銀行。 其々に相談に行かなければなりませんよね。 全くど素人でトンチンカンな質問になるかも知れないのですが、住宅ローンを組むには建築にかかる費用の総額が出ないといくら借りないといけないか分からないし、逆に住宅ローンがいくら借りれるか分からないと建物にどれ位かけられるか分かりません。 一体どの順番でどの様に相談すれば良いでしょうか? また、買い替えの場合、現在の住宅ローンを完済して新しいローンを組むと思いますが、完済するには売却が先になりますよね。 ローン締結が確定しないと建物の契約が出来ない場合は、とにかく今の家を売ってしまってからしか話をしに行けないのでしょうか? その場合、住宅ローンは土地と建物の総額で借りて土地分だけ先に購入しておいてから建物を契約してその後に建物分を支払うのでしょうか? そうなると仮住まいしてるうちから住宅ローンの返済が始まってしまうのでしょうか? 土地と建物を同じ業者に依頼して、かつ住宅ローンは今回が新規という場合は分かりやすいのですが、何だか考えれば考える程頭が混乱して誰のセールストークを信用すれば良いのか分からなくなってきました。 素人向けに分かりやすく説明頂ける方、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数141
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

■(1)自宅契約・売却 ⇒ (2)土地購入 ⇒ (3)住宅建築  ○スタートから完了までの期間は相当長くかかると思われるので、   売却後~新居完成の間は賃貸住宅を借りるつもりで考えた方がよいと思います。   (2)・(3)が終わるまで引渡しを待ってくれる買い手が見つかれば問題ないですが、   新居の工事(4~6ヶ月)の間、引渡しを待つような買い手は現実的にはいないでしょう。  ○以下のような流れが、現実的ではないかと考えます。   (1)の成約可能価格を把握し、(2)・(3)の予算の目星をつける。     ・(1)では、成約見込額+手元現預金>ローン残額+仲介手数料 が必須条件     ・(1)の成約可能額は、仲介業者に聞く、成約事例を調べる等     ・(2)・(3)の、調達可能金額は銀行HPなどで試算         ↓   (2)・(3)の行動を起こし目星がついてきたら、(1)を販売開始。     ・(2)が(1)より先行してしまうと、期間は短縮できますが2重ローンになるので避ける。         ↓   (1)の契約が確定してから、(2)を契約、(3)のプラン検討にすすむ。     ・(2)のローンは、(2)&(3)のローンを前提にしたつなぎ融資     ・建物計画については参考プランと概算見積     ・請負契約は、納得したプランになるまで結ばない         ↓   (1)を引渡し、一旦、賃貸に引越し(引越し先は(3)に紹介してもらう)         ↓   新居が完成して再度引越し。  ○全体の資金フローを金額とその調達元で時系列的に表にまとめてみて、   どこでどういうお金が必要になるか、整理してみるとよいと思います。 ■売却について  銀行に話をするのは、契約後であっても問題ないと思います。  抵当権の抹消に必要な書類を準備するのに必要な期間とか、  事前に連絡して確認しておくとスムーズにいくと思います。 ■条件なしの更地での注文住宅  ○ 土地・建物とも住宅ローンを使うのでしたら、    土地購入はつなぎ融資で、建物完成後に本ローンということになるのでしょう。    土地融資の申請段階で建物の計画もある程度が固まっていないとだめ、という 金融機関も多いようなので、ハウスメーカーに相談した方がよいでしょう。  ○ 土地だけの仲介業者は、全体の仕組が見えにくい立場なので、    アドバイザーとしてはあまり多くは期待しない方がよいと思います。 ○ ハウスメーカーを早めに決められるようなら、そこに全体の調整をお願いする方が、 施主としての負担は少ないでしょう。その点では大手の方が安心だと思います。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2772706.html http://sumai.nikkei.co.jp/house/qahouse/shikin/20060202i7000a3.html http://ecruarc.exblog.jp/5845130 http://www.e-mansion.co.jp/hokanko/loan_0501.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまってすみません!! とても詳しく説明頂いてありがとうございます。 参考のURLも見ました。とても勉強になりました。 注文住宅を建てるという事がいかに大変か、いかに自分が無知なのか考えさせられました。 ここで質問せずそのまま業者さんや銀行の勧めるままに決めていけば良いカモになる所ですね。 もっと勉強してじっくり考える事も必要だと分かりました。 私に任せきりで話は進んだのかとせかす主人といつ引越し?すぐ引越し?とワクワクの子供たちをまずは説得しなければ・・・ 頑張ります。

関連するQ&A

  • 戸建て住宅の仲介手数料について

    現在、新築戸建て住宅の購入を検討中です。 仲介業者から、「A建築条件付き建物について、Aの土地だけを購入し、Aの建物は仲介業者が 紹介する工務店を使って欲しい。注文住宅になるが、その方が安い。」と言われました。 ↓ (1)以前から知っている知り合いの仲介業者なのですが、注文住宅になるのに本当に 安くなるのでしょうか? (2)この場合だと、Aの建物の仲介手数料も取られるのですか?土地だけで、普通はいいと 思うのですが? (3)土地だけを購入するので買い主は損をするのではありませんか?土地と建物のセット価格だ からこそ安いのではないですか? (4)土地だけを購入するのに、値引き交渉はできないのですか?

  • 注文住宅のローンの組み方と頭金

    注文住宅を建てる予定の者です。 土地から探し始め(たぶんハウスメーカーに探してもらう事になると思いますが)、土地を確定させ建築プランを同時進行で考えていくと思うのですが、 この時、住宅ローンの組み方はどのようになっていくのでしょうか? まず土地のローンを組んでから別途、建築契約した時点で建物部分のローンを組む事になるのか、あるいは土地建物一括でローンを組めるのか? それとよく本などで「住宅ローンを組むのは理想として頭金3割は必要、少なくとも2割」という記述をよく目にしますが、この3割とか2割とかという数字は、注文住宅の場合、土地からの部分を言っているのか、建物からの部分を言っているのか、全ての総額から言っているのか、どうなのでしょうか? 私のようなケースですと何割くらい必要なんでしょうか?

  • 建築条件付土地に家を建てた場合の仲介手数料について

    今年5月に建築条件付土地購入の契約を仲介業者を通して行い、その後、工事業者側と設計の打ち合わせを行い(6月から9月中旬)、10月から着工し、もうすぐ完成というタイミングです。 10月の着工前に、土地と建物の契約を一本化するとの連絡が仲介業者からはいり、一本化の契約を行いました。 仲介手数料については、土地+建物部分が対象となるのでしょうか? 建物の設計打ち合わせについては、建築業者と直接行っているので、仲介業者に建物部分の仲介手数料を払うのはおかしいと思うのですが・・。ただ、契約の一本化を行ったため、土地+建物の価格が仲介手数料の対象になる気もします。 仲介業者は土地+建物の費用の3%+6万円が手数料として必要と言っています。 どなたか教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • mahopie
  • ベストアンサー率64% (563/872)

それなりの仲介業者・建設会社であれば同様のケースの対応例があるはずですが、現実の事例からいくつかご参考まで。 (1)売り物件の契約の金額・時期を固めてから、購入物件への引越時期とのタイミングを合致させて、売り・買いの決済を同時進行させる。マンション・完成済み物件の売買ならこの手法が多く取られます。追加費用の負担が数日間のホテル住まい・引越荷物の業者保管くらいで済む筈。 (2)旧自宅売却後にも新築建物が完成しない場合に、旧自宅の買主が了解してくれれば、物件引渡しを猶予する代わりに元所有者(売主=質問者)が新所有者(買主)へ猶予期間中の家賃を払う、という解決策が有りますが、これは買主側の事情次第です。(賃貸目的での物件購入・特に引越時期にこだわらない・その分価格を値引いて決済) (3)買い側の仲介業者・建築会社による現状物件の買取保証(決められた時点=購入物件完成時までに売却が決まらなければ、査定額の80%程度で業者が購入する)という制度を使うことで、価格面はともかく売却が長期化する、という事態は回避できる。 (4)リスクの高い現所有物件の売却を先に固めてから土地購入を進める。状況次第で賃貸居住中に土地ローン・つなぎ借入の利払が発生するがこれは「やむなし」と割り切る。(上記買取保証の金額を聞けば、割り切って売却先行した方が有利なケースがある。) (5)土地購入・建物建築を先行して新居へ引越した後に旧物件の売却を進める。引越も1回で済み、資金的に余裕があればこちらが一番のお勧めですが、新規ローン借入時点で旧のローンを自己資金で決済した上で、全体の頭金部分を用意する必要がある。旧自宅売却時には売却金で住宅ローンを繰り上げ返済する。 (6)建築条件付土地購入の場合には、土地購入部分のつなぎ資金を売り業者=建築会社が融資するというケースも有る。大型建築物件の場合には契約を取る為の微妙な判断が業者側に入る事もあり得ます。 (7)自宅建替の場合でも、建築期間は賃貸物件に居住せざるを得ないことから引越はやはり2回発生する、ということである程度の手間と費用がかかる点は割り切りが必要でしょう。 (8)土地を持っていない状況で注文住宅を望む以上、新規物件取得時でも自宅買替の場合でも、賃貸家賃とローン負担とが並行することはやむを得ない状況かと考えます。通常はつなぎ融資なら最終資金発生時までは金利のみ負担、分割融資型ローンの場合にも最終融資金がでるまでは元本返済は保留、土地ローンと元本ローンの2本建ての場合には、土地部分の元本返済は開始する、という感じです。(詳細は個別銀行毎に異なりそうです) (9)「希望する土地購入+注文住宅建築」というストーリーを変更して、希望するメーカーの建売物件購入+内装部分等への希望の一部反映、という扱いまで譲歩できれば、上記(1)と同じレベルにできそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 質問当初より少し教えて頂いたり勉強したりして少し流れが分かってきました。買い替えではなく初めてのマイホーム購入で建売住宅なら簡単だったんですけどね。とにかく基本は自宅売却が一番、土地購入が二番で並行して建物の相談という順番ですよね。 そこにローンの方法や自宅引渡し時期やらの問題を組み込んでいけば良いと考えれば良いようですね。 まだまだ始まったばかりでゴールは遠そうですが、みなさんのアドバイスを活かして頑張ります!!

  • 回答No.1
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

混乱したときは建築会社に相談されれば良いでしょう 私も注文住宅でしたが融資その他は建築会社がお膳立てしてくれました 施主は借金の責任ととハンコさえ有れば大丈夫...(笑)。 買い替え・借り換えも建築会社にノウハウが有るはずですので素直に貴方の現状を相談されれば良いと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 現在は土地の仲介業者さんとの話がメインになってしまっていて、一人でじっくり考えたときに仲介業者の話を鵜呑みにするのはどうかな・・・と心配になってきたもので質問させてもらいました。 建築会社にはまだ土地も購入出来ていないので相談してませんでした。 こんな状況でも相談にのって下さるのかな? 一抹の不安を抱きつつも取り合えず相談に行ってみます。

関連するQ&A

  • 建築条件付一戸建て住宅の手数料について・・・

    初めて投稿させていただきます。 自宅マンションを仲介業者に依頼し売却、 建築条件付一戸建て住宅を同じ仲介業者で購入し、 現在は住宅建設中で、5月中頃に完成予定で、 決済は5月下旬という予定になっております。 マンション売却と建築条件付の土地については 仲介手数料がいるということはわかっておりますが 建物については仲介手数料はかからないといわれていますよね? そこでその仲介業者は一戸建て住宅購入に関して、 土地には仲介手数料、建物は建設立会料がかかると言われました。 提示された金額をこちらで計算しましたところ、 土地仲介手数料=土地代金の3%+6万×消費税 建物建設立会料=建物代金の3% 合計で100万近くになっています。 建物の建設立会料は、払わなければならないものなのでしょうか?? これまでの過程でその仲介業者に手数料の値引きの交渉や、建築代金や仕様についても色々交渉しましたが、こちらの要望にほとんど答えてくれませんでした。今はその仲介業者との取引をやめ、他の業者に変えたいとまで思ってしまっています・・・ よいアドバイスを宜しくお願いいたします。  

  • 不動産仲介業者の選定について

    不動産仲介業者の選定に関する相談です。 現在土地の購入を考えており、購入後に設計事務所か工務店に依頼して住宅を建てるつもりです。 仲介業者A社の営業マンは、我が家の好み・要望を良く聞いてくれ、魅力的な物件を紹介してくれます。これまで俎上にあがってきた土地は殆ど彼が見つけてきたものです。ですので、物件を探し出してくるセンスは非常に素晴らしいと思っています。しかし、契約を急がせたり、建築の話をすると懇意の工務店を紹介しようとしたりします。 一方、仲介業者B社は、家を建てるところまでを想定して土地販売することを社の方針としており、契約を急かさず土地の情報を集めるべきだとか、土地の価格だけでなく家を建てる前にかかりそうな費用(古屋解体費、インフラ引き込みなど)を加味した上で判断するべきなどと言います。仲介業者であるのに、余計な費用がかかりすぎるならその物件は買わない方がいいと言います。ローンを組むにしても、我が家のような購入スタイルであれば、単に利率の低いところではなく、中間金が出してもらえる銀行を選ぶべきだなどのアドバイスをくれます。 今、俎上にあがっている土地がひとつあるのですが、これを見つけてきたのはA社の営業マンです。ですが、この先の建設までのことを考えるとB社をパートナーにした方が我が家には有益に思えます。もちろん自分自身がしっかり勉強して専門知識を身につけられれば、A社から買えばいいのだけなのですが。そこまでできる自信もありません。 まだ購入申し込みをしていないので、どちらの業者でも物件を扱うことはできるようです。 どちらの仲介業者を選ぶべきか、ご意見お聞かせいただけると助かります。

  • 注文住宅における仲介業者の仕事について

    現在注文住宅を建てようとしているものです。 土地:仲介業者からの紹介 工務店:仲介業者からの紹介もあり     (しかしそこの工務店になるかは未定) ローン:フラット35     (土地、着工金はつなぎ融資にて支払い) 仲介業者には土地探しと家の設計について相談に乗って貰っております。 本題ですが、仲介手数料はいつ払うものなのでしょうか? 仲介業者は土地の決済が完了した時点で支払ってくれと言っております。 私としては土地決済時点で半金、家が完成した時点で半金を支払うのが流れなのかと思っているのですが。 理由としてはこれからまだローン手続きに関することが多々あるのでその分も仲介業者の仕事だと思っているのですが如何でしょうか? 仲介業者は仲介手数料を支払った後も手続き等手伝ってくれると言っていますが、こちらとしては不安です。 なので上記の様な半金を支払う形にしたいと思っております。 それか口頭での約束では不安なのでなにか書面に書いてもらえば安心でしょうか? 以上、宜しくお願い致します。

  • 不動産仲介が

    仲介業者死亡したので契約は如何なるのでしょうか同業者が後を継ぐとのことですが、此方は顔も見たこともない方です問題点はありませんか(中古住宅土地付き)の売却を委託したものです

  • フラット35Sに関して教えて下さい!

    フラット35Sに関して教えて下さい! 住宅購入時に、個人で、個人が希望する銀行に対してフラット35Sローンを組む事はできるのですか? 質問(1) 仲介業者を通さず、個人が希望銀行でフラット35Sローンを組み事ができるのか? 質問(2) 仲介業者を通さず、住宅ローンを直接銀行と組む事によるメリットとデメリットはありますか? ネットで、銀行のホームページを見ているとフラット35Sで諸費用50万円くらい…とありました。 でも、仲介業者からの資金計画書では、諸費用で団信とか火災保険とか諸々込々で200万円くらいと言われました。 この差額が、仲介業者の利益なのでしょうか? それとも銀行のホームページで書いていた諸費用は、事務手数料だけの額なのでしょうか? 質問(3) 今、購入を考えている物件は、仲介業者からの紹介でした。 建築業者とは、一度二度程度の面識しかありません。 この状況で、建築業者と直接売買契約する事はできますか? やっぱり、建築業者の意向で仲介業者を通さないと売らない!って事もあるのでしょうか? 質問(4) 個人でフラット35Sを組むという事は、どのようなケースでされるのでしょうか? 例えば、個人で土地から購入し、注文住宅を建てるという方がされるのでしょうか? 新築物件で仲介業者が数社付いている物件を購入する場合、個人ではローンは組まないのでしょうか? 質問(5) フラット35Sでオススメの銀行や機関はありますか? 楽天モーゲージなど良いように思うのですが、オススメのところがあれば教えて下さい! 住宅購入に知らない事が多い為、お詳しい方がおられましたら、注意すべき点など、できる限り詳しく教えて頂けると助かります! 長文乱筆に申し訳無いのですが、宜しくお願いします!

  • 土地先行取得に相続時精算課税制度が使えますか?

    夫と私で住宅取得を計画中です。 資金は私が親から資金贈与2000万、夫が残りを借り入れするつもりです。夫のローンを2000万円で総額4000万円位の予算で計画しております。(物件が決まっていないので総額・ローン額とも確定はしていません) 建売住宅もしくは建築条件付土地ならば問題はないと思いますが、土地を先行取得し建物を後から建てる場合、以下のような点がよくわからないのでアドバイスをお願いしたいと思います。 1)私が贈与された2000万円で土地を先行取得し私の名義、夫がローンを組んで建物を建て主人の名義にしたとすると、その土地は相続時精算課税制度の対象になりますか? 私の親は65才未満なので、住宅取得のためでなければこの制度がつかえません。 2)どのような状況ならば、住宅のための土地の取得という要件を満たしますか?たとえば6ヶ月以内に建築とか年度内に入居とか。当然夫と私は同居しておりますが。 それとも資金配分を工夫して土地、建物それぞれを共同名義にしないといけませんでしょうか。私は昨年癌手術で2週間ほど入院しており、ローンを組んだり、債務保証人として認められるかわかりません。また土地の仲介業者と建物の建築業者が別で時間的につながらない場合も考えられます。 以上うまく表現できたかどうか心配ですがよろしくお願いします。

  • 不動産売買の法律に詳しい方 ご助言お願い致します。

    いつもご助言ありがとうございます。 以前 建築条件付土地売買を結んだのに 建物請負契約は結べずに 土地建物の売買契約(建売契約)でしか 契約はできないと言われたとの件で質問をさせていただきました。 私達は 仲介業者の営業に 通常の建築条件付土地売買であること、 土地の売買契約の後は 建物請負契約であることは 再三確認済みです。その上で契約をいたしました。 宅建指導班にも出向き 指導をしてもらいましたが 頑として 「請負契約は結べない。今まで一切結んだことがないので例外を作りたくない!」との返答でした。 契約書には 建築条件付の土地売買であり3ケ月以内に 請負契約を結べなかった場合は 白紙解除との項目が入っております。 今回は 結べなかった、、、というよりも 請負契約を結ぶ予定のない契約であった ということになります。(土地建物の売買契約でしか契約はできない) 知り合いの不動産業者には 契約書にある債務不履行による解除にしたがって10%の違約金の請求もできるかもとの話もされたのですが(損害の大小に関係なく違約金を請求できるとの旨が契約書にも記載されています)今回 実質的な損害は出ないということと 弁護士に依頼してかかる費用や時間を考えると たとえ違約金を請求できたとしても 割りにあわないかもしれないとも 言われました。  宅建指導班の方も こんなケースは初めての聞いた、、、 契約書もおかしい点が多々ある とは言っておりましたが 結果から言えば ただの白紙解除を選ぶことになると思います。 ただ 今後の事もあるので 法律的な観点から 下記の内容は違法ではないのか? 違法であれば なんの法律の何条に違反していることになるのか、、、などご教授いただければ、、、と思います。 (1)建築条件付土地売買で 請負契約を結べない、(もともと結ぶ予定が なく土地建物売買契約でしか契約は結べない)というのは 違法では ないのか?(事前に一切説明はなし) (2)契約書にも 請負契約を結ぶとあるのに 請負契約は結べないとい うのは契約不履行にあたるのではないのか?  この場合は 本来 違約金の請求は可能なのか?  (契約書には 債務不履行の場合は 金額の大小にかかわらず    売買金額の10%の違約金請求が出来るとの記載あり) (3)重要事項説明書には 建築条件付土地売買契約後 3ケ月以内に  建物請負契約 または 土地建物売買契約を結ぶと記入されている  が並列で書かれていることはおかしいのではないか?  土地建物売買契約に関しての意味については 特に説明は無く  建築条件付売買契約書としては ごく一般的なものであると仲介の営 業からは説明される。  契約期限の延長を結んだ際は 建物請負契約日の延長とのみ記載 (4)今回の売買の土地は不動産業者は建築条件付として広告もうってい  る。  建物請負契約を結ぶ予定のない土地を 建築条件付として売り出すこ とに 問題はないのか? (5)仲介業者に 今回契約書の通りに契約が勧められないのはなぜか?  と聞いたところ 契約書は工務店に言われた内容で記載しているの  で、、、と 自分達には 責任はないような言い方をされたが  では仲介業者の役割とはなんなのか? (6)契約書には土地3625万 (標準建物1100万予定)であると  記載されているが 不動産営業からは 土地には消費税がかからない ので 建物分を安く抑え その分土地代に乗っけて価格提示していま す。との説明があった。 建築条件付の土地の売買契約であるのに  そのような不当表示はおかしいのではないか? (7)当初 間取りも何もない状態で 土地建物での契約の話を不動産営 業よりされる。(仲介手数料も両方にかかっており いわゆる青田売 りで宅建業法違法)  違法なのでは、、、?と指摘したところ  土地と建物の正確な振り分けが分かって無かったため 合計金額で  お話をしただけ。  これは 建築条件付土地売買契約ですとの話となる。  (この際仲介手数料は 土地のみへと変更されている)  不動産営業も次は請負契約だと思っていたといっていたが    このような流れを考えると建売契約でしか結べないことをしっていた 確信犯ではないのか?と思われる。  これに関しての責任は? 長々とご質問して申し訳ございません。 書けば書くほど おかしい点は出てきますが、、、(^ ^;) 実際は建売契約しか出来ない物件を建築条件付として売り出したという仲介業者の営業に大きな問題があるように感じています、、、 法律的な観点から いろいろご教授いただけると嬉しいです。 よろしくお願い致します。  

  • がけ条例について(賠償請求)

    注文住宅を建てるにあたり土地を契約しました。 土地の契約前、建築業者(HM)に現地を確認してもらったところ 「がけ条例」に抵触するおそれがあるとの指摘を受けました。 心配になりHMから土地の仲介業者に確認したところ、「がけ条例」に抵触した場合の対処費用は負担するとの回答がありました。 土地契約時の重要事項等説明書には「がけ条例」のことは何も書いてありません。 土地は新たに整備された数区画の内の1区画で他は建築済みで条例の認識はあったようですが 仲介業者はこちらが「がけ条例」のことを聞くまで何も教えてくれませんでした。 当然契約時には私からも仲介業者に万一の際の費用負担の旨を再度確認し押印しました。 (これは口約束でした。後悔しています。) 案の定、建築申請時に役所からの認可は下りませんでした。 仲介業者は口約束はしたが費用は出せない、売主に相談するの一点張り。 揉めに揉め、結局この費用は売主(仲介業者ではない)が負担することになりました。 結果は良かったのですが、解決するまでに半年もの無駄な時間を要してしまいました。 「がけ条例」を知らずに契約してしまった時のことを想像すると恐ろしいです。 仲介業者は一応謝罪したものの対応には誠意が全く感じられません。 個人的には口約束をした仲介業者ではなく売主の負担になったことも解せません。 大人げないのは承知していますが、仲介業者の誠意のない対応、言動が許せません。 半年間想定外の無駄な家賃の支払いが発生、他計画も沢山ありこれらが滅茶苦茶になってしまいました。 仲介業者に対しこれらに対する補償、精神的な苦痛(不安)を被りながら過ごした半年間に対する賠償を請求することはできるのでしょうか? ご教授、よろしくお願いいたします。

  • 不動産売買契約後の解約

    先日 建築条件付売地を、仲介業者の事務所にて契約しました。 既に捺印してしまい、宅建の先生による重要事項の読み合わせも行い、また、手付金として30万円支払っています。 土地購入にあたって事前にろくに下調べや勉強もしないで行ったので、仲介業者の営業の方に言われるがままに契約してしまった感じです。反省しています。 帰ってから色々調べた結果、支払っていけるか不安になり、もう少し、予算が低い土地を買いたいと思い、解約したいと思い、仲介業者に連絡したところ、支払いが不安という理由では、手付金は返せないということでした。 不動産売買契約書に記載されている特約条項に ※この土地は土地売買契約後3ヶ月以内に売主及び売主指定の業者による建築請負契約を締結していただくことを条件として販売します。土地売買契約後、建築設計の協議をしていただきますが、三ヶ月以内にこの請負契約が成立しない場合には、土地売買契約は解除され、売主は土地代金(申し込み証拠金、手付金等を含む)は全額無条件で返還し、土地購入者はその土地を原状回復の上、売主に引渡していただく必要があります。 との記述がありますが、やはりこちらの都合での手付金払い戻しは無理なのでしょうか?仲介業者には支払いが不安になったので、解約したいと言ってしまったのですが、もっと他の理由を言えばよかったのか、それとも他に解約できる方法はありますでしょうか? もし無理なら手付金放棄しても解約したいとも思っていますが。 アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 不動産売買時のトラブルについて

    土地購入時のトラブルについてお伺いいたします。 11月初旬に売主A氏と土地の売買契約を交わし、 その後仲介業者である住宅販売会社と注文住宅の請負契約を結びました。 ローンの審査も終わり、11月末日に決済の予定だったのですが 売主のA氏が11月15日にお亡くなりになってしまい、 契約はその相続人と、ということになりました。 相続人は、当初奥様だけとのことだったのですが よくよく調べるとA氏と奥様は再婚同士で、A氏には 前妻との間に子、B氏・C氏がいらっしゃったそうです。 相続は奥様・B氏・C氏の3名でということになり、 こちらサイドの仲介業者曰く、 「B氏・C氏は法廷遺留分のみ請求とのことなので、お互い欲を出さなければ 12月2週目の初めには話が着くと思います。」 との話だったので、日柄の良い7日に地鎮祭を行いました(売主の奥様了承済み) 少し遅れたけど、年内には支払い着工出来るかと考えていたのですが、 思わぬ事で売主側の話がこじれてしまいました。 以下、こちらの仲介業者が、売主の仲介業者を通じて話していることです。 話し合いの席で、奥様の連れ子D氏(売主A氏と養子縁組をしていたけど、現在は取り消されているので 相続権は無し)がB氏・C氏には法廷遺留分すら渡したくないと拒んだそうなのです。 理由としては、この先奥様を自分が看ないといけないから・・・とのことです。 (奥様としては、遺留分を渡す事に異議は無かったそうですが、D氏にこの先の面倒を 看てもらう以上、逆らう事が出来ない様子) そして、D氏が弁護士に相談した所、「土地の契約が済んでいる以上、第三者に迷惑がかかるので B氏・C氏の意向を汲んで、早く売りなさい。」とのアドバイスを受けて 渋々、遺留分を渡すとのことで、D氏からB・C氏へ連絡をしたそうなのですが どうも、D氏がかなりエゲツナイ言い様だったようで、B・C氏が「何を今更・・・」とへそを曲げてしまっている・・・という。 昨日、弁護士よりB・C氏に向けて「分配の話を早く進めましょう」との手紙?を送ったとのことですが 何だか全然前に進んでない感じです。 こちらとしては、現在住んでいるマンションは既に売れており(仲介業者は同じ業者です)、引渡しが3月末になっていますので さっさとお金を払って着工したい気分でいっぱいなんですが、一体いつまで待てばいいのやら・・・ 3月末までに新築が完成するのなら、何も言うつもりは無いのですが そこに間に合わなければ、せめて引越し費用・仮住まい費用の請求をしたい旨、仲介業者に申し入れたところ 「売主側に弁護士が入っているので、こちらも弁護士を立てなければ請求は出来ないかも」 じゃ、もう違約金もらってその土地は諦めるよ、と言えば 「手付金が少ない(15万 売値900万)なので、申し込み金扱いになる可能性がある。違約金を取るには弁護士が必要かも。。。」 何の為の契約書なんでしょう、、、、。 当然弁護士費用はかかる話だし、しかも、建築確認申請が下りているので、その費用もこちら持ち、との事。 また別の土地で建てるのあれば、何とか頑張るけど・・・と担当の営業さんはおっしゃってます。 長文になってしまいましたが、このような場合、買主としては 弁護士を入れなければ、何も(違約金・引越し費用等)請求などは出来ず泣き寝入りになってしまうのでしょうか。