• ベストアンサー
  • 困ってます

【賃貸物件】賃借人によるシリンダー交換特約

アパートなど退去時に賃借人に対して シリンダーの交換・費用の捻出を義務付ける特約は、 無効になるのでしょうか? 鍵の紛失など、賃借人に過失がある場合は借主負担になるかと思いますが、 原状回復のガイドラインや、東京ルール等、 借主を守る最近の流れを見ると、 過失がない限りこの特約は無効なのではと思うようになりました。 今でも特約でシリンダー交換を義務付けている 不動産業者は多いと思いますが、 教えてください、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数342
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mu128
  • ベストアンサー率60% (336/552)

 確かに最近の流れからすると、それは行き過ぎた特約であると考えられます。  しかし、契約時にその旨の規定であることを約束しながら、後でそれは無効だ!ということは、また別の問題です。大家さんからしたら、約束しておいて契約したのに、退去する時にそんなこと言うなんて・・ということになってしまいます。  借主に不利だからといって、全てが無効ということではなく、最初の契約時にどういう約束だったのかが重要になります。 契約時にシリンダー交換特約を削除して!と要求はされても結構ですが、そのように言われると、大家さんの方も、「じゃあ、契約はしません」と言われることもあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど…微妙なレベルなんですね。 世間は借主保護の方向に向いてきてはいますが、 まだまだ「貸してやっている」と考える大家さんも多いのかなと思います。

関連するQ&A

  • ★賃貸★退去時の特約に関して敷金

    賃貸物件の退去時における住宅の損耗などの復旧について教えてください。具体的に該当する懸念があるのは和室の畳にベッドを配置して凹みがあります。下記の特約事項がある場合にどう判断されるのでしょうか?過去の質問や検索などをしてみたのですが、調べれば調べるほど色々な回答や考え方があり、どれにあてはまるのかわからなくなってしまいました。ガイドライン、消費者保護法などの観点からもお聞かせください。長文と似たような質問であることをお許しください。 賃貸契約書にあるのは、 ○退去時は賃借人の費用負担にてハウスクリーニング代を含む現状回復のこと 賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書にあるのは、 1退去時における住宅の損耗等の復旧について 費用負担の一般原則について (1)経年変化及び通常の使用による住宅の損耗等の復旧については、賃貸人の費用負担で行います。 (2)賃借人の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など賃借人の責めに帰すべき事由による住宅の損耗等は、賃借人の復旧費用負担となります。 特約について 賃貸人と賃借人は、両者の合意により、退去時における住宅の損耗等の復旧の賃借人の負担について、下記の通り特約を定めます。 1、故意過失および善管注意義務を怠ったことによる破損・汚損・減失は経年年数を考慮せず全額負担とする。 (1)喫煙によるクロスの変色や汚れおよび臭気に関する原状回復。 (2)クロスのカビ (3)重量物の設置による床材等による凹み (4)フローリング・クッションフロア・カーペットの汚損・破損 (5)無断で動物(ペットを含む)を飼育したことによる汚れや臭気に関する原状回復 (6)ラクガキ・シール跡・ネジ穴の現状回復 2、借主は退去時に貸主指定の専門業者にて、全体的なハウスクリーニングを行い、その費用¥30000を負担するものとする。

  • 賃貸契約書の特約事項について

    契約書の特約事項に (7)【原状回復費用】本契約に伴う原状回復にかかる退室時のルームクリーニング費用および原状回復費用については貸主の負担とします。ただし、故意過失を問わず、借主の責に帰すべき事由による補修費用は借主の全額負担とします。 と記述されていますが、通常使用で生じた損耗は元々貸主負担で故意過失が敷金などから現状回復費用として使用されるんですよね? 特約事項だと費用かからないという事ですか? また「ただし、故意過失を問わず、借主の責に帰すべき事由による補修費用は借主の全額負担とします。」とは何を指すのでしょうか?

  • 賃貸 シリンダー 鍵交換 について

    前回の質問で、長々と書いてしまい、わかりにくいと思いましたので、 簡潔に質問をしなおしたいと思い、質問いたします。 新居のシリンダー交換をしたいと思います。 契約書に鍵についての条件や記載はありません。 希望者のみ、自費で交換が可能と言われました。 鍵は自分の部屋の玄関のみです。 共有部分の入り口、門、階段、勝手口、廊下等に共用(共通)鍵はありません。 自費で交換する場合も、大家さんにキーを1本預けなければいけないきまりです。 鍵交換は自分でするので、材料費のみで交換費はかかりません。 自費で交換した場合、退去時に古いほうのシリンダーに戻し、 自費で交換したシリンダーと預けたキーは返してもらいたいのですが、可能でしょうか? 原状回復として当然だと思うのですが、シリンダーの権利は貸主と借主どちらにありますか? 返すのを渋られた場合、どのように請求したらよいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 退去時の敷金からのクリーニング費用の清算について

     4年間住んでいたアパートを退去いたしました。  大人が2人住んでいただけなので、何か汚れたわけではなく、退去時の確認の際にも特にこちらの過失により汚れた部分があるとの指摘は受けませんでした。  退去の際、ハウスクリーニング(部屋全体及び備え付けのクーラーの部分)費用として約5万円を請求(敷金清算)されました。  不動産業者(仲介)の説明によると、  (1)契約書や紛争防止条例の基づく説明書(いずれも押印)の特約において、「故意・過失に関わらず、ハウスクリーニングの負担は賃借人が負担する」とある。(2)入居時において、ハウスクリーニングをしているため、退去時において原状回復としてハウスクリーニングをすべきと言われました。  賃借人である私の認識とは異なり、特段賃借人の故意・過失に関わらず賃借人が汚した汚れがあるわけでもないため、そもそも、原状回復としてのハウスクリーニングをする必要が無いのではないかと考えております。また、契約文の解釈として、「故意・過失に関わらず」とあるのは、賃借人が汚してしまったことを想定したものであり、退去時に汚れありなしに関わらず必ずクリーニング費用を負担するというのはおかしいと感じ不動産業者に説明を求めました。  しかしながら、「認識の違い」であり、どこの機関でも相談してくださいと強気でした。また、「しつこい!」と言われてしまったので、もう、質問に答えてくれそうにありません。  やはり、納得がいかないので、敷金返還の請求を法的(まずは内容証明、解決できない場合は簡易裁判)に行う事を検討しておりますが・・・そもそも、私の認識は間違えているのでしょうか?勝てますか?一抹の不安があります。お詳しい方ご教示願います。

  • 賃借人に恐喝されました

    賃貸仲介メインの不動産チェーン店で働いてます。 5ヶ月前に保礼無し敷金5万円家賃5万円で5年8ヶ月住んだペット可アパート(築19年)を退去された賃借人がオーナーさんの求める修理費用に応じず、私が管理会社の担当として応対していますが板ばさみです。 ​原状回復費用の負担については以下で相談しているのですが、その他に賃借人の言うことが気になるのでこちら教えてください。 http://okwave.jp/qa5345176.html​ http://okwave.jp/qa5499117.html モメてるもののなかに賃借人が殴り壊した給湯器があるんですけど、賃借人は19年前の製造品で部品保管期限も過ぎているため自然故障だと言い張ります。 こっちが何回普通に使っていればまだ使えるものだから直せ、古いから壊して良いもんじゃないって言っても聞きません。 それどころかわざわざ電話が来て確認されました。 賃借人「○○さん(私)は不動産か建築か設備の資格はお持ちですか?」 私「いいえ」 「うち(賃借人)が壊したって判断はどうしてですか?」 「だって明らかに見ればわかるじゃないですか。設備業者だってそういってます」 「その設備業者さんは提携業者さんですし、分解して確認したわけでもないですよね」 「だからって壊して良いわけないでしょう、そっちの建築士だって身内じゃないですか」 「そうですね。私は給湯器に建築士の話なんて出していないですよ、メーカーに19年前の製造であることを確認しただけです。ところでオーナーさんにもうちが壊したと説明されたんですか」 「当たり前じゃないですか」 「私には○○さんが壊したと言うのに客観的な根拠が無いように思えるんですけど、いわば言いがかりや侮辱とかわらない気もします」 「どっちが言いがかりですか、よくそんなこと言えますね」 「根拠のないものを決め付けてかかるのでは管理会社として中立的ではないのではないですか?○○さんの管理業務に疑問を感じます」 賃借人「うちの親戚が地場のゼネコンをしてまして、私も何度か裁判所をつかった際にお世話になった顧問弁護士がいるんですけど。そちらに○○さんのこと相談してみたく思うんです。今までお話いただいた録音内容にも疑問がいくつかありますので」 「だから何だって言うんですか」 「いえ、別にひとりごとと変わりないので気にされなくてもいいんですけど。わざわざオーナーさんが弁護士に相談するとかご連絡いただかなくて良いことまでお電話いただきましたから。○○さんはお勤め先もお給料もはっきりしてますし良いですね」 言われた時は何言ってるんだくらいにしか思わなくてわかんなかったんですけど、もしかしてこれって恐喝じゃないですか? 他所で電話録音は犯罪じゃないって答えてくれた人がいましたけど、この賃借人は私のこと恐喝するつもりで録音してるんじゃないですか? 気持ち悪いです、逆に訴え返せるなら教えてください。

  • クリーニング特約の「必要性」が分かりません

    こんにちは。 東京都内で賃貸マンションを契約しようとしています。 このサイトも含め、事前にあちこちで情報収集してから契約に行ったのですが、 案の定「退去時のクリーニング費用は賃借人負担」の特約があり、 東京ルールに則って書面での説明がありました。 (ちなみに賃貸人は大手不動産会社で、特約は不動文字でした) 国交省や東京都のガイドラインには法的拘束力も罰則規定もなく、 契約でオーバーライドできることは承知しております。 また、今どきほとんどの物件でこの特約があることも承知しております。 具体的な金額の提示もあり(1Kで4万円台後半から)、 暴利的ではないとも感じております。 ただ、1つ腑に落ちないのが、特約制定の根拠となる部分です。 国交省のガイドラインには「賃借人に特別の負担を課す特約の要件」として (1)特約の必要性があり、かつ、暴利的でないなどの客観的、合理的理由が存在すること (2)賃借人が特約によって通常の原状回復義務を超えた修繕等の義務を負うことについて認識していること (3)賃借人が特約による義務負担の意思表示をしていること が挙げられています。 (2)(3)は素直に理解できるのですが、 (1)にある「必要性」というのが分かりません。 前述の通り、東京ルールに則った説明はされたのですが、 「ガイドラインでは賃貸人負担ですが、ここは賃借人負担です」 という記述+説明しかされず、なぜそういう規定としたのか、 「特約の必要性があ」るという要件を満たしているのかを 明確に説明いただけませんでした。 個人的には、素直にクリーニング費用の特約ベースでの 徴収をやめて、必要ならばガイドライン通り、 家賃に組み入れる方が合理的なのに……と思うところです。 つまり、わざわざ特約という形で支払う「必要性」に納得がいかないのです。 賃貸人が大手不動産会社ということもあり、 契約変更の交渉をするというのは事実上困難だとは思いますが、 せめてきちんと納得した上で契約したいと思っております。 こうしたクリーニング特約というのが、 ガイドラインの「必要性」をどうクリアしているのか、 どなたか教えていただけないでしょうか。 単純に、そんな項目は無視されているのでしょうか。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 購入予定の住宅の賃借人が退去ない場合

    購入したいと思っている不動産<実家の隣に位置しており、価格も良心的です>がありますが、賃借人が退去の約束をすでに2回も守らず、居住し続けています。 また、賃借人は知人にまた貸しをしております(具体的には家賃は賃借人が払い、知人を住まわせている様です)。 大家さんとはすでに2年前から売買の話をしております。 賃借人が居住をはじめて1年の時点で売買の話が出ましたが、契約はあと1年あるということで半年前に退去の依頼はしてもらい、1年待っておりました。が、やはり退去できないのであと1年待って欲しいといわれました。半年前に書面で退去のお願いを出してもらいました。そして先日、3月末には退去するという電話を大家さんがもらいました。が、またこの段になって退去できない(現在よりもずっと都心部で物件を探しており、そこで現状と同じ家賃で物件を見つけられなかったという非現実的な理由で)と一方的な電話を受けたそうです。 なお、大家と賃借人は知人関係にあります。 こういった状況にある場合、やはり賃借人の権利は強いのでしょうか。 そして買い手である私側は、ただ待つしかないのでしょうか。 なお、売買の話が進んできておりましたので、不動産業者を立て、一度話もさせていただいておりました。この不動産業者に先方との仲介を頼むことは可能なのでしょうか。 ご存じの方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけると幸いです。

  • 賃貸借契約で、賃借人が自腹で買った電球は、退去時に収去できるのでしょう

    賃貸借契約で、賃借人が自腹で買った電球は、退去時に収去できるのでしょうか? 先刻、賃貸借契約と電球の交換費用についての質問をさせて頂きました。 さて、電球の交換費用を賃借人の負担とするという特約が、消費者契約法に照らしても有効だと仮定して、賃借人が自腹を切って購入て設置していた電球は、退去時の収去権の対象にはなるのでしょうか? 収去できるのなら、LED電球などの購入も考えたいと思います。初期費用は高いが電気代は安いらしいので。

  • 賃貸契約における、賃借人に退去を勧告した場合の退去費用等について質問さ

    賃貸契約における、賃借人に退去を勧告した場合の退去費用等について質問させていただきます。 現在も第三者を介して交渉を進めているのですが、多数のご意見をお聞きしたいのです。 こちらのサイトでしたら、法律にお詳しい方が目にする機会も多く、よりよい意見が聞けるだろうと思い、投稿させていただきます。 何卒よろしくお願いします。 早速ですが現在、築年数20以上の物件を借家として貸しているのですが、その物件を今回売却することになりました。 幸いにも、近隣のお住まいの方が購入を希望されたのですが、物件の詳細として、現在も賃貸契約を結んでいる賃借人がおり、そのオーナーになるという条件が含まれています。 ですが購入後、その物件を庭として利用されるようなので、賃借人には退去をしてもらい、購入する際にその退去を前提とした取引をしたいということなのです。 そこで、その旨を賃借人に伝えると、300万円という退去費用を要求されました。長年賃貸契約を結んでいるので(20年以上)、居住権(賃借契約による、借主の住む権利を総称していると理解しています)が発生しており、第三者によると、300万円はまだしも200万円は退去費用として有り得るそうです。 ですが、この多額の退去費用発生に納得ができません。 というのも、賃借人はその退去費用を目当てに、長年に亘り賃借契約を結んでいた意図がみえるのです。 理由として、約10年程前に退去費用100万を提示し退去を申し出た際、その値段では応じれないということで、この話はなかったことになり、それ以降も賃貸契約は続き、今に至ること。 また、現在その物件に家財だけをおき、賃借人は住んでいないようです(約1年間前から)。 それに加え、退去の話を賃借人と直接した際、現状誰も住んでいないのでは住居の管理ができないのではと伝えると、「あんな家は燃えてしまえば良い。」と言っている。 私としては上記の理由から、借主が用途を無断で変更した・信頼関係が失われるような行為を賃借人がした、それに家屋も老朽化していることを加えて、退去費用が発生しないように退去を勧告できないかと考えています。 その際、半年から1年という猶予期間を設けて、敷金は全額返還するつもりです。 これは正当な事由による退去勧告にあたるでしょうか?、また、他に何か良い手はないでしょうか?、長くなりましたが、何卒ご意見ご感想をよろしくお願いします。

  • 私が賃貸物件の連帯保証人で大家さんから賃借人を退去させるように迫られている。

    私の母が賃貸物件の連帯保証人になっており、大変なことになっています。 その賃借人は精神疾患がある方で、最近は奇行が目立ち、とてもまともな話し合いができる状態ではありません。アパートの室内もどうなっているかわかりません。先日賃貸人と不動産会社(仲介業者)から連絡があり、もうすぐ2ヶ月の家賃延滞になるとのことでした。母は連帯保証人の義務をきちんと理解できないまま、保証人を引き受けていたらしく、今になって悔やんではいますが、どうしようもないので保証の責任は負うつもりでいます。しかし、この賃借人はまったく出て行く意思はなく、収入もほとんどないので、賃貸人に家賃不払いで訴えて強制退去させてほしいとお願いしたところ、それはできないとのことでした。それどころか、保証人がまとまったお金をわたし、それと交換に部屋を出て行ってもらうようにしてはどうかといってきています。賃貸人の立場からしても部屋が大変な状況になったり、賃借人が重い精神疾患を抱えているので部屋で自殺でもされたら大変なので、少しでも早く退去してほしいようなのですが、賃貸人は母にすべてを押し付けてきます。何かいい方法はないでしょうか?