• 締切済み
  • すぐに回答を!

賃貸契約書の特約事項について

契約書の特約事項に (7)【原状回復費用】本契約に伴う原状回復にかかる退室時のルームクリーニング費用および原状回復費用については貸主の負担とします。ただし、故意過失を問わず、借主の責に帰すべき事由による補修費用は借主の全額負担とします。 と記述されていますが、通常使用で生じた損耗は元々貸主負担で故意過失が敷金などから現状回復費用として使用されるんですよね? 特約事項だと費用かからないという事ですか? また「ただし、故意過失を問わず、借主の責に帰すべき事由による補修費用は借主の全額負担とします。」とは何を指すのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1372
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4

宅建主任者です。 >通常使用で生じた損耗は元々貸主負担で故意過失が敷金などから現状回復費用として使用されるんですよね? その通りです。クリーニング費用も借主ではなく、貸主負担ということです。従来は、借主負担の特約が多くありました。 故意または過失で壁に穴を開けたとか、床に大きな傷をつけたとかは借主が弁償します。 「カビ」については、どこに発生したかによって、通常の使用によるか否かと判断されます。風呂場などは、貸主負担です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特約事項の拒否について

    山のようにある過去の質問も見てみましたが 自分の現状に合致するものが見当たらなかったため 質問させていただきます。 (下の現状回復ガイドラインにも目を通しています) http://www.dda.jp/html/chintai_genjoukaifuku.html 現在の賃貸アパートからの退去を考えていますが 以下の特約が気になります。 次の費用については貸主の負担となります。 ・畳表は汚損、破損の有無に拘わらず1室単位で必ず取り替えるものとし、 その取替え費用。 ・貸主または貸主の指定する清掃業者が行う基本クリーニング費用 (この基本クリーニングは(中略)汚れの度合いに拘わらず必ず行います) 契約時には指差し確認して説明を受けました。 が、過去の質問等を見る限り上記事項は「原状回復なので貸主負担」という認識です。 (タバコなどは吸っておらず部屋は綺麗ですし、畳にも問題ありません) 特約に記載があっても、過去の判例や「原状回復は貸主負担」の原則を盾に 支払いを拒否することは可能なのでしょうか? 現実的には「不動産会社の人間と妥協点を見いだすことになるのかな」と考えています。 (「ビタ一文払わない」とまでは思っていませんので) 「特約にあったけどゴネて払わなかった」みたいな経験者の方の ご意見があれば非常に参考になります。

  • 法律上の重要事項説明書と契約書の解釈

    不動産の契約書の法律解釈についてお聞きします。 重要事項説明書と契約書では書いてある事が全く違います。 重要事項説明書では、 「敷金は貸主が家賃の滞納、原状回復に要する費用の未払い以外は無利子で返さないといけない」 となっており、特記事項は空欄でそれ以上のことは書いてありません。 というと、原状回復はガイドラインのような解釈をしていいと思うのです。 しかし契約書では、「退去時のクリーニング代と畳代は借主の負担」となっており、原状回復とは、綺麗に使おうがどんな状態でも借主が負担しなければならないようです。 実質、「原状回復」について二つの規準が示されているように見えます。 この場合、これだけ内容が違っても法律上、やはり契約書が優先されますか? きちんと契約時に違いを見つけておかなければならなかったな・・・と後悔しています。 お願いします。

  • 【賃貸物件】賃借人によるシリンダー交換特約

    アパートなど退去時に賃借人に対して シリンダーの交換・費用の捻出を義務付ける特約は、 無効になるのでしょうか? 鍵の紛失など、賃借人に過失がある場合は借主負担になるかと思いますが、 原状回復のガイドラインや、東京ルール等、 借主を守る最近の流れを見ると、 過失がない限りこの特約は無効なのではと思うようになりました。 今でも特約でシリンダー交換を義務付けている 不動産業者は多いと思いますが、 教えてください、お願いします。

  • 回答No.3

ガイドラインから考えると、あなたに不利な事項 > ルームクリーニング費用 ルームクリーニングを入れるので、その費用は負担してください。 ということです。 但し、この特約がない物件は、かなり珍しいくらいの条項です。 普通の事項 > 原状回復費用については これも 現状回復が必要なことがあれば、それを負担してください というものです。 あなたが、部屋を改造したら、自分の責任で元に戻してください というものですから、問題はありません。 が、ここが敷金返還でもめる点でもあります。 それは、現状回復の定義の問題です。 ガイドラインや、判例では 自然消耗は 当然発生するもので 自然消耗をした所まで、現状回復義務がないとされていますが 大家さん(管理会社)次第ですが、ここを拡大解釈するところが あります。 その物件が、どうなるかは、大家次第の条文です。 但し、その条文があっても、なくても 現状回復義務は元もと ありますので、有利、不利もない呼応目です。 > 故意過失を問わず、借主の責に帰すべき事由 あなたが、壊したもの(故意) 壊れてしまったもの(カビなど)など貴方に責任があるものは 貴方の責任で直してね。 というものですから、当たり前の条文です。 もめるのは、条文の解釈です。 その条文は、借主、貸主とも 有利、不利はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

大家してます 一般的な特約のように見受けられます ・退去時はクリーニング代を負担してくださいよ ・貴方が故意に壊したところは修理してくださいよ ・貴方がうっかりして壊したところも修理してくださいよ ・その他貴方の責任はちゃんと取ってくださいよ >借主の責に帰すべき事由 貴方の友人が来たときに壊した部分などがそれに該当するでしょう >通常使用で生じた損耗 壁紙の劣化や畳の日焼けなどでしょう ・敷金は返還が基本 ・破損箇所は負担 便宜上敷金があればそれを使って充当するだけです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#53941
noname#53941

原状回復の基準が問題なのではないでしょうか。 おそらく、原状回復以外の修繕はわざとであってもなくても弁償して!ということでしょうけど、わざと滅失させても敷金内からの精算で、敷金で足らない場合は借主の負担になると思いますが、めったなことでは借主の負担にはならないと思います。 契約書持参で裁判所に行くと教えてくれる場合もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 賃貸契約書の借主負担による退去時クリーニング実施の特約項目について

    2003年6月に契約した賃貸マンションを来月退去予定です。 賃貸契約書の中に、 「本契約解約時の退去時工事等」 乙(借主)は本契約解約時に本物件の退去時工事等を行うものとする。工事内容及び料金は末尾記載の【退去時工事等の精算内容】のとおりとし、乙はこれらの工事等を甲(貸主)に依頼するものとする。尚、工事に係わる費用は全額乙の負担とし、工事等の程度等については、甲に一任するものとする。 との条文があり、末尾にエアコン、壁紙、フローリング、天井補修、ガラス交換などの工事内容と価格一覧があります。 ですが、これは東京都の「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」(契約当時は施行前ですが)内の原状回復の義務を逸脱しており、 >ただし、通常の原状回復義務を超えた負担を借主に課す特約は、内容によっては無効とされることがある。 というところに該当するのではと思うのですが、 上記工事を借主の指示通り実施し、敷金から代金を払う(場合によっては追加費用)必要はあるのでしょうか? ある程度の修繕は仕方ないのかなとも思いますが、天井の補修など明らかに必要なさそうな項目や、そもそも工事の内容を貸主に一任というのは、要は100万円請求されたらそれを支払わなくてはならない内容なので、いかがなものかと。 もちろん賃貸契約書にサインしているので、分が悪いのは重々承知ですが、 今後、少額訴訟などで争う余地があるのであれば、争いたいと思っております。 よろしくご回答おねがいいたします。

  • ★賃貸★退去時の特約に関して敷金

    賃貸物件の退去時における住宅の損耗などの復旧について教えてください。具体的に該当する懸念があるのは和室の畳にベッドを配置して凹みがあります。下記の特約事項がある場合にどう判断されるのでしょうか?過去の質問や検索などをしてみたのですが、調べれば調べるほど色々な回答や考え方があり、どれにあてはまるのかわからなくなってしまいました。ガイドライン、消費者保護法などの観点からもお聞かせください。長文と似たような質問であることをお許しください。 賃貸契約書にあるのは、 ○退去時は賃借人の費用負担にてハウスクリーニング代を含む現状回復のこと 賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書にあるのは、 1退去時における住宅の損耗等の復旧について 費用負担の一般原則について (1)経年変化及び通常の使用による住宅の損耗等の復旧については、賃貸人の費用負担で行います。 (2)賃借人の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など賃借人の責めに帰すべき事由による住宅の損耗等は、賃借人の復旧費用負担となります。 特約について 賃貸人と賃借人は、両者の合意により、退去時における住宅の損耗等の復旧の賃借人の負担について、下記の通り特約を定めます。 1、故意過失および善管注意義務を怠ったことによる破損・汚損・減失は経年年数を考慮せず全額負担とする。 (1)喫煙によるクロスの変色や汚れおよび臭気に関する原状回復。 (2)クロスのカビ (3)重量物の設置による床材等による凹み (4)フローリング・クッションフロア・カーペットの汚損・破損 (5)無断で動物(ペットを含む)を飼育したことによる汚れや臭気に関する原状回復 (6)ラクガキ・シール跡・ネジ穴の現状回復 2、借主は退去時に貸主指定の専門業者にて、全体的なハウスクリーニングを行い、その費用¥30000を負担するものとする。

  • マンションの賃貸契約書について

    先日、8年弱住んだ賃貸マンション(公庫)を退去するため立会いをしてもらいました。 貸主は関西の大手不動産会社で、立会いに来た人は、貸主から依頼を受けた別会社の方でした。 このとき「賃貸契約書は預かります」といって持っていかれてしまったのですが、修繕費(原状回復)の負担でもめたときのために返してもらった方がいいのでしょうか?(契約書のコピーは持っています) 契約書には、「貸主と借主は左記物件について裏面条項の通り賃貸契約書を締結し、本契約書2通を作成する」と書いてあるので、1通は貸主が持っており、返却する義務はなかったのではないでしょうか? 後から思ったのですが、契約書を残したくないために没収しているように感じられました。 ちなみに立会人は「公庫物件なので畳表替、クロス張替え、鍵の交換、ハウスクリーニングなど全額入居者負担になります」と言ってきたので、私は「それらは貸主の負担のはずなので納得できない」と言いました。立会人は「上司と不動産会社(貸主)に相談する」と言い、今のところはまだ請求書が来ていません。 立会人はやたら「公庫物件なので全額負担」を強調していましたが、できるだけ多く修繕費を負担させようという態度がありありと感じられました。この後どういう展開になるのか分からず非常に心配です。 過失による部分の修繕費は、立会人の言い値なので高く吹っかけられそうな気がします。(クロス張替えの単価は相場よりも高いです) どうかよろしくお願いいたします。

  • 敷金返還裁判を見込んで契約しますが、勝目はありますか?

    特約の内容は「乙は本契約を解除し退去しようとする際は甲が見積もった畳の表替え、フスマの張替、ルームクリーニング、そのほか当該住宅に破損、滅失又は原状回復を要する箇所がある場合は、あらかじめ現状に復する費用を甲に支払わなければならない。又本原状回復修理は別紙・・・に基づいて行うものとする」そもそも、本契約上の原状回復とはH17.12.16最高裁判例による「通常磨耗補修特約」に該当しないと思われますので、退去時に故意過失による原状回復部分がない限りにおいて敷金全額の返還を求めるつもりですが、皆様の見解を御教授下さい。

  • 旧借主の原状回復費用を新借主が若干負担すると言ってきた場合

    原状回復費用について、教えてください。 借主が退去する場合、原状回復費用を支払って(貸主が原状回復見積り費用を出してきている)退去する契約になっており、そのつもりです。ただ、新入居者(新借主)が、原状の壁・パーテーション等をそのまま使用したいと、旧借主・貸主に言ってきています。その費用を少し負担したいと言った場合、旧借主は、契約に基づき、返済すべき現状回復費用(見積り費用)を減額させることはできますか。また、旧借主は、貸主に返済すべき現状回復費用(見積り費用)を契約通り支払い、現状回復費用の一部費用として新借主が旧借主に支払うと言ってきた場合、その費用は、旧借主は新借主に対し原状の壁・パーテーション等の費用代(どの様な計算根拠に基づくべきでしょうか)を要求して良いのでしょうか。費用は、旧借主が受け取れるのでしょうか。貸主が受け取るべきでしょうか。更に、それで新借主は旧借主の原状回復費用を引継ぐことができるのでしょうか。貸主と新借主はそれで同意しています。即ち、新借主が退去するときは、旧借主が払う原状回復費用を預託し、新借主が退去する時の原状回復費用に充てることになります。旧借主が不利益を被っている感じですが、問題ないのでしょうか。

  • 賃貸契約書の解釈と敷金返還額について教えてください。

    先日引越しをしたのですが、その際敷金の敷金の返還額がクリーニング代全額を差し引いた金額とされました。 クリーニング代が全額引かれるのはおかしいのではと疑問に思い、大家に交渉に行ったのですが、ガイドラインでの規定についてはおろか、契約書の解釈についての話し合いさえも全く取り合ってもらえず、「そんなものは知らん!」「みんな払ってるんだから払え!」「裁判でも何でもおこせ!」と言ってこちらの主張に一切耳を傾けようとすらしてくれませんでした。 一応、国土交通省のガイドラインについても調べ、原状回復や、賃借人、賃貸人の基本的な支払い区分等もある程度は理解しているつもりです。 ですが、契約書の特約の記述が曖昧なため、クリーニング代全額支払うべきなのかはっきりしません。 どのように解釈するのが妥当か教えてください。 契約書内には、下記のような記述があります。 ・特約事項として 「契約満了退去時の空室補修(ハウスクリーニング)等は、乙の費用負担にて現状に復するものとする。」 ・契約条項内 「本物件の明渡し時において、乙は、通常の使用に伴い生じた本物権の損耗を除き、本物件を原状回復しなければならない。」 ※甲は賃貸人、乙は賃借人になります。 特約事項の記述は、下記のふたつの解釈方法があるのではないかと思います。 (1)クリーニング代は全額賃借人の負担 (2)ガイドライン規定の原状回復が行われるラインまではクリーニング代の中であっても賃借人が負担。 しかし、契約条項の記述では通常の使用によって生じた損耗については賃借人の支払い対象から除くと明記していることから、特約事項の(1)の解釈では契約書内で矛盾が生じます。 ですから、この場合(2)の解釈でよく、クリーニング代の支払い配分についてはさらに大家と話し合いの必要があるのではないかと考えています。 ですが、実際はどうなのでしょうか? 私はクリーニング代全額支払う必要があるのでしょうか? また、大家は会ってはくれるのですが、こちらの主張に全く耳を傾けず一方的に自分の主張をしてきます。 契約条項には下記のような記述があるのですが、この大家の行動は契約違反にはならないのでしょうか? 「甲及び乙は、本契約書に定めがない事項及び本契約書の条項の解釈について疑義が生じた場合は民法その他の法令及び慣行に従い、誠意を持って協議し、解決するものとする。」 長々と申し訳ありませんが、どなたか教えいただけませんでしょうか?

  • マンションの賃貸契約書の特約事項の効力について

    いつもお世話になります。 マンションの賃貸契約書の特約事項の効力についてお聞きしたく、質問させて頂きました。 隣人がマンションの特約事項違反をしていたのですが、 こういった特約事項の違反というのはなにかペナルティにならないのでしょうか? 違反内容は、 ・車の無断駐車 です。 賃料の未払いなどであれば、管理会社はそれを元に必死に強制退去させようとしたり、 退去時など、契約書の特約事項に書かれている内容や、後ろの方に小さく書かれている内容を元に、 原状回復を迫ったりするかと思うのですが、 管理会社側からすれば、管理会社に大して迷惑のかからない上記のような特約事項の場合、 適当にあしらって、ナアナアにされてしまいそうです。 その隣人が引っ越してきてからというもの、 騒音が激しく眠れない日々が続くなど、非常に迷惑なため、 こういった違反を元に強制退去させることはできないのかと考えております。 素人考えでは同じ契約書に書かれている内容なので、 賃料の未払いなどと同等の違反行為とみなして、 強制退去を迫れないものかと思うのですが、 そういったことはできないのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 賃貸の原状回復工事契約の解釈について

    今度、初めて賃貸物件に住みます。 事前に不動産屋さんが契約書一式送ってきてくれまして一通り目を通しているところです。 「重要事項説明書」の契約終了時の金銭の精算の欄に、 「原状回復義務とは別に、貸主が現状回復工事に際して、汚損の有無や程度を問わず、専門業者に依頼して行うホームクリーニング費用を、貸主が全額負担する特約があります。」 とこんな感じでありました。 原状回復義務とは別なのに、原状回復工事に際して? 汚損の有無を問わない??ってどういう状況なんでしょう?? 例えば、壁を汚したとき、クロスを変える必要が出てきて業者を頼むときの費用、ということでしょうか? でもそれって、汚損の有無によって変わりますよね? 不動産屋さんに聞けばいいことですが、 何となく丸め込まれそうなので、事前にこの文章の意味を教えていただきたく、 よろしくお願いいたします。 また、同様の文言で契約し、退去されたことがある方、経験があれば教えてください。

  • 賃貸契約書 解約 

    賃貸契約書についての質問です。 まず最初に、初心者であったとはいえ、隅々まで契約書を熟読せずに 判子を押した私に責任があることを反省しながらの質問であることを ご理解ください・・。 築約1年の部屋に、敷金礼金0円キャンペーンで入居し、1年数ヶ月、 来月で賃貸契約解除する事になったのですが、退室時の請求が気になり、 やっと契約書を一語一句読んでみたところ、 「明け渡し原状回復」 乙の責に帰すべき理由により汚損・滅失、原状を変更した時は自己の 費用をもって原状に復するか所要費用を・・ とあり、当初仲介業者の方に説明を受けた通り 「故意に破損した部分は自己負担」 という考えで安心していたところ、一番最後に 「入居時に自らの意思で申し出たとおり、月額賃料を正規の賃料より 低額に設定する代わり退去時には自然損耗を含む一切の原状回復費用を負担する」 とありました・・・。 契約時、「来月から家賃が上がりますが、今なら安い」という案内だけ 受けましたが、退室時の負担についての案内は「壊したところだけ」 でした。 引越し当日は仲介業者に鍵を渡されただけで部屋に行ってみると 仲介の方から電話があり、「言うの忘れてましたが、借りたい方に見せる部屋に 使っていた部屋なのでとても汚れています」との事。 マンションのある場所はトラックが多く、 排気ガスがひどい所で、3度拭きしてやっととれる程の真っ黒な床でした。 そして, 給湯器が壊れており、最初の数日はシャワー中にすぐぬるま湯になり 真冬に困っていました。 何日もかけて給湯器は修理頂いたものの、室内にあるリモコンが 壊れており、修理には壁の中まで開けないといけないとの事、 もちろん修理しますと仰られましたが、 しばらくたっても連絡が無く、管理会社に電話すると 「給湯器の会社に聞いて」、 給湯器会社側に聞くと「時管理会社に聞いて」で らちがあかず、リモコンはさておき、お湯は出るし生活には 困らないのでそのままにしていました。 私はタバコを吸わず、壁にも穴等一切なし、掃除もこまめにキレイに 利用していますし、退室時もワックスをかけてピカピカにするつもりです。 ただ、フローリングに幅5ミリ程度のちいさな凹みが数箇所、 ホームセンターで修繕グッズで補修する予定です。 私のような契約書をよく読んでいなかったケースの場合、 契約書のように自然損耗を含む一切の原状回復を負担することは まぬがれないのでしょうか・・・。 自然損耗と言われると、全てのものを含んで高額請求されそうで 不安で仕方が無いのです。 どなたか、回答・また、よい方法を教えてください。 お願いいたします。

  • 賃貸契約の特約について

    この特約について教えてください。 関東で礼金2ヶ月敷金1ヶ月の物件です。 特約に、 1.退去時原状回復費として敷金の1ヶ月分を償却します。 2.入居者の故意による破損等は実費を請求します。 と書かれています。 この条件で、自然消耗分以外の破損があった場合、 家賃1ヶ月分を超える修理代のみ請求されるのか 修理代全額請求されるのかどちらでしょうか? 不動産屋さんは、「最近敷金トラブルが多いからこうしている」とおっしゃってましたが、後者であった場合、 入居者にかなり不利な特約ですよね? もちろん納得がいかないなら借りなければ良いのですが その不動産屋さんの物件は全てこの条件だそうです。 関東では敷金の償却というのは聞いたことがなかったのですが、最近は一般的なのでしょうか?