• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

クリーニング特約の「必要性」が分かりません

こんにちは。 東京都内で賃貸マンションを契約しようとしています。 このサイトも含め、事前にあちこちで情報収集してから契約に行ったのですが、 案の定「退去時のクリーニング費用は賃借人負担」の特約があり、 東京ルールに則って書面での説明がありました。 (ちなみに賃貸人は大手不動産会社で、特約は不動文字でした) 国交省や東京都のガイドラインには法的拘束力も罰則規定もなく、 契約でオーバーライドできることは承知しております。 また、今どきほとんどの物件でこの特約があることも承知しております。 具体的な金額の提示もあり(1Kで4万円台後半から)、 暴利的ではないとも感じております。 ただ、1つ腑に落ちないのが、特約制定の根拠となる部分です。 国交省のガイドラインには「賃借人に特別の負担を課す特約の要件」として (1)特約の必要性があり、かつ、暴利的でないなどの客観的、合理的理由が存在すること (2)賃借人が特約によって通常の原状回復義務を超えた修繕等の義務を負うことについて認識していること (3)賃借人が特約による義務負担の意思表示をしていること が挙げられています。 (2)(3)は素直に理解できるのですが、 (1)にある「必要性」というのが分かりません。 前述の通り、東京ルールに則った説明はされたのですが、 「ガイドラインでは賃貸人負担ですが、ここは賃借人負担です」 という記述+説明しかされず、なぜそういう規定としたのか、 「特約の必要性があ」るという要件を満たしているのかを 明確に説明いただけませんでした。 個人的には、素直にクリーニング費用の特約ベースでの 徴収をやめて、必要ならばガイドライン通り、 家賃に組み入れる方が合理的なのに……と思うところです。 つまり、わざわざ特約という形で支払う「必要性」に納得がいかないのです。 賃貸人が大手不動産会社ということもあり、 契約変更の交渉をするというのは事実上困難だとは思いますが、 せめてきちんと納得した上で契約したいと思っております。 こうしたクリーニング特約というのが、 ガイドラインの「必要性」をどうクリアしているのか、 どなたか教えていただけないでしょうか。 単純に、そんな項目は無視されているのでしょうか。 どうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数386
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#38802
noname#38802

ガイドラインの意図とは、借主を保護することに あります。 なので、おっしゃるように、退去後のクリーニングよりも 入居時にクリーニングをする方が理にかなって いますし、最近はガイドラインを逆手にとって先にクリーニング代を とる物件もあります。 しかし、退去後にクリーニングを入れることは 大家側にとっては必要です。荷物がなくなっただけで、 汚いままの部屋では内見しても印象が悪いし、借り手が見つかり にくいですから。なのでここに、 「暴利的でないなどの客観的、合理的理由」 があるのです。 そして、「特約の必要性」 というのは、ガイドラインで定められている 原状回復の対象は (1)建物・設備等の自然的な劣化・損耗等(経年変化) (2)賃借人の通常の使用により生じる損耗等 (3)賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他 通常の使用を超えるような使用による損耗など の三点ですよね。 であり、クリーニングという項目はこの中で言うと 善管注意義務違反にかぶってきます。 ここは、賃借人の負担区分になっていますよね。 ここにあたるのは、 賃借人のその後の手入れ等管理が悪く発生、拡大したと 考えられるもの ・カーペットに飲み物をこぼしたことによるシミ・カビ ・冷蔵庫下のサビ跡 ・台所の油汚れ ・ガスコンロ置場、換気扇等の油汚れ、すす ・風呂、トイレ、洗面台の水垢、カビ等 などですよね。 普段丁寧に掃除をしている人でも、専門の業者さんの ようにはいきません。こういった生活汚れが賃借人の負担区分に あるということは、もちろん原状回復の負担割合で本当は賃貸人も 負担しなくてはならないのですが、賃貸人は払いたくないわけです。 なので、私はこの、自分の負担割合を負担したくないからこの 特約をつけないと貸しませんよ、ということにしているわけです。 ここに、特約の必要性が発生します。 本来、契約とは自由なものです。双方が合意していればいいのです。 特に賃貸借は、契約内容を決めるのは賃貸人です。 賃借人に選ぶ権利はありませんが、賃貸人は平たく言えば 「自分が言うとおりの契約内容じゃないと契約しない」 という権利があります。それを、特約という形でつけているのです。 わかりにくいですが、「賃貸人が希望することがある」 (賃貸人が賃借人に対して、 自分がつくったルールを守って欲しい、という ことが。) というのが、その契約において特約をつける必要性なのです。 これは、東京ルールというよりも、重要事項説明書に 記載されている事項になります。「別途特約ありなんとかを参照」 なんて書いてある場合もありますが。 簡単に書いてある場合もありますが、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

c-redさん、ご回答ありがとうございます。 ご丁寧な説明、参考にさせて頂きます。 つまり「必要性」とは、客観的に見て特約を設けざるを得ない状況にある、 ということではなく、賃貸人が特約を必要としている、ということなのですね。 (もし私の理解が不十分でしたらご指摘いただけると幸いです) このあたりも、できれば「賃貸人の意思により特約締結を求める」 とか、一言で良いから書いてくれたら良かったのに…… という感じではあります。 今回、理由の説明が一切なく、それゆえに 若干不安を抱いたという面もありますので。

関連するQ&A

  • クリーニング費用が敷金から取られる。

     4月から、東京のマンションで1人暮らしする予定のものです。 賃貸契約書に、「退去時のハウスクリーニング費用、フローリングワックス費用、壁・天井のクロスクリーニング費用は賃借人負担とする」 と書かれているのですが、ネットで色々調べると、このような費用は 原状回復の概念を超えるので、払う必要がないらしいのですが、そのことを業者に言うと、 「国土交通省のガイドラインでは、貸主負担が標準となっているが、 あくまでガイドラインであって、法的な根拠はない。たとえ条例等で、クリーニング費用が貸主負担と記されていたとしても、賃貸人と賃借人は特約を結ぶ事ができるので、もしその特約に同意頂けないのであれば、今回の契約は不成立となります。」といわれました。  私は来月から働かなければいけないので、今から新しい物件を探している時間はありません。今回の部屋に入居するには、業者が示した 特約に同意せざるを得ないのでしょうか?  下のページを見ると、やはりクリーニング費用は払わなくていいようなんですが・・・。 http://flatspace.seesaa.net/article/15971309.html

  • 特約について。

    今度、借りるマンションの契約書の特約について、質問です。 第1条 入居開始日以降、1年未満で本契約を解約する場合は違約損害金として、賃料の1ヶ月相当額を賃貸人に支払うものとする。 第2条  賃借人は本契約を解約する場合は、退去日より1ヶ月以上前に賃貸人に解約予告するものとする。 予告期間に満たない場合は違約損害金として賃料お1ヶ月分相当額を賃貸人に支払うものとする。 第3条  賃借人は本契約終了時において、賃貸人が本物件の清掃及びクロスの張替えを専門の業者に依頼した費用を入居期間の長短にかかわらず負担するものとする。  第4条  賃借人は退去の際にフローリングの修理積立金として、家賃の1ヶ月相当額を敷金より支払うものとする。 第5条 省略  6条 退去月の家賃は1ヶ月分とし、日割計算はしないものとする。  7条 省略  8条 省略  9条 省略 1条・2条は普通の特約だと思いますが、3・4・6は不動産業界じゃ当たり前なんですか?  例えば、3条のクロスの張替えですが、汚してなくても普通は張り替えるもんなんですか? 清掃代位は判りますが・・・。 特約条項の下に上記特約を承諾します、と賃借人と連帯保証人の署名 捺印するとこがありますが、これも普通ですか? 識者の皆様どうぞご意見宜しくお願いします。

  • 特約事項の有効性を教えてください。

    時系列で書くとこうです。 2000年12月、賃貸店舗を持つオーナーが物件に新品のエアコンを設置。 2000年01月、その物件に借り手がつきました。 契約書の特約条項に、「付帯設備の修理(~エアコンの清掃も含む)は賃借人負担」と明記されてます。 2001年02月、賃借人営業開始。 2002年07月、賃借人、諸事情により休店。(ここまでエアコン正常運転) 2003年03月、賃借人立ち寄り、エアコン起動するとものすごい異音発生。 同時期に同機種を付けたテナントのには異常はありません。 年は解りやすいように変えてますが、間隔は変えていません。 賃貸人は特約事項で賃借人に修理を請求し、 賃借人は付帯設備だからと賃貸人に修理を請求しています。 按分しない場合、どちらが修理代を負担しないといけないのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

過去の判例(福岡簡裁平成16年1月29日判決)で特約の必要性が認められる一例があげられています。 判決文より抜粋 「建物の状況やその他の事情により賃料が特に低く抑えられていた等の事情もなく,本件特約の必要性は認められない」 とあります。 なので、家賃が相場より低く設定されている場合などは特約の必要性があると認められるということでしょう。 福岡簡裁平成16年1月29日判決 http://www.o-yasan.jp/yomoyama/hanrei/H16-1-29.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

MUNAgataさん、ご回答ありがとうございます。 特約の必要性にズバリ触れた判例があったのですね。 確かにご指摘のように、家賃が低い代わりに クリーニング代を別付けするという手法なら、 それはそれで納得できますね。 リンク先にある他の判例集も、大いに参考になりました。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.6
noname#97715
noname#97715

ここで合い見積もりを取って、一番安いところにします。 とコメントしとけば25000円前後で見積もりきますよ

参考URL:
http://www.hchikaku.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

akihito1919さん、重ねてご教授いただきありがとうございます。 こんな便利なサイトがあるのですね。 適切な価値がいくらなのか見えづらいサービスなので、 こういうサイトの存在は非常に頼もしく感じます。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.5
noname#38802
noname#38802

No4です。 jinzi2520さんのご理解で間違いはないです。 法律や官公庁の書く文書などは 特有の言い回しや用語の使い方がありますので、 不慣れな場合読み方がわかりにくいかと 思いますが、慣れたら主旨が読み取れるように なりますよ。 ≫「賃貸人の意思により特約締結を求める」 とか、一言で良いから書いてくれたら良かったのに…… といいところに疑問を抱くのは、この契約書を 誰が何のために作成しているか、ということを 考えれば常識的に判断できるところです。 なのであえてこういった文言を書く必要はないということでしょうね。 賃貸人が、賃借人に賃貸借を行うための契約 であり、 賃借人が賃貸人に賃貸借をさせるための契約 ではないということです。 売買の場合は売主、買主双方の立場は対等であるとされていますが、 (実際には売却の理由や買主がどうしても購入したいなど 立場が強い、弱いがありますが、考えとしては対等です) 賃貸の場合は大家さんが絶対にその人に貸さなくてはならない わけではないですから、自由に入居者を選定、契約内容を決定する 権利があるんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

c-redさん、重ねての詳しいご説明ありがとうございます。 確かにこの場合の契約は、賃貸人と賃借人が交渉しながら 文面を作るわけではないですし、対等とも少し違いますね。 そういう観点で読むと、だいぶすっきり理解できました。 専門家ではないので契約書面を頻繁に読む機会はないのですが、 今回の件はいい勉強の機会になった気がいたします。 どうもありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#97715
noname#97715

具体的な金額の提示もあり(1Kで4万円台後半から)、 暴利的ではないとも感じております。 十分高いです。 1kであれば相場25000円ぐらいです。 ましてや大手不動産ならいつもやってもらう掃除屋さんが決まっているはずですから、18000~20000円でやってるはずです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

akihito1919さん、ご回答ありがとうございます。 この水準でも十分高いのですね。私の認識が甘かったようです。 一応、退去時に甲乙立ち会いの点検があるとのことなので、 訳の分からない請求が紛れ込むことはなさそうなのですが、 元の単価が高いとなると、これは注意が必要かもしれませんね。 ちなみに、もしご存じでしたらお伺いしたいのですが、 1.8~2万円、もしくは2.5万円の業者さんをご存じでしたら ご教授いただけないでしょうか。 退去時クリーニングの業者は賃貸人指定業者と決まっているので、 業者を変えることはできないのですが、 適正価格がどの程度かを交渉する際の材料として 参考にさせていただければと考えております。 厚かましいお願いにて恐縮ですが、どうぞよろしくお願い致します。

  • 回答No.2
noname#62291
noname#62291

>個人的には、素直にクリーニング費用の特約ベースでの >徴収をやめて、必要ならばガイドライン通り、 >家賃に組み入れる方が合理的なのに……と思うところです。 家賃に組み込んだら家賃が大きくなってしまうので入居者も募集しにくいから組み込んでないんでしょう。 ガイドラインはあくまでガイドラインでそれに従いなさい!!って 縛りはなかったんじゃないかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

michimachiさん、ご回答ありがとうございます。 確かに、今どきはネットで部屋探しして、家賃をキーに抽出したりしますから、 それこそガイドラインじゃなく、法律か条例で義務化!とかならないと、 賃貸人が自主的に変えようというのは難しい話なのかもしれませんね。 あるいはもう少し譲って、募集広告に「退去時のクリーニング代の負担者」が 誰なのかを明示するだけでも、トラブルの件数は減らせると思うのですが……

  • 回答No.1

> せめてきちんと納得した上で契約したいと思っております。 とても良心的でそうあるべきだと思います。  前の方が退去されたとき、クリーニングする大家と質問者様がお入りになる時クリーニングをする大家がいるようです。  いずれにしろ、質問者様がお入りになる部屋はクリーニングされた状態です。原状回復で大家はこの状態への回復を希望しているわけです。  これを、部屋を高く貸すために勝手に大家のやっていることで借り手には関係ないこととお思いでしたらその旨主張されれば良いと思います。  兎に角判子を押して住み着いて、出るときゴネようという風潮?がありますが、私は賛成しかねます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Tadkashyさん、ご回答ありがとうございます。 大家さんの側からのご意見、参考になりました。 ご指摘の原状回復についてのご意見、基本的には私も全く同感です。 私が大家の立場であれば、同様に考えると思います。 私が気になっているのは、「かくかくしかじかの理由で」ガイドラインを 超えた負担を設定しますよ、というところの理由が すっぽり抜けているという点だけなのです。 そこさえあれば、完全に納得してサインできるのに、 と思った次第です。

関連するQ&A

  • ガイドラインに反する特約、でも契約しないと・・。契約時の心構えって?

    質問よろしくお願いします。 12月中旬に引越しをひかえております。現在の賃貸アパートの敷金をきちんと返してもらえるようにネットでガイドラインについて色々調べました。引き渡す物件についての敷金精算の心構えはできたのですが、新しい物件の契約を前に困ってしまいました。 新しい物件の特約に(この特約文書には仲介不動産屋の印鑑と賃借人の印鑑を押すことになっています。)(1)「賃借人が退去の際の室内クリーニング、畳、襖、クロスの張替えなど小修繕は賃借人の負担で行うものとする」と書いてあります。ガイドラインに反する内容です。さらに、(2)「契約終了時において敷金は賃料等の滞納分との相殺及び原状回復費用として充当する」とあります。(2)に関してはガイドラインに基づいた原状回復という意味で私はとらえており、納得しているのですか、(1)に関してはガイドラインに反するものであり、納得できません。 私はこの契約は成立させたいと思っています。家賃、立地共に条件にぴったりの物件なのです。契約内容に納得いかないなら契約しなければいいと思われるかも知れませんが・・・。いくらおかしな内容でも契約内容を熟知し、契約してしまったらこの特約は有効とみなされるとも聞きました。 そこで質問なのですが、 (1)このようなおかしな契約の内容について仲介不動産屋に契約内容の訂正を求めても契約破棄されないでしょうか。また、 (2)賃貸契約書にも退去時の小修繕(畳、襖、クロスの張替え)は賃借人負担と書いてありますが、このことに関しても意見してよいでしょうか。大家さんから契約破棄されないでしょうか。 (3)後の敷金返還トラブルにならないための具体策などありましたら教えていただきたいと思います。

  • 定期賃貸契約の中途解約に対する特約について

    はじめて質問いたしますのでよろしくお願いします。 知り合いが傷害事件の被害者に遭い長期の入院加療が必要になり定期賃貸契約をしていたアパートを引っ越しました。 管理会社の担当に事情を説明し1ヶ月の契約解除期間が必要と言われ別途1月分の家賃を支払い後は、精算して請求するとの事でした。 そして届いたのは、1年未満の解約に対する特約の家賃2か月分とクリーニング料金でした。 ここで、質問ですが、この請求自体、借地借家法第38条第5項において認められている賃借人からの中途解約権の行使に対して、賃貸人が損害金などの支払いを請求し得るとする特約は、法律上無効ではないでしょうか?  同項の要件に該当する場合の賃借人の中途解約権が認められている以上、賃借人の中途解約権の行使は適法であり、また、 同項は、1か月間の猶予期間をおけば中途解約できることを認めており、この負担を重くするような特約(2か月分の賃料を支払うこと、1か月の猶予期間以外に金銭の支払いを求めることなど)は、賃借人にとって不利なものとなりますので、同条第6項により無効となり支払いの義務は無いと思いますがご教授お願いします。

  • 【賃貸物件】賃借人によるシリンダー交換特約

    アパートなど退去時に賃借人に対して シリンダーの交換・費用の捻出を義務付ける特約は、 無効になるのでしょうか? 鍵の紛失など、賃借人に過失がある場合は借主負担になるかと思いますが、 原状回復のガイドラインや、東京ルール等、 借主を守る最近の流れを見ると、 過失がない限りこの特約は無効なのではと思うようになりました。 今でも特約でシリンダー交換を義務付けている 不動産業者は多いと思いますが、 教えてください、お願いします。

  • ★こんな特約有効ですか?(賃貸借契約)★

    家の賃貸借契約について。以下の家主が決めた特約は法的に有効ですか? よろしくお願いします。 ・乙(賃借人)が家賃の滞納をし、甲(賃貸人)からの督促や納付期限を  守らなかった場合、甲は直ちに本賃貸借契約を解除し、鍵の付け替え、  残留物の搬出をする。その場合の乙(賃借人)への事前連絡、同意は  必要ないものとし、この措置にかかった費用は全額乙の負担とする。

  • アパート契約時特約のハウスクリーニングについて

     来月からアパートを始めて借りるものです。 最近敷金のトラブルが多いようなので契約時の資料をよく目を通しているところです。そこで特約部分に気になった記入があったので質問します。 内容は「貸室の引渡し時、室内クリーニング費用は賃借人が負担」とありました。原状回復ガイドラインなどをみると、普通ハウスクリーニングは貸主が負担のようなことが書いてありました。  このような場合、室内クリーニングというのは自分で大掃除のようなことをすればよいことなのか?  それとも業者に依頼しなくてはいけなく、そのすべての費用を自分で負担てことなのか?  少し遠まわしの表現なので逆に怖い気がします。 どうしたらよいでしょうか? こういった特約とかはなくしたほうがよいのでしょうか?  補足ですが、普通の契約文には修繕負担の部分で「貸室の明け渡しに際し、通常使用の損耗を除き、原状回復しなければならない。その内容は賃貸人と賃借人で協議する。」とあります。 よろしくお願いします。

  • ★賃貸★退去時の特約に関して敷金

    賃貸物件の退去時における住宅の損耗などの復旧について教えてください。具体的に該当する懸念があるのは和室の畳にベッドを配置して凹みがあります。下記の特約事項がある場合にどう判断されるのでしょうか?過去の質問や検索などをしてみたのですが、調べれば調べるほど色々な回答や考え方があり、どれにあてはまるのかわからなくなってしまいました。ガイドライン、消費者保護法などの観点からもお聞かせください。長文と似たような質問であることをお許しください。 賃貸契約書にあるのは、 ○退去時は賃借人の費用負担にてハウスクリーニング代を含む現状回復のこと 賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書にあるのは、 1退去時における住宅の損耗等の復旧について 費用負担の一般原則について (1)経年変化及び通常の使用による住宅の損耗等の復旧については、賃貸人の費用負担で行います。 (2)賃借人の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など賃借人の責めに帰すべき事由による住宅の損耗等は、賃借人の復旧費用負担となります。 特約について 賃貸人と賃借人は、両者の合意により、退去時における住宅の損耗等の復旧の賃借人の負担について、下記の通り特約を定めます。 1、故意過失および善管注意義務を怠ったことによる破損・汚損・減失は経年年数を考慮せず全額負担とする。 (1)喫煙によるクロスの変色や汚れおよび臭気に関する原状回復。 (2)クロスのカビ (3)重量物の設置による床材等による凹み (4)フローリング・クッションフロア・カーペットの汚損・破損 (5)無断で動物(ペットを含む)を飼育したことによる汚れや臭気に関する原状回復 (6)ラクガキ・シール跡・ネジ穴の現状回復 2、借主は退去時に貸主指定の専門業者にて、全体的なハウスクリーニングを行い、その費用¥30000を負担するものとする。

  • 「賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書」の特約

    「賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書」の特約 先日賃貸マンションを申し込み、 契約書の手配より先に料金の振込みを御願いされたため全額振込みをした後、 契約書と「賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書」が送られてきました。 この説明書内の下記特約に疑問を持っています。 -----------------------------------------------  中略  B-1住宅の使用及び収益に必要な修繕に関して   (1)一般原則    ・住宅の使用及び収益に必要な修繕に関しては賃貸人が行う    ・入居期間中(略)賃借人の責任に帰すべき事由により修繕が生じた場合は     賃借人がその費用を負担する  (中略)  B-2 当該契約における賃借人の負担内容に関して     特約として別紙の項目は賃借人が修繕費用を負担する     -別紙にはエアコン、戸棚、換気扇、インターホン、風呂槽、給排気筒など、      設備に関する修繕および取替えの一覧がずらりと並んでいます   ------------------------------------------------------------ 私が故意に壊したのでなければ、 備え付けの設備に関する修理・取替えは賃貸人の負担だと思うのですが このような特約は一般的なのでしょうか? 少なくとも今の家では大家さんが修理代を負担してくれました。 明日不動産屋にも聞く予定ですが、 客観的な意見もお聞きしたく、質問させていただきます。 また契約書サイン前ですとキャンセル、 返金も要求できるものでしょうか? アドバイス御願いします。 宜しく御願いします。 ※ちなみに仲介に某大手不動産会社が入っています。  管理会社はまた別のところです。

  • 賃貸契約書の解釈と敷金返還額について教えてください。

    先日引越しをしたのですが、その際敷金の敷金の返還額がクリーニング代全額を差し引いた金額とされました。 クリーニング代が全額引かれるのはおかしいのではと疑問に思い、大家に交渉に行ったのですが、ガイドラインでの規定についてはおろか、契約書の解釈についての話し合いさえも全く取り合ってもらえず、「そんなものは知らん!」「みんな払ってるんだから払え!」「裁判でも何でもおこせ!」と言ってこちらの主張に一切耳を傾けようとすらしてくれませんでした。 一応、国土交通省のガイドラインについても調べ、原状回復や、賃借人、賃貸人の基本的な支払い区分等もある程度は理解しているつもりです。 ですが、契約書の特約の記述が曖昧なため、クリーニング代全額支払うべきなのかはっきりしません。 どのように解釈するのが妥当か教えてください。 契約書内には、下記のような記述があります。 ・特約事項として 「契約満了退去時の空室補修(ハウスクリーニング)等は、乙の費用負担にて現状に復するものとする。」 ・契約条項内 「本物件の明渡し時において、乙は、通常の使用に伴い生じた本物権の損耗を除き、本物件を原状回復しなければならない。」 ※甲は賃貸人、乙は賃借人になります。 特約事項の記述は、下記のふたつの解釈方法があるのではないかと思います。 (1)クリーニング代は全額賃借人の負担 (2)ガイドライン規定の原状回復が行われるラインまではクリーニング代の中であっても賃借人が負担。 しかし、契約条項の記述では通常の使用によって生じた損耗については賃借人の支払い対象から除くと明記していることから、特約事項の(1)の解釈では契約書内で矛盾が生じます。 ですから、この場合(2)の解釈でよく、クリーニング代の支払い配分についてはさらに大家と話し合いの必要があるのではないかと考えています。 ですが、実際はどうなのでしょうか? 私はクリーニング代全額支払う必要があるのでしょうか? また、大家は会ってはくれるのですが、こちらの主張に全く耳を傾けず一方的に自分の主張をしてきます。 契約条項には下記のような記述があるのですが、この大家の行動は契約違反にはならないのでしょうか? 「甲及び乙は、本契約書に定めがない事項及び本契約書の条項の解釈について疑義が生じた場合は民法その他の法令及び慣行に従い、誠意を持って協議し、解決するものとする。」 長々と申し訳ありませんが、どなたか教えいただけませんでしょうか?

  • 退去時における特約事項について質問

    来月末で退去予定なんですが、契約書の特約条項の中に ●退去時賃借人は、入居期間の長期を問わず、現状回復に要する費用  他に、別途室内保全費として、家賃の1カ月分を賃貸人に支払うもの とする。 ●退去時における室内外の清掃は、賃貸人の指定する業者において実施 し、その費用は退去者の負担とする。 と、ありました。 この特約事項の内容のままだと敷金って返ってくるんでしょうか?

  • 賃貸契約書の特約に借主負担の文言が!

    来週に本契約を行う物件の契約書に以下の特約が記載されていました。 (全ては書ききれませんので、特に納得のいかない部分を抜粋します) -----抜粋始め------- ●当契約における賃借人の負担内容  ・壁に貼ったポスターや絵画の跡  ・テレビ、冷蔵庫により電気やけしたクロス等の張替え(面単位)  ・家具や重量物設置による畳、床材のへこみ修復  ・ルームクリーニング  ・・・ナドナド (注意)上記賃借人が負担する費用項目については、当該損傷部位の経年年数は考慮せず、費用の全額を賃借人の負担とします。 -----抜粋終わり------- 敷金トラブルや原状回復について、 自分でも色々なサイトを調べてみましたが、 賃貸人の負担ではないかという内容が「特約」として、 契約書に記載されてしまっています。 このまま何も言わずに契約してしまうと、特約は有効として退去時に敷金から差し引かれてしまうのでしょうか? (※因みに、当物件の家賃が相場より特に安いということはないと思います。) 長文で申し訳ありませんが、 来週の契約にあたり、皆様のご意見を伺いたいと思います。 よろしくお願いいたします。